2008年10月21日

ニークッション



nii.jpg


ミズノのニークッションです。

前回エントリーした『強行出場』
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/108327665.html

右膝に痛みを抱えた息子ゲンジですが、
それを少しでも緩和するよう、装着するキャッチャー用品です。

レガーツのバンドに挟んで取付けします。
しゃがんだ時に太腿の裏側と、ふくらはぎの間にこのクッションが挟まる。

これによって姿勢も楽になります^^

痛みを訴えたのが木曜日の夜。
翌日にネットで発注し、月曜日に届きました。

実はこれと同様の品を中学時代にも使用していたんです。

中学2年の春、試合中に足を負傷したのですが、
その後にこのクッションを購入しました。

ただその時の品はアメリカ製。
メジャーリーガーが使用している物と同じ品でした。
当然ながらデザインが派手 ^_^;

規則にうるさい高野連では、こうした品は当然使用禁止。
今回購入した物は、高野連対応商品です。

このクッション、私も実際に装着しましたが、
かなり姿勢が楽になります。
お尻が自然に浮き上がる感じになりますね。

1日に2〜3試合を捕手で出る場合なら、
これでかなり身体が楽になるでしょう。

私は特に考える事なく、中学の時に購入したのですが、
軟式クラブチームの監督は、あまり良い顔をしませんでした・・

『今からそうした道具に頼らないほうがいい。』
『痛みが癒えたら、そのクッションは外せ!』

このように言われましたので、結局3年生のシーズンは
ほとんど使う事はありませんでした。

今回も私は独断で発注しましたが、土曜日の朝に高校の監督に報告しました。
取り敢えず、痛みが治まるまで使わせてほしいと。

監督も賛成してくれました。『痛みは消えても使ってください。』
このように言われました^^
同じ指導者でも、考え方は異なるものですね (^_^;)

確かにこのクッションを使っている選手、これまで見た事がありません。
まだ一般的ではない品かもしれません。

私個人の考えですが、もっと積極的に使ってもいい品だと思う。
普通にしゃがむだけで、自然に中腰のような姿勢になりますから、
盗塁時のスローにも良い影響が出るみたいです。

体力の消耗も軽減されますし、ルールで認められているなら、
使用に差し障りは無いような気がするのですが・・

賛成派・反対派、ご意見を頂けると幸いです^^





posted by ドラ夫 at 08:50| Comment(28) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

フットガード



foot.jpg

SSKのフットガードです。


メーカーによってはバッティングレガースとも呼ぶ。
打席に入る際、足の甲からスネの部分をガードする保護具です。

部で所有の物が複数あるのですが、今回は個人専用として、
ゲンジ用に購入しました。

この手の用具、プロではほとんどの選手が装着しており、
高校野球でもかなり使用頻度は高いですね。

ファールチップの際、その打球が足に当たればかなり痛む・・
間が悪いと骨折も考えられます。

それを未然に防ぐこの防具。「備えれば憂いなし」とも言いますし、
ゲンジにもこれまで装着を勧めてきました。 ところが・・

装着したりしなかったり。。。 なんですよね ^_^;
装着する時は時間に余裕がある時。しない時は急いでいる時。

ゲンジはキャッチャーですので、2アウトでネクストサークルに入る時は、
守備用のレガースを付けたままネクストに入ります。

その状態で打席が回ってきた場合、彼はそれを外してそのまま打席にむかうんです・・

確実に自分に打席が回る時は、打者用のフットガードを付けてネクストに入ります。

そこで私は言いました。
『よくしたもので、付けていない時に限って足に当たるもんだ・・』
『その時になって後悔しないよう、どんな場面でも装着しろ。』
『付けたり外したりが面倒かもしれないが、そんなに急がなくても大丈夫。』

高校野球は試合進行にうるさいというか、とにかくイニングの合間が短い。
捕手は防具の装着があるので、こうした時は何かと慌ただしいもの。

2アウトでネクストに入る時も、そうした事が頭の片隅にあるのかもしれない。
しかし、そこでの防具の着脱時間はせいぜい10〜20秒ぐらいなもの。

そんなに急ぐ必要なんてありません。
別に遊んでいる訳ではないので、審判も大目に見てくれるはず。

それでも本人は気になるのか、私の忠告にも従ったり従わなかったり・・
そこで自分専用品を与える事で、装着に関心を持たせようかと ^_^;

甘いかもしれませんが、皆で使い回しするよりも、
個人用のほうがフィーリング等はしっくりするはず。
そんな訳で購入に至りました。

大怪我で長期離脱・・ なんて事になったら困ります。
自打球だけは誰にも文句は言えませんし (^_^;)

軟球ならフットガードも不要かもしれませんが、
硬球は必需品だと思いますねぇ。。。

同じく肘に着けるアームガード。これは死球対策ですが、
これはゲンジも感覚が気に入らないのか、今では装着していません。

アームガードもなんとか着けさせたいのですが・・
これも個人用を買わないとダメかなぁ? ^_^;




posted by ドラ夫 at 00:22| Comment(14) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

メッセージTシャツ



rosy.jpg

ローリングスのメッセージTシャツです^^

これから夏に向けて、ゲンジも朝練等でTシャツを着る機会が増えてきます。

どうせ着るなら、野球に関連する物が良いのでは?

と思い、親馬鹿ですがプレゼントしました ^_^;

これが本人には大いにウケまして、気に入ってくれたみたいです^^

背中のメッセージは他に数種類あります。

色は画像の紺色をはじめ、黒と白があります。

そんなに気に入ったなら、もう1枚買ってやろうかな?^^

ゲンジはLサイズが丁度よいのですが、

これはOサイズ。 ゆったりした感覚で着たいとの事。

ブログネタが無いので、こんなエントリーですみません (>_<)


posted by ドラ夫 at 11:02| Comment(26) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

adidas JPトレーナー2



新しいトレーニングシューズを購入しました。


200804191000000[1].jpg

adidas JPトレーナー2です。


このカテゴリでトレシューを取り上げるのは3回目。
過去記事は↓

【アップシューズ】
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/5205558.html


【黒のトレーニングシューズ】
 http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/31192997.html


黒のトレシューは傷みも無く、まだまだ履けます。
『目立ちたいから』 という理由で購入したのですが、
高校では黒を履いているのはゲンジだけとの事 ^_^;

1年生ですからね。変な意味で目立ってもいけないので、
仕方なく白色のシューズを新たに買うことに。
こんな事なら黒を買う時に、白にしておけばよかった。。。

こちらの予算を伝え、本人に選ばせたのですが、
今回チョイスしたのはadidasでした。

ミズノ党のゲンジにしては意外な選択でしたね。
各メーカーを試し履きして、一番しっくりしたのが理由との事。

デザイン的には他にお気に入りがあったようですが、
履き心地を重視したんでしょうね^^

状況に応じて、黒と併用していきます。
もうこれで卒業までは買わないつもりです^^
無理かなぁ?・・・




posted by ドラ夫 at 02:04| Comment(22) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

スパイクガード

昨年の4月に購入したミズノプロのスパイク、ゲンジはとても大事に履いています^^
その時のエントリーはこちら↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/39297470.html

手入れも率先して行っていますが、1年使用して多少の傷みも見えてきました。

ゲンジは右投げなので、右のスパイクにはP皮を取り付けてあります。
ところが左のスパイクも先端が少し傷んできました。

放置すれば余計ひどくなりそうなので、なんとかしないと・・
左にもP皮を付けようか。とも考えましたが、どうも見た目が・・ ^_^;

そこで思いついたのがこれです。↓

ssk.jpg
SSK スパイクガード

これはスパイクの補修用品で、塗るタイプの補強剤。
ペースト状になっており、ヘラで伸ばしながら塗り広げていく。
重ね塗りもできますので、傷み具合によって使い道も色々。

表面は10分程で乾きますが、完全に乾くには4時間ほど必要。


hosyu.jpg

早速使ってみましたが、なかなかいい具合です^^
違いが分かるよう、敢えて汚れたままの状態で撮影しました。

補修部分は事前に汚れを落としてから塗ってあります。
ただ補修前の状態を撮るのを忘れてました。。。

今回は爪先の補修でしたが、どの部分にも使用出来ますので、
スパイクの傷みが気になる方はお試しを^^

このスパイクは高価だったので、簡単には捨てられません (~_~;)
高校に入ると練習が毎日ですから、これは試合用にして、
新たに練習用・予備用のスパイクを購入予定です。

足のサイズはどうやら落ち着いたようですから、気兼ねなく購入出来そうです。
お金が飛んでいくのは痛いですが・・・

靴のサイズ、中1の春が24.5 3年後の今は27.5です。
最近の子は皆、足が大きいですね〜


posted by ドラ夫 at 01:27| Comment(36) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

学生対応バッティング手袋




shiro.jpg


ミズノ・学生対応バッティング手袋 です。

土曜日のクラブ練習の後、用品店にて購入しました。
白一色の高校野球対応品です。

バッティング手袋については、このカテゴリでも過去に何度か取り上げてきました。
今回の品は派手なデザインと無縁^^ シンプルですね。

プロの選手はカラフルなデザインが多いですし、
また草野球や学童野球でも、そうした品が売れています。

ところが高校野球の場合、そうした品は使用禁止。
黒か白の単色のみ認められています。

メーカーのマークも同じ色でなくてはいけない。
高野連らしい規則ですね・・・

4月から高校生になるゲンジ。まだ学校は決まっていませんが、
取り敢えず手袋だけ先行購入です ^_^;

意外だったのは、ゲンジが白をチョイスした事。
これまでは黒系統の物が多かったので、少し驚きました。

これはミズノでもベーシックモデルです。
もう少し上のクラスの品もあったのですが、
装着したフィーリングが良かったとの事。

私は他社製品も含め、違う品を勧めたのですが、本人がこれに決めました。
まぁバットを握る感触が大事ですからね。
金額的にも安く済んだのは助かりましたが^^

これを選ぶのに3店舗を見てまわり、3時間かかった ((+_+))
かなり多くの物を試着していましたから、よほどこれがピッタシだったのでしょう。

私的には素材がちょっと不安なんですがね。やはり山羊革が善いと思ってますが・・

考えてみれば、数年前まで高校生の手袋着用は禁止でした。
それが認められるようになり、今ではほとんどの選手が使用しています。

この手袋が早くボロボロになるくらい、練習に励んでもらいたいですね^^


posted by ドラ夫 at 23:29| Comment(24) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

『グラブ・バイブル』

息子ゲンジが将来何になりたいか?
以前ブログでお伝えしましたが、グラブ職人との事^_^; 
その時のエントリーは↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/66364428.html

そんなゲンジにピッタリの本を見つけました^^


gurabu.jpg

ベースボール・マガジン社 発行
『グラブ・バイブル 野球グラブの教科書』です。


著者はグラブインストラクターで、BBA代表の梅原伸宏氏

その名の通り、グラブの事がびっしりと記述されています^^

グラブ誕生から今日までの歴史に始まり、管理やメンテナンスの事。
革や型付け、正しいポケットの作り方。
用語の解説や雑学・質問コーナーなど、盛り沢山の内容。

読み応えもタップリで、野球好きにはたまらない一冊でしょう^^

日頃何気なく使っているグラブですが、
改めてその奥深さを知る事になるでしょう。
そして手入れの大切も再認識。

多くのパーツを、職人が技を駆使して出来上がるグラブ。
使う側もしっかりした知識を持ってプレーしたいもの。

ゲンジも食い入るように読みふけっています^^
これを読めば、野球がますます好きになる。そんな感じの本です。
是非一度読んでみてください。

写真も豊富で、見るだけでも飽きずに勉強になりますよ^^








posted by ドラ夫 at 19:46| Comment(18) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

バット・ウエイトリング

軟式野球から硬式野球に転じたゲンジ。
先日は初の硬球打ちの記事をエントリーしました。
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/46484653.html

ボールは当然異なりますが、使うバットも違ってきます。
これまでの軟式用バットは、大体700g〜800gの重さ。

高校野球のバットは、『900g以上の物』という規定があります。
今度の硬式チームもそれを想定し、チーム所有のバットは全て900g超のものばかり。

これまで使っていたバットより、かなり重くなりました。
身体の小さい選手はこれだけでもかなり厳しいかも。

ゲンジの場合、小6のオフシーズンから1000gのトレーニングバットを与え、
それで毎日素振りをこなしてきました。

また今年に入ってからバッセンでは900gの竹バットを使用。
ですからゲンジに限って言えば、この重いバットは問題なくスイング出来ています。

ただ強い打球や飛距離を望むなら、もっとパワーも欲しいところ。
筋トレの意味も込め、もう少し重たいバットを購入したかった。
1200g近辺のトレーニングバットは多く販売されている。

だが我が家には多くのバットが既に存在している・・・
なんだかんだで10本以上のバットが。。。。
家族の視線も気になりますし・・ (^_^;)

それに軟式用バットはもう不要になるので、それを有効利用するには?


ring.jpg


そこで購入したのがこのバット・ウエイトリングです。

バットの先端に差し込むオモリのようなものです。
私が購入したのは画像のIGNIO製。重さは600g。

これを従来の軟式用バットに取り付ければ、
これまでより重いバットで素振りが出来る事になる。

リングはサイズがあり、軽いものでは200gの物もあります。
使用目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

以前にこのカテゴリで書いた事がありますが、
小学生の子には、あまり重いバットで素振りをする必要は無いと思います。

体格には個人差があり一概に言えませんが、身体の基礎が出来ていないうちは、
普段使っているバットで素振りをすれば、それで十分だと思う。

高学年になり体力に余裕があるなら、こうした器具を使うのもいいかもしれない。

ゲンジもこれでパワーに磨きをかけ、スイングスピードも速くしてほしい。
ガンガン大きな当たりを連発してほしいです^^

posted by ドラ夫 at 23:58| Comment(20) | TrackBack(1) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

革底スパイク

初めて革底のスパイクを購入しました。


supaiku.jpg

ミズノプロ 『MRB』です。


新スパイクを選ぶ際、カットの種類を何にするか?
以前このカテゴリでエントリーしました。

『スパイク選びの悩み(アッパースタイル)』↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/34948564.html


yoko.jpg

今回のスパイクは、レギュラーカットの履き口部トップが、
2cm程高くなっているTQカット。
もっともミズノではこうした名称は使っていないようですが。

ゲンジもローカットとミドルカットで悩んだのですが、
このスパイクと出会って即決でした。一目惚れでしょうか?

冒頭にも書きましたが、今回はソールが革。
俗に言う「革底スパイク」です。

soko.jpg


革底の最大のメリットは『軽さ』でしょう。
他の素材のソールでは得られない軽さがある。
また足の形に馴染みやすいのも特徴か。

反面 耐久性や磨耗性では劣り、メンテナンスも難しい。
キチンとした手入れが不可欠で、怠るとすぐに型が崩れる。

私はこの部分を懸念し、当初は革底タイプは見送る方向でした。
しかしチームのOBが強く勧めてくれたので、改めて検討。
最終的にゲンジも興味を示したので決めました。

またこの品は、値段もかなりかかりました。
これまで履いていたスパイクなら、4足分と同じ価格です。
中学生には不相応な品かもしれませんが・・

ミズノ党の我が家ですが、初めての『ミズノプロ』ブランドです。
なんとなくモチベーションもアップしますね^^
付属のシューズ袋も刺繍入りの本格派。

ここまで奮発したので、どうか大事に履いてほしい。
結果が伴えば言う事なしですが。

それより足が大きくなり、すぐに履けなくなるほうが怖いですね(^^;





posted by ドラ夫 at 23:23| Comment(18) | TrackBack(1) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

試しに購入しました(ポイントスパイク)

2月28日にエントリーした『スパイク選びの悩み(アッパースタイル)』
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/34948564.html

試合用のスパイクを購入予定とお伝えしましたが、
それより一足先に、部活練習用のポイントスパイクを購入しました。

mizunosupaiku.gif
ミズノ・ウエーブフランチャイズ


学校の校庭はトラック用のライン紐が敷設されているので、
金具スパイクが使用出来ません。

部活練習ではポイントスパイクを使っているのは、
以前にもこのカテゴリでお話しました。

これまで履いていた物が小さくなり、春休みの部活練習に備え、
先日購入したばかりです。

これまではレギュラーカットの物でしたが、
今回初めてミドルカットをチョイス。

所詮練習用なので、ここで試しに一度履いてみよう。
これが今回の狙い。

早速これを履いて部活練習に行ってますが、
ミドルカットもなかなか良い。これがゲンジの感想。

本番用の金具スパイクも、どうやらミドルカットに落ち着くか?

週末のクラブの練習は金具スパイクでしています。
やはり喰い付きは全然違うそうです。
まぁ当たり前の事ですが^^

ベーランのタイムも当然ながら差が出ますね。
選手の中には部活練習を、普通の運動靴でする子も多い。

うちの場合、怪我が怖いのでポイントスパイクを敢えて使わせている。
靴だとどうしても滑りますからね。踏ん張りもききませんし。

6月下旬には部活も終わりますが、
それまではこのスパイクで練習に励んでもらいたいです。




posted by ドラ夫 at 23:55| Comment(14) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

スパイク選びの悩み(アッパースタイル)

靴のサイズが大きくなってきたゲンジ。

前回エントリーしたトレシューに加え、そろそろスパイクも新調時です。

スパイクを選ぶポイントはかなりあります。

刃の数、ソールの材質、ベロの形状、紐かマジックテープか? などなど・・

いま親子で悩んでいるのは、アッパースタイルの種類を何にするか?

アッパーには代表的な物が4つある。それぞれ利点があるので悩みどころ。
ZETTのホームページに判り易い画像があるので比較してみましょう。


supa.jpg

これはレギュラーカットです。
ごく一般的なタイプですね。


supamido.jpg

こちらはミドルカット
踝の上部分まで履き口部が覆っています。 最近人気があるタイプのようです。


supahai.jpg

これはハイカットです。
足首部が全て覆われている形状ですね。
足首部の保護とホールド性は優れていそうですが、可動域は制限されそう。


supatq.jpg

最近登場したTQカットです。
レギュラーカットの履き口部トップが、2cm程高くなっている形状の事を言う。


どれがいいのか? ちょっと悩んでいます^^
ショップで履く事は出来ますが、プレーをする事は出来ない。

実用性を重視するか? 安全性を重視か?
はたまたデザインを優先するのか? 色んな選択肢がありそう。

ゲンジはキャッチャーがメイン。本塁でのクロスプレーを想定するなら、
ハイカットが安全そう。だが座っているのが長いポジションなので、
足の自由度を優先するならレギュラーカットか?

近いうちに決めますが、さてどんな物になるか?




posted by ドラ夫 at 23:11| Comment(23) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

3本収納のバットケース

2月6日にエントリーしたように、少し重めの金属バットをリクエストしたゲンジ。
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/33041933.html

その下見を兼ねてショップに二人で出掛けました。
慌てて購入する必要は無いので、あくまでも様子見ですが。

3本位のバットをその時の状況で使い分ける。
これが今年のゲンジの方針のよう。

そこでバットケースをどうするか?

これまでは2本入れのケースで持ち運びしていましたが、
3本になると当然ながら収められない。

そこで3本収納出来るバットケースを探したところ、
ちょうどミズノが今月に新製品を出すとの事。

mcase.jpg

新意匠のランバードマークで、ブランドはビクトリーステージ。

肩掛けと手提げ、両方に対応している。
今の我が家のニーズにぴったりのアイテムなので、
早速購入予約を入れました^^

試合や遠征等、荷物はなるべくコンパクトに持ち運びしたいもの。
それぞれのバットに専用のケースで保管では、
何かと面倒だし不便でしょう。

この3本収納のケースなら、そうした煩わしさから解放される。

お目当てのバットより先に、ケースのほうが決まってしまいました^^
後はじっくりと新バットを見つけ出すだけです。

ところでこのバットケース、6本入りや10本入りも有るようです。
さすがにこうなると個人用ではなく、用途はチーム用でしょう。

練習やバッセン等、複数のバットを持ち運びする方は、
今回のような収納ケースはお奨めです。




posted by ドラ夫 at 22:32| Comment(22) | TrackBack(3) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

黒のトレーニングシューズ

このカテゴリで以前に紹介しましたが、
一昨年の夏に購入したトレーニングシューズが、とうとう履けなくなりました。

購入時にはやや余裕があったサイズを買ったのですが、
次第に足が大きくなり・・ ついにギブアップです^^

別に普通の靴でも十分なのですが、試合に行く時など、
やはりトレーニングシューズのほうが見栄えもする。


vs.jpg


今回購入したのはミズノのウエーブ・アクセルVS
色は黒をチョイスしました。

トレーニングシューズ。略してトレシュー。またはアップシューズとも呼ぶ。

ゲンジのチームでトレシューの普及率は40%ぐらいでしょうか?
この数字が高いのか低いのか? 私には判らないですが^^

履いている子は全て白色のシューズですが、今回ゲンジは黒を選択。
人と違った物を。 という魂胆か?^^

画像のトレシュー、靴底がイボイボの物ではなく、スニーカーのような底形状です。
これまで履いていたシューズはイボ形状の底。
突起物があるから地面への喰い付きはいい。

ところがうちのチームは指導者の方針なのか、
比較的早めにスパイクを履きます。
ですからトレシューの活躍する場はあまりありません。
移動の時に履くぐらいなら、靴底はイボ形状でなくても不便はない。

画像でもお判りの通り、これはミズノの旧マークの品。
新マーク商品との入れ替えのためか、
ビクトリーステージブランドですが、結構値打ちに購入出来ました^^

これも1年もすれば履けなくなるでしょう。
身長は幾ら伸びても構いませんが、足のサイズはここで止まってほしいです^^




posted by ドラ夫 at 22:17| Comment(24) | TrackBack(1) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

手の指も長くなりました

このブログは息子ゲンジが中学入学直前の、
小学6年生の3月にスタートしました。

そのゲンジも来年は中学3年生。早いものです。

過去に身長が伸びたり、靴のサイズが大きくなった話はしましたが、
それに伴い手の指も随分長くなりました。
と言うより、もう私とほとんど同じ長さです。

身長はまだ10cm以上は私のほうが高いのですが、
指の長さはついに並ばれました。

指の長さが変化していった物差しは、打撃用手袋を見れば分かりますね。
一番最初に買ってあげたのは、小学4年生の夏。
JMサイズ。子供用のMサイズですね。

6年生の時にはそれがJLサイズになり、中学入学後が大人用のSサイズ。
今年の春先がMサイズでした。

ほぼ1年毎に指が長くなってます (^^;

本人から珍しく、『打撃用手袋を買いたい』と申し出がありました。
普段は親の私のほうが世話を焼き、アレコレと買ってしまうのが多いので、
本人からのリクエストはなんとなく嬉しかったです^^

現在使っているのがMサイズなんですが、それが窮屈になってきたらしい。
そこで今回はLサイズにサイズアップです。

これまではミズノ、フランクリン、そしてアンダーアーマーの手袋を使ってきました。
今回ゲンジが選んだのはNIKEでした。

nike.gif

NIKE スフィアエリートです。


羊革と山羊革のコンビネーションで、最初から指先が湾曲したデザインです。
カラーは5種類ありますが、その中でも一番地味な黒&シルバー。

高校になると黒一色。あるいは白一色の手袋しか使えなくなる。
こうした2色以上の色を使えるのも中学のうちだけ。

中学最後のシーズンを、この手袋で乗り切ります。
1本でも多くのヒットを放ってほしいものです。




posted by ドラ夫 at 22:25| Comment(27) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

リストバンド

野球用品の小物も色々ありますが、
今日はリストバンドについて。

ゲンジはこのリストバンドを集める趣味があります。
勿論ただ集めるだけではなく、野球の練習時に身につけてますが。
気分に応じて色々と使い分けています。

ミズノ党なのでこんな物とか↓
_1923_72405409.jpg





最近買ったのはこれ↓
1920_27285772.jpg





これはイーストンの外野用グラブ購入時のオマケ↓
high_1922_4329262.jpg




これは東京ドームのお土産↓
_1921_15470997.jpg




まだ他にも沢山コレクションしているようです^^

金額が手頃なので集めやすいのもありますが、
普段時も場合によっては着用して外出してます。
ファッションの一部みたいな感覚か?

今はどんなスポーツでもこのリストバンドは珍しくないですね。

一番最初にこれが注目されたのは、おそらくテニスではないでしょうか?
汗が落ちてラケットが滑るのを防ぐ目的だったような・・

ゲンジもバッセンに行く時は必ず身に付けています。
自主錬でタイヤ叩きのメニューがあるのですが、
その時は必ず忘れないように付けさせてます。 手首保護がその理由。

クラブチームや部活の練習時にも使っているようですが、
中学軟式の場合、公式戦ではこのリストバンドの着用は認められていません。

ですから試合の時には外しています。
プロでは各選手が当たり前のように身に付けていますが、
学生野球には不要という認識なのでしょうか?

別に認めても良いのでは? と思うのですが・・


adidasマニアの私はこれをいつも使ってます↓
adidas_1923_14405391.jpg


遊び心というか、オシャレ心があっても良いのでは?^^

posted by ドラ夫 at 23:57| Comment(20) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

ミズノ、マークの意匠変更

わいさんのブログで以前紹介されていましたが、
ミズノの野球用品、マークの意匠変更を行うようです。

長年親しまれてきたMマークを改め、
これからは他の種目でもお馴染みの、ランバードマーク
に変更になるようです。

私も早速新しいカタログを入手しました。


mizuno.jpg


画像のように、グラブ・バット・スパイク。
これらが新商品から随時マークが切り替わっていく模様です。

我が家はゲンジのキャッチャーミットを始め、ファーストミット。
木製バット。私が使っているグラブ、アップシューズにバッグなど、
ミズノ製品を数多く使用しています。

ミズノファンと言っても差し支えありません。
それだけに今回の意匠変更は少し驚きましたね。。。

まぁ用品はブランドで選ぶのもありますが、
自分に合った物を探しだすのも楽しみの一つ。
マークが変わったぐらいで好みが変わるとも思えませんが、
それでも愛着はそれぞれ有るものです。

私の第一印象は、出来れば今までのMマークを継続してほしかったです。
これはあくまでも私の好みなんですが^^

それだけ慣れ親しんできた物だけに、寂しい想いもあるんですよ。
私と同じ想いのお方も大勢おられるのでは? と勝手に推察してしまうんですが。

ゲンジも私と同じ気持ちのようでして、アップシューズとスパイクを、
Mマークの物で買い置きしておく事にしました。
いま購入しておかないと、そのうち市場から消えてしまいますからね。

でもこれはどうなんでしょう?
旧製品は安く在庫処分するんですかねぇ?
それともプレミアが付くのか?? そんな事はないか^^

日米野球でもミズノユーザーの選手は、既に新意匠の製品を使ってますね。
まぁ違和感があるのは最初だけで、皆すぐに慣れてしまうんでしょうか。

私はいつまでも旧Mマークを愛し続けたいと思ってます。

buw-label.jpg



posted by ドラ夫 at 23:55| Comment(28) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

「野球用」プロテイン

中日ドラゴンズがセントラルリーグを制し、関連書籍・雑誌を片っ端から購入しました(^^;

『週間ベースボール』をパラパラめくっていると、
プロテインの広告が掲載されていました。

昨年の一時期、ゲンジにも子供用のプロテインを与えていましたが、
そのうち本人が『美味しくないから・・』 と言い、自然に飲まなくなりました。。。

以来我が家ではプロテインは与えていませんでしたが、
この広告を見て再び興味が湧いてきたんです。

それに先日の大人チームとの交流戦でも、試合後に談笑している時、
このプロテイン関連の話題が出ました。

最近の高校では野球に限らず、ほとんどのスポーツでプロテインを摂取しているらしい。
私が学生の頃にはプロテインは一般的ではありませんでしたが、
近年は目覚しい勢いで普及してきている。

それだけ需要が有るという事は、消費者の関心も高いのでしょう。
筋力アップや瞬発力の向上の手助けになるのなら、試してみたい気持ちにもなろうというもの。

日曜の夜にスポーツ量販店に出向き、広告の品を探しにいきました。
お目当ての品も棚に並んでいましたが、それより驚いたのが
他のメーカーも含め、その種類の多さです。

数えきれないほどの商品が有り、一気に悩んでしまいました(^^;
パウダー状で水や牛乳で溶かすものが主流ですが、
タブレットタイプや液体タイプもある。

効能も持久力系・瞬発力系・疲労回復系・エネルギー補充系など様々。
購入するにも、目的を持って選ばないと絞りきれない。

あれこれ手に取って吟味していると、目に留まった品を見つけました。


spec.jpg
【グリコ野球用プロテイン・打者用】


わざわざ《野球用》 と限定している所が気に入りました^^
まぁ多過ぎる商品の中から選びだすのも疲れたのですが・・
雑誌広告に載っていた物とは違いますが、これに決めました。

このシリーズ、他に投手用と体づくり用がありました。
私が買った打者用は主に瞬発力アップが目的で、
投手用は持久力アップを目指す構成。

我が家では朝食時と就寝前の1日2回、このプロテインを摂る事にした。
3食キチンと栄養のバランスがとれた食事をしていれば、
このようなプロテインは不要なのかもしれない。

しかし育ち盛りの時期ですし、毎日トレーニングもしていますから、
栄養補助の意味合いからも、うちではしばらく使い続けたいと思います。

ゲンジにも与える意味をしっかり説明しました。
本人も文句は言わず、すんなりと受け入れてくれました^^
すぐに効果は出ないでしょうが、少しでも目的に叶った効果が出るといいですね。

プロテインについては賛否もあると思います。
ご意見やエピソードなど、教えていただければ有り難いです^^




posted by ドラ夫 at 23:36| Comment(23) | TrackBack(3) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

メイプル材の木製バット

土曜のチーム練習の時、チーム所有の木製バットが折れてしまいました。

昨年の秋に購入したバットでしたが、丁度1年でご臨終でした^^
1年生の子がトス打撃の際に折ったようです。

木製バットは公式戦では2本ベンチに備えなくてはいけません。
雷対策のルールですが、1本折れた以上は新たに買い足さねばならない。

私はチームの役員でもありますので、早速購入してきました。
私が買うという事は、当然私の好みが反映される訳です^^

以前から気になっていた材質のバットを迷わず仕入れてきました。


nioka.jpg


ミズノの軟式用・二岡モデルです。画像は流用させてもらいましたが、
購入したのはこれと同じ品物です。

このバット、木材の材質はメイプルです。

一口に木製バットと言っても、何種類かの材質があります。
プロが使うバットで最高峰の材質と言えば青タモですね。

バットの材料としては申し分のない木材のようです。
しかしこの青タモ、近年は原木が激減しているそうです。
バット材料に適するまでに長い年月が必要で、需要に対して材料が不足しているとか。

そこで最近注目を浴びているのがメイプルです。
プロでもメイプル材のバットを使う選手が増えてきているとか。

軟式用はヤチタモやホワイトアッシュという材料が多いのですが、
このメイプルも最近は増えてきました。

私も以前からメイプルには興味があり、今回は良い機会でした^^
ゲンジが個人的に使っている木製バットもこの二岡モデル。
ただし材質はホワイトアッシュです。

ですから双方を比較するにも好都合。ここにも興味がありました。
まずは外観ですが、木目が粗いのがホワイトアッシュ。
メイプルはよく見ると木目の間に細かい粒のような物が見えます。

そして触った感触ですが、アッシュは繊維が荒いのに比べ、
メイプルはツルツルしています。塗装の乗りも当然違います。

今度は実際に打ってみました。誰でもすぐに判る違いは音です。
アッシュが『ゴン』 という音なら メイプルは『カン』 という音です。
アッシュが低音のバスなら、メイプルは高音のソプラノといった感じか。

打感はそれほどの違いは私には感じられませんでしたが、
アッシュがボールに食い込む感覚なら、メイプルはすぐに跳ね返る印象でしょうか。
これは個人差がありますので、あくまでも参考程度にお考えください。

耐久性はどうなのか? これはまだ判りません(^^;
でも折れたバットはアッシュでしたが、1年しか経っていない割りには、
ところどころ木目が浮き上がっていました。

普通に打っていても木目が少しですが剥がれてくる。
ゲンジのバットもそんな状況です。
メイプルは木目が細かい分、アッシュよりはこうした状況は少ないのでは?
と私は予想します。

チーム所有のバットですから、今は手元にはありませんが、
これからもこのメイプルバットは色々と試したり観察していくつもりです。

最後にどちらがお勧めか?
私個人の好みでは、8対2の大差でメイプルに軍配です。
もしゲンジのバットが折れた時。その時は迷わずメイプルをチョイスします。

価格は若干メイプルのほうが高い設定でしょうか。
いつかはコレクション用に青タモのバットも買いたいです^^



posted by ドラ夫 at 23:00| Comment(16) | TrackBack(1) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

ウエア類の夏支度

この所は雨の日が続いていますが、梅雨が明ければ暑さも本番。

真夏の練習は体力を消耗します。
少しでも暑さの負担を減らすため、ウエア類の夏物を購入しました。

昨年は1年生という事もあり、身支度は周囲に合わせていましたが、
今年はそうした気遣いも不要。
良い物は積極的に取り入れたいのが私の考え。

まずは帽子。夏向けのメッシュ素材の物を見つけました。

mizunoboushi.jpg

ミズノ・〈ビューリーグ〉冷却素材練習用帽子

光沢アイスタッチという生地柄を使って作られた帽子。
今までにない涼しさを体感出来る。という宣伝文句です。
詳細はこちら

これまでは通年同じ帽子を練習で使ってましたが、さすがに夏は汗がスゴイ・・
この夏用の練習帽なら幾分快適なのでは? と思っています。



次はベースボールTシャツです。

nike_20892413.gif

最近はこのタイプのシャツが流行りなのか、
対戦チームの多くが、チーム揃いで着ているのをよく見かける。

うちのチームは、冬でも真夏でもニットの練習用ユニフォーム・・
でも夏位はもう少し薄手の物でもいいと思う。

画像はナイキ製の物ですが、洗い替え用にもう一着ミズノ製も購入。
軽い着心地でなかなか良さそうな感じ^^
メッシュ生地の物もあり、風通しもいいです。

ちょっとした違いだけかもしれませんが、
少しでも快適な練習をする手助けになれば? と思っています。
まぁ気持ちの問題かもしれませんがね^^

posted by ドラ夫 at 23:57| Comment(12) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

ミズノ製 革プレート

mizuno.jpg


義弟が東京出張の折に、お土産として頂戴しました。
ミズノ製 革プレートです。

田舎者のせいか、こんな粋なアクセサリーがあるとは知りませんでした。

義弟が寄ったのは東京のエスポートミズノというショップ。
そこには画像のような品が数多く販売されていたとか。

プレートに書かれているスローガンも何十種類もあり、
義弟はその中から吟味して選んでくれたとの事。

私は子供の頃から収集癖があり、今回の品もその病気が再発するかも?・・

そこで色々と検索してみました。

これはグラブの余り革を有効利用して作られているとの事。
以前から人気のある商品のようです。
私は初めて見ましたから、いかに田舎者かお判りでしょう^^

キーホルダー式ですから、バッグやバットケースに手軽に取り付けられる。
野球好きにはたまらないアイテムですね。

価格は1個¥600。革製ですから妥当なところでしょうか。

自分の好きな言葉が入っている物を見つけ、身に付けるのもいいかもしれません。

私はスコアラーをしていますから、
『名スコアラー』 なんて物があれば即買いですね^^

息子は『鬼キャプテン』 が欲しい。なんて言ってます!
あるのかなぁ?・・・

義弟曰く、「相当な種類があったから、ほとんどの語句はあるんじゃないか?」
と申しておりますが、どうなんでしょう?

検索中に出くわした画像がこれです↓


mizuno2.jpg


これを見たら 益々集めたくなってしまいました(^^;
この他にもバットの余り木材で出来たアクセサリーもあったとか。

今度東京へ行く機会があれば、そのエスポートミズノにも行ってみたい。
買い過ぎにならないよう、気をつけなければいけませんが・・

ゲンジも早速、『俺が決める!』のプレートを
学校の鞄に取り付けてました。

チャンスの場面で本当に『俺が決める!』 ならいいのですがね^^





posted by ドラ夫 at 23:46| Comment(35) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。