2005年11月29日

主審の打診

来るべき時が来た。という感じでしょうか。
クラブチームの役員より、主審に挑戦してほしい旨を告げられてしまいました。

これまで塁審は何度か経験も有り、
定期的に開催されていた『審判講習会』にも出席してました。

しかし主審は全く未知の世界です。
公式戦の主審は連盟の審判部が担当しますので、
私達父兄は主に練習試合で主審を任される。

現在の2年生父兄は、主審が出来るお父さんが5人程おられるのですが、
ドラ夫を始めとした1年生の父兄では、主審が出来る人が1名しかいません。
その辺りの事情から、こちらに主審挑戦の話が舞い込んだ模様。

確かに来年の6月には現2年生は引退。
そうなると、それ以降の練習試合では主審が不足するのは明白。
今からそれに備えようという事が、本来の目的だろう。

だが本音を言えば、主審は出来れば遠慮したい。。。
自信が無いのもそうですが、自分の判定が選手の運命を左右する。
そう考えると、どうしても二の足を踏んでしまうんですよね。

今は2年生父兄の好意に甘えていますが、いずれは自分達の代になる。
だから主審問題は無関心では済まされない。
それは理解出来るのですが、本当に自信が無いんですよ(^^;

『習うより慣れろ』 という諺がありますが、
ブーイング覚悟で取り組むしかないですかね。
なんとか逃れられる方法はないか? などと、つい不純な事を考えてしまいます・・

一般的なルールは理解していますが、細かい部分では不明瞭な点も多い。
この辺りを最初から勉強し直す必要がありそう。
まぁお呼びがかかったのは私だけではなく、他のお父さんもいるので、
その点は心強いのですが、皆々口を揃えて「嫌だなぁ」 の大合唱^^

子供の為ですから、なんとか皆で頑張りたい。
近々、主審に対する勉強会を開いてくれるとの事。
それに参加して、主審の基本を学んできたい。

しかし自分の子が打席に入った場合、判定が余計に困りませんかね?^^
或いは、息子がピッチャーをしている時に主審だとか。

勿論、判定は公平であるのが原則でしょうが、心理的には複雑な心境でしょうね。

先輩から多くの事を学びたいですが、今の所は不安だらけです。
いま考えているのは、来年の新1年生の父兄の中に主審を出来る人が何人いるか?
それによって展開が違ってくると思います。

他力本願を願うようではダメですが、これが今の偽らざる心境です。
厄介な話。なんて言うと生意気ですかね? 何とかパスしたいと思ってます^^


この記事へのコメント
私も主審は出来ません。依頼があっても断りたい心境です。無責任かもしれませんが、これが本音ですよ・・・
でもそうも言ってられないのもよく分かります。頑張ってください!
Posted by シャドウP at 2005年11月30日 07:50
主審から逃げたい気持ち、よーくわかりますよ。
というのも、私はシニアの公式審判員ですが、自ら望んでしているわけではありませんので(笑)。
ただ、解せないのは、どうしてドラ夫さんら少数の親だけが審判をしなければいけないのか?
うちのチームは1学年5名は公式審判免許を取らなければなりません。ですが、残りの親も練習試合(公式免許が要らないので)の審判でお手伝いしなければならないことになっております。
出来れば主審なんてしたくない、この気持ちは誰も同じだと思います

父母会で誰がするのか話し合いくらいは、あっていいのではないでしょうか?
でなければ、ドラ夫さんが頑張って主審をやっても、「あの人は好きでやっているから」と思う親もでてくると思いますよ。

そして、主審をやることは面白いですよ。お勧めです。
なぜなら、私の場合、息子の親という気持ちを捨てて望むからです。そのときばかりは、完全に一中学野球ファンとして集中できます。それは、ある意味、子離れですね。
最近では、わが子が試合に絶不調でも、ベンチで出場できなくとも気をもまなくなりました(笑)。 それは、子の親離れにもなるのではないでしょうか。 一観客として見ていると、私はどうしても子供の悪いところばかりに目がいってしまいますし、時には腹立たしくなってしまいます。審判していれば、そんな余裕ないですから(笑)。 そして、試合後、相手チームや自チームの良かった点、悪かった点を息子に話できます。
例えて言えば、相手チームのバッターは全員、バッターボックスに入るとき、審判の目を見から頭をしっかり下げて挨拶していた・・・などね。


Posted by touch at 2005年11月30日 10:09
私は主審はおろか塁審すら遠慮したいです。
審判そのもののもつ責任の重さが回避したいという気持ちもそうですが、私は「応援」したいんですよね〜。
応援席からの応援で、チームの子供たちに檄を飛ばしてやりたいです。
Posted by さとる at 2005年11月30日 10:22
主審・・・
嫌ですよね・・・
私は野球経験者ですが、それでもやっぱり嫌です。審判の動きなど気にして野球してきた事なかったし、主審をするとなれば、動きや細かいルールも再度勉強しないと不明瞭な点多いですもんね。
ドラ夫さんのように中学ともなると、その責任は大きいですし・・・。

現在私は塁審はよく行きますが、未だ主審の経験はありません。

それでも、どこかに、主審の経験は野球を見る目を変えてくれるかもしれない・・・。
やってみた方がいいのかも・・・
そんな思いもあります。
Posted by Shin at 2005年11月30日 10:38
中学の主審は変化球が入るのでやっかいですね。
ゲンジ君のピッチングを、ドラ夫さんは捕っているので、その辺りはOKではないでしょうか?
後はベンチからのヤジ、ブーイングを素通りする耳ですね^^
私でしたら、スィッチノッカーを主審にはもったいないなぁ〜
Posted by metoo at 2005年11月30日 12:35
 うちの連盟では、大会以外ほとんどの試合を指導者が球審・塁審を務めます。私も球審は嫌ですね。以前、支部の審判講習会で球審を務めていたら、練習約の中学生のバッターのに「今のは、ストライクですよー」と、言われてしまったことがありました。σ(^◇^;)
 まだ、「今のがストライク〜!」と、言われたならば気が楽ですが、バッターにストライクだと指摘されたのはショックでした。。。
Posted by フルコーチ at 2005年11月30日 13:09
審判講習を受けたい気持ちはあります。
ただ、他人に「受けて」と言われると受けたくなくなります…。(笑)
なんとなく利用されてるだけのような気がして…。 私は器が小さいかな?
Posted by 指導者 at 2005年11月30日 18:02
私の場合、試合前の挨拶時に インコースに厳しくアウトコースはボール半分位は甘く取るからね!等のストライクゾーンをハッキリ告げ 元気いっぱいでプレーして下さい、判定が甘くなるかもね!? 
さあ、攻守 共に其処を利用して下さいよ〜!
なーんて言ってから始めるのが恒例です。^^

ファールチップが当たった時は ほんと油汗モンです(痛がるそぶり見せられないのが辛いんだ、これが・・)
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年11月30日 18:24
シャドウPさん こんばんは。

今までは なんとなく逃げてこられましたが、これからはそれも無理かもしれません・・
慣れるしかないですね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月30日 21:57
touchさん こんばんは。

親の取り組みも様々なんですよね。うちのチームの場合ですが。
父親が全く顔を出さない家もあります。代わりにお母さんが協力してくれますが、女性に主審を頼むのも無理な相談ですよね^^

審判をしてくれるお父さんが、touchさんと同じような事を仰っていました。 最初は気乗りしなかった球審も、段々と慣れるにつれた楽しくなったと^^

それと野球の観かたも変わったとも申されていましたね。選手以外では一番間近で野球に触れる訳ですから、それも当然かもしれませんね^^

私もどうなるか不明ですが、なんとか頑張ってみます!
Posted by ドラ夫 at 2005年11月30日 22:05
さとるさん こんばんは。

ある意味で応援席が一番気楽ですよね。
ベンチはベンチで神経を遣いますし。やはり審判が一番気持ちが引き締まりますね。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月30日 22:08
Shinさん こんばんは。

気楽な立場で観戦するのと、神経を張り詰めて審判をするのでは、野球の観かたが変わるのも当然ですよね。
でも責任が重いのでそこが不安なんですよ。
まずは紅白戦で経験を積み、そこからステップしていきたいです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月30日 22:14
metooさん こんばんは。

変化球は確かに厄介ですね。ストレートも速いですし・・
それに体格差。大きい子と小さい子の差が結構ありますから^^

ブーイングは確かに聞こえますが、野次は当地ではありませんね。内心は野次りたい心境ですが^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月30日 22:19
フルコーチさん こんばんは。

今時の子は、はっきりと物を言いますからね^^
うちのチームは指導者が審判をする事は滅多にないですね。
大体はそれ以外の父兄が務めます。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月30日 22:23
指導者さん こんばんは。

『始動者』から『指導者』にネームを変更されたのですか?^^

「利用」とは思いたくないですが、中にはそれを想定して依頼をする人もいるでしょうね。
どこかで割り切りが必要かもしれません。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月30日 22:27
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

ゾーンの説明があると助かります。人によってクセがあるのは仕方ないですが、その格差があると選手も戸惑いますからね。

ファールチップの件、あまり脅かさないでください^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月30日 22:31
少年野球ではチームの派遣審判員、シニアでも審判部に所属している私ですが、主審だけは断固拒否しています。私以外に出来る人、やってもいいと言う人がいるんだからこんなに嫌がってる俺にやらせるなよって言ってます。
ちなみにシニアでは1年生父で審判部は4人です。それ以外の父も1年生の試合なら塁審を比較的気楽に手伝ってくれてます。しかし2年生の試合、主審となると、やはり私以外の審判部におはちが回ってきます。

周りからは「やっていれば慣れるから」とtouchさんと同じよぅなことを言われますが、こればかりはどうしても・・・。

塁審ならば何回でもやるから、主審だけはやりません、と公言してます。シニアの方では「主審をやらせるなら審判部をやめてやる」と逆ギレしてます。(笑)
今のところは私のキャラクターとムードで許されてますが。どうしても人がいない時に回ってきてしまったらどうしようとドキドキしてます。
Posted by かに at 2005年12月01日 02:23
ソフトボールですが・・
審判の講習会に行き,
3種審判をもらってきました.

まあ講習と言っても,
判定のよしあしを見るのではなく,
ジャッジの仕方,
声の出し方etc
と筆記(ルール)だけでしたが・・・


大会では(各チームの冠大会でも)
主審は連盟の公式審判員に頼みますので
やることはないですが,大会でも
各チームから塁審を出せといわれることは多く
やっています.
練習試合では主審もやりますが,
確かにストライクボールの判定は難しいですが,
1試合の中でぶれがなければ,
最初のうちはいいのではと楽に考えてやっています.
あまりにもひどいミスジャッジをすると
顔から火がでますが・・まあ練習試合なら
結構アットホームなのと,
小学生のソフトボールなので,
審判には従うようにと言い聞かせているので
クレームが出ることはありません.

やはりストライクボールは何度もやって
慣れるしかないと思いますが,
自分自身が捕手経験者なので
ストライクボールの判定も
思ってたよりは楽に感じるのかもしれません.

mettoさんの言うように,
ドラオさんはゲンジ君の球を取ってるのだから
案外楽に感じるのでは..と思います.

職場のソフトボール大会は,
結構エキサイトしますので,
塁審も連盟の公式審判員に頼んでいます.

でもあの公式審判員もユニフォームを着てるので
えらそうに見えますが,
私らと同レベルの下手なジャッジをする人もいましたけど(笑)

たとえ練習試合でも審判をやると,
試合を冷静に見られるのでいいですよ.
自分の子供だけでなくチーム全体が見えますから.
応援だけの時は必死こいて声を出しています・・
が審判は出せないので(笑)

私は逆にうちわの紅白戦などで,
監督をやらされる方が辛いです.
紅白戦なので,みんな公平にだしてあげないといけないし
どうしてもうまい選手を使いたいし・・でジレンマになリます.


Posted by わたぼー at 2005年12月01日 15:59
追加です.
主審自体はなんどもやらなくても
ゲンジ君の球を受けてる時に,
自分でジャッジしてみればどうですか?
自分の主審の練習にもなりますし,
ゲンジ君に教えてあげれば
コーナーをつくよい練習になると思いますが.

私も選手の球をブルペンで受ける時,
あるいはブルペンで見ているときに,
後ろから審判の練習をよくします.
Posted by わたぼー at 2005年12月01日 16:02
かにさん こんばんは。

徹底した主審拒否ですね^^ 
私もそれに近い状態ですよ。でも今回は妥協しました。
父親が仕事の都合で、練習に顔を出せない人も多いですしね。
ただ私が主審をやる時は、スコアラーがベンチからいなくなります。その辺りをどうするか? 検討課題です。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月02日 00:47
わたぼーさん こんばんは。

貴重な経験談とアドバイス、ありがとうございます。
ボーク関連も有りますし、とにかく主審はゲームのコントロール役ですから、ミスジャッジで流れが変わるのも避けたいですし。。。

ストライクゾーン、これが瞬時に判別出来れば? この域に達するには相当な準備が必要なんでしょうね。
息子の球を捕球してますが、イン・アウトのコースより、高低の判断のほうが難しそうですね。

とにかく紅白戦で慣れる事にします。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月02日 00:56
私の知り合いの公式審判員の坂ボンは、野球まったくのド素人!
ただ、野球が大好きなのです。審判になったのは、市の広報誌の募集記事だそうです。
まだ、10年位の実績なのに今年の高校の秋季関東大会の審判に選出されていました。
たまに、酒を飲んだりするのですが、セーフのポーズやアウトのポーズを見てくれとホント研究熱心です。
私もたまに主審をしますが、外野(スタンド)の声を気にするとできないですね。
ただ、『プレー』のコールだけは、一寸意識してやっちゃいますね。
どうでしょう、子供のためと割り切って『プレー』とかっこよくコールしてみたら。
Posted by 富ちゃん at 2005年12月02日 22:43
富ちゃんさん こんばんは。

関東大会の審判なら、そのお知り合いの方も相当なものじゃないですか!
平素から研究熱心なのもうなずけますね。

富ちゃんさんも主審をなされるとの事。
確かに観客の雑音は気にしてしまいがちでしょうね。そこをうまく割り切るのも大事ですね。

今度、主審の講習会に出席する予定です^^
Posted by ドラ夫 at 2005年12月03日 02:38
まあ、誰も最初から好きで審判やる人はいないと思いますよ。
最初は誰もやらないから仕方なくやるか、とか同じ人ばかりでは悪いので協力しなきゃまずいか、って感じから入るのではないでしょうか。
やらなければいけない、となった以上は腹をくくることです(苦笑)
そして、その中でも何か楽しみを感じてしまうことでしょう。
私の場合、正直なところ、小学チームの審判は苦痛でした(苦笑)。
単にボランティア的義務からやっていたにすぎません。
ただ、ボーイズやシニアの主審をやってみると、楽しみみたいなものが出てきました。
それは、「俺がこの試合を支配している」的優越感(?)と凄いピッチャーと出会えたときの喜びです。
考えても見てください。将来、松阪レベルになるかもしれないピッチャーの球を真正面で100球以上見れるのです。
手元でホップするような球、ナチュラルでぶれる球、同じストレートでも癖があります。
そして、キャッチャーのリードにも意図がすぐに分かります。
「こいつ、もしかして甲子園、いやプロへ行くレベルでない?」なんて真後ろでボールを凝視しながら喜んでいます(笑)。
また、私はシニアの審判部長でもありますが、お父さんたちへの指導計画も立てています。
つまり、誰でも初めから主審できるわけないので、一応は育成計画を立ててます。
まず最初に、私たちがレクチャーします。
そして監督に相談して、3イニングずつ審判交替の紅白戦を実施して練習を何週間か繰り返します。
さらに、無理の利くチームとの練習試合では、1年生の試合でイニング交代制で練習し、そして、代表チームの練習試合にデビューします。
その後、審判講習会へ出席してもらい、晴れて審判免許をもらい、公式戦デビューするという手順です。ここまでの間で約半年です。
誰も初めから審判をやってくれといわれてもしり込みしますよね。
Posted by touch at 2005年12月03日 16:54
touchさん こんばんは。

心強いアドバイス、ありがとうございます。
私は尻込みが先に来てしまい、主審の楽しい部分というのを見過ごしていました。
勿論、「楽しい」と思うレベルにまで、審判技術を向上させるのは並大抵ではないと思います。
でもそうした気持ちを持つ事により、尻込みの要因の一つが拭えました^^

レベルの高いバッテリーの駆け引きを、間近に見られるのは主審ならではの特権ですよね。
その分、責任も重要ですが(^^;

なんとか頑張って取り組んでみたいと思います。
またブログで紹介する時があると思いますが、
その時もよろしくご指導・ご鞭撻をお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2005年12月04日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。