2005年11月24日

初登板

前回の続きです。

2003年4月

この年最初の練習試合、打ち合いの末 11対11の引き分け。
続く2試合目に初勝利を目指す。

この試合のマウンドには、我が子ゲンジの姿があった。

プレート付近の土をスパイクで慣らし、ロジンに手をやる姿を見ると、
なんだか感慨深いものがあった。

2年生の冬に入団して2年と少し。
当時の実力を思うと、こうしてマウンドを任される日が来るとは思えなかった。

いつもよりも身体が大きく見えるのは気のせいか?

試合が始まる。注目の第1球はストライク!
ナインから歓声と激励の声が飛ぶ。

続く第2球もストライク。いい調子だ。緊張感は見えない。
いつもと同じ、無表情な顔つきで淡々としている。

そして3球目はサードゴロ。まずは無難な出足で1アウト。
この回は3者凡退で退けた。好調な出足。

その裏の攻撃、ゲンジの2ベース等で3点を先制。
2回にも1点を追加。4対0とリードする。

3回の守り。先頭バッターにランニングホームランを打たれる。
最初の被安打が本塁打。4対1となるも、後続をキッチリと抑えた。

チェンジとなりベンチ前で円陣。監督も
『ピッチャーが好投している。この試合は絶対に勝つぞ!』
と檄を飛ばし、選手も大きな声で返事を返した!

ゲンジの2度目の打席はショートへの内野安打。
当りは平凡だったが、飛んだコースがラッキーだった。
この回も1点を追加。リードを広げる。ところが・・・

4回の守り、打順が2周り目になった途端、ゲンジのピッチングが悪くなる。
ストライクが入らなくなってきた。
2者連続でストレートのフォアボール。

ここで監督がタイムをとってマウンドへ。
内野手も集まって、皆で投手を激励。ゲンジも黙ってうなずいていた。
試合再開。だが初球にデッドボールを与えてしまい、無死満塁。

これで9球連続でストライクが入らない。
やはりスタミナ不足が原因か? 冬場の練習では技術論に重点を置き、
体力メニューを減らしたツケが回ってきたのかもしれない。

周囲の父兄は 『打たれてもいいから、ストライクを入れろ〜』
と叫んでいる。それが簡単に出来るのなら苦労しないわ。
と思っていまうのは、やはり投手が我が子だからだろうか?

バッターが打席に入る。ゲンジは置きにいくような動作でストライクを取りにいった。
投げた瞬間、「ヤバイ!」 と思うような棒球。
腕をしっかりと振らずに投げた球を、相手は見透かしたような振りで叩いた。

レフト線を抜ける走者一掃の2ベースヒット。。。
3点を奪われ5対4。リードは1点に縮まった。

膝に手をやり、がっくりとうなだれるゲンジ。
息づかいも荒くなっているように見える。もう限界なのか?

続きは後日。


この記事へのコメント
ゲンジ君の初登板、ドラ夫さんのドキドキが聞こえて来るようです。
4年生冬に愚息が初登板の動画を、パソコンに保存してあり、時々見ます。ストライクが入らず、それでも一生懸命投げてる姿を、たった2年前ですが、とても懐かしく思い出します。

ゲンジ君の初勝利なるか?楽しみです^^
Posted by metoo at 2005年11月24日 23:17
投手としての体力・集中力。並大抵ではないですよね。
ゲンジくんの疲れとドラ夫さんのあせりの様子が頭の中に浮かびます。
簡単にできるなら苦労しないわ・・・親心ですね。
Posted by さとる at 2005年11月25日 09:02
初登板ですよね、マウンドから投げると何倍も疲れますから(弟君曰く)ストライク入れろって入らないから苦労しているんだよって私も思いましたよ。
無表情で・・・うちの弟君は気合で投げるタイプでした三振取ったりすると「よっしゃ!」の声が出ていました。
この後の展開気になります(投手が冷静だと守備が以外に乱れないもんですよね)
Posted by 背番27 at 2005年11月25日 09:27
ピッチャーの親御さんの気持ち先日も報告させて戴きましたが、よーく分かります。
ドラ夫さんと同じ様に、マウンドに立つ我が子の姿いつもより大きく見えました。

ストライクが入らなくなった時、ピッチャーが苦しい時こそ、周りの子供達になんとか盛り上げて欲しいですね。よく、ピッチャーは孤独だと言いますが、ホントその通りだと思います。

この後ゲンジ君が立ち直ってくれる展開を祈っちゃうな・・・。
Posted by ハッシー at 2005年11月25日 10:25
手に取るように分かります。
先日我が子が2回目のマウンドに上がりました。
まだ、投手として何の練習もしていないので、
私の気持ちのどこかに、「上手くいかないくても仕方ない」といった気持ちはありました。
それでも、ストライクが入らないと、全責任を私も含めて息子が背負ってるような・・・そんな気持ちになりました。

ゲンジ君の場合、一冬超えてからですもんね。

今後の展開・・・。
祈ってます。
Posted by Shin at 2005年11月25日 11:00
初登板の緊張感。思い出しちゃいました。

自分が投げてる訳ではないけど、心臓はバクバクいってくるし、手に汗かいてくるし。とくにウチのはコントロールが悪かったですからね。
安心してみてられる様になったのは6年の夏頃でしたかねぇ。

俺も久しぶりに昔のビデオでも見直してみようかな、と思ったらビデオカメラが故障しちゃってました。ガーン。
Posted by かに at 2005年11月25日 12:38
緊迫した場面で『続きは後日』ですか…
どうなるのか楽しみと言うより心配ですよ(*_*)
Posted by Xゲーム at 2005年11月25日 15:06
metooさん こんばんは。

うちは息子の投手ビデオはありません。今から思えば撮っておけばよかったと後悔しますね。
でも中学の試合ではカメラを回している光景は全く見られませんね。
うちの地域だけかな?^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月25日 21:38
さとるさん こんばんは。

ピッチャーの親というのは、ホントにドキドキしますよ・・
他の親の動向にも神経を遣うわ、息子の姿に一喜一憂するわ・・ 心臓に悪いですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月25日 21:43
背番27さん こんばんは。

ストライクって知らない人が見ると、さぞや簡単にとれると思うみたいですね。
実際はそれが大変なんですが。

息子の表情、これは性格なんですかね〜
以前にも書いたのですが、野球では喜怒哀楽を出さないんですよ。良いのか悪いのか? 親の私も悩みます^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月25日 21:48
ハッシーさん こんばんは。

周囲の激励は投手には必要ですよね。
今はファーストやキャッチャーでの出場ですが、息子には投手経験を活かした気配りをしてもらいたいです。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月25日 21:51
Shinさん こんばんは。

ピッチャーはそれだけ重要なポジションなんですよね。責任も大きいですが、一人でそれを背負い込むような悲壮感があったりすると、見ているほうは辛いですよね・・
Posted by ドラ夫 at 2005年11月25日 21:58
かにさん こんばんは。

息子も今はとても良いピッチングをしますよ^^
来年は登板も有り得ると思います。この調子を、5年生の時に発揮してくれたら? とつい思ってしまいます。

ビデオ故障ですか。修理代が余計な出費になってしまいますね(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年11月25日 22:03
Xゲームさん こんばんは。

出し惜しみをしている訳ではないのですがね^^
次回のエントリーをお待ちください。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月25日 22:06
ドラ夫さんの息遣いが聞こえてくるようです。この先は、後での楽しみとして・・・
確かに、投手の親は野手の親とは疲れ方がまったく違うと思います。
2年前、長男が夏の決勝戦で甲子園優勝実績のある高校と戦い惜敗したのですが、中堅手でしたので攻撃的な気持ちで応援できました。
しかし、今年の夏の決勝戦は、次男が投手でしたので投げる一球一球が重々しくピンチになる度に、心臓が口から飛び出しそうでした。甲子園でも九州の名門校と対戦したのですが、最終回にツーアウト満塁のピンチになり、三遊間にゴロが打たれた瞬間に目を覆ってしまいました。遊撃手が好捕、三塁へ送球しフォースアウトをとり、ゲームセットになったのはスタンドの歓声で何とか感じ取れたという次第でした。
ゲンジ君は、野球の楽しさ怖さを身をもって感じているのですね。案外、親は緊張しているものの本人はエンジイしているのかも。
Posted by 富ちゃん at 2005年11月25日 22:21
すみません。エンジイではなく、エンジョイでした。次男のチェックで指摘されました。
Posted by 富ちゃん at 2005年11月25日 22:27
富ちゃんさん こんばんは。

スゴイ場面でのファインプレーでしたね。
その当りが抜けていたら? と考えるとゾッとしますね^^
目をつぶりたくなる想い、やはりどこの親御さんも同じなんですね。

うちの息子はエンジョイなんて余裕はありませんよ^^ まだ頭の回転が鈍いので、瞬時の判断に迷いが見られますね。。。

富ちゃんさんの息子さん達は実績が素晴らしいですね。父親冥利に尽きますね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月26日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。