2005年11月16日

意識の変化(勉強編)

ゲンジが最近、学校の勉強を意欲的に取り組んでいます。

前回の中間テストの様子は、『悲惨な結果の中間テスト』
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/8554552.html
のエントリーで書いた通りです。

多くのコメントを頂き、とても参考になりました。
あの直後、それらのコメントを参考にゲンジに話をしました。

とにかく次の期末テストでは、自分なりの結果を残す!
という意気込みを示してくれました。

口先だけではない事を、以降の行動で示してくれてます。
親としては嬉しい限りです。

急激な上昇は望んではいませんが、やるべき事をやってから
物事に挑戦する。という事を理解してほしいのです。

前回のテスト前は、今から思えば準備不足というか、
甘い考えを持っていたのでしょう。
今は尻に火が付いた状態かもしれません。

それだけ自分なりに危機感を抱いているのだと思います。
野球を上手になる為には目標を設定しますが、
勉強でも同じ事なんですね。

野球ではこれまで段階を追って目標を決め、
出来ない事からスタートして、多くの目標を達成してきました。

目標を達成出来なかった項目もあります。
でもそれに至る努力は決して無駄にはならないと思います。

達成出来なかった一つにピッチャーがあります。
現在 別カテゴリーで連載中の『我が子レギュラー化計画・5年生投手挑戦編』
結局ゲンジは投手として花は開きませんでした。

でも以降も個人練習では投手練習を続け、今ではかなり進歩しています。
来年の新チームでは投手としての出場も十分狙えます。

こうして目標→努力→達成 というサイクルを経験してきたゲンジ。
今度は勉強でも結果を残したい所です。

期末テストを想定した勉強に加え、マラソン大会に備えての早朝マラソン。

我が子ながらよく頑張るなぁ。と思う今日この頃です。
最後は親バカコメントで失礼しました m(__)m


posted by ドラ夫 at 23:54| Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>現在 別カテゴリーで連載中の『我が子レギュラー化計画・5年生投手挑戦編』
結局ゲンジは投手として花は開きませんでした。

そうだったんですか、しかし過去は過去、中学ではエースで4番を狙えますね!

もう期末テストの準備ですか、今月末くらいからテストでしょうか?
夜中に勉強して食べる夜食(焼きうどん)って、おいしかったなぁ〜^^
Posted by at 2005年11月17日 02:58
 ゲンジ君※ファイトォオオ!!※\(*^‐^)p※
                チアガール♪

 …失礼しました…。
 今度こそ、勉強の成果を見せてください。
Posted by でぃあ at 2005年11月17日 09:21
期末に向けて勉強ですかいい傾向ではないですか、前にも書きましたが野球も勉強もライバルが出来ると一層頑張れるしお互いに伸びると思います。
成績が上がると自然と自分から勉強するようになりますよ。
うちの兄君も受験に向け本格的にはじめました、あと2ヶ月ちょっとですからね・・・
Posted by 背番27 at 2005年11月17日 09:31
天真爛漫クンは、私に散々説明受けた 勉強は学生の「義務」 を奴なりに遂行中です。
但〜し 塾通いをする様に成って(寒く成って来た事も有りますが)部活に身が入らなくなる副作用が少々・・・全く 直ぐに分かる単純明快な奴ですョ。
近々、機会を見て 五体満足がどれだけ有難い事かについて述べたいとと思います。^^
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年11月17日 10:08
ほんと最近思います。
勉強も野球も一緒。
目標をたててそれを達成する為に努力する。
野球でこれだけやってきたゲンジ君なら大丈夫でしょう(^_^)
Posted by Shin at 2005年11月17日 10:14
良いですね〜。
本人がまずその気にならなければ絶対成績は上がりませんね。野球もそうですが、人からやらされている状態では全く身に付かないし、進歩もしません。

家の長男君は、まだまだ・・・。いつになったら目覚めてくれるのやら・・・。個人面談行くの怖いから、今学期は主人に振ろうと思ってます。

Posted by ハッシー at 2005年11月17日 10:27
 勉強できたカァチャンは、「勉強せい!」とはうるさく言わないし、「火事場の馬鹿力」で人生流れてきたトウチャンは、うるさく言うのは嫌だったので、子供の自主性(但し、アホな中学成績ならば「就職せい!」と脅かしてきましたが。)を重んじたら、それは単に親の「手抜き」であることが判りました。
 野球もそうですが、勉強のリズム・やり方を教えてあげないとダメですね。そこには、多少「強制」も必要のようです。こちらでは、怒号系指導者になりそう・・・
Posted by フルコーチ at 2005年11月17日 11:02
ドラ夫さん、いい兆候じゃないですか。
うちの子の場合は、「野球のために」勉強しています。それは野球高校へ行くために内申が必要という事からではなく、野球を長く続けるためだからです。
息子も中2となれば、自分の野球レベルがどのくらいか分かってきています。例え甲子園を目指す高校へ入ったとしても、ベンチ入りにもならなければ大学推薦ももらえません。で、学力試験で頑張ろうと思っても「野球入学」している子は別カリキュラムのことが多く、浪人しなければ大学合格は無理でしょう。そこで、就職という道を選んだとしても社会人野球の出来る会社(チーム)へ入るのは、この不景気でチーム激減の中、大学推薦をもらうより難しいです。ということは、甲子園を目指して頑張ったけど、ベンチには入れず、野球推薦で行ける大学はなく、ましてや学力試験で合格できるところもなく、社会人チームにも入れないので、社会へ出て早朝草野球を続けるくらいしかありません。だから、野球を少しでも長く続けるためには「学力」で大学へ行けるようにもなっておかなければならず、野球部のある大学さえいければ、2部リーグであれ3部リーグであれ野球を続けることが可能です。
そんな理由で勉強しています。本末転倒ですが(笑)。
Posted by touch at 2005年11月17日 12:48
ゲンジ君のように目標をもっての競争を経験させたいのですが、息子は1クラスが5人(男子3人、女子2人)全校25人、勉強も運動もやる前から順位が決まっているという環境です。誰もこの順番をひっくり返そうとはせず9年間過ごします。
ちなみに高校受験は成績よりも、試験の時に大勢の中で舞い上がらずに(人に酔わずに)問題が解けるかを心配するんです。私立はスベリ止めというよりも、人に慣れる練習に受験します。
こんな環境ですから、勉強しなくても自分はできると錯覚し、視野が狭くなることが心配です。
田舎の気弱な男で終わらないように、野球を通じて広い視野と向上心を培ってほしいと願っています。



Posted by てんてん at 2005年11月17日 14:03
Posted by at 2005年11月17日 14:07
touchさんへ
私も同意見です。機会があれば書き込みしたいと思ってました。実は、ドラ夫さんの(みなさんの)ブログの影響です。
以前まで「第一目標、甲子園」と決めていました。
息子も6年の時から四国の某有名高校の中学部で野球したいと言ってましたので(高校まで待つように説得)、頭の中は甲子園でした。ですが、毎日みなさんのコメントを読んでるうちに、touchさんと同じ考えに固まりました。ドラ夫さんのところから、みなさんのブログへもお邪魔しているうちに、甲子園がすべてではないと気が付きました。
大事なことは野球を通じて息子とどう関わり、息子を人間としてどれだけ大きく育ててあげられるか、息子も私も一度だけの人生だから悔いのないように・・・と。

Posted by てんてん at 2005年11月17日 14:32
てんてんさんへ
「四国の某有名高校の中学部」とは某M中学のことでしょうか? もし、そこでしたら息子も小6時代に希望しておりました。といいますのも、小学チームの年齢の近い先輩3名がそこに行っておりましたので(そのうち2名は退学し、地元中学に転校しましたが)。その上の高校へは(高校からの入学)その小学チームから現在4名が在籍しております。しかし、その親御さんたちの内部状態の話から、とてもうちの息子では技術的にも精神的にも及ばないと判断しましたし、そこでの野球(甲子園へ向けての野球)が「野球の全て」と考えるようになるのでは、と危惧しました。
現在、息子には「公立進学高校へ行って、野球高校に一泡ふかせられるように自分を磨け」と言っており、本人もそのつもりです。シニアから進学高校へ進学した子たちは大抵1年生からレギュラーです。中にはシニアでは希望がかなわなった投手でやっている子もいます。そんな子はもし野球高校へ入学してたなら、経験不足の点からも「投手」として育ててもらうのは無理でしょう。ですが、大学野球を見据えた場合、むしろ、遠回りに思えた進学高校での投手経験が生きる可能性もあります。 人間育成の点でも、野球選手としての将来の点でも、甲子園が全てでないことを子供に理解させることは悪くないと思っています。つまり、負けたわけでは無いと。
Posted by touch at 2005年11月17日 15:16
touchさんへ
はい、M高校です。息子はここが中学部もあり甲子園に行くためには一番と考えたようです。以前の野球部の問題報道を見てからは、福岡Y高校に目標変更したようですが、まだ15歳ですから夢見るばかりです。
もし息子が私立の有名高校に入れたとしても、野球をまっとうできるとは思わなくなりました。
最近は「地元の公立進学高校の野球部に今のチームのみんなで入ったら、甲子園に行けるかも・・・」「遠くの高校の寮に入ったら先輩のユニホームも自分のユニホームも洗わせられたり、いじめがあったりで野球するどころじゃないね」と考えさせるように言ってやります。息子も膝の痛みで自信喪失の時期もあったりで、少しは甲子園熱が冷めてるのではないかと思います。本当にお恥ずかしいのですが(野球に対して無知ですから)甲子園が全てと私自身も思っていました。(主人は違うと思います)
touchさん、いつもありがとうございます。
ドラ夫さん、お邪魔いたしました。さぁ帰って夕飯の準備しょうっと^^


Posted by てんてん at 2005年11月17日 18:17
うちの息子は早い時期から目標の高校を決めていました。ただ、そのために何かしたかというと、特別にはなかったのですが、最終的にはどの程度の学力と成績が必要かをずっと意識していたようです。
でも結果的には野球が終わってからの追い込みで受験対応をしたのですが、最終的には目標の高校より(息子にとって)難関な高校に合格できました。その集中力を見て「野球やっていたおかげかな?」と思いました。
ですから、今からヤキモキしなくても大丈夫ですよ。男の子は伸びますから。(娘は違ってコツコツ型ですけど・・・)
Posted by 少年野球コーチ at 2005年11月17日 19:31
お名前が抜けていますが、metooさんですよね? お互いシーサーですから、どうして判ったかは・・・^^

息子は夜食を食べるほど、夜は起きていられません。。。
なにしろ大晦日の年越しが出来ないほどです(^^;
夜型人間の私とは正反対です^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月17日 21:07
でぃあさん こんばんは。

いつもはポーカーフェイスの息子ですが、もしチアガールがいたらどんなリアクションをするか? ちょっと想像がつきません^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月17日 21:10
背番27さん こんばんは。

「勉強が面白い」 という状況になってくれるのを願いたいです。社会と理科は得意なようですから、そこを伸ばしつつ苦手教科を克服してほしいです。

長男さん、追い込みモードみたいですね。うちの娘も頑張ってますよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月17日 21:14
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

息子さん、「あちらを立てれば こちらが立たず。」 ですかね?^^

我が家は人里から離れており、塾へ通うのも難渋な所です。自宅練習にも影響しますので、なんとか今度のテストでは結果を出し、妻の機嫌を損ねないようにしてほしいです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月17日 21:20
Shinさん こんばんは。

勉強も野球のように、うまく運ぶといいのですが、こればかりは・・・
今は祈る気持ちですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月17日 21:22
ハッシーさん こんばんは。

個人面談、我が家は仮に私が行く。 と言ったとしても、妻は100%『私が行く!』 と答えるでしょうね(^^;
このテリトリーは今後も崩れる事は無さそうですよ。。。
野球は私で勉強は妻。という分業みたいです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月17日 21:25
フルコーチさん こんばんは。

私の父も 「高校は義務教育じゃないから、惰性で行くつもりなら行くな!」とよく言われました。
ですから私もそれなりに努力はしましたね。
息子はその点で認識が足りなかったようです。
放任もいいかもしれませんが、私はある程度はこちらの意向を子供に示す考えです。ですからある程度の強制は私も賛成です。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月17日 21:31
touchさん こんばんは。

貴重なお話、ありがとうございます。
確かに高校野球で燃え尽きるのは早いですよね。
でも現状はご指摘のような問題が山積している。
おのずと学業の重さが判りますね。
この辺りの事、息子にも話をしておきたいと思います。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月17日 21:34
てんてんさん こんばんは。

生徒数の少ない学校ですと、ご指摘のような問題があるでしょうね。
ぬるま湯と言ったら失礼ですが、競争心を生むのは難しいかもしれません。
でもその分、野球で揉まれている訳ですから、野球の経験が勉強にも乗り移るといいですね^^


「第一目標、甲子園」 これはこれでいいですけど、こればかりが全てではない。と思う部分もありますよ。
子供のレベルの事を言い出したらキリがありませんが、私は息子に甲子園を求めていませんし、現実にそこまでの技量は現時点で備えていません。

以前にもブログで書きましたが、タマタマうちは野球を選んだので、野球を通して上下関係や自己主張、目標への取り組み、目標の達成感。これらの事を学ばせたいと思っただけなんです。

私自身が学生時代、他の競技で全国大会を経験していますから、わたしもそれを通して色んな事を学びました。息子も多くの事を吸収してくれるでしょう。それだけで私は十分です^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月17日 21:47
少年野球コーチさん こんばんは。

そうなんです。息子にはそもそも志望校がありませんでした。私もまずその部分から息子に話をしました。
息子は無頓着な部分がまだまだ多いです。いつまでも子供です。。。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月17日 21:50
そう遠くないこの勉強とスポーツとの両立・・。
近所に住むスポーツ万能の高校生がいます。長男と同じ野球クラブ出身。クラスメイトにもプロになれるとしたらあいつかも・・といわれていたようです。勉強も野球もしっかりとできる、そんな彼が県立の進学校へ行き、野球を熱心に続けられたそうです。彼の父親と話する機会があり、『6大学で野球されるのですか?』と聞いてみたら、『頭では入れるかも知れないけど、野球は通用しないね!』
がーん!この時点で長男には過大な期待はせず、野球を通してしっかり、挨拶や目標達成の喜び等、ドラ夫さまと同じような思いとなりました。
Posted by 満木 月風 at 2005年11月18日 10:32
満木 月風さん こんばんは。

野球界もある意味でピラミッド形式ですから、上へ行けば行く程、競争も激しくなりますよね。
ですから私も息子には高望みはしていません(^^;
ただ現状の環境でベストを尽くす。これだけは常に言い聞かせています。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月18日 22:32
その節はお見舞いコメントありがとうございました。本日復活しました。

ゲンジ君もついに本気になったんですね。こうなったらきっと親が驚く様な結果を出してくれるじゃないですか。
ウチも昨日から期末試験前で部活が休みになりました。本人にやる気を聞いてみたところ、さすがに前回の成績は不本意だったようですから、ウチも本気で勉強するつもりみたいです。
お互い面目躍如というような記事が書けると良いですねぇ。
Posted by かに at 2005年11月18日 22:47
かにさん こんばんは。

退院 おめでとうございます。
お仕事が激務ですから、ある意味で良い休養になったのでは?^^

テストの結果も期待してしまいますが、この取り組み自体を評価してあげたいです。
これで結果が悪くても、それは仕方ない部分もあります。その時は勉強のやり方を見直すんでしょうね。
とにかくどんな点数が出るか? 注目ですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月19日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。