2005年11月14日

長老コーチ引退

昨日の卒団式で、現3年生をチームから送り出した事になりますが、
もう一人チームを去る人がいました。

60歳のGコーチです。

Gコーチは現クラブチーム設立時に尽力された、多くの方々のお一人。
言わばクラブ創設者の中心人物だった方です。

当初はご自身の息子さんが選手でした。
その時は指導陣の一人してチームを引っ張り、
息子さんが卒団後もチームに残って後進の指導にあたっていた。

数年前からは『非常勤コーチ待遇』 として時折練習にも顔を出されていた。
クラブ創立から13年になるそうですが、設立メンバーで今年まで、
何らかの関わりを持ち続けていたのはGコーチのみ。

これまでのチーム成績や、多くの卒団生を語れる唯一の人物。
チームの歴史の生き証人と言ってもいいかもしれない。
大袈裟に言えばGコーチの存在そのものが、チームの伝説と言えなくもない。

若い頃は熱血感だったと聞くが、近年は『仏のGさん』との異名があるほど。
ドラ夫が印象に残ったのは、Gコーチは選手を呼び捨てでは呼ばず、
必ず「君付け」で呼ぶ事でした。これは昔からそうだったようです。

監督や他のコーチは選手の下の名前で呼びます。

時々来られての指導も、常に冷静な視点での指導。
決して怒鳴る事なく、理論的に選手に噛み砕いて説明するタイプです。

また選手のみならず、ドラ夫を始めとした若い父親コーチにも、
指導の手解きをしてくれます。練習メニューの事や、
選手個々の能力に応じた指導方法など、全ての面において配慮が行き届いていました。

私とは親子と言ってもいい位の年齢差。ゲンジは孫のような存在です。

ここまで貢献されてきたGコーチも、60歳という節目を迎えたのを期に、
コーチ職から退く決心をされたようです。
チームにとっては大きな痛手。皆々、心の支えを失ったが如くの寂しさを隠しきれません。

ドラ夫親子も良い思い出が多くありました。
今年の春、1年生のゲンジがベンチ入りメンバーに選ばれたのも、
Gコーチの後押しが大きかったです。

『彼は2年後の中心人物たる器。ここで勉強させなければならない。』
と、今から思えばとても有り難いお言葉を頂戴しました。

またドラ夫自身も、スイッチノッカーを褒めて頂き、
とても嬉しかったのを覚えています。

Gコーチは現役時代、甲子園準優勝の実績がある高校でレギュラーでした。
残念ながらGコーチが在籍中は、甲子園には縁が無かったのですが、
以降野球への情熱は衰えず、企業チームを引退後は中学生の指導にあたられておりました。

還暦を迎えながらも激しいノックを打っていたGコーチ。
もうそのノックが見られないと思うと、本当に淋しいです。

現・指導陣もとても残念がっていましたが、これから新たなスタートと位置づけ、
Gコーチの教えを、これからも引き継いでいこうと気持ちを引き締めていました。

現場に出る事は無くなっても、都合がつく限りは試合観戦に足を運んでくれるそうです。
これは嬉しい事ですね。 叶う事なら、ゲンジが卒団するまで在籍してほしかったです。

来シーズンからはGコーチはいませんが、良い伝統を受け継ぎながら、
新しい歴史を書き加えれるよう、選手諸君にも頑張ってもらいたいものです。


この記事へのコメント
こういった方が、チームを支えてくれた時代があると思うと、私達はもっとやらねばと感じてしまいます。
できれば、相談役として今後もチームに名前を残して欲しいですね。
Gコーチ、お疲れ様でした。いつでも、待ってます!
Posted by metoo at 2005年11月15日 02:58
すばらしいコーチがいらっしゃったようで‥とてもうらやましく思いました。ウチの長男が在籍していた前のチームにもこんなコーチがいたらなって感じましたよ。

そのチームも今、例の監督と大御所コーチの引退が決まったようです。選手の起用法、練習法などいろいろぶつかりましたが、今はお疲れ様でしたといいたいですね。

長男の今在籍しているチームに次男の入団が決まりました。さらに次男の同級生が1人一緒に移籍が決定。これでそのチームから移籍する選手が4人になります。
今前チームでは新体制になり、選手を4人も奪われる形になった我がチームを「打倒」と目標にしているようです。

前チームは地元。現チームは隣町。前チームにはどんどんレベルアップしてもらいたいですね。そして移籍した4人には、移籍を後悔しないためにも、そして前チームの選手や指導者のためにもがんばって力をつけていってほしいと思います。
Posted by 寝てるゾウさん at 2005年11月15日 06:58
チームの「生き字引」的な方が辞められるとつらいですね。
でも、指導者も変な言い方ですが、"新陳代謝"は必要です。
残られる指導者の頑張りに期待ですね。

我がチームの長老・総監督。先日、高血圧で倒れました。長老の方々も健康には留意して頂きたいです・・・
Posted by さとる at 2005年11月15日 09:23
創設者のメンバーでもありますから、チームに対する愛情は人一倍なんでしょうね。
そう言った方が引退されるのは本当に寂しいことですね。

自チームの監督も今本当に引退を考えている様です。高校野球経験者のコーチ兼選手のお父さんに水面下ではチームを引き継いでくれないか頼んでいるらしいのです。

県内では有名な名物監督の後を引き継ぐとなると、そのお父さんコーチもやってみたい気持と、自分に出来るだろうか・・・の気持が交錯するんだそうです。

どうなる事やら・・・、続けて欲しいのは勿論ですが、体調不良となると無理に引き止める事は出来ませんしね。勝手な思いですが、願わくばあと
1年、我が子が卒団するまで頑張って欲しいのですけどね。
Posted by ハッシー at 2005年11月15日 10:26
Gコーチの様な方が、野球界の屋台骨を支えておられると思いました。

チームは継続しなければいけないと思います。無くなってしまっては、それまで係わった人達の楽しみが消えてしまいます。
継続には、幹部の新陳代謝も必要なことと思います。引き際も素晴らしい。指導者の鏡と思います。私も見習いたいです。
Posted by 星 十徹 at 2005年11月15日 12:27
Gコーチが安心して引退できる環境が羨ましいです。後継者がちゃんと育っていて、その情熱が受け継がれているのですから。
うちなどは、監督が今年60歳。いつになったら引退できるやら・・・。私ともう一人のコーチ3人は運命共同体。誰か一人が辞めたら、みな辞める約束になっています。それって、イコール「チーム崩壊」ですから大変です。
Posted by 少年野球コーチ at 2005年11月15日 13:21
 うちの球団では、60歳は「油の乗った世代」かもしれません。中学の仙人集団です。。。
 あ、一人70歳以上の指導者がいた。明治の御大「嶋本監督」からビンタくらった方です。
Posted by フルコーチ at 2005年11月15日 13:58
我がチームにも「ご意見番長老コーチ」がいらっしゃいます。飲んだら煩いけど、飲まないときは「良いおじいちゃん」ですね。
チームを支えて来てくれた先輩方に感謝です。
Posted by 新米C監督 at 2005年11月15日 16:18
「君付け」で呼ぶ指導者は珍しいですね。
でもそれはそれで良いと思います。
でもそうした大御所が存在するチームが羨ましいです。うちは指導陣がコロコロ代わります・・・
Posted by ズンドコ節 at 2005年11月15日 19:55
我がチームにも最近お孫さんが入部するという事で必ず練習に参加する63歳の方がいます。
この方はある支部で審判部長をされていまして、
少年野球にもかなり長く携わっているようです。
始めは、でしゃばり過ぎる!ように感じましたが、いえいえとんでもない。話をすれば、よく分かる方で、今は、色々とアドバイスを頂いております。
Gコーチ・・・文面から見ても素晴らしいんでしょうね。
Posted by Shin at 2005年11月15日 20:01
metooさん こんばんは。

「困った事があれば、いつでも相談するように」
とのお言葉を挨拶の時に申されていました。
コーチ陣の都合が悪い日があった場合、Gコーチの召集令状が行くと思います^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月15日 20:08
寝てるゾウさんさん こんばんは。

前チームの指導陣も退陣ですか。それは大きな動きですね。前チームも体制を建て直して挑んでくる。そうして双方のレベルアップに繋がるのだと思います。

下の息子さんもいよいよ入団ですか^^ これから何かと忙しくなるでしょうが、楽しみも2倍に増えますよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月15日 20:14
さとるさん こんばんは。

ここ数年は非常勤でしたが。監督も当然ながら一目置いた存在でした。
ただご指摘のように、近年は健康面での問題もあったようです。家はすぐ近くですので、いつでも顔を見れるのが幸いです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月15日 20:19
ハッシーさん こんばんは。

そちらのチームも、うちと同じ感じですかね。
うちは監督は私と同世代です。Gコーチはご意見番でしょうか^^

カリスマ性のある方の後を引き継ぐのは、後任の方にもプレッシャーがありますよね。
親の本音は、なるべく自分の子供が在籍中には監督は代わってほしくないですよね。
まぁスカタン監督は別ですけど(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年11月15日 20:24
十徹さん こんばんは。

本当に得る部分が多いお方でした。選手だけでなく、保護者まで勉強になりましたよ。
今後も側面からチームを支援してくれると思います。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月15日 20:27
少年野球コーチさん こんばんは。

ではそちらのチーム、誰もチームを去る事が出来ませんね^^ 正に一心同体といった感じでしょうか? 選手の育成も勿論大事ですが、これから先に続く指導者の育成も重要なんですね。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月15日 20:32
フルコーチさん こんばんは。

60代がバリバリで、70代で現役というのも素晴らしいですよ!
その人達から見れば、我々はまだ小僧扱いですかね?^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月15日 20:35
新米C監督さん こんばんは。

「飲んだら煩い」 Gコーチは飲んでもニコニコ顔です。絡む事はしない綺麗な酔い方です^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月15日 20:37
ズンドコ節さん こんばんは。

選手は「君付け」で呼ばれるのに抵抗というか、恥ずかしさというか、恐縮した気持ちがあるようですが、Gコーチはお構いなしです^^

コロコロと人事が変わるのも困りますね。
何か理由があるのでしょうか?
Posted by ドラ夫 at 2005年11月15日 20:41
Shinさん こんばんは。

おじいちゃんが孫の付き添いですか^^
そうした光景もいいですね〜
私の父はまだ若いくせに、孫のゲンジの試合をこれまで一度も観戦していません。
やはり恥ずかしいのですかね?^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月15日 20:43
私の父親も56歳でこの世を去るまで、少年野球のコーチをしていました。子供がチームにいるわけでもなく、また、監督になるわけでもなく、毎日毎日、5時に仕事を終わりにしてバッティングピッチャーをしていたようです。もう、亡くなって17年になりますがね。亡くなった後、チームの人が私にコーチを引き継いでくれとの依頼があって、引き受けた次第です。その後、長男と次男がチームに入ってきたわけですが、親父が生きていれば(74歳ですが)まだまだ、教えつづけていたのかなと思います。
Posted by 富ちゃん at 2005年11月16日 22:39
富ちゃんさん ありがとうございます。

お父様、56歳でお亡くなりとは早逝でしたね。
ご健在でしたらきっとコーチを続けていたかも?
天国でお孫さんの甲子園出場を喜んでおられたでしょうね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月17日 00:29
父親は、星 一徹 みたいな人でしたから。
親子三代、野球バカですね。
野球バンザイ
Posted by 富ちゃん at 2005年11月18日 22:43
富ちゃんさん ありがとうございます。

親子3代ですか。私の父は孫の試合を一度も観戦した事がありません。いつも声をかけるのですが、『俺が行くとゲンジが緊張するといけないから』 などと言っては出掛ける様子がありません。
張り合いの無い爺ちゃんです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月18日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。