2005年11月13日

卒団式

今日はクラブチームの卒団式が行われました。

中学ではドラ夫親子も初めての卒団式。
天候にも恵まれて、午前からスタートしました。

まずは「親子交流戦」
選手と父兄が野球で対戦します。

双方共に大所帯なので、選手交代は自由。
一度ベンチに退いても、再び出場出来るルールで行う。

選手達は日頃守らないポジションを体験したりした。
外野の子が内野を守ったり、その逆だったり。
真剣勝負ではないから、こうした試みは面白い。

父兄チームはポジションと打順がなかなか決まらない。
皆が遠慮というか、譲り合いというか・・
ようするに3年生エースの投げる球に、早くも戦意消失状態^^

戦う前からこれでは、決着はついたも同然でしょうか。
正直、中学生の球を打つのは素人では厳しいですね。
相手はそうは言ってもまだ「子供」ですから、手加減せずに全力で向ってきます。

大人は大人で無様な姿を見られたくないですから、誰も率先して打席に入りません。
それでは試合も進まないので、最後は皆が開き直りました!

ドラ夫は6番セカンドで出場。最初の打席がファーストゴロ。
第二打席はサードゴロ。ボールが速くて当てるのに精一杯。。。
三振しないだけマシでした(^^;

途中で女性陣にも試合参加をしてもらう。
母親の打席は下手投げ。ようするにソフトボールのような投げ方で投げてもらう。
三振するお母さんは無く、何人かは外野まで飛ばして喝采を浴びてました!

試合はスコアを書くまでまでもないほど、子供チームの圧勝。
小学生と中学生とは、ホントに能力が違いますね〜
とてもじゃないですが、もう勝てませんね。


和気藹々と交流戦も終わり、午後から場所を移動して卒団式の会場へ。
今年度の成績発表から卒団生への激励の言葉、記念品の授与。

そして会食が始まり、各場で選手を囲んで和やかな談笑が続いた。
監督・父兄も感慨深いものがあるのか、想い出話で盛り上がっていました。

卒団生はほとんどの子が高校でも野球を続ける。
これが一番監督が喜んでいましたね。

先輩達の残してくれた伝統を、今の1・2年生にもしっかりと受け継いでほしい。
来週は1年生大会。今年最後の大会なので、是非勝利で終わりたいものです。


この記事へのコメント
引退したといえ、現役の中3とガチンコ対決。父兄側には厳しい現実だったみたいですね。
でもいつもの真剣勝負とは違った交流戦もいいですね。年に一度のイベントでしょうから、楽しかったのでは?
Posted by ブラックソックス at 2005年11月14日 07:54
卒業する3年生の殆どが野球を続けるというのは羨ましいですね。うちは、野球で進学(推薦)するのが3人、一般で入学して多分続けるのが2人、迷っているのが1人、ほかの6人は多分野球やめちゃうのかな?って感じです。
OBが野球続けていると、高校野球の季節が楽しみなのですけどね。
Posted by 少年野球コーチ at 2005年11月14日 08:52
親子交流戦の様子を想像すると、思わず笑っちゃいました。中学生の球は厳しいでしょうね(笑)

先輩達の残した伝統を引き継ぎ、守って行くのは残された後輩達の務めとはいえ、大変だと思いますが、より高めて次の代へ伝えられるよう皆で努力して欲しいと思います。

こちらは一足お先に今年最後の公式戦が始まりました。なんとか2勝し、来週の準決勝まですすめる事が出来ました。でも、内容は最悪。
特に2試合目は両チームともエラーのオンパレード・・・でした。金メダルは厳しそうです(悲)

1年生大会頑張って下さいね。
フレー、フレー、ゲ・ン・ジ!!
Posted by ハッシー at 2005年11月14日 10:36
親子対決・・・尻込みするお父さんたちの気持ちがよく分かります。
中学生のタマは打てん!と断言。
我がチームの6年生の卒団式で「vsお父ちゃん・指導者連合」「vsお母ちゃん」の2試合が恒例です。
前回・・・私は3番セカンドで出場。ノーエラーながら2打席2三振でした・・・(^^;)
Posted by さとる at 2005年11月14日 10:40
こちらも 小学生チームなんですが、最後の〆 恒例 当日の親子戦&卒団式の図式 は昨年から消滅しました(親の参加人数&子供の団員数不足からです)
最近は 少子化の波が、どのスポーツ団の運営をも 苦しめてますね(どうしようもない事です)

さて ドラ夫サン!まずは報告です
先日の後任監督の件は全て御破算に成っちゃいまして 多分小学生だけのチーム存続は(ここ3年間の様相から)不可能だと思われます(解散・・逆に本望ですね)
託児所代わり的考えや 素振り&キャッチボールを舐めてる親子に対してのボランテイア指導は飽き飽き・・状態の私は、小・中の数人の子を預かり【ぶっ叩け〜!! 野球教室!?】を不定期ですが(・・無理矢理命名^^)少人数の親子で協力し合い 出来る限りでやる事にしました。敢えてチーム運営の為の頭数だけ との募集はせず、参加条件はコ・ド・モ・自らのやる気だけです。
段々と《子供達だけの意思で集って》自分等でやる様に仕向ける、時勢異色の方針です。

小学生チームの総会の席で
指導者並びに関係者が独裁的に運営し=一年生は上手くても一年間は⇒裏方さん・・?上級生はレギュラー?? とする 悪い意味の封建的上級生主体を受け継ぐ中学生倶楽部へは来年野球部へ入部の親子 全世帯が「NO」の意思からこう成っちゃいました。

※ 我が子の野球へ関しての私の行動へ、珍しく と言うか、初めて!? この考えにカミサンが拍手をくれました・・・ね^^
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年11月14日 10:49
うちの中学も9月に親(+先生)対3年生試合をやりましたよ。
親+先生はかなり真剣で勝つ気満万でした。
序盤戦は3−3でしたが、さすがに後半バテました、結果は5−3で子供の勝でした。
若干子供たちには遊ばれている風もありましたが(笑)
ストレートは何とか打てますが、変化球はわかっていても打てませんでした。
でも、楽しかったなぁ。
Posted by baseball-oyaji at 2005年11月14日 13:20
ブラックソックスさん こんばんは。

はい楽しかったですよ^^
最初から勝つ気なんか、誰も考えていませんでした(^^;
相手は真剣でしたけどね!
Posted by ドラ夫 at 2005年11月14日 19:41
少年野球コーチさん こんばんは。

6人が進学後に野球を離れるとは、少々意外に感じました。勉強に専念するという事でしょうか?
そちらのチームは素晴らしい実績をあげておられますから、ちょっと勿体ない話ですねぇ。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月14日 19:43
ハッシーさん こんばんは。

私は打席に立った時、『お願いだからブツケるなよ!』 と叫んでましたよ^^ 反射神経が鈍ってますから、避ける事が困難です。。。

準決勝進出、おめでとうございます! なんとか後二つ勝って優勝したいですね^^
ここまできたらプレー云々より、勢いに期待しましょう!
Posted by ドラ夫 at 2005年11月14日 19:47
さとるさん こんばんは。

昨年の学童チームの親子対決は、私が先発ピッチャーでした^^ 小学生相手にムキになっても大人気ないので、そこそこ打てそうな球を投げてあげましたが、中学では立場が逆転ですよね。
わずか3歳の年齢差ですが、中学生はホントに心神共に成長します。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月14日 19:51
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

人数不足による中止ですか・・ 残念な事ですね。


今後の事、色々と動きがあったようですね。確かに託児所感覚で預けられても、それはそれで問題もありますよ。真剣に取り組みたい子だけを、ぶっ叩け〜!!さんが指導する。 このほうが選手の技術向上には役立つのではないでしょうか?

中学クラブの考え方、学年優先も判らない事はないですが、全ての1年生を雑用と決め付けるのも可笑しな話です。逆に上級生なら優遇というのも・・
これではモチベーションを上げるのは困難ですよね。切磋琢磨しない事には進歩が見えてこないですよ。技量は正当に評価してあげないと、子供の伸び代が阻害されます。

奥様の理解が得られた事、本当に良かったですね。私も近かったら、是非ぶっ叩け〜!!さんに息子を診てもらいたいですよ。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月14日 20:00
baseball-oyajiさん こんばんは。

5対3とは接戦ですね! しかも全中出場チームが相手なんですよね? そのチームとそこまで渡り合えるのは、父兄チームも精鋭揃いだったのでは?^^ うちは私を含めて半数が素人ですから(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年11月14日 20:03
2年前に 父兄チームに下級生の補欠メンバーを足して何とか開催したのが最後ですョ。

私が教え始めた頃のOBは来年高2に成りますが、現況では中学生しか顔を出さないのが現実でして そんな子等もたまには参加してくれて 野球の楽しさを伝えて欲しいな〜、なんて考えてる次第です。
以前に近所だった某甲子園出場常連高Pコーチも、若手に一新 の来期のスタッフ変更方針から?除外された様相で、是非ゲストに呼んでみようと思ってます。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年11月14日 23:20
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

いいですね。その甲子園出場常連高Pコーチ。
そうした経験のあるコーチからの指導は、とても良い経験になりますもんね。
現役高校生、うちにもタマに顔を出してはスタッフと世間話していきますよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月15日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アジア最強!千葉ロッテの強さに3つのヒ・ミ・ツ
Excerpt: 〓人気blogランキングへ〓 アジアシリーズでも脅威の強さを発揮した今年の千葉ロッテ。 次は、ホワイトソックスと『真のワールドシリーズ』やってくれ〜! ◆フィリピンで旧日本兵の生存が話題..
Weblog: 〓福岡ソフトバンクホークスが世界一に輝く日〓               
Tracked: 2005-11-14 20:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。