2005年11月11日

新規格軟式ボールの行方

軟式野球界は『新・軟式ボール』の導入間近です。

このボールについては多くのサイトで取り上げられており、
このブログでも過去に何度か触れた事があります。

A球は夏に先行発売されており、当地でも一般の大会によっては、
この新ボールで既に試合が行われた所もある。

中学生が使うB球と、小学生が使うC球は来月に発売予定。
ボールの特性については各ブログで何度か論議されているので、
ここではその事には触れません。

問題はその導入時期についてです。

当地の連盟の最初の発表では、『平成18年度の大会より使用』 との見解だった。
という事は来年の4月1日以降の大会から新ボールを使った試合になるという事。
当然チームとしてはその方向で練習も考えねばならない。

ところがここへ来て、その導入時期に暗雲が立ち込める。
連盟は当初の導入時期を延期し、中学については来年の中体連までは
旧規格ボールで試合をし、それ以降の大会から新規格に移行するとの事。

【これはあくまで当地の連盟の話です。他の地区の連盟に関しては、
この限りではないかもしれませんのでご了承を。】


それで何故このような話を知ったかというと、
チームに出入りしているスポーツ店の店主さんと、
連盟の登録審判をしている父兄が、ほぼ同じ時期にその話をしたからです。

そもそもどうして4月からではないのか? ここが疑問だ。
今回の規格変更はずっと以前から判っている事。
メーカーもB球は12月に発売する。4月には時間的に十分な時間だ。

当初のチーム方針では、来年2月の練習始めから新ボールを使い、
旧ボールはトスや打撃マシン用に下ろす予定。

だが中体連まで旧ボールを使うなら、極端な事を言うと
来年の3年生は新ボールに慣れる必要が無い訳だ。

ところが来年の2年生はそうはいかない。
6月まで旧ボールを使い、7月の新チームから新ボールを使う。
言わば新ボールに慣れる期間がほとんど無い事になる。

これはいかがなものか? 他チームも同じ条件とはいえ、
なんだか釈然としない。昨夜チーム関係者にも確認してみたが、
どうやらこの話は、当地では本決まりとの事。

この話の裏には、旧規格ボールの大量在庫。という話が絡む模様。
なるほど、そうした事情からそうした方向へ話が行ったのか・・

それにしても来年の1・2年生には迷惑な話だ。
旧ボールからすぐに新ボールに対応しなければならない。
4月からの導入なら、じっくり慣れる期間があるのだが。


それと以前にエントリーした『ビヨンドマックス禁止令?』 http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/6600670.html

この件も結局、旧ボールの試合はビヨンドの使用可能。
新ボールの試合から使用禁止。という事になったそうです。

ボールの規格変更でここまでバタバタするとは・・
話もコロコロと変わり、正直迷惑な話です。

変化球の曲がり具合やバウンドの違い等、じっくりと試してみたいのだが、
旧ボールでの大会がある以上、それもあまり出来ない。
自宅の練習ではA球を使って練習もしてますが、チーム練習ではそうは行かない。

一部関係者からは、この話に疑問を感じている人も結構多い。
このボール話、しばらく迷走する事になるかもしれません。

nankyu.gif



posted by ドラ夫 at 23:41| Comment(16) | TrackBack(0) | 野球道具について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が地域では、来年度からの使用が決定されました。
新6年生の新人戦的な大会から使用開始ですので、来年2月から新規格ボールでの試合となります。
我がチームは旧規格ボールはトスバッティング用として使用予定と聞きました。
地域によってマチマチの対応。これはこれで困ったモンですね。
Posted by さとる at 2005年11月12日 00:06
そんな話があるんですか?確かに新規格軟式ボールが来年から導入されるのに、なんでC号だけ未だ販売されてないのだろう、と思っていました。
ボールの件に限らず、今の(少年)野球の規制というか道具に関わる指導には、連盟とメーカーの思惑で決められている(断定は出来ませんが)ことが多いように思います。
Posted by うめたろう at 2005年11月12日 01:42
>この話の裏には、旧規格ボールの大量在庫。

考えてみれば、導入が遅れるわけはないですよね。

しかし、誠に遺憾ながら、B・C号は製造過程で機械に故障が生じ、発売が遅れる旨の連絡がメーカーからありました。
http://www.jsbb.or.jp/nb/nb03.html

こんないい訳はおかしいと思ってました。
結局は子供より、お金が絡んだ話とは、悲しいです。
Posted by metoo at 2005年11月12日 02:50
考えてみれば、発売の遅れは、理由の如何を問わずメーカーのモラルが問われる話です。

発表のとおり機械の故障とすれば、全メーカが揃って故障するとは考えられず、何社かは故意に発売を遅らせて多くの野球少年に迷惑をかけたことになります。

大量在庫が原因とすれば、各メーカーと連盟がつるんでお互いの利益を守ったことになります。

2つとも法(独禁法)に触れるんじゃないの?
法に触れないとしても企業理念が問われます。
Posted by Skyboys広報 at 2005年11月12日 08:10
Skyboys広報さんのコメントが全てを物語ってますね。
メーカーと軟連の癒着ととられても仕方ないですよ。
ようは競技をする側の立場より、メーカーの立場のほうが守られたという事でしょうね。
Posted by シャドウP at 2005年11月12日 21:35
たかがボール という問題じゃないですよね。握った感覚がまるで違いますよ。今までのディンプル形状の握りに慣れた手には、今度の新ボールは違和感がありますよ。最初は。
Posted by 月影のオヤジ at 2005年11月12日 22:23
当地では今のところ予定通り来年初めの大会からとなっていますし、ビヨンドに関しても規制はないようですが、新球が十分に出回るのかどうか不安ですね。
たしかに、新球に慣れる期間がなければ、選手にとっては辛いですね。
Posted by 少年野球コーチ at 2005年11月12日 22:24
さとるさん こんばんは。

そちらは2月の大会から新ボールですか。
今日もこの問題で父兄と話し合いをしましたが、皆さん納得できない表情でした・・・
Posted by ドラ夫 at 2005年11月13日 21:38
うめたろうさん こんばんは。

プレーするのは子供ですから、そうした世界に大人の都合が入るのは好ましくないですよね。
振り回されるこちらはいい迷惑ですよ。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月13日 21:43
metooさん こんばんは。

情報ありがとうございます。
確かに理解に苦しむ言い訳ですね。
そんな理由、誰も納得しませんよ。供給メーカーは幾つも有るのに。
企業の都合が見え隠れしますね。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月13日 21:45
Skyboys広報さん こんばんは。

鋭いご指摘、ありがとうございます。
あまりにもユーザーを無視した形ですよね。
メーカーにしてみれば規格変更は言わば特需ですから、それに乗じた「メーカー都合」は、確かに理念を疑いたくなります。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月13日 21:50
シャドウPさん こんばんは。

残念ながら、シャドウPさんの仰る通りだと思います。これで癒着を疑わないほうがどうかしてますよ。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月13日 21:52
月影のオヤジさん こんばんは。

ようするに慣れなんですよね。新ボールに慣れる期間さえあれば文句は無いのですが、当地の連盟では旧規格からいきなり新規格への移行になってしまいます。これは困った事です。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月13日 21:55
少年野球コーチさん こんばんは。

試合球の違い一つで練習球にも影響します。
単にデザインが変わっただけならいいのですが、バウンド特性や握りの感覚が変わる以上、準備には時間がかかるものですよ。
監督も頭を痛めていました。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月13日 21:58
このボール変化球曲がるとか言ってるケド、実際投げてみたら曲がりません。。。。。。
とっても困ります・・・得意としていた変化球が、縫い目が減ったことで投げずらくてしかたありません・・・・・・・
Posted by 困り困る少年 at 2006年01月07日 19:36
困り困る少年さん はじめまして。コメントありがとうございます。

うちは夏に発売された新A球では、その感触を確かめながら自宅練習をしてました。
12月に購入した新B球では、まだ本格的なピッチングはしておりませんが、うちの息子が言うには、それほど投げにくいとは申しておりません。

やはり個人で感触の捕え方にも違いがあるんですね。

いずれにしましても、このボールで試合をしなければなりませんから、早く慣れるしかなさそうです。

今後もよろしくお願いします^^
Posted by ドラ夫 at 2006年01月08日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。