2005年11月08日

早朝マラソン開始

朝晩めっきりと冷え込んできましたが、
息子ゲンジは今朝から早朝マラソンを始めました。

学校に行けば朝練があるのですが、それとは別に登校前のマラソンです。
実は今月下旬に学校で、「校内マラソン大会」があるのです。

それに備えての練習のつもりでしょうか? とにかく良い心がけですね^^
これには訳があり、野球部の主将から「1年生は20位以内がノルマ」
と申し渡された模様。これは毎年同じノルマのようです。

当初ゲンジはこのノルマを軽視していました。
それはゲンジが長距離走が得意だからです。

小学校低学年の時は学年で1位。高学年でも5位以内はキープしていた。
中学に入ってからも、1500メートルや3000メートルの中距離は学年で3位以内。

だから本人は20位以内というノルマは、ある意味「楽勝」 と捉えていた。
ところがルールを知って慌てた模様。

小学生時代のマラソン大会は学年別。男女が同距離を混走していた。
ところが中学では「男女別」 のレースになる。距離も男女では異なる。

だから自分より年上の、3年生や2年生と混じって走り、
その中での20以内だ。こうなると楽観は出来ない。

更に走行距離がなんと25kmほどのロングラン。。。
今までに体験した事がない距離だ。長丁場のレースは精神力も必要。

そこで危機感を感じたゲンジは、朝の自主マラソンを始める事になりました。
毎日少しでも走っておけば、本番にも多少は有利だろう。

マラソン大会の為。という理由からの行動だが、
これは野球にも良い影響をもたらすと思う。

さて本番ではどれだけの成績を残せるか?
結果次第では、ドラ夫も何かご褒美を考えています^^

それにしてもこのマラソン大会、都会の学校でもあるんですかね?
うちは田舎なので外を走っても、さほど問題にはなりませんが、
都会の場合はどうなのか?

それと25キロという距離はどうなんでしょう?
私は少し、長過ぎると思うんですが・・・




この記事へのコメント
突然お邪魔します(^O^)/

2,5Kじゃなく25Kっすよね…f^_^;
過酷なサバイバルゲームっすね。
中学生レベルでは聞いた事はありませんが目標に向かって突き進む気持ちは大事だし、なかなか実行する事は出来ませんよ!

当然、野球にも素晴らしい練習なもなりますし、自分の息子も球児なんですが、とにかく走ると言う事は下半身強化に繋がり、きっと良い影響を齎すでしょう☆
朗報期待してます(*^_^*)
Posted by 主将すう at 2005年11月09日 00:16
Posted by at 2005年11月09日 00:42
主将すうさん はじめまして、コメントありがとうございます。

そうなんです、2500メートルなら楽なんでしょうが、25kなんですよ。ハーフマラソン並ですね。。。

でも朝のマラソンは、体力アップも兼ねていると思うので、私も推奨しています。でも雪が積もるようになったら、このトレーニングが出来なくなります。
とにかくノルマを達成してくれれば、それで満足です^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 00:48
すごいマラソン大会ですね、というよりハーフマラソン以上ですよ!
知り合いがフルマラソンで3時間30分を切ったらすごいと言っています。ハーフですから、目標タイムは1時間45分くらいになるのでしょうか?
私は中学の時、歩け歩け大会で、九十九里の砂浜を5時間歩いたことがあります。何の意味もありませんでした^^
Posted by metoo at 2005年11月09日 02:46
25km・・・・。マジすか?

ウチもロードレース大会ってのが2学期末にありますが、たしかその3〜5km程度だった気がします。正確な距離は覚えてませんが。一応校外には出るんですが、学校近辺は交通量が多いんで、歩道がしっかりあるところを走るとその程度の距離になってしまうのかもしれません。

25kmとなると、生半可な持久力より、まさに強靱な精神力が求められますね。
これは順位どうこうと言うより完走したことを誉めてあげたい距離ですよ。
Posted by かに at 2005年11月09日 02:50
おはようございます。25Kの距離に正直驚いています。過酷なレースですね・・・。
うちは確か8Kだったと思います。

ゲンジ君の成長痛の方はいかがでしょうか?
長距離だとちょっと心配になります。
痛い時は絶対無理しないようにして下さいね。
Posted by ハッシー at 2005年11月09日 09:28
いわゆる一つの我慢大会みたいな、中学生版:鉄人レースだと感じます。
実際に其の距離を何回か 経験してるんなら良いんですが、ぶっつけ本番なら 普段は厳しい・・!? 私でも、多分 息子の出場を辞退させるでしょう。
故障と言うでかいリスクを背負ってる事は当に明らかです。
だいたい高校男子で10`ですから・・中学生には無謀と言えます。
今迄に事故等が無いんでしょうね?じゃ無ければ考えられません。

余談ですが、
何回か私のコメントに登場した中学時代の女房役=某有名甲子園常連校主将=5番:サードは、高3最後の夏の大会2週間前に肉離れを起こし、後の国体予選までも出れませんでした。
原因は、過度な 毎日15キロのランニングでした。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年11月09日 09:31
こん**は、いつも楽しく読ませていただいています。
25キロのマラソン大会・・・中学生ですよね?
凄いとしか言いようがないですね。
全員完走できるものなのでしょうか?
息子さんは偉いですね、自主的に練習に取り組むとは。
きついノルマ、クリアできると良いですね。
それにしても25キロ・・・
うちの息子(中3)の学校もマラソン大会がありますが距離は5キロくらいだったような。
私の高校時代でも10キロでしたよ。
息子も野球部のノルマがありました。
同じく20位以内、クリアしないと背番号をもらえない?なんてこともあったような・・・
いずれにしても走るということは野球選手にとって大事ですよね。
失礼しました。

Posted by baseball-oyaji at 2005年11月09日 09:34
 ドラ夫さん初めまして。

 私の通っていた高校は男子は40キロ、女子は30キロの競歩大会なるものがありました。

 基本的に全員参加なので、走りたい人以外は歩いて行くのですが、それでもかなりキツイです。

 アスファルトの上を走るのでしたら、衝撃吸収の良いランニングシューズ等を履くことをお薦めします。長い距離では大分違ってきます。

 それと日焼け止めですね。日焼けは決して身体に良いものではないようで、巨人の工藤選手もキャンプでは気をつけているそうです。

 初コメントで長々と失礼しました。
Posted by フルフル at 2005年11月09日 10:16
中学生で25km・・・「虐待」に近いな・・・
成長期にそれだけ走らせることに意味あるのかな〜って思っちゃいました。
でも、それに向けて努力するゲンジくんはエライ!
Posted by さとる at 2005年11月09日 10:34
ゲンジ君は素直で、努力を惜しみませんね。
うちの息子だったら・・・最初から降参すると思います。「マラソン大会の日に雨が降りますように・・・」と毎日お祈りするタイプですね。
ゲンジ君の膝の負担が心配です。痛みが出ないといいですね。

Posted by てんてん at 2005年11月09日 11:30
25km!!!!!
考えられません。
と言うか、一体何人が完走できるのか?
私の記憶では中学の頃のマラソン大会では5kmほどだったような・・・。

Posted by Shin at 2005年11月09日 11:40
 に、25kmですか?2500mではなくて?
 ゲンジ君の学校は、マラソン選手養成所ですか…?と、思ってしまいました。
(完走できない生徒も…いるんですよね?)

 ハーフでもだいたい2時間近くかかるのに
(ワタクシの場合)さらにそれに+4kmって…
高校でも10kmが相場だと思うのですが…。
 とにかく、長い!長すぎる!

 
Posted by でぃあ at 2005年11月09日 11:58
辛い距離ですね。当日「25kmではありません。2.5kmです」と言って欲しいです!
うちの長男もマラソン大会に向けて練習を始めました。何とか1位になってもらいたいです。
走り終わったらアミノ酸飲んで少しでも筋肉の快復を図りたいですね。
Posted by 満木 月風 at 2005年11月09日 13:10
うちの中学(東京)ではマラソン大会なんてありませんね。無論、25kmなんて走るところ探すのが無理かもしれません。
昨日、息子の高校でマラソン大会ありましたが、電車で郊外までわざわざ行って10kmでした。附属の中学校も一緒にマラソン大会でしたが9.5kmです。
私も大学時代に、オフのトレーニングの〆でマラソン大会ありましたが、往復50kmでした(死にます)。あまりに過酷なので、私が最上級生になったときに片道に変更しました(笑)
Posted by 少年野球コーチ at 2005年11月09日 16:54
metooさん こんばんは。

距離に加えて、当地は山岳地帯なので標高のアップダウンもかなりあります(汗)
ですから通常の平地のレースより更に過酷な条件です。。。

砂浜を5時間歩くのも、それはそれで疲れそうですね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 20:06
かにさん こんばんは。

やはり都市部では長い距離は限界がありますね。
息子もそれ位の距離なら喜ぶと思いますが^^
でも25キロは根性が必要ですね。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 20:09
ハッシーさん こんばんは。

当地では、もっと長い距離の大会をする中学もあるようです。
地域の伝統なんですかね?^^
膝のほうは今の所はあまり痛がりませんが、やはり心配ではありますね・・・
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 20:12
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

当地はこれ位のマラソン大会が普通のようです。
高校になるともっと距離が増え、妻の母校などはフルマラソンと同じ距離ですよ・・・

教育委員会も何も言わないみたいですし、と言うより伝統の一つのようです。

私は東海地方からの移住組ですので、こちらの方針には疑問な面もあります。
でも皆が走る以上、あまり文句も言えないんですよね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 20:17
baseball-oyajiさん こんばんは。

息子さんもノルマがありましたか?^^
うちも陸上部やサッカー部のライバルがいますから、うかうか出来ないですよ。まして1年生ですからね。
怪我をしないで走ってくれたら? と思っています。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 20:20
フルフルさん はじめまして。コメントありがとうございます。

そちらの高校も長い距離を走るんですね(^^;
妻も高校時代はバレー部でして、1年生はやはりノルマがあって、必死で42.195キロを走ったそうです^^

シューズの件、確かにそうですね。大会までまだ時間がありますので、早速購入して靴を慣らしたいと思います。

今後も よろしくお願いします^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 20:26
さとるさん こんばんは。

「虐待」ですか(^^;
でも当地ではそれが当たり前のような感覚みたいです。
外様の私も最初は戸惑いましたが、地元生まれの妻は平然としています^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 20:30
てんてんさん こんばんは。

単に先輩が恐いだけなのかもしれません^^
ただ長距離は本人も得意という意識を持っていますので、その点は救いですね。
膝はあれからあまり痛みを言いません。でも親の私は心配なんですよ・・
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 20:34
Shinさん こんばんは。

昨年の大会は驚く事に、ほぼ全員が完走したそうですよ!
ちなみに私は中学時代、マラソンはいつも最下位でした。。。
距離は4キロぐらいでした(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 20:38
でぃあさん こんばんは。

やっぱ長いですよね〜 しかも上のコメントにも書きましたが、アップダウンがかなりあるんですよ。
ですからタイム的にも厳しい戦いになると思います。なんか息子が可哀相になってきました・・
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 20:41
満木 月風さん こんばんは。

そちらもマラソン大会を控えているんですね。
うちの妻も当日は、コース監視で手伝いに行くそうです。
アミノ酸をこっそり持たせようかな?^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 20:43
少年野球コーチさん こんばんは。

電車でわざわざ移動ですか! 都会ならではの光景ですね。でもそのほうが交通事故の心配も減りますよね^^

それにしても50キロは凄いですが、当地の高校ではそれを上回る高校があると聞きました。
あまり詳しくは言えませんが(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ちょ〜距離走
Excerpt:  唐突ではあるが、私は市民ジョガーである。 冬場、野球がオフの時期はもっぱら走って下半身強化に努めている。  で! たまぁ〜〜にレースにエントリーして、10kmとか20kmとか走ってくる。  自分..
Weblog: ダークサイド・オブ・でぃあのいるおうち
Tracked: 2005-11-09 19:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。