2005年11月07日

グランド整備

今年は部活とクラブ、双方のチームで
数多くの練習試合と公式戦を行いました。

試合会場も沢山の場所へ行きましたが、場所によってグランド状態も様々です。
ある夏の試合の時に感じた、グランド状態についてお話します。

小学生の試合の時は、大きなグランドだと対面で試合をする事も多くありました。
専用球場や、狭いグランドでは不可能ですが、
そこそこの広さのグランドなら、場合によっては4面で試合の時もあります。

ところが当地の中学の試合の場合、対面で試合ををする事はありません。
中学だとチーム数も少なく、無理をして一つのグランドに詰め込む事はしません。
それに塁間の長さや飛距離の問題で、対面使用だと不都合も多いようです。

ところが今年はある大会で唯一、対面で試合をしなければならない時がありました。

しかも運が悪い事に、バックネットや放送施設のあるメイン側ではなく、
センターの後ろ側のサブ扱いグランドでの試合。

クジ運が悪いので仕方がないと諦めていたが、当日現場に着くと、
そのグランド状態の悪さに唖然としてしまう・・

そこは一応は市立のグランド。だが常日頃あまり使用されていないのか、
グランドには小石がコロコロと転がり放題。
メイン側はさすがにそんな事はなかった。

選手達はグランド到着後、アップのために準備運動を始める。
監督・コーチも同じく選手の様子を見守る。

ドラ夫はあまりに整備が行き届いていないグランドを、
独断で主催者側に改善を訴えた。

グランド責任者を呼んで話をする。主催者側の対応は、
「これからすぐに対応します」 との事。
一応はこれで一安心。大会役員がやってきて、石拾いを始めたから、
こちらも保護者数人で手伝いをしました。

ところが大会役員は内野ダイヤモンドだけ石拾いを終えると、
「これでいいですね。」 と打ち切りを示唆。

そこでドラ夫がこう言った。
『内野はこれでいいかもしれないが、ファールグランドと外野の一部には、まだ小石が多く転がっている。せめて目立つ石だけでも、皆で取り除いたらどうだろうか?』

これを聞いた大会役員、いかにも面倒な様子の顔付きをしている。
だが選手に怪我の懸念が残る以上、こちらも安易に妥協は出来ない。
実際、ファールグランドには硬貨位の小石が、まだ相当落ちていた。

だが役員の返答は 「プレーに影響のない場所ですから、もういいでしょう。」
これにはこちらも呆れてしまう。ファーストやサードのファールフライは、
プレーに影響が無いとでも言うつもりなのか?

すったもんだの話し合いをしたが、一向にラチがあかないので、
こちらは保護者だけで石拾いを続行する事に。

ところが相手チームの保護者達は、我々の様子を見ていても
手伝いにくる雰囲気がない。まるで他人事のような感じだ。
見て見ぬフリをしているし、逆にお喋りに夢中な方もおられた

主催者側の対応といい、相手チームの対応といい、
試合前から面白くない気分になってしまいました。

危機管理の意識が低い人が、こんなに多いとは思いませんでした。
とても残念な事ですね。

オマケにこの試合は勝負でも負けてしまい、余計に残念でした(^^;
グランド状態が悪いと、選手には怪我の心配が出てきます。

存分なプレーを期待するためにも、
グランドは常に良いコンディションにしておきたいものです。


この記事へのコメント
私も必ずしも十分にお手伝いできていないので,大きなことは言えませんが…。

当チームのホームグランドも結構荒れていますが,ちゃんと整備してある球場でも小石が転がっていたりすることはありますね。
特に,小学校のグランドで試合をする時は要注意です。

常に良いグランドコンディションにするというとトンボをかけたり,整地したりと大変そうに思いますが,小石を一人が10個拾うだけでも全然違いますよね。
それができない親は自分の子ども達のことが大切ではないのでしょう。(で,何かあると後から文句を言うと…)

あと,子ども達自身にも自分の守備範囲くらいはキチンと手入れさせる事が必要かなぁとおもいます。
ウチのチームは子ども達は練習後のトンボかけなどは親任せです。これって普通ですか?
Posted by K太父 at 2005年11月08日 01:26
選手も保護者も大会関係者もグランドがあってこそ試合が出来るという事をもっと真剣に考えなきゃいけないですよね。

グランドに感謝する、そんな気持ちからどのチームもグランド挨拶ってのをしてると思うんですが。(埼玉だけってことはないですよねぇ)
ウチでは朝練の時でもグランド挨拶させてます。大声は出しませんが。

いい状態で試合を始めて、いい状態で引き上げる。当然のマナーだと思うんですけどね。
Posted by かに at 2005年11月08日 01:47
唯一の野球経験が活きるのがグランド整備と思っています。
これは先輩達にうるさく指導されましたので、得意中の得意分野です。雨の日などの水とり、砂入れ、やはり経験者が先に立たないといけません。

最初はお母さん方お父さん方は、グランド整備は大会役員がやるんでしょ?そう考える方多かったです。子供の試合は親がグランドを整備するのが少年野球です。みんなでやりましょう。

小学校は、トラックや100mのロープラインを、杭で打ちつけてありますので、杭の出っ張りには注意しなければ、子供達もケガをします。

バッターボックス、ピッチャープレートの穴は、練習後にきちんと土を入れて水をまいて帰ると、学校側に喜ばれまし、次からも打ちやすく投げやすいです。
Posted by metoo at 2005年11月08日 04:13
野球に対する姿勢と言うか、意識の違いを大きく感じますね。キチンと整備された場所でプレーするのは安全面の上で重要です。

うちのチームのお父さん達、どこへ行ってもまず、グラウンド整備しています。知らんぷりの相手チームに負けた時はうちも悔しかったな〜。

普段使っているグラウンドは、朝以外は全て子供達がトンボかけをします。
練習前日雨が降ったりすると、必ず監督やコーチが朝早く来ていて、グラウンドに土を入れたり入念にチェックしてくれています。
その姿を見たら、親の意識も変わりますね・・。
中には、何も感じない人もいるのでそこは悲しいところなのですが・・・。

監督の姿を散歩していた私の母が見て、今年の夏はずっと朝早くから草むしりをしてくれました。
母は、子供達にいつもありがとうございますと声をかけられて、それはそれは嬉しかったそうです。子供達に感謝の気持ちを芽生えさせるのは、大人の姿勢が大事だな・・・と感じます。
Posted by ハッシー at 2005年11月08日 10:01
私は 今年最後の(負)試合後でも&腕で涙を拭う6年生・だ・け・に 敢えてグランド整備させましたョ
           ママ軍団に睨まれましたが、、、 
皆 言う事聞いて トンボ持って出て来ましたネ ^^
自分からスル子シナイ子は、親の躾で分かれますね。
ちなみに其の大会で 子供がグランド整備に入ったのは我チームだけでした。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年11月08日 10:02
我がチームは、流石に穴を埋めたり凸凹を均すトンボは指導者がやりますが、ブラシを引っ張るのは子供達です。
「グランドが無いと野球ができないやろ?」が代表の口癖です。
Posted by 新米C監督 at 2005年11月08日 10:06
我がチームが時折使用させて頂く市のグラウンド。
私が担当している小1・2年の練習スペースは小石が常に転がっています。
練習開始前に子供たちと石拾い。
これは『基本』だと思っています。
小石でイレギュラーして顔面に。小石で足をとられて捻挫。
思い切ったプレーができない環境がわかっていれば、それを除外してやるのは当たり前ですよね。
Posted by さとる at 2005年11月08日 10:09
魔邪風:「オイ、副校長よく聞け〜 『運動会の2週間前は、校庭を「養生」させたいので利用しないで下さい。』だって? ハァー 大雨降って、校庭に溝が出来た時に砂入れして平らにしたり、なかるんだ後にグチャグチャになって乾いた後の地面の凹凸を削ったり、小石を拾っているのは、みんな少年野球の指導者がやってんだよー てめぇー 2週間も使わせなかったら、誰が、校庭整備すんだ!」 ボコン(マイクの落ちた音)
Posted by フルコーチ at 2005年11月08日 11:17
去年までは試合前、小石拾いをバケツを持って手伝ってましたよ。
硬式チームに入ってからは結構立派なグランドで試合をさせてもらってます。
ホームグランドは子ども達とパパ達が常に整備しています。
それにしても、目の前で相手チームの人が小石を拾っているのに、よくまぁおしゃべりしていられますね。
同じ野球をする子どもを持つ親として、当然みんなでやるべきでしょう。知らん顔していて試合にも勝つとは・・・許せない!その場にいたら(私が3年生の親だとしたら・・、今は言えないけど)「手伝ってください!」と言いに行きますよ。
Posted by てんてん at 2005年11月08日 11:28
 中、高時代に先輩がエラーすると、「お前らグランド整備ちゃんとやってんのか!」とよく殴られたので整備は大得意です。(余談ですが、先輩がやりたかったゲームソフトを後輩が誰ももっていなかったため、全員殴られたこともあります。) 周りが見えない相手チームの親御さんは腹が立ちますね。こんどぜひ試合でこてんぱんにしてください。それからぜひ、グランド整備は子供達中心にやらせてください。試合前でしたら、アップの時間を削減してでも、やらせてください。自分達がプレーするグランドです。私たちの場合はグランド状態が悪い場合、スタメンはアップ。それ以外はグランド整備。レギュラーはそれが当たり前ではなく、常に感謝して試合に臨め。グランド整備した者は、レギュラーが気持ちよく試合に臨めるよう気持ちをこめて、そして次は必ず自分がスタメンで出るつもりで整備しろと教わりました。グランド整備がしっかりできているチームは野球も強いですよ。
Posted by 新人 at 2005年11月08日 12:28
うちの子に限って・・・
うちのチームに限って・・・
怪我をしないと思っているのでしょうか?
野球を真剣にやってきた方々にとっては信じられない事です。
いやいや、野球をやってきていない人にとっても危ないか?危なくないか?は分かると思うのですが・・・・。
これもまた理解し難い・・・・。
Posted by Shin at 2005年11月08日 13:15
うちの連盟は、グランド整備にはうるさいですよ。私もそうですが、現役時代にはみっちり「グランド整備」を先輩から叩き込まれましたし、うちの役員連中も同じですね。
うちの連盟は、河川敷に専用グランドがあるのですが、そこはもともと単なる空き地でした。それをみんなで石を取り除き整備して、バックネット張って、芝生を養生して2年がかりでグランドにしました。
普通、野球に携わっている人は、グランド整備にはうるさいはずですけどねぇ〜
Posted by 少年野球コーチ at 2005年11月08日 13:33
K太父さん こんばんは。

保護者の中には、グランドに無頓着な方もおられますね。
これは事実です。いかに日頃から練習風景を見ていないか? 一発で解りますよ。
それと練習後の整備ですが、是非とも子供達にも教えてください。親が手伝うのも有りですが、やはり基本は子供達だと思います。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月08日 20:44
かにさん こんばんは。

当地も全てのチームがグランドに入る時、グランドから出る時。両方共整列して挨拶します。
野球を通じて礼儀作法を学ぶのも、良い事ですよね。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月08日 20:47
metooさん こんばんは。

小学生の公式戦の場合、試合が終わると速やかにベンチを空けなければなりませんから、保護者がグランド整備をするのが主流ですよね。
中学の場合ですと、部員が多いので1年生がその役目をするのが多いです。
保護者の中には、「我、関せず」 というスタンスの方がおられるのが残念です。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月08日 20:54
ハッシーさん こんばんは。

「大人の姿勢」 確かにそうですね。
中学生なら自発的な行動も求められますが、まだ幼い小学生には、大人が手本を示すのも必要かもしれません。
 お母様が草むしりですか^^ それはチーム一同、感謝の心で一杯ですよね。
夏場の草刈は、少し手を抜くと、すぐに草だらけになりますから、とても助かると思います。
選手達の感謝の言葉。お母様も嬉しかったでしょうね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月08日 21:02
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

これぞ ぶっ叩け〜!!さん流の指導法ですね^^
私もそれは大いに有りだと思いますよ。
敢えて6年生に。 彼らもそこで色んな事が頭をよぎったと思います。
ママさん達に睨まれても、ぶっ叩け〜!!さんの想いを汲み取った方も多かったと思います。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月08日 21:09
新米C監督さん こんばんは。

ホント、グランドが無いと野球は出来ませんよね^^
子供の中には、そういう事が判らない子も多いと思います。 当たり前の感覚なんですよね。
ですから意識を植え付けるのも必要ですね。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月08日 21:14
さとるさん こんばんは。

そうです、石が有るだけで、ゴロやフライ捕球を飛び込むのも躊躇してしまうものです。
不意の怪我に遭う確立も増えますよね。
危機意識は幾ら多くもっても損はないと思います。
念を入れるのも、大いに必要ですよね。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月08日 21:24
フルコーチさん こんばんは。

フルコーチさんのコメントで、さぞや溜飲を下げた方が大勢おられると思います^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月08日 21:26
てんてんさん こんばんは。

この時も、まさにバケツが欲しい位に石が転がっていました・・・
そんな惨状を目にして、よくも平気でいられるものだと、相手父兄の考えを疑いたくなりました。
普通は義理でもグランドに来ませんか? 思い出しても腹がたちます。
その時にてんてんさんが居てくれて、相手に文句を言ってくれたら きっと気分が落ち着いたと思います^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月08日 21:33
新人さん こんばんは。

私の母校も1年生は早弁して、昼休みはずっとグランド整備でした^^
それこそ石でも落ちていたら、先輩からカミナリが落ちてしまいますよ!
私は野球部ではありませんが、クラスの野球部員はいつも真剣でしたよ。整備には。

子供に整備の流れを教えるのは不可欠ですね。
どうしたらプレーのし易いグランドになるか? これを解らせるのも練習の一つだと思います。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月08日 21:39
Shinさん こんばんは。

怪我の事なんか頭に無いのでは? 
単に「面倒」 なだけなのかもしれません。
親がそんな調子では子供も・・・
良い事は継承していきたいですね。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月08日 21:44
少年野球コーチさん こんばんは。

空き地からグランドですか。それはさぞ大変だったでしょう。
そうして苦労を重ねあげて造ったグランドですから、整備だって手を抜けませんよね。愛着だってありますし。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月08日 21:48
試合に負けてしまい悔しいですね。
でも、試合には負けましたが、現状判断・取組姿勢・気遣いなどの面では大勝利です。こういった姿勢を続けることで、そのチームに属する子ども達の人間育成に繋がりますよね。これにめげず、これからも子ども達の手本になってください。
私もドラ夫さんの姿勢を目指します。
Posted by 始動者 at 2005年11月09日 00:04
始動者さん こんばんは。

そう言って頂けると、私も気が治まります^^
こういう問題は損得の事じゃないですもんね。
その辺りの事を、どうも履き違えている人がいるんですよ。空気が読めないのでしょうか。
私もこれからも、同じ姿勢を貫くつもりです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。