2005年11月04日

驚きの左打ち

11月3日は文化の日なので学校は休み。

クラブチームも週の間にある祝祭日は練習は休み。
ゲンジは午後から友人と遊ぶ約束をしていたので、
午前中2時間程、近くのグランドで個人練習を行った。

最近は日暮れが早く、なかなか外で親子練習は出来ないから、
こうした日は貴重な時間になる。

クラブでの全体練習では、あまり出来ないメニューを中心に構成。
ピッチング練習や外野ノックなど、普段出来ない練習に時間を割く。
(チームではいつも内野なので)

一通り終えてバント練習。送りバントとスクイズを念入りに行う。
そして練習の締め括りは、「1球勝負のバッティング」

外での練習の最後は、フリーのバッティング対決です。
これはストライクの1球対決で、ドラ夫が投げてゲンジが打ちます。
別に1球でなくてもいいのですが、ボールを拾いにいくのが面倒なので^^

いつものように対決し、まぁまぁの当たりを放って練習終了。
と思ったら、『左打ちでもう一回やりたい。』 とゲンジ。

ちなみに野球を始めた小学校2年の冬からここまで、
ゲンジには左打ちを教えた事もないし、素振りも本格的にはやっていない。

ドラ夫もゲンジを左打ちにさせる気持ちはなく、右打ちに磨きをかけたい方針。
そんな子がいきなり『左で打ちたい』 と言うのは、さては遊びのつもりか?
と思って付き合う事に。

『どうせ当たらないから、5球は投げてやるわ!』 とドラ夫。
ゲンジはニヤニヤ笑っている。 
全球空振りが普通だろうな。と思っていたのですが・・・

初球は痛烈な当たりで1・2塁間を破る打球!
これには思わず、「すげー! マグレが出たー!!」とおどけてしまった。

ゲンジは相変わらずニヤニヤ顔。
『次は本気出すから当たらないよ』 とドラ夫。
ところが・・・


2球目 ライト前へクリーンヒット
3球目 ライト線ぎりぎりの大飛球(推定75メートル位か?)
4球目 痛烈なピッチャー返し
5球目 空振り


途中からドラ夫は言葉を失った。
『お前、いつ左を覚えたんや?』
どうやら夕方ドラ夫が帰宅する前に、左で素振りを繰り返していたらしい。

まだスイングがぎこちない部分もあるが、いきなりの実戦形式で
これだけ鋭い当たりを連発したのは、正直驚いた。

本人も満更ではない様子だが、今後をどうしようか? 少し悩んでしまう。
右打ちをもっと磨きたい気持ちが強いが、左を試してみたい気持ちも出てきた。

だが左を練習させると、右が停滞するのでは? という心配も出てくる。
この場合の悩みとは、左に転向させる気持ちはありません。
「左も打てるようにする」 というスイッチヒッター構想です。


今夜、バッティングセンターの80キロを左で打たせてみました。
8割位は良い当たりを打っていました。スイングがアッパー気味ではありますが。

ゲンジにこちらの気持ちを伝えると、
『僕は右だけだよ。左は遊び』 と言っています。
でも左の可能性も秘めているような感じがしてきました。

右打ち一つで行くのか、スイッチを目指すのか?
親の私のほうが悩んでしまってます。

どうしたものでしょうかね?


この記事へのコメント
こんばんは。
ケンジ君の左打ちの練習は良いと思います。
バッティングフォームのバランスが良くなります。
本来の右打ちに役立つこと間違いなしですよ。
うちの息子(左打ち)も自宅練では右打ちしてます・・・たまにですが。
頑張ってください。
Posted by baseball-oyaji at 2005年11月04日 23:42
ゲンジ君は、日頃から左打ちに素振りを、ドラ夫さんに隠れてひそかに練習していたという事は、意思は固いと思います。試合ではまだ通じないかも、の不安はあるでしょうが、打撃練習を倍にする覚悟を決めて、このオフシーズンの目標として頑張ってみてはどうでしょうか。
Posted by metoo at 2005年11月05日 01:35
遊びと言いつつそこまで打てるのはさすがゲンジ君ですね。
ウチの息子も以前ちょろっとやったことありましたが、「オレはお前とコントをやるつもりはない」と言ってしまいましたよ。

5年生の時の監督曰く、「外角低めを崩れずに打てる様になればホンモノ」という事でした。急造だとそのコースはしっかりとしたフォームで打つのが難しいとか。

ちなみにS君は小学校時代は右でしたが、足を生かすために現在は左で打ってます。どんなに左でヒットが出なくても右で打とうとしない頑固者です。
Posted by かに at 2005年11月05日 03:07
喜ばしい事じゃないですか。練習するのも一つの手だ思いますよ。試合で試すのはまだ先の事かもしれませんが、baseball-oyajiさんが仰っているように右にも良い影響がありそうです。
Posted by ブラックソックス at 2005年11月05日 07:09
左に取組むにはいい機会かもしれませんね。オフでもありますし、いい課題だと思って取組むべきだと思います。
うちのリーグにも凄いスイッチヒッターがいます。まだ1年生ですが、素晴らしい打球を打ちます。硬式を断ってうちのリーグに来たのですが、「左に取組む」→「練習量が豊富」→「上手くなる」だそうです。
Posted by 少年野球コーチ at 2005年11月05日 08:35
月末〜月初めは仕事が忙しくて・・・少しご無沙汰です。
ドラ夫さんにご報告です。
ゲンジ君の成長痛のコメントを読んで、ネットでスポーツドクターを検索したり知人に聞いたりして、昨日(文化祭の振休)息子を遠方の専門医に連れて行きました。ずっと痛みがとれないので「手術」の心配もしていました。
結果はやはりオスグッドでした。が、心配するほど厄介ではないそうです。
今までの湿布はあまり効果がないそうで、両膝にアイシングをするように言われ早速はじめました。
「練習も制限なし、心配いらない」のドクターの言葉で単純な息子はまたやる気を出したようです。
別段の変わりがなければ通院する必要もないそうです。
これからは鍼灸院に連れて行かなくてもよくなったし湿布代もかからないし・・・ひとまずホッとしました。ドラ夫さん、ゲンジ君、みなさんのコメントがきっかけになりました、ありがとうございました。
息子の好きなソフトバンクの田口捕手は引退してしまいました。が、息子の夢に向かって頑張ってもらいたいですね。

Posted by てんてん at 2005年11月05日 12:18
私もチビ助もスイッチヒッターですョ!
チビの場合は俊足を生かす為で
私の場合は右の速球が無いPの場合のみ、溜められ・・(タイミングが取り易く意外に合うのが理由です)元々の利き腕が右ですので変化球へ喰い付いて行ける利点&バットコントロールが長所ですね。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年11月05日 12:42
はじめまして、昨日こちらを発見し
最初の方から読ませて頂いております。
うちの小5の息子は守備はまぁまぁなんですが、
スタメンで出てもノーヒットで、3打席目には替えられてしまいます。
今だに全く打てないので、ゲンジ君の昔の話を読んで共感し
ついつい・・涙が・・・(。>_<。)
5番で出場し3打席連続ランニングホームランしたところでは
我が子のように嬉しくて心が晴れ晴れしました。
練習といっても、草野球大好きな少女(何十年前でしょう?(。-_-。)ポッ)でしたが
どう教えてあげたらいいかもわからず・・もどかしい毎日です。
あと1年で小学校での野球は終わってしまうので、
自分のためだけではなく、チームに貢献できるような選手になるためにも
悔いの残らないような出来る限りの練習をさせてあげたいです。
もしよろしければ練習したら良いことなど教えて頂けると嬉しいです。

Posted by タケ母ちゃん at 2005年11月05日 18:57
絶対もったいないですよ。取り組んでマイナスはないと思います。
先日受講したコーディネーショントレーニングでも、左右対称のドリルに重要性について触れていました。
ドイツのテニス英才教育の映像がありましたが、右と左、両方で打っていました。

投げるのも、左右でやった方がいいらしいですよ。スイッチいいじゃないですか。
Posted by 星 十徹 at 2005年11月05日 19:05
スイッチの可能性が出てきたことはいい事だと思います。
しばらくは、親子自主練の時だけでも練習メニューに加えたほうがいいのではないでしょうか。密かに練習していたケンジ君、えらいっ!
Posted by 始動者 at 2005年11月05日 22:50
baseball-oyajiさん こんばんは。

左を振る事で、右にも良い影響を得る事が出来るんですね。身体のキレも増しますかね?
しばらく練習を継続してみます。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月05日 23:11
metooさん こんばんは。

そうなんです。丁度シーズンオフになるので、左を練習するには好都合なんです。
息子がどれ位の気持ちを持っているのか? 
とにかく練習はしてみます。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月05日 23:15
かにさん こんばんは。

コントですか^^ 
うちの2年生にも、2名が中学から左に転向しました。
そのうちの一人は、やはり足を活かす為だそうです。
うちは右打ちで大砲を期待していたので、左については正直迷うところなんですが、取り合えずメニューには左を加えるつもりです。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月05日 23:20
ブラックソックスさん こんばんは。

試合で打てるレベルになるには、まだ相当の鍛錬が必要のようです。春にどの程度になっているか?
様子を見守ろうと思います。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月05日 23:23
少年野球コーチさん こんばんは。

私が最初に心配したのは、左の練習を重ねるうちに、右の能力が落ちないか? という心配だったんですが、皆さんのコメントでプラス思考で行く事に決めました^^
練習の量も増えて、丁度いいですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月05日 23:28
てんてんさん こんばんは。

遠方の専門医院に連れていかれて、適切な診断を受けられたのはなによりです。
アイシングですか? なるほど、これなら湿布代もかかりませんね^^
息子さんのオスグッドも、練習規制にはならなかったのは幸いでした。ただ子供というのは無理をしがちですから、てんてんさんも眼を光らせていてくださいね^^

うちはあれ以来、痛みを訴える事はありません。取り合えずホッとしてます。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月05日 23:36
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

私も全体のレベルは低いですが、一応スイッチです^^
ぶっ叩け〜!!さんと全く同じ感覚でして、速い球には元々の右のほうが対応出来るのですが、緩い球なら余分な力が抜けるのか、左のほうが感触はいいです。
この辺りの事も、息子には自分の感覚で理解してもらいたいです。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月05日 23:41
タケ母ちゃんさん はじめまして。コメントありがとうございます。

息子さん、守備は及第点で打撃が苦手との事。
うちのゲンジと似てますね。ゲンジも最初は打撃がさっぱりダメでした。。。
うちの場合は私が付きっきりで自宅練習に励みましたが、仕事の都合でなかなかこうした事が出来ない家庭のほうが多いと思います。

まずは息子さんの意識を高めていただき、その上で個人で毎日出来る練習テーマを決めたら良いと思います。
回数や時間を決めてもいいですし。素振りは一人でも出来ます。タケ母ちゃんさんが手伝える環境でしたら、工夫次第でトスバッティングなどの練習も可能ですよね。

1日に多くやる必要はありません。義務感でやる練習ではなく、本人が納得出来る練習をするべきです。
納得出来るなら、1日30分の自宅練習を続けるだけでも、やらないよりは遥かに効果は出ます。
近くにバッティングセンターがあるなら、週に1度位は連れていくと練習による進歩が本人にも解るでしょう。
私の過去ログにも、練習については幾つかエントリーしてますので、また時間がある時にでも目を通してみてください^^

今後共 よろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月05日 23:56
十徹さん こんばんは。

『左右対称の重要性』 確かにそうですよね。
バランスというか、一方に隔たるよりは良い事ですね。
テニスは両腕を使って、どちらでも振らないとゲームになりませんから、野球のスイッチも可能なら挑戦してみる価値はありそうですね。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月06日 00:03
始動者さん こんばんは。

密かに練習だったのか、遊び半分かは不明ですが^^
でも4球続けてのヒット性の当りには、私も本当に驚きました。まだ伸びるかもしれないので、継続してみます。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月06日 00:07
Posted by 富ちゃん at 2005年11月06日 08:07
スイッチヒッターや右打ちから左打ちの変更は、選手個々の特性で判断するものだと思います。
効目がどちらなのかは、大きな材料です。
また、昔は、ピッチャー側の腕がバッティングで重要といわれていたものですが、今ではキャッチャー側の腕の使い方が大きなポイントと考えられています。この話は、様々だと思いますので、後々議論できればと思います。
ただ、野球そのものが左打ちに有利にできていることは間違いなく、誰も否定できないと思います。しかし、ここに大きな落とし穴があって、一塁に速く走りたい意識が軸(脊椎)を一塁側へ傾斜しアウトローのボールが苦手になるのが右から左に代えた選手の悪しき特長となってしまうのです。
これを修正する方法もありますので、スイッチや左打ちは効目次第では、お勧めかと思っています。
Posted by 富ちゃん at 2005年11月06日 08:24
富ちゃんさん こんばんは。

確かに野球は左打者に有利な側面がありますね。
打撃の件、いわゆる「引き手と添え手」 の部分は過去にこのブログや他のブログで論議がありました。
どちらにも役目があり、一口では語れないほど重要なテーマですよね。
私の場合、右と左では好きなコースまで変わってきます。奥が深いですよね。スイッチ論議は。

息子にも一冬トレーニングをしてもらうつもりです。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月06日 22:31
右利きの息子が今左に変えて、私が一番取り組んでいるのは、皆さんのコメントにありますように、アウトローのボールをしっかり振りぬくことが出来るスイングバランスです。
先日ドラ夫さんに教えて頂いた片手うちやってます。

今後楽しみですね。
でも色々と悩んでしまう・・・・。
理解できます(=^_^=)
Posted by Shin at 2005年11月07日 11:51
こんばんは、“草野球チーム・自営隊々長”こと“隊長”です。
まず“ドラ夫”さんが“ゲンジ”くんと左打ちにもチャレンジすると読んで安心しました。
個人的な意見ですが私は、子供が自らチャレンジしようとしている事を大人が『(誰にとってのであろうと)損得』で判断してはイケナイと思っていますから・・・。
現段階で『モノになるかならないか?』『他の練習の妨げにならないか?』を心配する必要は無いと思いますよ。ど〜せ『人生の全ての行為には、メリットとデメリットが混在している』そうですから、春までイロイロやってみてから考えれば充分OKだと思いますよ。
『結果』じゃなくチャレンジしたという『過程』に価値があると父親くらいは言わないと・・・。
ちなみに私がチョットからんでいるチームの子達には
「今までガンバって来た事。試合で失敗した事も成功した事も、全てがこれからの『肥やし』に出来る。ムダな努力なんて無い。『全ての経験』は男の財産だ」なんてクサイ事を言ったりしています。

P.S. “ゲンジ”くんが本気なのは、父親である“ドラ夫”さんが一番分かってる事ですよね。『結果が出せない』場合の保険で『まわりにナイショ』だったり「遊びだよ」と言ってるだけで『状況に応じて出す事の出来る“カード”が1枚でも余分に欲しい』と思ってチャレンジしてるんでしょ?
だったら『迷う』より先に“ゲンジ”くんを誉めなきゃ。
Posted by 隊長 at 2005年11月07日 14:56
Shinさん こんばんは。

うちはまだ、左に関しては原石です。
これからどう磨こうか? 色々と思案中です。
試合で試す位のレベルになれるかどうか?
冬の練習次第ですね^^ まだ打てるコースと打てないコースがハッキリしている段階です。
自分でどう調整するか? 見ものです。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月07日 21:30
隊長さん こんばんは。

心強いアドバイス、ありがとうございます。
どちらかと言うと、私のほうが「石橋叩き」 かもしれません^^

左を会得するかどうかは別にして、こうした行動は褒めてやるべきですね。私もおだてて息子にやる気を出させたいと思います。
達成感を味あわせれば、息子もまた一つ、自信に繋がると思います。
いつまでも子供と思っていましたが、少しづつ成長しているようです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月07日 21:39
隊長さんの子供を見るまなざしは、暖かいものを感じますね。
ドラ夫さんの息子さんに、ティーバッティングで、左右両方での連続早打ちをさせたことはありますか?トスを上げる人は、バッターの前(正面)に立ち、バッターの投手側と捕手側に交互にトスを上げる。バッターは、投手側に上がったボールを打ったら、打ち終わった位置(グリップ)をトップとし、捕手側に上がったボールを打ち、これをまた投手側・捕手側と繰り返し早打ちをする。
グリップは、右でも左でもどちらでもできればいいですね。逆グリップで打つことは、体を使わないと打てませんから、いろいろな意味でいい修正にもなるのです。
ぜひ試してください。それとも、もう、やっていますか。

Posted by 富ちゃん at 2005年11月09日 00:22
富ちゃんさん ありがとうございます。

この練習は知りませんでした。
なんだか面白そうな練習ですね。

正面からのトスは、室内でスポンジボールを使って練習してます。
スポンジですから怪我の心配が無く、以前より愛用してます^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 00:41
用具のところで、バットを3種類使っているようですね。バットではないのですが、素振り時に、工事用の▲コーンを繋げるための寅縞のポールを使用し、早振を行うとヘッドが遅れて出てポールも体に絡み付いて、バットのしなりが体感できていい練習になりますよ。重くはないですが、しなることで負荷がかかりますので効果はあると考えます。
Posted by 富ちゃん at 2005年11月09日 20:54
富ちゃんさん ありがとうございます。

実はもう一本、現在購入検討の品があるんです。
それは素振り用の「長尺バット」です。
主旨は富ちゃんさんが仰る事そのものなんですが、難点は室内では長すぎて練習が困難でして、外でやればいいのですが、当地はこれから冬の厳しい寒さが待ってます。。。

でもわざわざ買わなくとも、代用のきく物でも良さそうですね。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月09日 21:29
我が家にも長尺バットがあります。勿論、素振りで使っていました。特に長男が活用していました。
ただ、素振りのバリエーション(おもしろさ)から、前出の寅縞ポールをお勧めします。(長尺もいいですよ。ただ、しなりの体感は期待できません)何と言っても、ポールは数百円で購入できるお手軽さがあります。
あと、素振りのついでに行う練習として、棒に紐(1m位)を結び、紐の先に錘(3キロ位)をつけ、巻取りを10回位を目途にすると上腕・リスト・握力のアップになります。もうしてますか?私自身、高校時代に家で毎日3セット行っていました。
Posted by 富ちゃん at 2005年11月09日 23:21
長いバットは自然に腰が入ったスイングになりますから、やはり振らせたほうがいいですね。

巻取り練習、メニューには加えていませんが、練習法そのものは存じていました。
あれこれ沢山やりたい練習が多く、悩んでしまいます^^
でもこの練習は一人でも出来ますので、導入する価値は高いでしょうね。
Posted by ドラ夫 at 2005年11月10日 00:07
家の中で行うなら、ペットボトルの蓋でティーをすると効果があります。ただし、壁にマットを置くなどしてガードは必要ですが。新聞紙を丸めて行うよりも、蓋は小さく割れるくらいハードにヒットするように心がければパワフルにバットが振れるようになると思います。次男は、今夏甲子園に投手として出場しましたが、その時の4番が家でこの練習をしていたそうです。
Posted by 富ちゃん at 2005年11月10日 23:09
富ちゃんさん こんばんは。

息子さん、甲子園とはスゴイじゃないですか!
将来が楽しみですね。
うちとは住む世界が違いますね(^^;

ペットの蓋、我が家では家族の反対があるかもしれません。。。 室内練習に使う部屋は、結構広いスペースなんです。ガードするのも大変です^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月11日 21:49
何日かのやりとりで、ドラ夫ジュニアを断然応援したくなってきました。
素振りでも、ティーでも、何をやっても、バットは、必ず強振すること。本当に思いっきり。右だろうが、左だろうが、バッターボックスで強振することはすごく難しいことなんですよ。どんな練習をするかではなくて、どんな練習でも100%のパフォーマンスをすることが、競技者の幸せだと思っています。
今夏の決勝戦で次男坊は、ホームランを打ちましたが、これは投手としての練習を目いっぱいやってきたことのご褒美だと思います。相手投手もドラフトでプロ入りをしました。いい、思い出ですね。
私が、ゲンジくんのコーチであれば、1日3本でいいから、真のフルスイングをさせます。それができてから、初めて本当のテクニック・スキルアップをさせていきます。
3本のフルスイングって、案外納得しなくって、結局何百本になるのですよ。
Posted by 富ちゃん at 2005年11月11日 23:32
納得のいくスイング、ある意味少ないかもしれませんね。
不思議なもので、今は慣れない左のほうがフルスイング出来ています^^
これが本来の右打ちにも良い影響をもたらしています。
相乗効果というんでしょうか? これからも注意深く見守っていこうと思います。
うちも富ちゃんさんの息子さんのように、高校でも良いプレーが出来るといいのですが、その山は果てしなく高いです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月13日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。