2008年03月04日

練習メニューの変化

軟式クラブの指導陣が新しい顔ぶれになった事は、以前にもこちらで書きました。

当地は現在、多くの雪が外に残っております。
グランドは当分使える見通しがたっていません。

週末の練習は体育館を使用しております。
出来る練習は限定されますが、時間と場所を有効に使えるように努力しています。

私も今年になって3回ほど顔を出しましたが、
指導者が代わった事により、メニューも昨年とは違ったものになっています。

今年は技術面で、きめ細かい指導が多くなっている。
身体を温める練習の後は、守備と打撃の技術面の向上を狙ったものが多い。

これはこれで意義があり、私も賛成です。

ただ・・

体力面。スタミナ面でどうか? という不安もあります・・

昨年までの指導者は、とにかく『走る』練習がこの時期は多かった。
全体の半分はハードな走力トレーニングに時間を割いていた。

長距離走の後に、登り坂でのダッシュメニューなどは、
ゲンジをして『地獄のような練習・・』 と言わしめたほど。

持久力だけは人並み以上のゲンジですが、それでも音を上げるほどキツイ練習でした。

また投手陣はシーズン中も別メニューで、ロングダッシュを多くやらされた。
160メートルのダッシュを10本から20本、通常の練習の合間に走らされます・・

現2年生のエース、そして2番手投手の選手も、
前監督のもとではこのダッシュを嫌というほどやらされた。

その効果か、この二人はタイムも飛躍的に向上。
恥ずかしい話ですが、最後はゲンジもこの二人にはタイムで勝てなくなりました。

『冬のオフシーズンの練習が一番辛い』 皆がよく言っていた言葉です。
冬のハード練習に比べたら、夏のグランド練習のほうが体力的には楽。
そんな感じだったんです。

ところが今年は一転、ハードな走り込みメニューは消えました。

その分、技術面のレベルアップには期待されますが、
果たして夏の連戦に体力は大丈夫か? という気もするんですが・・

『このメニューなら身体は楽だね。』 ゲンジの言葉です。
確かにそうかもしれない。 後は守備練習の時に、
どうしても手持ち無沙汰の子が多く発生してしまうのも気になるところ・・

昨年は班を3つに分けて、トス打撃組、ゴロ捕り組、ランニング組。
という感じで効率よく動いていましたが。。。

新監督の指導理論には、私も共感するところが多い。
このままで行くと、細かい部分では昨年のチームより幅が広がるでしょう。
問題はスタミナです。ここだけが今のところ私は心配です。

今後メニューの変更もあるかもしれませんが、
私は口を挟む立場ではないので、静観するしかありません。

どんなものでしょうねぇ?・・・



posted by ドラ夫 at 00:54| Comment(28) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの場合はその逆ですね。

昨年の走りこみ不足の反省から、
今年は1500m走のタイム測定を
毎日のように行います(7分以内で済むので)
体力だけでなく、精神的なスタミナアップ
の効果もありますよ。問題はそれをただ
やらされているだけだと効果が薄いという
ことでしょうか。たかが1500mですから。

技術面のきめ細かい指導も去年やりましたが、
やはり体力的・筋力的な土台がないと吸収の
スピードも遅いような気がします。走るメニュー
が半分というのは少し多すぎるように思いますが、
去年の選手が「楽だね」と感じるメニューも
バランスが悪いのではないでしょうか。

答えになってないですね。要は限られた練習時間の
なかで、フィジカルとテクニックのバランスをとって
行くことが大切、ということにしておきます(汗)
Posted by shun at 2008年03月04日 02:34
出来れば、この時期に体力つけたいですねぇ!!
うーーーん、夏頃にどうなるか、楽しみですね。
Posted by ヨウボン at 2008年03月04日 09:38
技術面の強化・・確かに重要ですよね。
選手達もその方が楽しいし、確かにラクでしょう。

以前、落合監督の話しましたっけ?

「心技体の中で一番大事なのは体。どんな強靭な心の持ち主でも、どんな優れた技術を持つ選手でも、故障のせいで、全て壊れてしまった選手を沢山知っている。しっかりした身体があってこそ、心も技術も身に付けられるのですよ」という話です。

故障の予防の為にも、身体作りと技術指導両方を上手く取り入れて欲しいですね。
Posted by ハッシー at 2008年03月04日 09:44
今の練習でこの夏どうなるのか・・・
興味があります。
どうなるんだろう?
Posted by shin at 2008年03月04日 11:11
中学での走りこみは高校にいってからとても役に立つというか、高校の練習についていける基礎体力を作るのには必要不可欠だと思います。
息子も中学の冬練では嫌というほど走らされましたが、おかげで高校の練習に(スンナリとは言いませんが)ついていくことが出来ました。

身体があってこその技術ですからね。

Posted by baseball-oyaji at 2008年03月04日 11:22
技術面と体力面の練習の時間配分は、
難しいですよね。
夏場の体力も必要ですが、ポロポロエラー
ばかりで、一回戦負けが続く様だと、体力
も何も無いですから。
それは、ウチか(>_<)
Posted by 穴金空歩人 at 2008年03月04日 14:00
体力作りは大切ですよね
うちの長男達も土日午前中は走り中心、水木はバッティング中心だがロードありです。
冬場は走り込んで体力作りと下半身強化ですね子供たちはしんどいですが成果はでます。
Posted by RK at 2008年03月04日 17:22
やはり夏場や梅雨の頃はスタミナが必要ですからね。
まして1日に2試合となると、かなり体力は必要でしょう。
今から貯えておかないと‥
Posted by にゃんこ先生 at 2008年03月04日 17:28
やっぱり冬は体力作りが1番ですよね。
私もこの冬もっと走っておけばと思います^^
夏は連戦と暑さでどうなるのか私も心においときますね
Posted by トラッキー at 2008年03月04日 21:06
指導者が代わるとやはり、違ったメニューや方針になるのでしょうかね。
ボールに慣れるのは今の時期は自主連で補えると思いますから、みんなで楽しく(T_T)体力強化と行きたいですね。
でも、家では何もしない子もいるだろうし、その辺が焦りとなっているのかもしれませんね。
Posted by trytry at 2008年03月04日 21:24
この時期にスタミナをつけたいのは本音ですね・・・
そして春、夏に花を咲かせたいですね
Posted by ケロの父 at 2008年03月04日 22:05
北海道の冬は長いので4ヶ月間は室内練習です。
この間の前半は体力作りがほとんどで、2月頃から技術面が増えてきます。それでも体力トレ(持久走など)は必ずやってます。でも小学生だと体力トレの大切さとか分らず手を抜く子も多いらしいです。指導者は苦労しているようです。
Posted by とらきちおやじ at 2008年03月04日 22:35
shunさん ありがとうございます。

そちらのブログで走る事の大切さを、改めて感じていたところなんですよ。
仰るように精神面の部分も鍛える事ができますよね。

何事もバランスが大事ですが、それが今は少し偏っているような感じです。





Posted by ドラ夫 at 2008年03月04日 22:43
ヨウボンさん ありがとうございます。

1試合ならなんとかなりそうですが、上に繋がる大会は最低でも2試合勝たないといけませんからね・・


Posted by ドラ夫 at 2008年03月04日 22:52
ハッシーさん ありがとうございます。

落合氏のお話、覚えてます。
土台がしっかりしていないと、上辺だけ剥がれてしまいますよね。
現2年生は数人はかなり体力があるほうですが、冬の貯金が全く無いと、いささか心配ではあります。。。。


Posted by ドラ夫 at 2008年03月04日 22:54
shinさん ありがとうございます。

どうなるんでしょう?・・ 
後悔だけはしてほしくないですが・・


Posted by ドラ夫 at 2008年03月04日 22:56
baseball-oyajiさん ありがとうございます。

息子さんの中学時代のトレーニング、あの走り込みは相当なものでしたよね。
私も雑誌でそれを知った時は鳥肌が立ちましたから・・・
でもそれが全中3位という立派な成績を挙げた。
報われましたよね^^


Posted by ドラ夫 at 2008年03月04日 23:00
穴金空歩人さん ありがとうございます。

思わず笑ってしまいました ^_^;
確かに守備がザルで打撃が扇風機では悲しいものです。
バランスですね。 どこに比重を置くか?
チーム事情で多少は異なるかもしれません。



Posted by ドラ夫 at 2008年03月04日 23:02
RKさん ありがとうございます。

そちらは曜日によってテーマを変えているんですね^^
それもアリですねぇ。 うちも土日なので、どちらかを技術重視、もう一方の日が体力強化。
こんな感じがいいのかも?


Posted by ドラ夫 at 2008年03月04日 23:06
にゃんこ先生 ありがとうございます。

クラブの重要大会は2つあるんですが、どちらも2勝が必要で、予選は1日で行います。
バッテリーは体力も求められるので、土壇場で力を振り絞れるよう、今から手を打っておきたいのですがねぇ。


Posted by ドラ夫 at 2008年03月04日 23:09
トラッキーさん ありがとうございます。

まぁ低学年で走ってばかり では子供も嫌気がさしますからね^^ 
体力アップを目的とした練習は、中学か学童の高学年くらいからでいいと思います^^


Posted by ドラ夫 at 2008年03月04日 23:20
trytryさん ありがとうございます。

一人で黙々と辛い練習をするのは、結構大変かもしれません。
チーム全体で半ば強制的にハードメニューをする。
これが手っ取り早いんですよ ^_^;



Posted by ドラ夫 at 2008年03月04日 23:26
ケロの父さん ありがとうございます。

来月中旬には横浜への道もスタートします。
指導陣が技術面に目が行くのは、判るような気もするんですけどね・・



Posted by ドラ夫 at 2008年03月04日 23:28
とらきちおやじさん ありがとうございます。

当地もそちらと似たような気象です。
ゲンジ達の学年は、体力自慢が揃っていたんです。
マラソン大会でも上位組の子ばかり^^
これもやはりクラブ練習の成果でしょうね^^


Posted by ドラ夫 at 2008年03月04日 23:31
チーム状態やその課題に裏付けされていれば、不安にならなくても良いかもしれないですね。

>私は口を挟む立場ではないので、

メニューに関する指示は出来ないかもしれないですが、ドラ夫さんの経験談で野球談議をしつつ、現状のメニュー構成の確認をするのはOKのような気がします。
Posted by スマイルヒット at 2008年03月04日 23:55
スマイルヒットさん ありがとうございます。

そうですねぇ 私も指摘はしたいのですが、誤解を生まない方法で、なんとか伝えてみたいと思います^^


Posted by ドラ夫 at 2008年03月05日 00:16
下半身強化は平日をメインに考えるのはどうなんでしょうか。
平日は下半身強化、土日は技術強化なら文句なしだと思うんですが。
Posted by かに at 2008年03月05日 02:33
かにさん ありがとうございます。

平日の全体練習といえば部活ですね。
顧問はどんな考えなのか? また聞いてみたいと思います。
うちの学校、3月は部活時間がまだ短いんですよ。。。。


Posted by ドラ夫 at 2008年03月06日 00:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。