2005年10月27日

エースを狙え!

「我が子レギュラー化計画・3年〜4年の頃」 最終回



前回の続きです。

2003年3月

前月の体育館でのチーム始動から一ヶ月。
まだまだ外には雪が残る2003年3月、ゲンジは投手練習に明け暮れていた。

監督の構想での二人の投手。その一翼を担うゲンジも、急ピッチで仕上げに入る。
もう一人の投手候補は年下のC君。どちらが主戦を務めるか?
この辺りの競争も熾烈。

この時点での評価はC君のほうが上。
ストレートの速さ、牽制の技術、どちらもC君のほうが勝っている。
ゲンジがリードしていたのはコントロール。

言わばどちらも一長一短がある訳で、以降の指導と本人の努力でどうなるか?

前年秋の紅白戦で、メッタ打ちをくらってから4ヶ月。
一冬越してどれだけ進歩したか?

冬の間は自宅での練習にも力を入れてきた。
当初は焦っていたのは親のほう。しかし気持ちを切り替えて、
地道にトレーニングに取り組んだ。現状ではライバルのほうが一枚上。
それを焦った所で仕方がないと開き直った。

この月の下旬、ようやく雪解けも進んで外での練習が可能になる。
そこで簡単なミニゲームを行った。
ゲンジとC君が別々になり、それぞれ投手をこなす。

結果は二人共無難な滑り出し。大崩れする事なく良い出来でした。
これを見たこちらも少しは自信がついた。
ゲンジも満更ではない様子。

さあ! 後は本番だ! 実戦を経験しながら成長してほしい!

大いなる希望を胸に、ゲンジの野球生活は小学5年へと進んでいきます。





62回に渡ってお送りしてきた、「我が子レギュラー化計画・3年〜4年の頃 」のカテゴリー。
今回が最終回です。

改めて最初から読み直してみると、本当に色々な出来事がありました。
キャッチボールの経験すら無い状態で入団。三振街道の驀進。
連続打席無安打。息子の自意識の欠如。

この頃が一番大変というか、悲壮感があった頃でした。
放っておけばどれだけ楽だったか?^^
でも当時は必死でした。これは私の性格なのか、自分の子供が覇気もなく、
何の努力もせずに他の子に負けるのは、とても容認出来ませんでした。

ゲンジにとってはいい迷惑だったかもしれません。
しかし尻を叩いて始めた自宅練習のおかげで、段々と結果が伴うようになり、
4年生の夏にはようやく、日の目を見る事が出来ました。

「目標を持って、それに取り組む」 この事を息子に解ってもらえただけでも、
少年野球に入れて良かったと思ってます。

我が家の場合は私の強制というか、私の主導で練習を始めました。
こうしたやり方には賛否があると思います。
子供自らが率先して練習をするのが一番でしょうが、そうでない場合は
親がレールを敷いてやるのも有りかな? と思っています。

何もせずに、選手起用の事ばかり口を挟む親御さんがおられますが、
そうした行動をとる前に、ご自分の子供さんのレベルアップを目指す事を、
私は強くお奨めします。毎日少しの時間で構いません。
息子さんと一緒に野球をする時間を作ってあげてください。

例えそれでレギュラーが獲れなくても、我が子と共有した時間は、
何物にも代え難い、貴重な財産ではないでしょうか?

このブログが少しでも、そうした親子練習のきっかけになれば幸いです。

さて次回からは新カテゴリー、「我が子レギュラー化計画・5年生、投手挑戦編」
と題して新たなスタートを切ります。

結果から言いますと、投手挑戦は失敗に終わるのですが、
そこに至る過程には、様々な出来事がありました。

では新カテゴリーの展開に期待してください!
この記事へのコメント
私も今、最初から読み直していました。
よくぞここまで! といった感じがしますね^^
毎回ドキドキ。そんな中で考えさせられる部分も多くあり、本当に毎回楽しみにしています。
「5年生編」も大いに期待しています!
Posted by シャドウP at 2005年10月28日 01:31
私もこちらのブログと出会えて、ある意味でその後が変わりましたね。他の皆さんのコメントも励みになります。
このカテゴリー、世の野球少年を持つ親の方々に、是非目を通してもらいたいですね。
下手な子でも(失礼)努力次第で向上する!
この気持ちでいきましょう!
次の展開も期待してます。
Posted by 月影のオヤジ at 2005年10月28日 07:05
ご無沙汰してます。と言っても毎日欠かさずアクセスしてますが(*^_^*)
62回ですか〜 あっという間に五年生へ。という感じがします。
ゲンジ君の成長の軌跡がクッキリと刻まれていますね。
私もどれだけ勇気を頂戴したか図り知れません。いつも一喜一憂してました。
読みながら泣いた事も数知れませんよ(^o^;
どれも懐かしい思い出ですが、一番印象に残っているエントリーは、《皆の励まし》ですね。
あれは今読み返してもグッときてしまいます…
ピッチャー編、どんな物語りになるか? 私も応援してます(^-^)
Posted by たえこ at 2005年10月28日 07:48
はじめまして。ずっと拝見させていただいてます。うちの息子は今正に、レギュラー目指して頑張っています! 親として何か出来る事があるか? 色々と探しているうちに、こちらを知ったのが6月頃でした。過去ログをそれこそ食い入るように目を通しました(笑) 女の私でもやれば出来る! と一念発起して、毎日息子と練習してます。こちらとの出会いが無かったら、毎日悶々としていたかもしれません。だから本当に感謝してます。 我が家はまだ道程が遠そうですが、夢に向かってこれからも頑張っていきます!
Posted by 風来坊 at 2005年10月28日 08:08
3〜4年の頃編は、ちょうど私の息子(現在)と比較して読ませてもらいました。
次は、5年編ですが、「投手挑戦編」ということで、またまた、うちの息子とダブらせながら楽しみに読ませてもらいますよ。
Posted by 始動者 at 2005年10月28日 08:48
ドラ夫さん,超大作をありがとうございました.
現在の自分の子に重ね合わせて,
毎回楽しみに読んでいました.

参考にさせられる面が多いのですが,
うちの場合も

>私の強制というか、私の主導で練習を始めました。
>親がレールを敷いてやるのも有りかな? 

と思っていましたが,
なかなか自分からやる気を出す・・
>子供自らが率先して練習をする・・
という感じにはならず
悩んでばかりです.

最近は
子供が少しはましになってチームでの練習でも「ひどい,恥ずかしい・・」
という状態ではなくなったということと,
少しこちらの関与を減らすと自分からやってくれないかな..と考えたり,
私自身が忙しくなり余裕がない.
と言い訳をしながら,親子での自主錬の回数が減ってきました.

私が誘えば練習はするのですがやはり
自分から率先してやるという状態ではなく
もうちょっと私が引っ張らないといけないかな
と考えています.

次の「我が子レギュラー化計画・5年生、投手挑戦編」も
楽しみに読ませていただきます.

Posted by わたぼー at 2005年10月28日 09:23
投手挑戦編ですか、楽しみにしています。
うちの弟君も4年では2番手ピッチャーだったのですが(当時私が監督)5年でAに上がってからは足の速さを見込まれ?A監督はセンター起用でした。
親としてはピッチャーで意地を見せて欲しかったんですがね・・・

オスグッド、大分良くなり先週棒高で県大会出場しましたがあえなく予選落ちでした。
Posted by 背番27 at 2005年10月28日 09:42
いつも読ませて頂いています、るんるんです☆
投手挑戦編、私も期待しています。

あの〜 私だけかもしれないんですけど…
行の文字配置を中央でなく左寄せにしたほうが
見やすいように思うのですが…
Posted by るんるん at 2005年10月28日 10:49
ドラ夫さまの熱い気持ちが伝わりました。ありがとうございます。うちのケースも全く同じです。
私が尻を叩かないと動きません。少年野球の本かっても全然読みません。

ですが、来年は硬式野球に入れちゃいます。しかも投手になれとハッパをかけております。

期待しております。
Posted by 満木 月風 at 2005年10月28日 11:00
冒頭に「最終回」とありドキリとしましたが、まだ続くと知ってホッとしてます。
でも「続きは後日」が無いと、何かいつもと違いますね(^_^)

私が一番印象に残ったエントリーは《どん底》でした。最後のドラ夫さんの台詞の、
「地の底から沸き起こる怒りと悔しさに見舞われていた。」
この言葉を読んだ時、背筋が凍ったのを覚えています。
一体どうなるんだろう? と心配していたのですが、その後の活躍には手を叩いて喜んでしまいました(^^;

3年生から6年生の4年間で、丁度半分が終わったのですね。
残りの半分、これからも勉強させてくださいね^^
Posted by アンドロメダ at 2005年10月28日 11:27
3・4年生編も終わりですか。なんか寂しいですよ。でもまだ続きますから楽しみは残りますが(笑い)
私が印象に残った記事は「意地の一発」でしたね。
不可解な先発落ちから、代打での一発! 後の監督さんの言葉がとても心に残ってます。

次回からの新展開、いつもと同じく楽しみにしています!
Posted by ズンドコ節 at 2005年10月28日 12:21
ドラ夫さんのブログを最初に見たとき、野球を愛してる方、ゲンジ君を愛してる方、深く感じました。ドラ夫さんのような方とブログを通じて知り合えてよかった、素直に感謝しています。
5年生投手編、期待してますよ!
Posted by metoo at 2005年10月28日 12:58
色んな事をゲンジ君と一緒に悩んで苦しんで、楽しんで。

こういう親御さんがいるということを知れたと言う点でもドラ夫さんのブログを読み始めて本当に良かったと思ってます。

親としてもコーチとしても。

私が息子と一緒に頑張り始めたのは5年生になってからですから、これからの話は自分と照らし合わせたりしちゃいそうです。凄く楽しみにしてます。
Posted by かに at 2005年10月28日 13:54
では私の心に残った投稿を発表します。

◆待望の初安打
◆3打席連続ホームラン
◆7打数7安打

やはりこの3部作じゃないでしょうか?^^
それまでの鬱憤を晴らすが如くの大爆発! まるで休火山が噴火した勢いでしたね!

まさしく、日頃の努力が花を咲かせた瞬間だった気がします。
この後にもこれと似たような勢いはあるんですか? ドラ夫さん、教えてくださいよ!
Posted by Xゲーム at 2005年10月28日 14:09
私もドラ夫さんのブログに出会えたことに感謝し、touchさん、ぶっ叩け〜さんのモヤモヤしている時にいただいたコメントが有難くパソコンに向かって頭を下げていました。
みなさんのコメントは野球面では難しいのですが、親子のあり方や気持ちの問題などは共感でき勉強になります。
またお母さんがたも結構いらっしゃることを知り、嬉しく思います。
素直で黙々と練習をするゲンジ君の姿をイメージしながらこれからも応援してます!同じ年代の息子たちが、将来どこかでめぐり合い一緒に野球をする・・・なんてこともあるかも・・・と今日も夢みる私です。
Posted by てんてん at 2005年10月28日 14:17
「我が子レギュラー化計画・5年生、投手挑戦編」が始まるとな。
ということは6年生編はまた別編になるということですね。
こりゃー超大作だ!!
Posted by touch at 2005年10月28日 14:23
私はドラ夫さんのブログにめぐり合えて、息子のブログを書くようになりました。
何とかして息子とのやり取りを残していこうと個人的に日記をつけていたのですが、ネットでの公開のきっかけは、このブログなんです。
毎日毎日、息子との格闘で、ドラ夫さんの仰るように、野球の上達だけでなく、この時間がかけがえのない財産になっている事を実感しています。

「我が子レギュラー化計画・5年生、投手挑戦編」楽しみにしています(^_^)
Posted by Shin at 2005年10月28日 14:34
Xゲームさんのごとく、読み返してみました。(笑)
◆待望の初安打
◆3打席連続ホームラン
◆7打数7安打
やはり印象に残りますね。そして、これがある意味きっかけになったのでしょう。
うちの次男に置き換えて考えてみました。
ゲンジ君とは遅れて3年生からの入団ですが、初めての公式戦(4年生大会に3年生チームがエントリー)で代打起用。練習試合通じても初打席。
三遊間をライナーで抜くヒット。(ただ、入団前1ケ月間はバッティングセンターに通わせましたが 笑)
次試合は代打三振(笑)。
3試合目に代打でライトオーバー本塁打。
この初ヒットと初ホームランで自分もやっていけると自信をつけたのではないかと思います。
(その後、そのホームランスイングを矯正されるのですが 笑)
ゲンジ君も同じなのかなと思いました。

Posted by touch at 2005年10月28日 14:46
エースを狙え!良い言葉ですね〜。

また、新しいドラマの始まりですね。
私もこのブログに出会えた事で、練習日誌を付け出したし、毎日の楽しみも増えたし、本当に感謝しています。

先が気になって仕事が手につかないなんて事もしばしば・・・。

今、親子で共通の楽しみを持てる時間をとても大切に思っています。休みの日は家でごろごろが多かった私ですが、めんどうがらずに、怖がらずに1歩踏み出すことで、全く違った世界に出会えるんですね。

5年生、投手編楽しみにしています♪


Posted by ハッシー at 2005年10月28日 15:10
私も息子を鍛えたつもりでしたが、ドラ夫さんに比べれば、足元にも及びません。しかも、5年生編、6年生編、そして現在があるわけですから・・・、爪の垢でももらわなきゃ。
Posted by 少年野球コーチ at 2005年10月28日 16:58
皆さん思い出の投稿をあげられていますが、じゃあ私も。

私は少しヒネリをいれて、「呆気ない幕切れ」に一票です。

初の4番で打撃が沈黙。最後はサヨナラエラーと、野球はいつも良い事ばかりとは限らない。というのを改めて実感しましたね〜
やはり失敗を経験して大きくなる。と言った所でしょうか?

これからも楽しい記事を期待してます。
Posted by パームボール at 2005年10月28日 20:24
最近貴ページを知り、仕事の合間に拝見させていただきました。
私も現在4年生の息子と少年野球に取り組んでおり、とても共感させていただいております。
入部のきっかけも、学んでほしいのもまったく同じなんですが、特に子供と共有した時間の大切さを痛感させていただきました。
5年生・投手編、楽しみにしておりますので、是非がんばってください!
Posted by ふっと at 2005年10月28日 20:52
シャドウPさん こんばんは。

「よくぞここまで」 まさしくそう思います^^
入団当時と今では雲泥の差です。あの時、意を決して練習に励んで本当に良かったと思ってます。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 21:47
月影のオヤジさん こんばんは。

私の周囲に、子供の野球に無関心な親御さんが何人かおられます。活躍しようがしまいが、一向に顔を出しません。運営にも非協力的です。
これでは一体、なんのための親子なんでしょう?
己の楽しみも大事かもしれませんが、子供の楽しみを共有するのも、それはそれで楽しいと思うんですがね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 21:52
たえこさん お久しぶりです^^

このようブログに涙を流していただいたなんて恐縮です。
まぁそれだけ私も必死で過ごしたというか、時は速いスピードで流れていくものですね。
《皆の励まし》のエントリーは、結構反響がありました。チームの在り方を考えさせられましたよ。良いチームメイトに恵まれました^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 21:57
はじめまして。いつも拝見させてもらってました。
私はまだゲンジ君と同じくらいの歳ですが、毎日学校から帰ってきたらこのブログに食いついて見ていました。このブログを見て努力についてよく考えました。
サード奪回頑張るんでドラ夫さんも5年生・投手編頑張ってくださ〜い(文が変)。
Posted by chicken at 2005年10月28日 21:58
風来坊さん はじめまして。コメントありがとうございます。

そうですか、現在はレギュラー目指して特訓中なんですね^^
あまり詰め込み過ぎないように注意してください。出来る事から少しづつ。これがポイントですよ。またお待ちしてます^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:02
始動者さん こんばんは。

gen君の活躍、私も楽しみにしてるんですよ^^
ゲンジと名前も似てますしね(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:05
わたぼーさん こんばんは。

息子さん、夏休みは朝錬を頑張られたようですし、現在はかなり進歩されたようですね。
ここが踏ん張りどころかもしれません。
まだまだ自発的には遠いとの事、そんな場合は親の関与も有りだと思います。これも教育の一環ではないでしょうか?

いずれ習慣として根付いてくる時が来ると思います。頑張りましょう^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:11
背番27さん こんばんは。

次男の息子さん、小学生時代の事を考えると、中学でも野球を続けていれば? と思ってしまうのは私だけでしょうか?(^^;
でも陸上部でのご活躍はなによりです^^
県大会まで進むだけでも立派なものですよ!
記録への夢、いつまでも追い続けてほしいです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:15
るんるんさん はじめまして。コメントありがとうございます。

文字構成の件、一度試しに左寄せで投稿した事がありましたが、中央のほうが慣れてしまいまして(^^;
またテスト的に試みてみようと思ってます^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:19
満木 月風さん こんばんは。

うちも野球本は読まないですね。。。
勉強もそうですが、どうも活字離れの傾向があります。それでも最近は私の書棚から「ドカベン」を持ち出しているだけ進歩でしょうか?

息子さん、来年は硬式ですか! またレポートを楽しみにしてますね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:22
アンドロメダさん こんばんは。

カテゴリーが変わるだけで、内容は同じですから、「続きは後日」を入れておけばよかったですね^^

《どん底》の投稿は、書いている時にも悔しさが滲み出てしまいました(^^;
もうあんな悔しい想いは御免です。そうならないよう、これからも練習に精を出していきたいですね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:27
ズンドコ節さん こんばんは。

まだまだ続きますから ご安心を^^
「意地の一発」のエントリーは、起用方の在り方を皆さんに問うた形の記事でしたね。
保護者と指導者の立場の違いを、コメント欄で学びましたよ。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:30
metooさん こんばんは。

私のほうこそ、metooさんを始め多くの皆さんと交流を持つ事が出来、とても感謝してますよ^^
それにしても便利な世の中になりましたね。
我々が子供の頃、こんな時代が来るなんて考えませんでしたよね。
と言ってもお互い、まだ30代ですからね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:34
かにさん こんばんは。

これは結果論なんですが、もし息子が初めから野球が上手だったら? 多分このようなブログを書く事はなかったと思います。同時に自宅練習も無かったでしょう。
災いが福になったと思うんですよ^^
あの時の練習で現在が有る。そう思えてなりません。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:39
Xゲームさん こんばんは。

◆待望の初安打
◆3打席連続ホームラン
◆7打数7安打
3部作ですか^^ これは連続してますもんね。
あの時は夢を見ている心地でした。

これ以降、3連発も7の7もありません。
中学で再現となれば嬉しいのでしょうが、さすがに無理だと思いますね(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:47
てんてんさん こんばんは。

このカテゴリーは息子の成長日記ですが、これ以外のカテゴリーでは多くの皆さんと色んな問題で意見を出し合い、今でも勉強の毎日です。
本当に有り難い事です。

近い将来、皆さんの子供達がどこかで一緒にプレーする。有り得ない話ではないかもしれませんね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:52
Shinさん こんばんは。

私のブログをきっかけに。というお言葉、光栄です^^
今では私もノブ君の将来を楽しみにしている一人です。親として出来る事。これからもお互い頑張りましょう!
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 22:56
touchさん こんばんは。

息子さん、初打席で初安打、3打席目で初本塁打。凄い出足ですね^^
大いに自信に繋がった事と思います。

うちの場合は初安打までに1年半かかりましたから、もう最後は祈るような気持ちでしたよ(^^;

Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 23:01
ハッシーさん こんばんは。

最初の一歩を踏み出すまでが難しいんですよね。
踏み出してしまえば、後は楽なものなんです。
親が関わるのも賛否があるかもしれませんが、
私の場合は黙って見ているほど、我慢強くはありませんでした^^
これからも親子の時間、大事にしてくださいね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 23:06
少年野球コーチさん こんばんは。

爪の垢なんて とんでもないですよ^^
息子さんのキャッチャー技術、うちの息子にも伝授してほしいです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 23:08
パームボールさん こんばんは。

「呆気ない幕切れ」 これを書いている時は辛かったです。。。
でも書かない訳にはいかないし^^
最悪の経験を積むのも、以降の成長の良い薬になる事もあるようですね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 23:11
ふっとさん はじめまして。コメントありがとうございます。

共感して頂き恐縮です^^
子供と過ごす時間、やっている時には気がつかないものですが、後から振り返ると判るものなんですよね。
子供はだんだん親から離れていきますから、ハッ と気が付いた時には遅い事もあるんです。
ですから『今』という時を、本当に大切にしたいですね。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 23:17
chickenさん はじめまして。コメントありがとうございます。

息子と年齢が近い方から、こうしたコメントが来ますと、なんだか緊張します^^
サード奪還ですか。ではそれが目標なんですね!
諦めないで、テーマを決めた練習に取り組んでください。応援します^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月28日 23:23
コメント遅くなりました(汗)
私もこちらのブログを知ってからというもの、大袈裟に言えば人生が変わったといっても過言ではありません。それ位に大きな影響を与えてくれましたよ。ドラ夫さんには! 今では私も週末のチーム練習に行くのが楽しみで仕方がありません! 以前なら考えられない事ですよ。これからも毎日愛読させていただきます。よろしくお願いします。
Posted by トンチンカン at 2005年10月29日 00:17
出張中でした・・・

皆さんも書かれてますが、子供と過ごす時間が大事だと思い直した次第です。過ぎた時間は戻ってこないですからね。
そんなわけで、これからもそうした時間を楽しみながら過ごしていきたいです。

印象に残った記事・・ 多すぎてピンと来ません。^^ 全部印象に残ってます!
Posted by ブラックソックス at 2005年10月29日 07:04
しまった!出遅れた!私も出張でした・・・
小2の秋に少年野球を始めた現小4の長男の姿にダブらせて、楽しみにしていました。
長男も2番手ピッチャーへの挑戦が始まるハズ。また、当時のゲンジくんと我が長男をダブらせ、先に待つ問題をイメージさせて頂きながら、拝見できると思うと、ワクワクします。
ゲンジくん断念の裏側には何があるのか???楽しみです。(これまで通り、ネタは小出しで・・・)
Posted by さとる at 2005年10月29日 10:15
第1部終了おめでとうございます。
お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
イロイロな意味で参考になりました。
第2部の開始を心より楽しみにしています。
では、また。(^0^)/~~ バイバイ
Posted by 隊長 at 2005年10月29日 11:55
トンチンカンさん こんばんは。

人生ですか^^ 私も息子が野球をしていなかったら? と考えると、今頃自分は何を生き甲斐にしていたのか見当もつきません。
良くも悪くも、子供の野球にのめり込んでいる現状が、冷静に考えると面白くも思えます^^
この状況が続くのも後2年ですかね。高校に行けばもう独り立ちですから。それまでの間、もう少しだけ楽しませてもらいます^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月29日 20:41
ブラックソックスさん こんばんは。

「過ぎた時間」 今から数年後に、自分も含めて周りがどうなっているか? なんだか想像がつきません^^
希望というか、夢だけは膨らんでいるんですが、「親の気持ち子知らず」でして、息子が何を考えているか? サッパリですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月29日 20:44
さとるさん こんばんは。

ワタル君も投手挑戦ですか^^ うちと似ていますね。
うちは過去の回想物語、さとるさんの所は現在進行形。という感じで互いにブログで書き込んでいけば、他の皆さんにも参考になる事でしょう。

それにしても「交流戦」が中止になって残念でしたね。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月29日 20:51
隊長さん こんばんは。

「第2部」もマイペースで綴っていきます。
これからも応援、よろしくお願いします^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月29日 20:56
ドラ夫さん、お久しぶりです。我が息子を何とかレギュラーになれるよう、もがき苦しんでいたところでドラ夫さんのブログに出会いました。息子は現在4年生。春先には補欠でしたが、夏頃から何とかライトで9番のポジションを彼なりの努力で勝ち取りました。最近では空振りもめっきり減り、ヒットもそこそこ打てるようになってきました。毎日のように5月から続けてきた、朝練の成果だと息子共々信じ、現在も続けています。朝5時半に起床し、練習するのは億劫な時も正直ありますが(私の平均睡眠時間は5時間を切ってしまいました!)、練習というより息子との会話の時間だと思い、楽しみながらやっていることが長続きしている理由だと思っています。ドラ夫さん、ブログを読まさせていただき、あきらめないこと、継続することが真に力になることを改めて感じることが出来、どんなに励まされたことか。出会えたことに本当に感謝しています。日々の書き込み本当に大変でしょうが、これからも楽しみにしています!お互い、野球を通じ子供達が人間的にも成長するようがんばりましょうね。
Posted by ライ9 at 2005年11月02日 12:46
ライ9さん こんばんは。お久しぶりです^^

激励のコメント、ありがとうございます。
そのように仰っていただき、とても嬉しいです。
睡眠時間を削ってまでの朝練習、さぞやお疲れの事と思います。けれど息子さんがポジションを獲得されて、その苦労も消し飛んだのではないですか?^^
子供も時が経つにつれ、当たり前ですが大きくなっていきます。親からもどんどん離れていくでしょう。でも後から振り返った時、共に過ごした時間は本当に良い思い出になると思います。

これから寒い季節を迎えますが、どうかライ9さんもご自身のお身体にはご慈愛ください。
これからもよろしくお願いします^^
Posted by ドラ夫 at 2005年11月02日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8668058

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。