2005年10月14日

夢の『オープン戦』

まだ正式決定ではありませんが、

我が軟式クラブと、硬式チームとの練習試合が実現するかもしれません。

えっ? と思われるでしょうか?^^

ボールが違うから当然ですよね。

守備側のボールを使用して行うゲームです。

硬式チームが守備の時は硬球を使う。軟式が守備の時は軟球。

つまり我がチームは硬球を打つ事になるんですね。

「異種格闘技」のような試合かな?(^^;

ひょんな事から湧いた話なんですが、対戦すれば面白そうです。

クリアしなければならない問題もあるので、話が頓挫する可能性もありますが、

なんとか実現にこぎつけたい。

相手の高いレベルに触れるのも、大いに勉強になると思う。

さてどうなる事やら。。。
posted by ドラ夫 at 23:49| Comment(29) | TrackBack(0) | 軟式と硬式 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白い!実現するにはかなり障害が多いと予想されますが、実現させて欲しいですね。

ちなみにバットはやはり借りて使うことになるんですかね。硬式バット→軟式ボールはありだと思いますが(息子もバッセンで使ってますし)でも逆は無理でしょうね。
バットの重さを考えると軟式不利だと思いますが、やる価値はあると思いますから何とか実現させてください。
Posted by かに at 2005年10月15日 00:29
バッティングは何とかなるかもしれませんが、投手が危険大ですね。いきなり好球は投げさせない方がいいと思います。前準備をしっかりしないと良くない結果が生まれそうです。
私はソフトボール大会で肩が抜けました^^
Posted by metoo at 2005年10月15日 01:15
これはまた、思いきった話題ですね。

確かに軟式チームが硬式バットを振るのは大変かもしれませんね。根元に当たったりして、手がジィィ〜ンッ…となるかもしれませんし。
ただ、硬式を経験されたお父さん方が口にする「軟式は打ちにくい。」「軟球は飛んでいかない。」が本当であれば、攻撃に関してはどちらも悪条件になるかも知れませんね。(私は硬式経験がないのでよく分かりませんが…。)

守備は、どちらもいつもと同じ条件ですから、守備のミスを少なく戦いたいですね。

もし実現したら、結果内容を報告してくださいね。

死球は気を付けないと、軟式の子ども達が経験した事の無い痛みになるような気がします。
Posted by 始動者 at 2005年10月15日 01:52
硬式チームは軟式を打てないですよ、きっと。
大学のとき、これと同じパターンで軟式チームとやったことがありますが・・・、負けました。
オフにプロ野球チームがたけし軍団に負けちゃうパターンですね。
Posted by 少年野球コーチ at 2005年10月15日 07:26
私も軟式チームの勝利に一票。
たぶん、硬式チームはポップフライの連続になるのでは?
硬式チームの特に主力クラスはボールの中心よりやや下を叩くように癖がついていると思われ、ポップフライが多くなると思います。
中学硬式用バットは確か一番軽いもので800g程度だったと思うので、軟式チームの主力クラスだったら問題なく振れるでしょう。逆に硬式チームが700g台のバットが軽すぎるって感じるのでは?
軟式チームが難儀すると思われるのは、バットの芯で捉えないと「痛い」ってことと、硬式投手の変化球だと思います。軟式と違い、ボールにディンプルがないだけ、変化がつきますので。硬式チームはカーブ・スライダー系を多投すると思われ(笑)。
Posted by TOUCH at 2005年10月15日 09:40
実現すると良いですね。
チームOB(中学軟式・シニア)が遊びに来ると手伝いの最後はノック(軟球)とフリーバッティング(両方)しますがどちらも結構順応してますよ。
良い試合になるのではないでしょうか。
Posted by 背番27 at 2005年10月15日 09:59
勿論、鉛じゃなくてゴムの塊が使われてるJr用の硬式ボールなんですよね!? 芯が有るので指切り感触が良く空気抵抗が無いのでpは硬式側有利ですが、強打者の場合だけ打球は軟式側に有利じゃないですかね??。守備はイーブンでしょうから、pと打者の勝負って試合じゃないかと思います。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年10月15日 10:55
面白いですね!
私も硬式を中学からやりましたので
大人になり草野球で軟球を打つ難しさを実感した事があります。
是非、詳細教えてくださいね!
Posted by Shin at 2005年10月15日 12:05
ぶっ叩け〜!! さんへ
Jr用のボールとは何ですか?
シニア、ボーイズ、高校、大学、社会人ともに同じ規格のボールだったと思うのですが・・・?
Posted by 豆乳大好き at 2005年10月15日 14:40
まさに夢のオープン戦ですね! 実現までにはご苦労があると思いますが、期待したいです。
これと同じようなパターン、他でもあるみたいですよ。何の本かは忘れましたが、関東のある強豪軟式中学が、硬式クラブと練習試合をした。という記事を読んだ事があります。
Posted by シャドウP at 2005年10月15日 21:27
おもしろい発想ですね。
変なこだわりのない自由な発想。
こういうの大好きです。
結果も興味津々です。
Posted by Skyboys広報 at 2005年10月15日 22:29
かにさん こんばんは。

確かに実現に向けての障害は多いです。合同練習のうちの紅白戦。みたいな形にしたいのですが。
道具類は硬式から借りる事になるんでしょうね。
ヘルメットの規格も違いますし^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月15日 23:04
metooさん こんばんは。

私の書き方がマズかったですね。使用球は守備側の球を使いますので、うちの選手は硬球は投げません^^
異なるボールを扱うのは、肘・肩に影響があるかもしれないので、避けたほうがいいですよね。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月15日 23:08
始動者さん こんばんは。

バットの重さには戸惑いがあるでしょうね。
自宅では1000gのトレーニングバットを振っていますが、実戦となると話は別ですから^^
まだ対戦が確定していませんが、期待しちゃいますよ^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月15日 23:11
少年野球コーチさん こんばんは。

勝ち負けよりは、相手の技術面に注目させたいのが本音ですね。地力ではとても敵わない相手ですから、しっかりと勉強したいです^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月15日 23:14
TOUCHさん こんばんは。

まさにうちから見れば、全てが「未体験」ですから、得る部分が多いと思います。
硬球の打感を経験するのも勉強ですよね。もちろん痛みも^^
変化球を多投されると、うちの打線では手も足も出ないかもしれません・・・
まだ試合が決定した訳じゃありませんから、決まり次第報告させてもらいま。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月15日 23:20
背番27さん こんばんは。

実現したら守備はいつもと同じ条件ですので、やはり打撃ですよね。私も硬球は打った事がないのですが、一度打ってみたいです^^ 都会のバッティングセンターでは、硬球を打てる所もあるんですよね?
Posted by ドラ夫 at 2005年10月15日 23:24
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

もし対戦が実現したら、そのチームが普段使用している規格の硬球になると思います。
投手VS打者 の図式、本当に興味があります^^
うちの打者が硬球の怖さにビビらないよう、願ってます(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年10月15日 23:30
Shinさん こんばんは。

Shinさんも中学は硬式でしたか^^
ではノブ君も中学になったら硬式かな?^^

しつこいようですが、まだ対戦が決まった訳ではありません。実現不可の時は悪しからず(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年10月15日 23:35
豆乳大好きさん コメントありがとうございます。

Posted by ドラ夫 at 2005年10月15日 23:38
シャドウPさん こんばんは。

私もその記事を読んだ事があります。決して珍しい事ではないみたいですね。
実現に向けて、一つづつ問題をクリアしていきたいです。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月15日 23:41
Skyboys広報さん こんばんは。

双方がそれぞれの団体に所属しておりますので、難しい部分もあるのが現実です。でもそうした垣根を越えるのも、交流が深まっていいですよね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月15日 23:45
スンマセン!だいぶ球の種類に関しては知識が乏しいです。
軟式に関っててさえ 今年Kボールを知り、昨年は 中学生はA球じゃないんだ ふ〜ん!
で、いつから?って感じですから。。。

「豆乳大好き」サンのコメントからすると、硬式の場合 素人は中学〜大人迄が同じなんですよね。じゃあ リトルは??
って事はメジャー規格の飛ばない球を今年から使用と謳ってましたので プロだけが違うんですよね?。
私が解体したのは大昔のガキの頃の事でして・・・何分・・

おかげで硬式で中学生が肩や肘を故障する原因が判りました、有難う御座います。

Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年10月16日 09:10
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

同じ硬球でも。プロの使う球は皮革が最高級の物を使っているようですね。1頭の牛から少ししか該当する部分がないそうです。
メーカーによっても「飛ぶ・飛ばない」があるようですし、一口にボールと言っても奥が深いんですね。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月17日 18:56
うちの大学(医科大学)は準硬式なので,硬式チームと守備側のボールで練習試合をします(以前に書いたような気がしますが・・).準硬式はグラブ,バットなどの道具も専用のものがなく硬式用を使っているというのと,準硬式ははね方が軟球より硬球に近いので,問題なくやってるそうですが,軟式と硬式じゃバッティングも変わってくるので大変そうですね.でも面白い試みだと思うのでぜひ成功させてください.
うちの県はソフトボールは盛んでスポ少が各地域にあるのですが,野球は後進で,リトルリーグは市(県庁所在地なのに)に1チームしかなくいつも市外チームとの試合で遠征も大変だと聞いています.
Posted by わたぼー at 2005年10月19日 17:49
追加です.
うちのソフトのスポ少も野球チームと異種対抗戦をしたいなあ・・・
まあできるとしてもせいぜい,PTA(父母)チームと2号球vs3号球くらいかなあ
Posted by わたぼー at 2005年10月19日 17:51
わたぼーさん こんばんは。お久しぶりです^^

以前のコメント、よく覚えていますよ^^
私もこの話を聞いた時、わたぼーさんのコメントを思い出しましたから。
準硬式というのは馴染みが薄いのですが、どんなものなんでしょう? 当地ではほとんど耳にしません。

まだこの話は、山あり谷ありでどうなるか?(^^;
ソフトでもボールのサイズが違うと、バットなども規格が変わるんですよね? 大人とのオープン戦、実現させてください^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月19日 18:46
次男(シニア)に聞いた軟式から硬式へ変わったときに感じた違いを挙げます。あくまで息子の主観が入っておりますのでお許しください(笑)。
1.ボールの違いについて
・(C球から硬式へ変わったため)「ボールが大きく、重いし、重心が違う。」
→C球に比べて重いのは当たり前(苦笑)ですが、軟式のA球よりも一回り大きく、重いです。特に軟式と違うのは重心で、ボールの芯部が重く感じられ、それを意識しながら投げないと暴投になりやすいです。
・「変化球がきれるし、打球もきれる」
これは軟式と違ってディンプルが無いため、変化しやすくなるからでしょう。
・「ボールが滑りやすく、すばやくボールを握るのが難しい」
ツルツル球面ですから、捕球から送球時にあせるとボールが抜けてしまいます(苦笑)。
・「捕球はしやすいけど、だけど当たりが弱いとボールが転がってこない」
軟式に比べ、グラブで握りこまなくても打球の強さで勝手にグラブがしまるから捕りやすいようです。逆に握りこむ癖を持っている子はエラーが増えるようです。また、当たりそこない打球が待っていても転がってこないようですね、これは弾まないことが原因でしょうね。
・「当たると痛い」(苦笑)
生傷(特にあざ)が絶えませんね。
2.バットの違いについて
・「重い」(笑)
・「当たり所で球の伸びが全然違う」
・「芯をはずすと手を傷める」
・「守備のときに打球音で反応しないと特に外野は打球に遅れる」

こんなところの様です。
概して、軟式から中学硬式に上がった場合、「俺ってこんなに下手だった??」と皆が感じるようです。最初のころの練習試合も、さながら小学生の3,4年生レベルの試合ですよ。
あちこちでポロポロとエラー、焦って(不十分な握りで)投げては暴投、カバーリングも足が遅い(というかフィールドが大きくなったので)ので間に合わない、ボールは転々とファールゾーンへ(笑)。ファーストゴロなんて、セカンドが一塁へ入るのが必死に走っても間に合わないってのがほとんど(苦笑)。平凡な外野フライに仕留めたと思ったら、外野手がボールの変化を読んでおらず、またボールの大きさに慣れてないのでグラブからポロッ(笑)。打っても外野まで届くのが精一杯の子が多く、「お前ら、[野球]をやろうぜ」と言いたくなります(笑)。でも、皆が「俺たちってこんなに下手だったのか????」って沈んでいますよ、最初は(笑)。
Posted by touch at 2005年10月31日 18:33
touchさん 息子さんの体験談、ありがとうございます。

確かにC球から硬球ですと、大きさや重さに戸惑いがあるでしょうね^^
軟球も来年から新規格ボールの導入になります。
従来品より滑りやすいボールですね。その点は硬球に近くなったかな? という印象です。

バウンドの違いは、これはもう宿命みたいなものですね。硬球の地を這うような打球は、軟式では稀ですもんね。

打感。これは私も硬球を打った事が無いので興味があります。何事も体験しないと、語れない事がありますよね。

最初は戸惑いで「下手」な子も、厳しい練習を重ねるうちに順応していくんですね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月31日 21:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。