2005年10月03日

3年生の進路事情

10月になり、3年生も高校受験の追い込み時期に入りつつある。

野球部所属の選手達も、高校野球を視野に入れた進路を模索している。
そんな中、これから11月頃にかけて有力校の「セレクション」が行われる。

有力私立校が中学3年生を対象とした、一種の選抜試験のようなものか?
この場合の試験とは、野球技術に関するものだ。

こうしたセレクションは学校により特色があるそうで、
広く門戸を開放する所から、ある程度の実績に沿った選手のみを対象とする所など様々。

それには中学チーム→高校野球部 といった独自のコネクションを持つものや、
或いは監督・コーチによる人脈の絡みもあり、必ずしも透明性があるとは限らない模様。

勿論、選手自身に絶対の自信がある子には、関係ないかもしれないが。

ただ最近は『野球』のみでOK という所は少なくなり、
ある程度の学力を求めるところが増えたとの事。

まぁ学生の本分は勉学にありますから、当然といえば当然かもしれません。

さて学校の選択ですが、名門私立に始まり、新興私立、公立強豪、一般公立。
といった感じでしょうか? 

うちの3年生、2人位は強豪私立も可能か? というレベルですが、
これもセレクションの結果次第ですね。 まだ情報不足で、彼らがどこを志願するか?
まだ把握していないのですが、こちらとしては興味がある所です。

強豪校は競争も厳しく、レギュラー確保は至難。
弱小校ならポジション確保も見通しがつきやすいが、「甲子園」は夢に近い・・

どちらを優先するかは本人次第でしょうが、私は甲子園だけが高校野球の全て。
とは考えたくないですね。勿論、甲子園が目標なのはどこの学校もそうですが、
それだけではない何かが、高校野球にはあるのでは? と思っています。

今年の3年生、どんな学校でどんな選手になってくれるか?
今から楽しみです。 
セレクションを受ける子には、自分の力を存分に発揮してほしいですね。
posted by ドラ夫 at 23:47| Comment(19) | TrackBack(0) | 軟式と硬式 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの地域でもボツボツとセレクションの話が飛びかってますね。ドラ夫さんが仰るように、オープンな感じの所から、形だけのところまで(特待が既定路線という子のみ)様々みたいです。アンテナを張り巡らせてないと、情報キャッチが難しいみたいですね。
Posted by にゃんこ先生 at 2005年10月04日 08:29
セレクション時期も地域によって違うのですね。
うちの地域では既にセレクションは終わってしまっています。
例年、全国屈指の強豪高校の内定が中3成り立ての4月〜6月に出てきますよね。
で、うちの地元では地区大会予選が終了した7月〜8月前半にかけてが山場で、日に日に特待条件が変わってきたりし、8月末のチーム卒団時には(公立の一般入試希望の子を除いて)全員の進路が決定して、卒団式で発表しています。

でも、個人的には、この時期で優劣をつけるようなセレクションもどんなものかと思っています。
学校側として確かに甲子園を確実なものとするためには一定レベル以上の選りすぐりを集めたほうがより確実なため、仕方ないのでしょうが。。。
甲子園に出てきている球児を見てて思うのですが・・・明らかに3年生が1,2年生より多いですよね。なぜ????
3年生優先という温情采配はさほどないと思いますから、明らかに(全国)3年生レベルが(全国)2,1年生レベルより上になっているということではないでしょうか?
ということは、2.5年生レベル(表現はおかしいですが)の3年生の子は、仮にあと1年あれば、甲子園レベルの球児になっていた可能性があるということではないでしょうか?
とすれば、運動・体格・野球に早熟な子が有利で、晩熟は不利ということです。
強豪高校へのセレクションを考えれば、野球と体格の早熟な子が可能だということになります。
で、早熟な子中心の最高峰が甲子園。。。
こう考えると、甲子園ってものも考えさせられます。
Posted by タッチ at 2005年10月04日 10:12
当地でもセレクションは既に終わっています。うちみたいな軟式から受けるのは稀で、殆どが硬式からのみです。
うちからは今年3人が受けました。やはりそのうち1人がセレクション自体は受かったのですが、成績がちょっと足りない・・・2学期の成績を少し上げなければいけないそうです。
Posted by 少年野球コーチ at 2005年10月04日 10:24
うちも早いところでは、夏過ぎあたりにセレクションが終わってますけど、学校によってはこれからの所もあるようです。
特待と一般入部では、入学後の扱いが違いますから必死なんでしょうが、どうでもその学校へ! という気持ちは良いのか悪いのか? なんだか複雑ですね・・
Posted by Xゲーム at 2005年10月04日 10:25
一般入試で強豪校の野球部だと大変なようです。
我がチームの指導者の息子さんは大阪のある強豪校に一般入試で入学し、野球部へ。
最終的にはベンチ入りギリギリのラインで応援席に回る結果となりました。
遠征その他強豪校での金銭的負担は「並」ではないようです。
スカウトなら授業料も免除、遠征も学校負担。
野球強豪校を金銭的に支えているのは一般入試のご家庭・・・
う〜ん、理不尽・・・
Posted by さとる at 2005年10月04日 12:19
>スカウトなら授業料も免除、遠征も学校負担。
>野球強豪校を金銭的に支えているのは一般入試のご家庭・・・
>う〜ん、理不尽・・・

それで思い出しましたが、こちらでは特待のある中学クラブチームがあります。あくまでチーム内でも秘密になっていますが。
ここでの特待とは入団金、月会費、遠征費免除です。
そこは1学年約40名いますが、約10名は特待です。
ですから、特待除き約30名の家庭の負担で約10名の特待生はレギュラーとしてプレーしているわけです。
で、当然そのチームは強い
→当然、いろいろな高校からお呼びがかかる
→高校への進学実績は良い
→その実績を信用した新入生の確保に容易、また特待扱いの子も勧誘に応じる
→安定チーム運営
という好循環(悪循環?笑)をなしています。
いったい誰のためのチームなんでしょうね???

Posted by タッチ at 2005年10月04日 13:45
にゃんこ先生 こんばんは。

アンテナですか。確かに情報収集は必要ですね。
例年通りとはいかない場合もあるようです。
本気でその学校を狙うなら、様々な話に精通しておきたいですね。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月04日 21:47
タッチさん いつもありがとうございます。

子供の成長には個人差がありますよね。
成人してからは関係ないかもしれませんが、
成長期の子には年齢と、何月に生まれたかという「月齢」も大いに関係ありますよね。
同じ学年でも、最大で12ヶ月の差がある訳ですから。

うちの場合、いわゆる早生まれですので幾分ハンデがあります。
まぁ人によっては、そうした事は理由にならないと言いますが^^

中学チームにも特待制度ですか。。。
ちゃんと月謝を払っている家庭から見れば、羨ましい話ですね。これも実力社会の産物なのでしょうか?
理解は出来るのですが、なんとなく釈然としない部分もありますね〜
Posted by ドラ夫 at 2005年10月04日 21:55
少年野球コーチさん こんばんは。

うちは田舎ですので、硬式チームの数も少ないせいか、軟式からも何人かは受けるみたいです。
学力の件、こればかりは私も「指導」は出来ません^^
Posted by ドラ夫 at 2005年10月04日 21:58
Xゲームさん こんばんは。

私も複雑な思いですね。選手によって、最終目標が異なるのもありますが、名門は相当 競争が厳しいですから、息子よりも親のほうが尻込みしそうです(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年10月04日 22:01
さとるさん こんばんは。

貴重な情報、ありがとうございます。

やはり競争が厳しいのが現実ですが、費用の面まで格差があるのは、ご指摘のように理不尽さを感じてしまいますね・・
まぁそれを承知で入った。と言われてしまえばそれまでですが。 
Posted by ドラ夫 at 2005年10月04日 22:04
我が家も決して豊かな経済状態ではないですから、可能ならば特待を狙ってます。まだ一年だから現実をわかってないとも言えますが。

セレクションに関しては息子の先輩でもある中学野球部の数人が受けたという話は聞きました。
やはり重視されるのは肩と足のようですね。
ある高校では合格の子には、監督の携帯番号が渡されたそうです。
まだ行くかどうかは決めてないそうですが。
Posted by かに at 2005年10月04日 22:36
この地域のA高校(甲子園常連、優勝経験あり)のセレクション選考基準
(スカウトの話による最低条件)
・ポジションは投手、捕手、ショート、セカンド、センターに限定(中学レベルで他のポジションをやっている子はいらないと明言)
・50mは6.5秒以下(絶対条件)
・身長は175cm以上(但し、実績を加味して基準が緩くなることがある)
・打撃はあまり重要視せず(ただし、中学レベルで主軸であることは当たり前)
という中で選考するそうです。
なお、投手については130km/h以上が追加条件となるそうです。
Posted by TOUCH at 2005年10月05日 11:47
かにさん こんばんは。

一口に特待と言っても、その形態は学校により様々みたいですね。「入部確約」という所から、「費用免除」まで色々と・・・
まだ先の話かもしれませんが、どうなるか気になります。
肩と足。うちの息子のウイークポイントです(T_T)
Posted by ドラ夫 at 2005年10月05日 20:27
TOUCHさん はじめまして。コメント、ありがとうございます。

さすがに甲子園で優勝経験のある学校は、ハードルも高いですね。
しかし身長とポジションの件については、いささか疑問を感じます。サード、ファースト、レフト、ライトにもスペシャリストは存在すると思うんですが・・
それがその学校の基準かもしれませんが。。。

それでも多くの有望な選手が集まるでしょうから、学校にとっては困らないのでしょうか?(^^;

今後もよろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月05日 20:35
はじめまして。皆様のコメントを読むと、強豪校はハードル高いですね。
我が息子も、とある私立校に無事「内定」しました。(中学では、部活で軟式です)
まあ、新興私立の部類でしょうか。5月頃、お話があり、夏休みに監督さんに見てもらい即「内定」でした。

息子の場合、タッチさんのコメントにある基準に当てはまるのは、セカンドということくらいです。

息子は、強豪校に一般入試で入りたいという気持ちもあったようですが、ろくに練習もできない状態になっては、3年間が無駄なので高望みせず、そこそこ県上位を狙える新興私立にしました。

もうそろそろその高校での練習に参加することになっています。もう練習に参加していいのかしらと内心驚いています。
Posted by 野球小僧の母 at 2005年10月06日 10:08
先に私が書き込みました選手基準は近年甲子園で優勝・準優勝して毎年プロを出している高校ですから、地元でもハードルがかなり高い方でした。
だからか(?)、スカウトの人も横柄(笑)でした。
露骨に「中学くらいのレベルで主要ポジションできない奴はうちでは務まらない」といっています。確かに、そこは毎年入部(14名程度)の最低でも半数がバッテリー(特にキャッチャーは4名も取る)。残りの半数が野手なのですが、3年次にはバッテリーの落ちこぼれ組が野手として加わっています。だいだい投手崩れが外野手、捕手くずれが内野ってかんじですね。ですから、「ドカベンタイプの捕手(コンバートのきない捕手)はいくら打ててもいらない」と公言していますし、見向きもしてませんでした(笑)。最低でも走れることが必要だそうです。・・・・だからバ○○戦法なんだね(ボソッ)
Posted by TOUCH at 2005年10月06日 13:36
野球小僧の母さん はじめまして。コメント、ありがとうございます。

息子さんの「内定」、おめでとうございます^^
良かったですね^^ 名門校は伝統がありますが、比較的新しい学校も、自由というか、縛られない校風があったりして、それはそれで魅力がありますよね。
ここ数年はそうした学校の甲子園出場もありますし、期待が膨らみますね。
それにもうその学校で練習ですか! 早く慣れるといいですね。

今後もよろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月06日 20:48
TOUCHさん こんばんは。

私の生まれ故郷は、A県のN市です(^^;
あの学校の事とは思いませんでしたよ^^

あのぐらいの学校になると、何を言っても許されるんでしょうか。もっとも私はあの学校のファンですが。

選りすぐられて入る選手達ですから、コンバートもスムースに行われるんでしょうね。
Posted by ドラ夫 at 2005年10月06日 20:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7656219

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。