2005年09月29日

阪神 優勝おめでとう

2005年のセントラルリーグは、阪神タイガースが制しました。

中日ファンのドラ夫としては、中日の終盤失速が残念でしたが、

阪神の戦いぶりも見事でしたね。

特に「死のロード」を勝ち越しで乗り切ったのが大きかった。

それにしても改めて、プロの1シーズンは長いですね。

だからこそ、優勝の価値が大きいのだと思います。


当地の少年野球は市のリーグ戦はありますが、

基本的に大会はトーナメント方式が一般的です。

勝ち進むのは大変ですし、負けたら終り。

リーグ戦とはまた違う、戦い方になりますね。

中学部活の新人戦も近づいてきました。

初戦の相手は難敵で、少し苦しい相手・・

この初戦を乗り切れば、上部大会進出の目も見えてくるので、

なんとか頑張ってほしいものです。

それにしてもクジ運が悪いなぁ。。。
この記事へのコメント
うちもクジ運にはいつも泣かされています・・
こればかりはどうする事も出来ないのですが、裏で何かあるのか? とつい勘繰りたくなります(笑)
Posted by 棒銀 at 2005年09月30日 01:14
横浜ファンの私としてはまったくどうでも良いことなんですが、読売の前で決めたというのは気持ちよかったですね。

くじ運ばかりはどうしようもないですよね。
少年野球の頃は、「優勝する気ならどこと当たったって一緒だろ」と言ってましたが、中学になるとシビアな試合が多くなりますから、出来れば良いクジを引きたいところでしょうね。
Posted by かに at 2005年09月30日 02:40
セ・リーグも決着がつきましたね。子供の大会は単発のものが中心ですから、改めてプロのシーズンは長いです。
クジの件は悲喜がありますね〜 自チーム主催の招待大会の場合、敢えて強豪同士を初戦にぶつけたりしますけどね(^Q^)/^
Posted by シャドウP at 2005年09月30日 08:00
うちは今回、クジ運に恵まれました(^^)
強豪が全て反対のゾーンに行ったので、うちにとってはチャンスです! 
でもこんな時に限って、その運を味方に出来ないものなんですよね・・ 
Posted by パームボール at 2005年09月30日 08:44
ドラ夫さんまたまたお久しぶりです。なかなかゆっくりPCの前に構えてる時間ないんですよ、「単発」ですみません。

阪神優勝ですね。ワタシは巨人ファン。今年もドームへ3度行きました。最低な結果に憤慨してますがグジグジいうのはイヤなのであえて書きません。今年は交流戦を2度観れたので「野球ファン」としては満足です。

クジ運といえば、先日あるチームと大会前の練習試合を予定していました。抽選会で初戦であたったら中止にする約束でした。確率はほとんどないので気にもしていなかったのですが、抽選の結果まさかの初戦対戦。こんなこともあるんですね。

ちょっと前の記事のことで申しわけありませんが「観客席からの指示」のことです。我がチームの場合はみなさんと事情が違います。
ご存知の通り我がチームは監督が監督でない最悪のチーム。
試合中監督からの指示はほとんどありません。ウチの息子などは数ヶ月前の試合で「バッターボックスで(サイン確認のため)監督を見たらこっち(息子の方)を見てくれなかった」と言ってたくらいです。
ですから逆に「外野」が口を出さないと誰も選手が動かない。そのため試合中いつも怒鳴り声が飛び交っています。そうしないとダメなんです。見てるだけでは野球になりませんから。
でも考え方は十人十色。反対の考え方の人もいる。右往左往する選手たち。試合になりませんよね。
完全に悪循環。我が家としても‥そろそろ潮時かもしれません。
Posted by 寝てるゾウさん at 2005年09月30日 09:07
「くじ運」と言うか,長男が小学校の時には公式戦で「何だか良く当たる相手」がありました。
それも,強いチームなんです・・・。「え?また○○チーム??」てな具合です。トーナメントの場合つらいですね〜。

当方も10/5に新人戦開始です。お互い頑張りましょう!
Posted by さんま at 2005年09月30日 09:18
我がチームはリーグ戦メインのローカル連盟所属です。昔は、みなさんと同じく上部大会につながる大会やローカルの大会に出ていたそうです。しかし、弱くて1回戦で負ける事が多く年間試合数も限られること、勝負にこだわり本来の少年野球のスタイルからかけ離れた戦術を取るようになってしまったこと等の理由で、ローカルリーグを設立した経緯があるみたいです。
その当時のチーム幹部さん達のお陰で、現在は「思いっきり打って、思いっきり走って」のバントなしの「イケイケ」野球をやらせていただいています。
一応、ローカル大会のトーナメントにもごくたまに出場しますが、上位に進出したことはありません。
今春ボーイズに行った剛速球投手が去年トーナメントで登板した際に、相手チームはその速球を打てないと判断したとたん、全打者全打席バントしてきたことがありました・・・・
我がチームの野球とはスタイルが違いすぎます。
当時の監督も、負けても負けた気がしなかったと言ってまいした。
まぁ、選手たちにはそんな野球もあることを教える程度でいいかなぁと思っています。
Posted by 新米C監督 at 2005年09月30日 09:43
トーナメントで優勝するチームには勢いがあると思います。夏、新聞社主催の大会があったのですが、その大会で優勝したチームは勢いがあり輝いて見えました。

準々決勝の時、雷で一時中断になったゲームのベンチ内の様子が明るい。選手が皆で肩を組み、楽しそうに歌い、早く試合が野球がしたいと言わんばかりの様子。ベンチに入れないでスタンドにいるちびっ子まで歌ってました。

その様子をアナウンス室から見ていて、この大会は、きっとここが優勝するだろうと感じました。

試合をしている両チームに力の差は感じなかったものの、結果的に優勝したチームは、守りからベンチに戻って来る子供達の様子が、野球を楽しんでますって雰囲気で、本当にキラキラして見えたんです。不思議ですね〜。

難敵と言えどもやってみなければ分かりません。
新人戦、初戦、どうか固くならずに、のびのびとしたプレーで望んで欲しいな〜と思います。
頑張って下さい!応援しています。

Posted by ハッシー at 2005年09月30日 10:02
 3年生の時の話ですが、大会全部同じ相手と一回線で当たる珍事がありました。
すべて勝たしてもらいました・・・
Posted by フルコーチ at 2005年09月30日 11:27
阪神、強かったですね。岡田監督の信念がもたらした優勝のような気がします。球団としての戦略が他チームはかなわなかったのでは。

クジ運は、トーナメントで勝ちあがる為に、チームに勢いをもたらすか、否か、と言う点で大きな要素ですよね。特に子供達の場合、のってくるととんでもない力を発揮しますよね。今年の春先にそんな場面に出くわして、子供達の持っている可能性に感動し、涙を禁じえなかったことがあります。
Posted by ライ9 at 2005年09月30日 19:09
棒銀さん こんばんは。

大会によっては、「当日抽選」というのも当地ではありますよ!
これなら皆が納得ですが、勝手に組合せが決まっている大会もあります。勘繰りは当然起きます^^
Posted by ドラ夫 at 2005年09月30日 20:00
かにさん こんばんは。

ベイスターズも今年は低迷から脱した感がしますね^^
クジ運ですが、それで全てが決まる場合もありますので、出来る事なら楽な組合せを希望してしまいます(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年09月30日 20:02
シャドウPさん こんばんは。

ここだけの話ですが、招待大会はやはり、主催チーム有利の組合せにするのが暗黙の了解ですよね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年09月30日 20:05
パームボールさん こんばんは。

それは良かったですね^^
でも気の緩みというか、油断しないで戦ってほしいです。
折角の組合せの有利を、活かす事なく敗れるのは惜しいですから!
Posted by ドラ夫 at 2005年09月30日 20:08
寝てるゾウさん さん こんばんは。

さすがに公式戦を間近に控えている時に、当該チームと練習試合は出来ませんよね^^

ベンチの指示の件ですが、的確な指示を出すのが監督の役目ですよね。それが行われてないのなら、スタンドから色々と目につくのも仕方ないですよ。
ベンチとスタンド、「異なる指示」は確かに問題ですが、ベンチと選手が気がついていない情報を、スタンドから指摘するのは有りだと思います。
問題はその辺りの線引きが難しいのと、捉え方に個人差があるのが問題をややこしくするんですよね。

「潮時」なんて、寂しい事を思わないでください!
今までの努力と苦労を、来年には実らせましょうよ!
Posted by ドラ夫 at 2005年09月30日 20:17
さんまさん こんばんは。

運命のイタズラというか、同じ相手と何度も・・ という事はありますよね〜
新人戦、良い結果を期待したいですね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年09月30日 20:20
新米C監督さん こんばんは。

所属連盟により、様々な事情があるのですね。
私の所は田舎ですので、同一生活圏のチームは同じ連盟に所属しておりますが、隣の市域では複数の連盟があるようで、それぞれ独自の大会運営のようです。
他連盟同士の試合も困難のようで、仲が悪いわけではないでしょうが、足並みは揃っておりません。
なかなか難しい問題かもしれませんね。
Posted by ドラ夫 at 2005年09月30日 20:47
ハッシーさん こんばんは。

良い体験というか、私もそんなチームと対戦したいですね。お話を聞いていると、そのチームは団結というか、心から楽しんで野球をしているのが伝わってきます。
厳しい指導の中にも、そうした要素を織り交ぜながら運営しているスタッフの皆さんの、熱意の賜物ですね。
うちも少しでも、そんなチームに近づけるといいのですが、道程は遠いかもしれません^^
Posted by ドラ夫 at 2005年09月30日 20:52
フルコーチさん こんばんは。

それは確かに珍事ですね! (*_*)
でも全て勝ったというのも凄いです。相手のチーム、さぞや悔しい思いをした事でしょうね。
Posted by ドラ夫 at 2005年09月30日 20:54
ライ9さん こんばんは。

チームの勢いが出るのも、トーナメントならではですね。
うちも昨年、2試合続けて劣勢を跳ね返し、劇的な逆転勝ちをおさめた事がありました。奇跡というと大袈裟かもしれませんが、子供は何をしでかすか解らない時もありますよね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年09月30日 20:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7498615

この記事へのトラックバック

阪神リーグ優勝
Excerpt: 29日に阪神タイガースが2年ぶりのリーグ優勝をし 藤川の登板新記録のオマケ付きで進出を決めた 日本シリーズではホークス・ロッテ・ライオンズの内 どこがプレーオフで勝ち上がってくるか分からない..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-09-30 07:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。