2005年09月05日

ビヨンドマックス禁止令?

昨日の公式戦終了後、保護者有志が試合勝利の祝勝会と称して、焼き鳥屋に集結。

まぁなんだかんだと理由をつけ、飲みたいのが本音のようだが^^
ちなみにドラ夫は下戸で、お酒は全くダメ。

監督・コーチも交えて試合を振り返った。
ドラ夫の付けたスコアブックを基に、アレコレと議論が展開される。

一通り分析が終わると、後はワイワイガヤガヤと雑談が始まる。
そこで来年度から、ビヨンドマックスの使用禁止の噂がある事を知る。

ビヨンドについては過去にこのカテゴリーでも、何度か取り上げた事があります。

息子ゲンジは複数のバットを使ってますが、その内の一本がビヨンド。
だからこの話題には無関心ではいられない。

噂の出所は、当地の所属連盟の審判部との事。
だが人によってはこの話を、噂ではなく『決定』という人もいて、
なんだか話がややこしい・・

それによると、来年から導入される「新・軟式ボール」との絡みで、
いわゆる「飛ぶバット」を禁止しようという動きがあった模様。

ここではミズノのビヨンドを取り上げているが、同様のバットで
ローリングスのH-ZONEや、ZETTのトリプルZも禁止対象のよう。

連盟からの正式通達はなく、ガセネタと思いたいのだが、
関係者の口ぶりからすると、あながち有り得ない話でもないかもしれない。

ここでの連盟というのはクラブチームが対象。
という事は、部活の試合では使用OKなのか?
これも各人考え方がまちまちで、なんだかハッキリしない。

ビヨンドの是非には賛否が別れる。だが現に使用している選手にしてみれば、
こうした規制はどうなのか? 親だって高い金額を払って購入している。

大体、統括団体のJ.S.B.Bが認定している用品を、地方の下部連盟が
独自の規制を出すのはいかがなものか? 
せめて禁止までの移行措置をとってもらいたい。

いきなり「来年から禁止」 では、既に使用している選手に配慮が無い。

この話は当地の連盟での噂話ですので、これをご覧になっている皆さんに
該当する話ではありません。誤解しないでくださいね(^^;

それにしても、こんな話はスッキリしない。
というか、話の真偽も気になるところ。
クラブ役員には、その辺りの話が判り次第、知らせてもらうようお願いをした。

ひょっとして、他県ではもう禁止になっている所もあるのでしょうか?
これにまつわるお話があれば、コメント欄にお寄せください。






posted by ドラ夫 at 22:42| Comment(34) | TrackBack(1) | 野球道具について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メジャーへ行く直前(ベイ)=佐々木主浩の それも決め球のバリバリ・フォークを落合博満が 狙ってレフトスタンドへ運んだシーンを思い出します。
アッパースイング&バットの『撓り』を上手く使ったスイングでした。

我が家には 何故かピッチングマシーン(ホイールタイプ)が有り、時々練習へ持って行きます。ストレス発散に130`?位に設定して、レベルが有る程度の子供達には体験させ/自分でも打ちます(レベル低い子にはCミットで只 捕らせます)。其のせいで木製バットを3本 今年は駄目にしちゃいました。

バットを撓らせ/ヘッドを上手に走らせたコンパクトなスイングで無いと、木製バットは球威に負けちゃい駄目にしちゃいます。
将来有る 野球人の卵達が、ビヨンド成れして癖付いちゃうのが恐くも有り&良く無いと想いますので・・根本的には禁止令賛成です。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2005年09月05日 23:29
ウチの地区でも、審判部がしきりにビヨンドの事を話題にしてます。
特に審判部長が否定派なんで、注目度の高い試合、市内大会決勝なんかで勝敗に絡むような事があれば、何らかのアクションを起こす可能性がありますね。今のところは何の規制予定もありませんけど、そういうのって大概急に決まるもんですから。

私個人も、実力以上に打球が飛んでしまうというバッター本人への影響と、野手の音による打球判断の面からビヨンド反対派です。
Posted by かに at 2005年09月06日 00:18
我が地域もほぼ同様で、新軟式ボールの導入でビヨンド系が禁止されるという「噂」です。
現時点ではあくまでも「噂」ですが・・・

一度、ノックでビヨンドを使ったことがありますが、あれはダメです。「打つ」感覚が狂います。
かにさんと同じ意見で私もビヨンドは反対ですね〜。
Posted by さとる at 2005年09月06日 06:25
お久しぶりです。最近公私にわたって忙しく、ちょっとこちらにくる余裕がありませんでした。

初戦突破おめでとうございます。ゲンジくんは5番でファースト、ドラ夫さんはスコアラー。ウチの長男は今5番でファースト、ワタシもチームスコアラー。同じですネ!ただ先日の大会は初戦負けでしたが‥。

ビヨンドは我がチーム内にも数人使っています(小学生)。対戦相手を見ても使っている子が多いですね。我が地域では使用禁止の話は今のところ聞きません。ただあのタイプのバットに人気が出るとドンドン開発されて歯止めが利かなくなくような気がします。するとバットに頼ったバッティングになってしまい、本来のスイングじゃなくなってしまうような気がするのはワタシだけでしょうか?
ウチの子はいっさい使っていませんが、打てなかったりすると「バットが悪いよ。ビヨンドがいい」なんてふざけたこと言い出したりしますから。
個人的にはビヨンドにボールの当たった「ボコッ」っていう音がキライです。やっぱり金属音の「カキーン」がいいですね。

ワタシは賛成とも反対とも言いませんが、試合中のハンデにならないように配慮すべきではないかと思いますね。
Posted by 寝てるゾウさん at 2005年09月06日 06:48
うちの地区では今のところ禁止という噂はありません。どのチームも大枚叩いて何本か買っていますから、「今更」って感じかもしれませんね。

確かにビヨンドで飛距離は格段に違ってきましたし、うちでもHRの数が倍増しています。外野の守備位置もかなり後ろになりましたので、新ボールになったらどうなっちゃうの?って感じです。

うちはどっちかというと“打ちまくる”チームなので、「ビヨンド賛成」です(何か皆さん「ビヨンド反対」のご意見が多いので、1人くらい賛成がいても良いかと・・・笑)
Posted by 少年野球コーチ at 2005年09月06日 08:55
『皆が使わなきゃ条件は一緒』という意見もありますよね。
でも、軟式野球連盟が公認しているバットですから、使う使わないの問題で、「あのバットは飛びすぎるから禁止」では納得出来ないですよ。
育成面ではあまりバットに頼らないほうが良いとは思います。でも使用の是非はチーム・選手に委ねるべきであって、上から押さえる事じゃないと思いますね。
Posted by ズンドコ節 at 2005年09月06日 09:46
私の地域ではまだその「噂」は入ってきておりません。

素朴な疑問なんですが,木製バットから金属バットに変わるときには同じような議論があったのでしょうか?。高校からプロに進む場合,既に金属バットの弊害が見られるとも聞きますので,ビヨンドのみが悪影響・・・とも一概には言えないのではないでしょうか。ドラ夫さんも書かれていますが,J.S.B.Bが認めている以上下部団体が規制・・・というのはおかしいような気もします。あくまで使う側が考えるべき事と思います。
Posted by さんま at 2005年09月06日 10:10
うちの監督は、「使いたい人はどうぞ」というスタンスです。勝ち負けの理由もバットのせいにはしません。
確かドラ夫さんも、ゲンジ君には試合時だけですよね? ビヨンドを使わせるのは。日頃は木製バットで練習していると、以前の記事で読んだ事があります。
結果を求めるなら飛ぶバットは有利ですよ。

というか、結果を出さないと選手も勝ち残れません。
使用の可否は本人が考える事であり、相手チームや連盟からとやかく言われる筋合いは無いと思いますね。
Posted by Xゲーム at 2005年09月06日 11:12
 私は、ビヨンド賛成ではありませんが、「地方連盟が禁止にするのはおかしい」派です。
 地方連盟にどういう権限があるのか判りませんが、「グランドが狭くて、ビヨンドを使用すると飛びすぎで近隣に迷惑が掛かってしまう。」と言う物理的理由での禁止なら判りますが、飛びすぎるのは子供に良くないとか、おじさん達の野球信条で使用禁止は勝手すぎると思いますね。

 まず、何よりも全軟連で「使って良いよ。」と認めた道具です(企業との癒着はおいといて)。と言うことは全国大会は、使用はOKな訳ですよね。全国で問題無しなのに、地方大会はダメと言うのは理屈に合いません。
 だいたい、飛ぶボールの採用も「かっ飛ばす」楽しさで、軟式野球の競技人口を増やす意図があるのでしょう? それが、飛ぶ過ぎるからダメは、これまた理屈になりません。
 子供の将来のバッティング技術云々も、余計なお世話ですよ。誰もが、野球を続けるか判らないのですから。
 ちなみに、我がチームでは購入時は全員が使っていましたが、今はたった一人しか使っていません。子供の方だってバッティングの感覚は重視しているのです。
Posted by フルコーチ at 2005年09月06日 11:38
始めまして、小学4年の愚息が少年野球をやっているトリトンと申します。僕は、ビヨンドは大反対派です。

理由:球速が早すぎます。叩きつけたバッティングだと、異常に球速が早い場合があります。先日の試合でも相手チームが使っていましたが、サード強襲の異常に早いゴロが飛んできました。動きの良い子だったので何とかグラブで止めましたが、弾いてしまいボールを見失っていました。下手をすると、顔や胸に当たり怪我をしたり非常に痛い思いをするでしょう。これだけ売れているので、既にそんな経験をしている子はたくさんいるはずです。メーカーさんは儲かっても、子供たちは痛い思いをしているはずです。そんなのあり?

当たり前ですが、良い当たりはさらに良い当たりになります。しかし、普段練習している校庭が狭いと、そんな球の処理は練習できません。じゃー、工夫して練習すればいいじゃん、となりますが、そこまで、リキ入れる必要があるのでしょうか?

また、普通なら打ち取った内野ゴロでも、微妙に球速が死んで取りづらいゴロになってしまいます。うちのチームは、これに何度かやられました。

ちなみに相手チームのキャッチャーは、バッターがビヨンドを使っているかどうかを確認し野手に指示していました。

#うちの地区のスポ少では使用禁止になっています。←良いことです。

大人が楽しむ草野球で高性能バットを売ることに反論はありませんが、小学生にマーケットを広げたメーカーさん幹部の人たちの良識を疑います。値段の点でも安全性の点でも、非常に疑問です。

ここのブログを訪れる親御さんはかなり熱心な方が多いと思うので、私の意見は大げさすぎると感じるかもしれませんが、環境的に土日だけしか野球をしない子供のことを考えると、大きな事故にならないうちにメーカーさんは対応したほうが良いと思いますがどうでしょう。
Posted by トリトン at 2005年09月06日 11:55
個人的に持っている子供は数人いるようなんですが、我がチームはビヨンド誰も使っていません。
他のチームは使っていますし、禁止の話は聞いていません。
我がチームは、「出来る限りお金かけないようにして、野球する子供を増やしましょう。」という方針で、ユニホームも綿の安い物だし帽子も支給です。なので、皆が持ってない新しいものをチームに持ってくるのを遠慮する空気がありますね。
バッティンググローブもしかりなんです・・・
確かに、どんな道具でも野球は楽しめますから。
それとうちのレベルなら、「ボールに当たるようになってから、バットに拘れ!」って感じです。(笑)

Posted by 新米C監督 at 2005年09月06日 12:37
私も、オジサン達の草野球などお遊びで楽しむ野球ならokですがやはり、しゃがれ声の真剣な姿勢で取り組む丸刈り/真っ黒坊主達には、当てただけで勢い良く飛んじゃう道具は×だと思います。
急にじゃなくて、期限を先延ばした報告の上で序々に禁止すべきだと考えます。「使って良いよ」が有ったからこそ、「駄目」も有りでしょう。
時間制?や引き分け抽選?、外野のデットゾーン?なども親父世代には無かったもの、新しいものが必ずしも良い訳じゃなく、古き良きものには還って見直すべきです。

Posted by 一発屋 at 2005年09月06日 12:59
 ビヨンド反対派のご意見はなるほどと思いますが、ビヨンド等の「飛びバット」は、誰もがその効果を得られるものではない事を忘れていませんか?
 あのバットは、「芯」で捉えなければ効果がでません。それなりのバッティング技術を持っていないければ、芯に当てた上に鋭い打球を放つことが出来ません。
 そういうバッティング技術を持った子は、カーボン等の金属バットでも同じ様な打球を打つことができます。鋭いゴロは同じです。ただ、ビヨンドの方がライナーになった時の飛距離が若干伸びる程度。
 ビヨンドは、誰もが「飛ばせるような」、目くじらたてるような優れものじゃないのです。バッターの子が上手いから飛ぶのを忘れずに。
Posted by フルコーチ at 2005年09月06日 14:23
私、野球素人なもので、子供が今まで試合で放って来た鋭い当たりをなんだか否定しなくてはいけない様な気持にさせられておりましたが、フルコーチさんの書込みを拝見してなんだか正直ホッと致しました。
Posted by ハッシー at 2005年09月06日 15:19
うちの愚息が1年チョット使用しています。確か飛距離が6〜8%伸びるというキャッチコピーだったと思います。息子の飛距離はやっと外野に届く程度、その飛距離が仮に10%増えたところでどうってことないと思いました。しかし、いつもは野球道具に全く興味を示さず、欲しがりもしない息子が、ビヨンドの存在を知り珍しく欲しがっていたので、親ばかぶりを発揮して購入した次第です。
従って、ビヨンドに対して大きな期待もしてませんし、現に息子は飛距離は無く、鋭い当たりも飛びません。ポテンシャル通りの結果しか出ません。魔法のバットではありませんから。
でも、1年間使ったバットで想いでも詰まっているし、愛着があるバットですし、まだ使えますから使用禁止になったら悲しいですね。
バッティング技術の向上に問題ありということは、皆さんからのアドバイスで知りました。その点私は結構気にしています。しかし、チームでレギュラーボーダーラインの息子は、練習でも試合でも、1本でもヒットを多く打たないとならない選手なので、現在を重視しています。内野安打が結構多いのはビヨンドのおかげだと思っています。バントも気持ち的にやり易いのではないでしょうか?我が家が小細工のためのビヨンドです。
Posted by 星 十徹 at 2005年09月06日 18:24
皆さんご意見 ありがとうございます。

ビヨンドに関する私の考え方は、
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/2815964.html

で述べておりますので参照してください。

ではこれより、個別にコメントへの返礼を書かせていただきます。
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 18:28
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

息子も木製バットの愛用者でもあります。
詰まった時のシビレ。ツボにはまった時の爽快な打感。両方を身をもって体感してます^^

育成と目先の結果、どちらを優先させるか?
うちは欲張りなので両方です(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 18:36
かにさん こんばんは。

そちらの審判部長もビヨンド反対派ですか。
こういう事は急に決めてしまいますから、
チームも対応に苦慮するんですよね。
連盟ですから統括する権限がありますが、
どこかに驕りがあるのも否定出来ません。
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 18:39
さとるさん こんばんは。

そちらの地域にも「噂」があるんですね(^^;
火の無いところに煙 とはよく言いますから、
おそらくそうした噂は真実に近いかもしれません。
ビヨンドでノックですか? 私は未体験です^^
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 18:42
寝てるゾウさんさん お久しぶりです^^

打順とポジション、スコアラーまで一緒なんて偶然ですね^^
ビヨンドに対する好み、子供によって様々ですね。
「高いから良い物」という考えばかりでは無いようです。
バットの性能も進歩し続けるでしょうね。
ですからご指摘のように、なんらかの歯止めも検討が必要かもしれません。

ただ軟式野球連盟の考え方は、「もっと得点が生まれやすい野球」 という考えもあるようですので、その辺りの詰めは必要かもしれません。
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 18:49
少年野球コーチさん こんばんは。

「打ちまくる野球」 いい響きですね〜
うちの貧打線には夢のような言葉です^^

うちは息子を含めて3人が所有してます。
でも身体が小さい子ばかりですから、
ビヨンドでも外野は後ろに下がってくれません(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 18:52
ズンドコ節さん こんばんは。

仰る通りでして、規則とはどこを基準にして決めるか? が重要でして、使わないチームを基準にされますと、使っているチームにしてみれば、いい迷惑なんですよね。
使う使わないは、色んな考えで決める事だと思いますね。
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 18:56
さんまさん こんばんは。

私が以前にどこかで聞いた話ですが、
高校野球の金属バット導入の遠因には、
用具に関する負担を少なく。というのがあったみたいです。

木製は折れやすいので、耐久性のある金属の導入が決まったみたいですね。それ以外にも理由はあるみたいですが^^
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 19:00
Xゲームさん こんばんは。

ビヨンドも個人で所有するパターンと、チームで購入する場合がありますね。

使用する判断は各々に任せられますから、それなりの考えがあるはずです。
それに対して外野が色々と言うのも、なんだか変かもしれませんね。
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 19:05
フルコーチさん ありがとうございます。

上部団体と下部組織、足並みは揃えてもらいたいですね。
そうした独自の規制は、上部団体も黙認しているのでしょうか?
なにかしらの指導があって然るべきだと思うのですが、どうなんでしょう?

それと技術の件、その通りですよね。
バットを持っているだけではヒットは出ません。
やはり相応の技が無いと、ヒットは難しいですよね。
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 19:12
トリトンさん はじめまして。コメント、ありがとうございます。

ビヨンドの打球の球足(タマアシ)は速いですね。それも驚くほど! 小学生の内野手では危険が伴うかもしれません。

私は少年用のビヨンドの発売には、真っ先に飛びついたクチです。
やはり「結果」を求めていたんだと思います。
しかし威力の程を知るにつけ、なんとなく複雑な思いもありましたね・・

「なにか間違っているかな?」 と思いつつも、その威力も捨てがたい。という気持ちが交錯してました。
メーカーもまさかここまで、少年用が普及するとは思いもよらなかったかもしれませえね。

そちらの地域では既に禁止なんですね。
やはりそうした規制が、地区によっては導入されている事を知り、うちの地区もそろそろかな? って思ってます(^^;

今後もよろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 19:23
新米C監督さん こんばんは。

そちらのチームの方針、それはそれで良い事ですね。
なるべく負担が少ないのは、皆の本心だと思います。
道具よりもまず技術。見失いがちですが、これが原点ですよね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 19:26
一発屋さん こんばんは。

ビヨンドのスタートは大人の軟式野球でしたね。
それが中学生に広まり、少年用の発売と進んでいく。
あれだけ売れた商品ですから、やはりニーズも多くあったという事ですよね。
「遠くへ飛ばしたい」という願いは、大人も子供も同じだと思いますが、そこにたどり着く過程が問題なんでしょうね。
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 19:30
ハッシーさん こんばんは。

ビヨンドで打ったヒットだからといって、引け目を感じる事はありませんよ!
どんなバットだろうが、ヒットはヒットです!^^
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 19:32
十徹さん こんばんは。

性能の善し悪しではなく、現に使用している選手には、そのバットに対する愛着はありますよね^^
極端な事を言うと、子供が欲しい。と思った物を与える事によって、モチベーションが上がるなら、それも安いものですよね。
「甘い」と思われるかもしれませんが、私はそういう考えです。

ター君も今は飛距離が無いかもしれませんが、来年はわかりませんよ^^ ガンガン遠くへ運ぶかもしれません!

私も道具と割り切るなら、ビヨンドは魅力あるバットだと思います。ですから昨年も今年も購入しました。
ただ皆さんのコメントにもありますように、考えなければならない部分も多いですし、捉え方はまちまちですね。

でもトリトンさんが指摘されたように、あの強烈な打球と対峙する内野手は大変でしょうね^^
Posted by ドラ夫 at 2005年09月06日 20:02
ビヨン@のM社の担当に聞いた話ですが。
そもそも飛ぶバット・飛ぶボールを開発するにいたったのは連盟の要請をメーカーが受けてのこと。
ハイレベルの軟式の試合では1-0のような試合が多く、ゲームの幅を広げる為その一環として。

野球でプロを、という方は早くから硬式に切り替えたほうがよい時代かもしれませんね。
Posted by とある大型SP店販売員 at 2005年09月24日 12:59
ビヨン@のM社の担当に聞いた話ですが。
そもそも飛ぶバット・飛ぶボールを開発するにいたったのは連盟の要請をメーカーが受けてのこと。
ハイレベルの軟式の試合では1-0のような試合が多く、ゲームの幅を広げる為その一環として。

野球でプロを、という方は早くから硬式に切り替えたほうがよい時代かもしれませんね。
Posted by とある大型SP店販売員 at 2005年09月24日 13:01
とある大型SP店販売員さん コメントありがとうございます。

ご指摘の件、私も何かの雑誌で読んだ事があります。
総元締めのJ.S.B.Bが認めているんですから、下部連盟も配慮が欲しいところですね。
「ボールを飛ばす」という観点ですと、軟球と硬球は似て非なる物のようですね。

今後もよろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2005年09月24日 22:20
Posted by at 2006年02月19日 16:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ビヨンドは使用禁止?
Excerpt: ビヨンドMAXに代表される高機能バットの使用について、ドラ夫さんのブログで議論を
Weblog: 熱狂!パワフル少年野球
Tracked: 2005-09-06 18:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。