2005年06月28日

息子の進路

今日から期末テスト前となり、中学の部活は行われない。

うちの学校は中間テストは無く、1年生のゲンジは初めての期末テストだ。
野球には父子揃って熱心だが、こと勉強となるとテンションは下がる・・

中3の姉は学業も優秀のようで、妻も満足げ。
しかしゲンジは姉のレベルからは幾らか落ちる。
妻も必然的に勉強には口を挟みがちだ。

学業も当然大事なのだが、野球もより一層レベルアップを図りたい。
両立を目指すのもなかなか大変のようだ。

そろそろ高校進学の事も視野に入れなければならない。
高校でも野球を続けてほしいのだが、選択の範囲も広く悩みどころ。

ドラ夫の希望はある程度野球に実績のある私立に行かせたいのが本音。
近隣には幾つか該当する学校がある。

ところが妻の希望は公立の進学校。これを適えるには相応の学力も必要だが、
野球に関しては多くを望めない。

夫婦で希望に違いがあり、勉強に対する考え方にも温度差がある。
最終的には本人が決めるだろうが、まだ具体的には決めていない感じ。

これからはこうした問題での話し合いも増えそうだ。
取り敢えずは目前のテストを頑張ってもらいたい。


posted by ドラ夫 at 21:57| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私のところでは、ブログでそう名乗っているとおり、勉強と野球の両立を目指しております。
勉強の方がどれほどの成果を出せるかはなかなか難しいところですが、自分の進路の夢があるそうですので、「それをかなえるために必要なことに対してがんばれ!」という形で励ましております。

うちの地元からはじめてプロに進んだ横浜の染田選手と同じ高校に行きたいみたいです。

期末試験の初日が終わって若干渋い顔をしておりましたが、気を取り直してがんばってもらいたいです。

Posted by 文球 at 2005年06月28日 23:32
ウチも来週月、火が期末試験のため、昨日から部活無しになりました。
中間は思いの外良かったから試験をなめてるのか、今日はのんきにロンドンハーツを奥さんと一緒に見てたらしいです。と言うか奥さんものんきすぎです。

女性は大概現実的だから野球より勉強を優先させるみたいですね。ドラ夫さんの家の様に。
ウチの様にのんきな方が特殊なんでしょう。
俺にしても、息子のチームメイトが早実目指して猛勉強しているように、志望校に入るために必要な程度は勉強はしなきゃいけないだろう、ぐらいのスタンスなのがいけないのかもしれませんが。
Posted by かに at 2005年06月29日 03:25
進路問題はその後の人生を左右するかもしれませんので重要ですよね。
テスト勉強中は自宅練習も中止なんですか?
Posted by にゃんこ先生 at 2005年06月29日 09:00
学業と野球、どちらも大切な問題ですよね。
うちのkooはまだ5年生なので、具体的なことは本人もわかっていませんが、中学になっても野球を続けると言ってるので、両立出来るか心配です。
中学に入ると高校や大学受験はまだ先でも期末などの一回一回が大切ですものね。
学業をおろそかにすると選択肢が狭くなるので、野球の為と思ってゲンジくんには頑張って欲しいです。
Posted by fuu at 2005年06月29日 10:51
確かに学業もスポーツもがんばって欲しいですね.
それこそ勉強しないでもスポーツ特待で高校大学と進みプロや社会人で活躍できる一部のすごい人は別でしょうが・・そういう人たちでも高校や大学で肩を壊したりしてドロップアウトするとつぶしがきかないですからね.やっぱり選択肢を広げるという意味では勉強もできないとね.
“進学校を自分の力で甲子園に”っていうのはかっこいいですよ
Posted by わたぼー at 2005年06月29日 15:55
ドラ夫さん、一つお尋ねします。
ズバリ、ゲンジ君には甲子園を目指させるつもりですか?
Posted by パームボール at 2005年06月29日 17:52
文球さん こんばんは。
うちの息子はまだ小学生のような感覚でして、
「将来」という事には漠然とした感じなんですよ。
野球の絡みも含めて、見通しは全然ですね^^
「文球両道」改めて良い言葉だと思います。





かにさん こんばんは。
今朝も少し説教しました。
昨夜、息子の部屋を覗いたら、勉強どころか隠れてTVゲームしてましたよ。
危機感がまるでありません。今は説教が効いたのか、黙々と机に向かってます^^
Posted by ドラ夫 at 2005年06月29日 18:18
にゃんこ先生 こんばんは。
テスト勉強中でも自宅練習は継続してます。
内容と時間は緩めですが、今は伸びる時期ですし、
身体を動かすのも勉強の息抜きになると思いまして、
本人の希望もあって練習してますよ。





fuu さん こんばんは。
koo君も中学では野球を続けると言ってますか^^
それはなによりです。 両立は口で言うほど簡単ではないかもしれません。
まぁ野球に限らずどのスポーツでもそうでしょうが、
中学生活を有意義に過ごすのも将来の為になりますよね。
Posted by ドラ夫 at 2005年06月29日 18:26
わたぼーさん こんばんは。
私の理想は、高校入学時は特待で。
というのが理想なんですよ(^^;
勿論、それを叶えるのは現状ではとても無理だと思ってます。
ですから尚更、野球をもっと磨きをかけたいのですがね。
しかし親がでしゃばりすぎるのも子供の負担になりますので、
あまりプレッシャーはかけていません。 難しい問題です。






パームボールさん こんばんは。
私は勿論、息子には甲子園への夢は持ち続けてほしいと願ってます。
ただ今の実力ですと、野球の名門校に入ってもレギュラーはおろか、3年間でベンチ入りすら無理でしょう。
この辺りを息子がどう考えているか? が焦点ですね。
Posted by ドラ夫 at 2005年06月29日 18:42
ドラ夫さん。こんばんは。
最初は息子には「文武両道」を説いていたのですが、ちょうど赤星選手のRedStarBaseball Clubのモットーが「文球両道」でしたので使わせてもらっています。

RedStarのトライアウトは残念ながらというかやっぱりというか一次で落ちちゃいましたけどね....

息子は大きな故障でもしない限り、ずっと野球していたいようなので、その夢をつかむには何をすべきか、自分で考えなさいといっております。

といっても相手は子供、いつも練習や勉強をきっちりできるわけはありません。
こちらもそんなことでお前の夢は大丈夫か?と言う程度で止めております。

野球のことも自分のことも、自分で考える癖をつけるのが一番大事かなと思ってます。
Posted by 文球 at 2005年06月29日 21:08
ゲンジ君と同い年、元野球少年の愚息は今日から期末試験です。
ところが、試験範囲を間違えて日曜日は全然関係ないところを勉強してました。
おかげでゆうべはほとんど徹夜。
野球と同じで要領悪いオオバカタレです。
Posted by Skyboys at 2005年06月29日 22:42
文球 さん コメントありがとうございます。
うちの息子は悪い言い方をすると、「親のいいなり」です。
自分で考えて行動する癖がついてません。
だから将来についても無頓着なんです。
親離れは案外、まだ先になるかもしれません^^






Skyboys さん こんばんは。
それは大変でしたね^^ 一夜漬けの成果はどうでしたか?
息子は夕飯後は1時間くらいしか勉強しませんでした。
テストを完全に舐めてますね。こちらもオオタワケですよ^^

Posted by ドラ夫 at 2005年06月29日 23:03
コメントへのお返事ありがとうございます.
やはりドラ夫さんは
ゲンジ君を甲子園を目指すチームに特待で
入れるつもりなんですね.
中1からこの活躍ですから全然現実味の
ある話だと思います.
がんばってください.

でもそのために勉強はいいから野球の練習を
というのはやめてくださいね.

最初のコメントに書いた
“進学校を自分の力で甲子園に”
もですが
“進学校に行ける成績だけど,
野球で特待で選ばれたからそっちに行く”
と言うのもかっこいいですよ・・・

生意気なこと書いてすみません.



Posted by わたぼー at 2005年06月30日 18:12
わたぼーさん こんばんは。

生意気なんて とんでもないです。
良いお言葉を頂戴して嬉しく思ってます。
もとより学業をおろそかにさせるつもりはありません。
「文球両道」ですよね^^
野球強豪校は今のゲンジではまだ無理ですね。
その為には全ての部分でレベルアップしないと!

ところで息子さんのソフトボール、その後はいかがですか?^^
Posted by ドラ夫 at 2005年06月30日 18:37
ドラ夫さん
何度も丁寧なお返事ありがとうございます.
うちの子は・・・相変わらずへたくそです(笑&涙)
最初は何でできないんだと強く言って
しまってましたが,ドラ夫さんのプログや
他の方々のプログを参考に,
あんまりプレッシャーをかけないように
野球(ソフトボール)を嫌いにならないように
厳しい指導はしないようにしています.

まだまだ3-4年生より下手くそな5年生ですが,
始めたころよりはうまくなっています.
小学校で試合に出るのは無理でも,中学校や高校で
野球かなにかスポーツを続けてくれたらなあと思います.


でも月曜日に学校でひどい捻挫をして
今週は早朝練習ができず,親父は
ストレスたまりまくりです.

土日の練習も走るのは無理そうですが,
球ひろいでもできることをやりに行かせたいのですが
(6/29のアピールじゃあないですが)
強くは言わず,本人に行くかどうか決めさせます.
Posted by わたぼー at 2005年07月01日 10:18
わたぼーさん ありがとうございます。

>始めたころよりはうまくなっています

いいじゃないですか! その調子ですよ^^
しかし捻挫ですか・・ 息子も昨年、秋に捻挫をしました。
運良く次の試合までには回復しましたが、親が焦りますと子供まで焦りますので、無理をしないようにしてくださいね。
Posted by ドラ夫 at 2005年07月01日 10:52
中3の息子も今大会が終われば受験生です。
(今日の1回戦プレイボール寸前の雷雨で延期です)
今の所、学年上位を維持していますし行きたい高校もほぼ決まっています。
公立の進学校ですが野球も県でベスト16くらいには必ず残る所ですので3年間控えだと思いますが本人は先生になって野球部の顧問になりたいと言っていますので勉強に対しても頑張っているようです。
Posted by 背番27 at 2005年07月01日 17:49
背番27さん いつもありがとうございます。
試合が中止になり残念でしたね。
土曜日に延期でしょうか? また結果を教えてください^^

勉強も優秀のようで立派ですね。それに将来について明確な目標をお持ちなのも頼もしいです。
その公立校で是非、甲子園を目指してほしいですよ!
Posted by ドラ夫 at 2005年07月01日 21:06
こんばんわ。今日ネット検索していてこちらのHPを発見して食いいるように拝見してました(が!まだとても全部は読みきれておりませんが)
我が家は6年生の息子が球児で週三ペースで練習試合など頑張っておりますが、父親が元プロ選手ということで、どこか覚めているというのか?プロに入れる奴は入れる入れない奴は入れない、名門にいてもつぶされることがあるし、田舎の無名学校からでも立派にプロ入りしている奴はいる、だからあまり親が過剰にならぬように人生の波にまかせ、良き指導者、良き仲間、そして運がめぐってくるのを待つというか、それらの何が抜けてもプロにはなれんよ、そんな甘い世界ではない!と毎回シビアというのか子供を突き放し系というのか、それこそ文武両道タイプで、皆様のレスを拝見していたら、私の方が父親化している?と思ってしまったのと同時にみなさん熱心で羨ましいと思いました。旦那に言われた事に納得がいかず現役選手で活躍している方にも何人かに聞きましたが、やはりみな同じ事を言います。今のチーム状態は正直、前の打者が出塁しても息子がヒットを打たない限り得点にはつながらない弱小チームなんで(涙)中高では名門のレベルが高い所でプレーさせてやりたいと思いますが、息子は両親が違う意見なんで若干戸惑いがあるようです。また皆様の意見を参考にさせていただきながら残りの小学校生活につなげたいとおもいます。初投稿で長々とすみません。
Posted by れみ at 2006年05月23日 01:52
れみさん はじめまして。コメントありがとうございます。

息子さんの考え方や想う事、私も以前にこのブログ内で記事投稿しました。
「どうしても超えられないもの」 というエントリー。
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/11590561.html

多くの皆様からご意見を頂戴しましたので、是非とも目を通してみてください。

現実主義で物事を捉える事も大事ですが、それでも夢や目標に向う姿勢も欲しいですよね。
プロ選手というのは野球少年から見れば、最高峰の目標でしょう。いい加減な気持ちではとても達成出来ませんし。

ご主人が元プロとの事、私からすると相当恵まれた環境ですよ^^ でもそれが息子さんのプレッシャーの要因であるのも理解出来ます。
これは本当に難しい問題ですが、これからも息子さんとよくお話をなされ、良い方向へ導いてあげてください。

今後もよろしければまたご意見をお寄せください。
よろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2006年05月23日 20:27
ドラ夫さんレスありがとうございます。
今日は交流戦を息子と観戦して少しだけ野球や将来について話ました。
↑をじっくり読ませていただき参考にさせていただきますね。またきます、、、。
Posted by れみ at 2006年05月24日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。