2005年06月16日

周囲の雑音

前回の続きです。

2002年8月

入団から1年半以上に渡っての「ノーヒット」のトンネルを抜けた息子ゲンジ。
しかも2試合で3本塁打を含む、7打数7安打のオマケ付き。

紆余屈折を経て、ようやく結果を伴う事が出来た。
何もせずに出した結果ではなく、夕方の自宅練習があったればこその結果だと思う。
それに費やした苦労も報われた感があったが、まだ2試合で活躍しただけ。

この結果がマグレと思われないためにも、気持ちを緩めないよう、気を引き締める。
ゲンジも自分なりに自信を持ったようで、表情も明るく練習意欲も向上した。
「頑張れば出来る!」 という事が判ったようで、これが教育的観点から見ても
一番の収穫だった。

親子で次の目標に向かって進みだした2002年8月。
それに水を差すような話が耳に入る・・

5年生の保護者数人が、選手起用を巡って不穏な動きを見せはじめた。
5年主体の選手起用を唱えて水面下で根回しをし、賛同者を募るような動きだ。

この時の監督は色んな選手にチャンスを与えるやり方。
絶対的不動のレギュラーは5人程で、残りは毎回メンバーが違う。
入ったばかりの3年生は別にして、残った4・5年生が残りのポジションを争う形。

今回タマタマ4年生のゲンジが結果を出した事に危機を感じたのか、
なんともやりきれない気持ちだ。
それには、ゲンジの5番起用の件も不満らしく、親バカ丸出しの実に情けない
感情も入っている。

こちらとしては、あれだけの結果を残して文句を言われてはたまらない。
選手同士が競い合い、互いに向上していくのが理想なのに、
親のエゴもここまでくると尋常ではない。

しかも試合に全く出れないのならともかく、場合によってはそれらの子が
スタメンの時もあるし、ベンチスタートの時も途中出場があるのだ。
ただ単に、「スタメンでなければ不満」 という考えはいかがなものか?

それらの子も前年まではゲンジよりはるかに実力は勝っていた。
それが何故、その差が縮まったのか? 前述の親達はそれが判っていない。
やる事をやらないで、不平を言うのは見苦しい。

ドラ夫もたった一度の活躍で、ゲンジがスタメン確保とは思っていない。
これを足掛かりにして結果を出し続ければ、元々守備は及第点だから、
スタメン定着に一歩近づくとは思っていたが。

この一連の騒動で、一人の5年生が退団した・・
レフトのポジションを争っていた子で、親が強制的に辞めさせた形。
これにはチームにも衝撃が走った。

そして次の試合。スタメン発表にゲンジの名前は無かった。

続きは後日。




この記事へのコメント
こんばんは。
う〜ん‥どこのチームにも同じような悩みがあるものですね‥。たしかに「ウチの子の活躍がみたい」「同じレベルならウチの子」みたいな親の気持ちはわからなくもないですが‥でも、ですよね。

我がチームのご存知の通り、エースの子の件で、母親を中心にカナリ内部でギクシャクしています。エースの子は5年生。6年生の子の親からしたらおもしろくないんですよね。小学生最後の年に下級生の子のおかげで勝てる試合を落としていたら。「だったらウチの子(6年生)が投げたってイイじゃない」みたいな感じになるわけです。

ドラ夫さんところの「雑音」はどのように解消されたのでしょう?とても続きが気になります。
Posted by 寝てるゾウさん at 2005年06月17日 01:09
おはようございます。
息子も4年でレギュラー戦投げてましたから、負けたりすると随分仲間(同学年・控え組)に6年が投げてればとか言われてたみたいで、落ち込んでいた時ありましたね。
一時、野球止めたいまで行っちゃって監督に随分心配させました。
Posted by つよし at 2005年06月17日 08:07
イヤな話ですね・・ どうして自分勝手な親がしゃしゃり出るのかな。
そりゃ誰でも自分の子の活躍を期待しますよ。
でも、全く出場がない訳でもないのに、わがままですね・・
Posted by にゃんこ先生 at 2005年06月17日 09:08
初コメントです.
今春5年生になった息子がソフトボールですがスポ少に入ったのですが,これまでろくにキャッチボールの相手もしてやってなかったせいかあまりにも下手くそで,2人でキャッチボールやノック,バッティング練習など毎朝やっています.ドラ夫さんのブログは練習方法などとても参考にさせていただいています.私も同じような親ばかですのでうんうんとうなずいたり,
親の方が必死になってしまいうので,あーこれ私もやってしまうなおさないと・・・と反省したりです.
うちのスポ少は6年生だけ10人以上いるので試合はほぼ6年生だけがでる状態でしたので,1年かけてゆっくりうまくなれば・・・と思っていたら,7月末には2チーム出せる大会があるので,5年生以下でもう1チーム作るそうです.Aチームの監督は6年生優先で試合に出しているのですが,Bチームの監督(になるコーチ)は学年は関係なく実力主義でやると言っています.5年生7人4年生3人なのですがうちの子は4年生より下手ですし,この間の試合のための練習ではBチームのレギュラー組みは守備について,控え組は走塁という練習でうちの子だけ唯一5年生で控え組に入ってしまいました.試合にまったく出れないままじゃないかと焦っています.さすがに自分も練習の手伝いをしてるので,実力もわかりますし,監督にうちの子出してあげてとは言えませんが,“学年上の子は出してくれよー”という気持ちはとてもわかります.
うちの子も実力で試合に出られるようにゲンジ君みたいにうまくなって欲しいなあと願うばかりです.
Posted by わたぼー at 2005年06月17日 09:22
おはようございます。親の我儘、うちでも少なからずあります。傍で聞いていると呆れる位に無知な事を人前で平気で喋っています。そんな家の子供に限って、練習は手を抜いているんですよね。
Posted by トンチンカン at 2005年06月17日 09:23
ざいま〜す
解ります まぁ どこにもある問題ですネ
我が家のチビも 小2(新人戦)から前監督〜セカンドで出され、色々言われました。
先頃 6年生のキャプテンが心許無くてチビ(小4)を副キャプテンに追加指名しましたが、今の所 何も耳に入って来ません。(牧羊犬は2匹必要^^ですね)

つよしサン所も何か変な感じに成って来ましたね、私も気に成ります。
こちらは、顧問を無視した 倶楽部指導者の憂さ晴らし?なのか 暫くは、陸上部並みの ランニング主体の部活動が強要されるんだそうな・・・
Posted by ぶったたけ! at 2005年06月17日 10:02
同じような実力なら、上の学年の子を優先してもいいですけど、
力量が伴わないのに、ただ「学年が上だから」の理由はあまり感心しませんね。

一番いけないのは、努力をしている子に全くチャンスを与えない指導者です。
これでは選手も親もやる気を無くします。
Posted by Xゲーム at 2005年06月17日 11:15
難しい問題ですね。
うちのkooは、決して上手い方じゃないのですが、試合に出たいという気持ちで努力しようとしてる気持ちがわかるだけに、来年6年になったとき出られなかったら年功序列を唱ってしまう私がいるかも?って自信がないです(汗)
でも、ゲンジくんが私の息子ならドラ夫さんと同じように感じるでしょう。
勝手なんですけど、立場が違ったら感じ方は違ってきますよね。ただ言えることは、皆、自分の子が・・・ってのは、多かれ少なかれあります。
子供のためにも、大人達が冷静であり、監督の考え方に口を出しちゃー駄目ですよね。
だから、親達がおのおの思うのは勝手ですが、
今回のように監督に根回ししたりするのは、どーかと思います。
ゲンジくん、頑張れー!!こんなことに負けないで!
と応援したくなりますね。
Posted by fuu at 2005年06月17日 11:36
 チームを掻き乱す親はどこにでもいるもんですね。幸い当球団のスタンスは、「ゴチャゴチャ言うなら、お前が指導者、監督になれ!」ですので、表だっての批判は出てきません。それと指導者仲間同士で、「スタメン起用にクレーム入れたかったら、練習も毎回見に来い。」と、地元の居酒屋で盛り上がっているのが伝わっているのかな? (^_^;)
Posted by フルコーチ at 2005年06月17日 11:37
>それらの子も前年まではゲンジよりはるかに実力は勝っていた。
それが何故、その差が縮まったのか? 前述の親達はそれが判っていない。
やる事をやらないで、不平を言うのは見苦しい。



はい。その通りです。仰る通りです。
Posted by at 2005年06月17日 12:26
寝てるゾウさんさん こんばんは。
うちはこの時は黙って成り行きを見守りました。
外部の雑音に自らが介入しますと、またあらぬ噂が
出るのがイヤでしたし、息子もこの時はまだ実力的にも
威張れる立場ではなかったですしね。
ただ監督はそれなりに悩まれた事と思います。






つよしさん こんばんは。
4年生でレギュラーチームの投手ですか!
それはスゴイですね! しかし言い方は悪いですけど、
息子さんは同じ学年の控えの子から嫉まれてしまったんですね・・
監督さんのフォローで乗り越えられたみたいですが、良かったですよ。
人間関係で才能を潰すのは惜しいですから。






にゃんこ先生  こんばんは。
そうなんですよ。試合にはよく起用されている子の親なんですよ。
それが今度は「スタメン」とか「下級生を何故使う?」
みたいな不平なんです。呆れてしまいますよね・・

Posted by ドラ夫 at 2005年06月17日 20:08
わたぼーさん はじめまして。コメントありがとうございます。

今年からソフトボールチームに入団との事。
全くの経験がない状態ですから、現状はある意味で仕方がないかもしれません。
ただ、チーム練習だけで実力差を縮めるのは容易ではありません。

その点、わたぼーさん親子は朝練をされているんですよね。
これは良い事ですよ^^ 誰でも最初は下手で当たり前です。
よくありがちなのは、何の努力もしないうちに、文句ばかりを言う人がいます。
競技というのは何もせずに上達するほど甘いものではないですよね。

うちも最初は「元気に楽しく」という思いで入団しましたが、
それでは試合に出るのは無理という状態でしたので、個人練習に力を注ぎ始めたのです。
ですから、わたぼーさん親子の今の立場は、以前の私と全く同じですよ^^

息子も最初は試合などというレベルに程遠い状態でした。
それでも毎日の積み重ねで、それなりの結果を少しずつですが出せるようになりました。

息子さんはまだ5年生ですから、今年の試合に執着せず、
来年の主軸となれるよう、今後も練習を続けてください。
応援します! 頑張ってください!
Posted by ドラ夫 at 2005年06月17日 20:25
トンチンカン さん こんばんは。
いますよね、そういうお方^^
自分の子だけがメイン。という視線だけで色々言われても、
他の皆には説得力はないですよね。





ぶったたけ!さん こんばんは。
小4で副キャプテンですか! これまたスゴイですね^^
うちの息子も昨年は副キャプテンでした。
ただキャプテンの子が強烈なリーダーシップを発揮する子でしたので、
うちは名前だけの副キャプテンでしたね^^

ランニング主体の練習ですか・・ 冬場ならともかく、ある程度の実戦練習もしたいですよね。





Xゲーム さん こんばんは。
試合起用が無い。という話は度々コメント欄にも意見がありますが、
困った問題ですよね。練習試合にすら主力のみ。
という所もあるそうなので・・
意欲を持たせるのも指導者の役目だと思います。








Posted by ドラ夫 at 2005年06月17日 20:41
fuu さん こんばんは。
そうなんですよ、立場が違えば考え方も違ってくるんですよね。
6年の親と下級生の親とでは、優先させたい事も違って当然ですし。

うちの今年のチームは「年功序列気味」采配でした。
私は本音は 「息子の方が上だ」 と思いましたよ。
でもそれはそれで受け入れる事が出来ました。
入ったばかりの1年と、これまで頑張ってきた3年。
実力に相当な開きがないなら、私も3年を起用すると思いますしね^^






フルコーチさん こんばんは。
そうなんですよ! 文句を言う父兄の大半は、
運営に非協力的で、練習なんてそれこそ顔なんか出しません。
それでいて、口出しだけは大威張りですから困ったもんです・・
フルコーチさん流に言えば、「スカタン保護者」 でしょうか(^^;
Posted by ドラ夫 at 2005年06月17日 20:54
ゲンジ君とドラ夫さんの苦悩はいつまで続くのか・・・。多分どこのチームにでもある事なんでしょうね。こんな状況の中、ゲンジ君がどう成長していくのか、いつも先のお話がとっても楽しみです。

幸い、我がチームにはこの様な事はありません。今6年生が9人居ないというのもありますが、5年生以外にも4年生がAチームの試合に出て活躍するなんて事も・・・。

でも、誰も文句を言いません。理由は多分、常勝チームでなくてはならいから。そして、試合に出てる子も出ていない子も、常に全員で戦う様、監督以下、首脳陣、母集団団長が皆に教え伝えているからだと思います。それが我がチームの伝統の様です。

練習に熱心な親の子供ほど、試合に出ているような気がします。やはり、置いて帰るだけのお家の子供さんは、出場機会も少ない子が多いかな。

自分の子供の練習を見ていないと、どこを注意されていて、何が悪いのかわからないから、自主練のしようがないもの。

自分の子供の事だけしか考えられない親御さんは、個人競技や球技に力を注がれた方が良いのに・・・。

こういう人は、なんでも他人のせいなんでしょうね。
かわいそうな性格ですね。
Posted by ハッシー at 2005年06月17日 22:56
難しい問題ですよね。
私も下の息子が4年のときに監督(5年以下)をやっていましたがその時の主力が息子を含めた4年生3人でしたので5年生4人の起用には気を使いましたね。
普段の練習・試合時のベンチ内での態度等、いろいろと加味して公式戦、練習試合でオーダーを組みましたね。
私に直に意見する人はいなかったですが嫁さん(当時父母会長)の耳にはいろいろと入っていたようです。

実際に一番悩んだのはエース(4年)が崩れた後に息子をリリーフに出すタイミングでしたけど・・・・
でも負けて悔し涙を流すのもこの3人でしたけど。
Posted by 背番27 at 2005年06月18日 11:26
仕方無いんです
負けず嫌いが表に出るのは チビだけ…
他の子にも 闘魂伝承する役目です。
Posted by ぶったたけ! at 2005年06月18日 11:45
ハッシーさん こんばんは。

ハッシーさんのチームは選手への意識付けがキチンと徹底されているのですね。
「常勝」が命題でしたら、起用も「実力順」ですね。
それがチームの方針なのですから、それで良いと思います。

チームによっては「常勝」を唱えるのがおこがましい所もあります^^
うちのチームも「勝利主義」のような感じもありましたが、起用については柔軟な部分もありました。

練習を見ない親御さんの話、私も同感です。
日頃の練習を見る事なく、試合の様子だけで不平不満を並べるのは、やはり変ですよね。
他の選手の力量や、自分の子の特徴を判断するのに、
練習見学は必要だと思います。
Posted by ドラ夫 at 2005年06月18日 20:02
背番27 さん こんばんは。

監督というお立場での苦労、よく判ります。
どのような起用・采配をしても、万人がそれを受け入れるという事はないですもんね・・
必ず誰かが不満をこぼすものです。

チームの主力が下級生の場合、上の学年に気を遣うのは仕方がないというか辛いですね。
本当は上の学年の子も闘志を出して、下に負けないだけのパワーを出してくれたら1番いいのですが。







ぶったたけ!さん 
そうですね、末っ子さんは強烈な負けず嫌いですから、
適任ですよ、きっと!^^
Posted by ドラ夫 at 2005年06月18日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4406816

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。