2007年05月30日

無神経なスカタンの発言・・

つい先日、中学3年に進級したばかりですが、
いよいよ部活、クラブ共に最後の大一番を間近に控えてきました。

横浜スタジアムへの道となる、全日本の予選は4月上旬に初戦敗退。
これに次ぐもう一つ上の大会に繋がるクラブの試合と、
部活の中体連が迫ってきました。

私が年頭に掲げた目標、3つの上部大会へ繋がる大会の残り2つです。

5月に入り週末は練習試合と終日練習に明け暮れている。
また部活も朝練に放課後練習。最後の追い込みに入りました。

3年生と一部の2年生がメインとなりますので、1年生は雑用が多くなる。
これはある程度は仕方ないでしょう。どこでも似たようなものだと思います。

1年生の中にも、野球部を選んだ理由は各自で異なる。
心底から野球が好きな子。なんとなく入った子。色々でしょう。

練習や試合の日程はプリントで各家庭に配布してます。
急な変更は連絡網で伝える。配車や塁審の依頼は私の役目。
多くの協力でチーム運営は成り立っている。

この2年間、私なりに多くのスカタン保護者と遭遇してきました。
このブログでも何度か取り上げた事があります。

そして・・ やはり今年もいました。しかもかなり強力な・・
新種のスカタンと言ってもいいかもしれません。

先日顧問と今後の摺り合わせを行うため、私が放課後部活に顔を出した時の事。
ある1年生保護者が顧問と私に噛み付いてきました・・

当地は田舎なので学校管区がかなり広い。
徒歩で通学出来ない生徒も大勢います。ちなみに我が家もそうです。

今の季節は18:30まで部活。その親はクルマで子供のお迎えに来てました。
私達の姿を見るなり、つかつかと歩み寄り・・

『ねぇ先生? なんでこんな時間まで練習させるのぉ?』
『毎日毎日、絶対におかしいですよ! うちの○×ちゃん、いつも疲れて可哀想よぉ・・』


顧問は当たり障りのない返答をしました。
無難でしょう。こういうのはあまり相手にしないほうがいいかもしれない。

ところがこのスカタン、何が気に入らないのか執拗に絡んできます。
そして矛先はついに私に向けられた。

『ねぇドラ夫さん? 週末だけど、せめて半日の練習にならないかしら?』

重要大会が迫っているので、それに向けて選手・指導者が一丸になって取組んでいる。
そうしたニュアンスの事を伝えて理解を求めたが・・

『だってうちの○×ちゃんは試合に出る訳じゃないでしょ?』
『試合に出れる子だけで夕方までやったらぁ?』
『長い時間やっても、それで強くなるものでもないでしょう?』


この時点で私は平静でした。この手の親にはもう慣れている。
別に驚く事でもなく、気持ちにも余裕がありました。
作り笑顔でやんわりと相槌をうっていたのですが、次の言葉には参りました。

『ねぇ? 大人達が好きだからやってるだけでしょ? 子供は誰もそんな事は思ってないよ』
『大人達の自己満足で、子供にまで無理させちゃいけないよぉ。判る??』


全く間違っているとは思わないものの、さすがにここまで言われると・・
確かに選手間に温度差は存在する。それは私も否定しない。
だが反面、強烈に『勝ちたい!』と思っている選手も多い。

どこに基準を合わせるか? チームである以上、試合に勝つのを目標にするのは当然。
だがヌルイ練習で勝ち上がるほど、当地のレベルは低くない。
ならば練習に励むのは自然の流れ。選手・保護者・指導者もそう認識している。

そしてこのスカタンの最後の一撃は・・

『ドラ夫さん? 自分の子供の野球しか生き甲斐がないの? 
ダメだよ。もっと他に楽しみを見つけなきゃ(嘲笑)』


大きなお世話ですよね。ここまでバカにされたのは久しぶりです。
ごく一部ですが、こうした親御さんがおられるのです。

このブログをご覧の皆様には、こうした人はいないでしょうが^^

私は・・
ゲンジの野球に携わるのが一番の生き甲斐です。
笑われても構いません。本当の気持ちですから。

こうしてブログを運営しているのもその表れ。
今は多くの趣味を封印中。己の全てを息子の野球に注いでいる。

社会人としてこれでは失格かもしれない。
でもそれでもいい・・ そう自分では思っています。

ゲンジが立派に成人したら、私も新しい生き甲斐を見つけます。
それまでは・・ 子供の背中を見つめていたいです。

それにしても参りました。まさかここまで言われるとは(~_~;)
これまでのスカタンは、『我が子可愛さ』からくる嫉みがあるのが多かったですが、
今回はチームの取組みそのものに疑問を投げ掛けている。

この点で新種のスカタンかもしれません。

ブログに書いてなんだかスッキリしました(^_^)
気を取り直し、中学軟式の最終章へ突き進みます!!



この記事へのコメント
すさまじいです。。。。
それにしても、私だったら喧嘩になっていたと思います。。。
ドラ夫さんは大人ですね。
よく我慢しました。
当方にも、多少スカタンは存在しますが、なんとかならないでしょうかねぇ。。。
毎年必ず、発生しますね(笑)
Posted by おちあい at 2007年05月30日 20:30
ここまで来ると手の施しようがない「末期癌」状態のスカタンですね。しかも死なない・・・他の親に転移することだけは防がないと。
しかしよく辛抱されましたね。大人の対応、見事です。まだまだ血が逆流する僕ですと、何を言い返すかわかりません。スカタンとの対決時には、ドラ夫さんの対応を思い出して、冷静さを失わないように心掛けます。
Posted by まっちゃき at 2007年05月30日 21:19
いやー、すさまじい。
この人は息子が小学生の頃からこうだったんですかね。恐れ入りました。

ドラ夫さんがすっきりとしていて、ある種達観しているような書きっぷりだから、比較的落ち着いて読めましたが。

ウチだったら前半の練習時間の話だけで、「じゃあ辞めて頂いて結構です」って事になっちゃいそうです。
部活の場合はそうもいかないですよね。

後半部分は・・・それこそ余計なお世話ですよね。その人が言うほどの趣味があるんだか。
きっと息子が小学生時代に野球を応援する楽しさを感じる事が出来なかったんでしょうね。可哀相な人ですね。
Posted by かに at 2007年05月30日 21:19
凄過ぎます。信じられません。
私だったらどうぞお引き取りくださいって感じです。もっとも所属している子どもが可哀想ですが。
Posted by Fastballer at 2007年05月30日 21:53
ドラ夫さん、これってきっとホモサピエンスではなく、新種の動物だと思います。学会で発表しましょう(笑)。

と、冗談はさておき、先生やチーム指導者の前で、自分の息子、しかも中学生を「○×ちゃん」って呼ぶのが、正に、スカタンって感じです。こんな母親、ドラマやマンガの世界だけに留めて欲しいですねぇ。
Posted by PAT at 2007年05月30日 21:57
つい最近私も別件でスカタンに遭遇したので、「あぁ、スカタンはどこにでも棲息してるんだなぁ。。。」と納得しました^^; 他人の事を平気でけなす人間が多いのは何故でしょうか。少なくとも野球をやっていた人には、こういう人はいないと思います。なぜならチームメートに感謝し、相手チームにも感謝し、野球ができる事に感謝するからです。その親も、子供が野球をやらせてもらえる事に感謝しなけりゃいけないのに、気づかないばかりか、ドラ夫さんに文句を言うとは、おめでたい限りです。でも、そのお子さんが野球をやってくれれば、負の連鎖は防げそうですね^^ いやその子が親を再教育するかもしれませんね^^;
Posted by winning shot at 2007年05月30日 23:38
ご無沙汰してます。
これはもう・・ スカタンと呼ぶには手ぬるいですね。
こんな親もいるんですね〜 勉強になりました(笑)
Posted by 月影のオヤジ at 2007年05月31日 07:01
私も色んな趣味を犠牲にしているかな、と言っても息子達の応援している方が楽しいから全く気にしていませんけどね。
OXちゃんがどう考えているか分かりませんがこういう親はチーム競技を選んじゃいけないと思います。
Posted by 背番27 at 2007年05月31日 08:06
発言内容もさることながら、ホントに自分の息子のこと「○×ちゃん」って呼ぶんですか?
こんな親に会ってみたい。(笑)

>長い時間やっても、それで強くなるものでもないでしょう?
ちょっとドッキリしましたけど・・・

Posted by 少年野球コーチ at 2007年05月31日 08:47
ここまでくると笑っちゃいますねぇ〜。
そう言う人に限って○×ちゃんだけが生きがいだったりしそうぅ。。。。。。。
しかし最後の言葉は頭に来ますね!!
私はまだこう言ったスカタンにはお目にかかってないのですが、ある意味楽しみになって来ましたぁ。。。。
Posted by ヨウボン at 2007年05月31日 09:01
こうした親の子が成長してスカタン親になり、そのまた子供がスカタンになる。
この連鎖はいつまで続くのでしょうか^^;

この○×ちゃんって男ですよね?
中学生にもなったら、自分のことを人前(自分がいないところでも)で○×ちゃんって言うのやめて欲しいとか言わないのでしょうか?恥ずかしくないのかな?

それにしてもこういう親子って、何がしたくて、何を求めて、野球をやっているんでしょうかね?そこが一番分からないところです。

ドラ夫さん。
私も、子供の野球が生活の大部分を占めるようになり、生き甲斐になってますよ〜^^
Posted by とんぼ at 2007年05月31日 09:10
「子供の野球以外に楽しみ見つけなきゃ」というのは私にとっては、まさに価値観の違いです。私(転勤のあるサラリーマン)にとって地域との関わりを持つ事ってあまり無いんですよね。男性って営業の方でも以外にシャイで奥さん達のように友達作りがうまくなくヘタな感じします。私もその一人。だからスカタンさんの「大人が楽しんじゃって」的発言は、ちょっと痛い所突かれてますけど・・・。でも、うちの子だけじゃなく、チームのために一生懸命トンボ、球拾いしてるんですけど。スカタンさんの子供さんは、親がこのような意見学校や、コーチに言っているのを知ったらイヤじゃないでしょうか?ちょっと気になりますね。
Posted by DAN at 2007年05月31日 09:27
我がチームでも陰から似たような声は聞こえてきます。勝った時の笑顔、負けた時の落ち込んだ顔。それを見た事ない人やそこから何も感じない人には、何を言っても無駄でしょうね。勝つ事の難しさとそのために努力することの必要がどの世界にも通じる一番の教育なのに。子供の野球が生甲斐 多いに結構。我流でダラダラと小中プレーし、高校に行って1から指導を受け「小中学にもっとしっかりやっていたら」と悔やんだ私は、今は自他共に認める野球親ばかです。
Posted by 初心者コーチ at 2007年05月31日 09:52
彼女に友達はいないだろうな・・・。
頼むから目の前から消えてくれ!
Posted by ハッシー at 2007年05月31日 09:58
この、他人を批判して自分を正当化させる手法は断固拒否です。

中学校での生活は高校進学への準備くらいしか考えてないのでしょうね。

○×チャンが中学校生活を楽しめるか心配です。

○×チャンが親離れしたら「息子が冷たい」と嘆くんでしょうね^^
Posted by 背番号29 at 2007年05月31日 10:06
居ます居ます!うちのチームにも未確認生命体^_^;一般常識で話をしても通じない、まともに話し合いの成立する生物じゃないって事を最近発見しました。どう対処するか…?ベストは『放置』する。でも、そういう訳にもいかないのが悩ましい所……だってキャプテンの親だし…
それにしても、人の生き甲斐の事にまで口出して、いらん世話ですよね!

スカタンもここまでくると『厄介病』先日の役員会で、言ってやりました。「私は医者じゃないので治せません!」って^_^;手の施しようが無いんです…(*_*;哀れな人達です
Posted by hitomi at 2007年05月31日 10:06
 >自分の子供の野球しか生き甲斐が無いの?

 …こんなセリフを目の前で言われたら…。
「それが悪いっつ〜の!?
少なくともあんたに迷惑はかかってないでしょうが!(-_-メ)」

 とか言って、手が出てるかも…。

 現時点では、週末に選手たちと一緒に汗を流すのが
私の生き甲斐かな〜。
それを卒業したら、また新しい生き甲斐が待っている…ような気がします。
Posted by でぃあ at 2007年05月31日 10:08
ドラ夫さん、まだまだ経験が浅くて!? 青いですねぇ〜
 僕ちゃん呼ばわりタイプの親=コノ手は、褒めて煽てりゃEんですよ ^^
  煽て難いでしょうから...子供の 何かをね...で、それとなく差し入れを促すんです
   上手く料理すれば、掌返した協力者と変貌しますよ
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2007年05月31日 10:10
私は‥ 野球にかけるドラ夫さんの情熱が好きです。
Posted by たえこ at 2007年05月31日 10:30
今のゲンジ君があるのは、確かにゲンジ君自身の努力によるものが大きいと思います。
でもドラ夫さんの存在が彼をここまで導いたのでは?
ブログ初期からの読者として、それは常に感じてます。
Posted by にゃんこ先生 at 2007年05月31日 10:50
こういう人は何故か必ずいるんですよね^^;
困ったものですけど、子供達には責任がないので
ドラ夫さんの対応は見事ですね
これからも応援してますので頑張ってください
Posted by yuuma at 2007年05月31日 10:51
私はコレぐらいでは驚きませんよ(笑)。
当方のスカタンはドロドロですから!
でも最後の言葉はドキッとしました。
息子の野球が終わった後、如何しましょうか?
トランク一杯の自主トレグッズ・・・。
チョッと寂しくなりますね。
Posted by つよし at 2007年05月31日 11:56
確かに新種ですね。在来種なら免疫があったドラ夫さんも、さすがに新型のスカタンの戯言には驚かれたのでは?(;^_^A
生き甲斐、多いに結構じゃないですか。何がいけないんでしょう? 失礼な人ですね。
Posted by パームボール at 2007年05月31日 12:50
ご無沙汰しております。
長男はシニアに進みましたが、学童のチームメイト数人は中学で野球部に進みました。
先日学校で教頭、顧問、コーチ、父兄で練習時間等々の話をしたら同じようなスカタン父母がいて参ったって同級生父兄から泣きの話を聞かされました。
かにさんと同じで可哀想な人と思います。
ドラ夫サン負けじとがんばってください。
Posted by RK at 2007年05月31日 13:23
温度差があることをご認識なのであれば、いっそのこと、主力とそれ以外でチームなりを分ける訳にはいかないのでしょうか(温度差の最も大きいところは、この区分でしょう)。
ドラ夫さんが記載されているように、主力以外は雑用が多くなる(=あまり練習にならない)ということであれば、こう言った話しはまだまだ出てくるでしょう(スカタン親に限らず)。
そもそも雑用くらいは下級生にやらせるよりは、むしろ主力組にやらせるくらいの方がうまく行くと思います(「試合に出られるのだから、それくらいは進んでやれ」と)。
Posted by 龍馬父 at 2007年05月31日 15:18
 このスカタンかあちゃんは、「うちの○×ちゃん」の心配よりも、毎度、車に迎えに行かなければならないめんどくささで言っているようにしか思えませんね。
 この「○×ちゃん」に、とっとと帰ってもらったらどうですかね? 練習最後まで続けたかったら親に文句言わせるなと。
うちの中学部も、それまでの半日練習から一日練習に変更なった時、いっぱいクレームが出ましたが、「目一杯野球をやりたい子のために練習をしているので、やりたくない子は無理する必要は無い。勉強する時間が無いとか、疲れて何もできないと言うのは、本人の問題なのでチームは関係ありません。」と、突っぱねて結果を出しました。
Posted by フルコーチ at 2007年05月31日 15:20
こういった保護者は囲っておきましょう!自分の息子ちゃんが主力になった時には絶対に役に立つときが来ますって!
Posted by とうさん at 2007年05月31日 18:13
なるほど、温度差が大分ありますね。

うちの妻も近い物があるので苦労しています。
なんで、そんなに野球、野球なの?
練習は半日でいいんじゃない?
などです。
Posted by ケロの父 at 2007年05月31日 20:57
おちあいさん こんばんは。

どうです? 凄いでしょう?^^
喧嘩にならないのは、相手が女性だからです。
同じセリフをオヤジが言っていたら・・
私も理性を抑える事が困難だったかもしれません(^^;
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 21:39
まっちゃきさん こんばんは。

癌でいえば「ステージ5」 でしょうか?^^
完治の見込みは無いでしょうね^_^;
この件は怒りは不思議と出てきませんでした。
ある意味、そう思われても仕方ないかな? なんて考えたり・・
まぁ私は自分のスタイルを貫きます^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 21:42
かにさん こんばんは。

本文中に書くのを忘れたんですが、このスカタンの息子さんは、中学になって初めて野球を始めたんです。
まぁこの母親、ちょっと評判の人でして・・
他の分野でもいかんなくスカタンぶりを発揮しているようですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 21:44
Fastballerさん こんばんは。

この家は、運営については協力が期待出来そうにありません・・
子供だけ練習に来てくれたら、それでいいですよ。仕方ないです・・
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 21:48
PATさん こんばんは。

突如出現した新型スカタンでしたから、私も不意討ちを喰らいましたよ(~_~;)
でももう大丈夫です。この一件で私の身体に抗体が備わりました。次はもう大丈夫です^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 21:51
winning shotさん こんばんは。

自然に出てくるんですかね? ああいう言葉・・
悪気があって言うのではなく、無意識なのかと。

子供はやる気があるんです。親の横槍で野球を断念しなければいいのですが。
そちらでも似たような人と遭遇したみたいですね^^
どこにでもいるんですねぇ。。。
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 21:54
月影のオヤジさん こんばんは。

やはり手ぬるいですか?^^ では新しい呼び名を作りますか?
月影のオヤジさん、何かいい名前を考えてください(^_^)
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 21:57
背番27さん こんばんは。

○×ちゃんは野球の筋は良さそうです。
後は後方に待機するスカタン親をどう扱うか? ここが焦点です^^
個人種目ならこの親も黙っていましたかね??
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 21:58
少年野球コーチさん こんばんは。

恥も外聞もなく、天下の往来で『○×ちゃん』と呼んでいるようです^^

時間の件、やはり中身次第でしょうね。
意味の無い練習をダラダラと長くやっても、効果は薄いでしょうね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 22:04
ヨウボンさん こんばんは。

ヨウボンさんもこれからですよ。スカタンと遭遇するのは^^
今から対策方法を研究しておいたほうがいいですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 22:09
とんぼさん こんばんは。

上でも書きましたが、この○×ちゃん。野球の筋は良いです。ですから余計に母親の言動が残念でなりません。
ただこの子は声が小さく、あまり元気はありません。ここはこれから鍛えてやるつもりです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 22:13
DANさん こんばんは。

DANさんのコメント、私に通じるところが多いです。
私も成人してから現居住地に来ました。友人は当初は誰もいませんでした。
子供の野球で多くの人と知り合える事が出来ました。
この点は本当に良かったと思ってます。

価値観の違い。まさしくコレですよね^^
私は子供の野球が生き甲斐の一つです。充実してます^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 22:19
初心者コーチさん こんばんは。

練習の積み重ねで子供も何かを得るものです。
試合の勝ち負けもそうですが、個人の成績や貢献は、努力なしに達成出来るほど甘くないですよね。
練習時間云々の件、やはり温度差を感じました。
私のように勝利に執念を燃やす親もいれば、そんな事は全く考えていない親・・
嘆きたくもなりますよねぇ ^_^;
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 22:24
ハッシーさん こんばんは。

まぁそんなに興奮なさらずに^_^;
このお母さん、俗にいう『嫌われ者』で有名です。納得ですね・・
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 22:24
背番号29さん こんばんは。

このスカタン母さんの家ですが・・
兄弟姉妹が多いんです。 ですからイチイチ子供をかまっていられない感じです。
それならそうと、余計な口出しは遠慮すればいいのに、何かを言わないと気が済まないようです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 22:30
hitomiさん こんばんは。

キャプテン君の親がスカタンですか。それも難儀ですねぇ・・
どんな類いのスカタンか分かりませんが、「放置」は善し悪しがあります。ただ何度言っても判らない人には・・ 
もうお引取りを願うのが無難ですかね。
医者でも治せないスカタン、どこにでも一人ぐらいは存在しそうですね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 22:35
でぃあさん こんばんは。

手は出しちゃダメですよぉ!! 
でもそういう気持ちにもなりますよね・・
確かに誰にも迷惑はかけていません。大きなお世話ですよね!
私の老後、どんな生き甲斐があるのかなぁ? ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 22:40
うーん、自分の子どもが一所懸命やっていることを応援することが生き甲斐で何の問題があるんdねしょうねぇ。
他にって、これほど素晴らしい生き甲斐もないと思うのですが。
その人の生き甲斐は何なんでしょ?
Posted by 端っこ at 2007年05月31日 22:41
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

なるほど、工夫次第でこちらに引き寄せるんですか(゜o゜)
でも一筋縄にいかないタイプですよ(~_~;)
まぁ自分の子が試合に出るようになり、野球の素晴らしさに気がついてくれたらいいのですが。
そう願いたいところです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 22:47
たえこさん こんばんは。

情熱を失ったら指導者として失格です。
私もまだまだこれからも 選手達に檄を飛ばすつもりです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 22:48
にゃんこ先生 こんばんは。

小学生の頃は、確かに私の主導で練習に明け暮れました。
それが今の礎になっているのは、私もそう感じています。
もし私が一切関与していなかったら・・
今の活躍は無理だったかもしれませんね。

Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 22:54
yuumaさん こんばんは。

そうです。親がスカタンでも子供まで悪い訳じゃないですから^^
これで子供までやる気無しなら、退部勧告するしかないですよね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 23:01
つよしさん こんばんは。

そちらも色んな問題があるみたいですね。
うちのはまだ序の口でしょうか?^^

トランク一杯のトレグッズ、これらが用済みになると寂しいですよぉ・・
でもいつかそんな日が来るんですよね。嫌だなぁ^_^;
悔いのない試合で締め括りたいです^^

Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 23:10
パームボールさん こんばんは。

スカタンにも種類が有るのを忘れてましたよ^^
でももう勘弁です。新たなスカタン、出てこないのを切に願ってます^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 23:12
RKさん こんばんは。

そちらにも似たような事があったんですね。
部活だとこんな人もいますよ・・
硬式チームでこんな事を言ったら事件ですね^^

息子さんのシニアでの練習ぶりはいかがですか? また教えてください^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 23:20
龍馬父さん こんばんは。

ご指摘の件も一理あると思います。
しかし指導者の数、練習メニューの内容、場所の問題。
これらの問題もあります。

うちのチームは1年生にもそれなりの練習をさせているほうなんです。
まぁ部員数も決して多くはないのもありますが。

近隣の学校の野球部を例にあげますと、1年生は6月下旬まで練習はジャージ。白の練習用ユニフォームの着用すら認めていない学校もあります。
ひたすら雑用と声出しだけで3年生の引退を待つのです。

うちはそこまではしません^^ ユニも着させますし、時間は短いですが1年生にもフリー打撃はさせます。
ただ仕上げの練習等では、どうしてもレギュラー組を優先しないといけません。球拾いも主力がしていては、効率が悪くなるんです。

何かと難しい問題があります^^
後はチームワークの育成と、伝統の了承でしょうか。
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 23:30
フルコーチさん こんばんは。

ようするに自分が単に楽をしたいだけなんですよね。
それを他人のせいにして憂さ晴らし。迷惑な人種です・・

1日練習の件はうちも反対派が暗躍してます。
数の論理で今は押し退けていますが、スカタン派が増えると逆転も有り得るでしょう。
そうなったらチーム力は半減するでしょうね。
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 23:41
とうさん こんばんは。

そうですかぁ?・・ 私はこの手のスカタン、そう簡単に力になるとは思えないです^^
なにしろ空気が読めないお方なので・・

Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 23:44
ケロの父さん こんばんは。

あのぉ・・ うちの妻も似たようなもんです・・
文句こそ言いませんが、何か言いたげな表情です^^ 私が息子を独り占めしているように思っているのかもしれません。
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 23:48
端っこさん こんばんは。

端っこさんにそう言っていただくと、なんだか救われたような気がします^^
生き甲斐は人によって様々でしょうが、子供のスポーツを応援するのも、立派な生き甲斐の一つですよね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月31日 23:53
ご無沙汰しておりました。旧姓:始動者です。ブログ復帰しました。
これからもよろしくお願いします。

いきなり、ヘビーな記事で驚いています。
自分の子どもを支援していることを馬鹿にされると、いい気分はしませんね。
この保護者は、微妙に確信を付いている意見も言っているようなので、“自分の本音を上手く言えず、思いついた事を垂れ流すタイプ”ですね。
よく聞く、“変な噂の発生源”の匂いがします。
Posted by スマイルヒット at 2007年06月01日 00:08
スマイルヒットさん こんばんは。お久しぶりです^^
お元気でしたか? どうなされたのかと思っていましたよ^_^;

『私の小さな夏休み』 以来でしょうか^^

>よく聞く、“変な噂の発生源”の匂いがします。

そうかもしれません。確たる根拠もなく、言いふらすようなパターンかな。

では今後もよろしくお願いします^^
Posted by ドラ夫 at 2007年06月01日 00:54
男の人は野球やって家に帰れば家事も終わって
食事も出来てるんでしょ?

母親は忙しいんですよ。夕方の一番忙しい時間
を中学生の子供に時間を盗られるのはしんどいですよ。

スカタンって・・・。誰だって何かに一生懸命なんですよ。野球に熱くないからって、スカタン呼ばわりするから、野球おやじは嫌われるのかな?

Posted by そう at 2007年06月01日 06:06
To:ドラ夫さん

私の拙いコメントに対してもお返事コメントいただきましてありがとうございます。
いただいたお返事コメントに対して一言言わせていたくとすれば、「球拾いも主力がしていては、効率が悪くなるんです。」について、本当に全員が出来ないのか?特権意識は無いのか?といったところでしょうか。
主力の練習中も、主力の全員が同時に行うのでしょうか?(数人ずつ交代でも雑用に回せないの?)ということです。主力だから、雑用は免除されるということでは温度差が生まれる素になるかと考えるからです。

それぞれのチーム事情があり、部外者が勝手なことを書きましたがお許しください。


Posted by 龍馬父 at 2007年06月01日 11:28
うちの中学部活は7:00まで練習ですが顧問一人で練習もぬるいです、もっとビシバシやってほしいと思っていても「部活は学校の延長、教育の一環」との先生の弁もあり口出ししないようにしてます、

ですからある意味、ここまで言えるこの奥さんはうらやましい、それに、そこまで腹が立つ言うことは真実突いてるから?でしょうか

それを本人のいないところで吐き出して、欠席裁判みたいになっていることが恐ろしい・・・、いろんな考えがあってしかるべき世の中、ドラ夫さんの日ごろのご意見には賛同する部分も多々ありますが、今回の書き込みとその反響はあまりにも一方的、どうか裸の王様にはならないようお気を付けください。
Posted by けやき at 2007年06月01日 12:27
そうさん コメントありがとうございます^^

はい。我が家も妻や母の協力で、私も息子も野球に打ち込む事が出来ています。
この点は改めて感謝しないといけないですね。

夕方ですが、大体その時期の日没時間を参考にして、終了時刻を設定しているようです。
今の時期が一番長いです。徒歩で通学出来る家庭はいいですが、送迎だと忙しい時間ですよね。
まして兄弟姉妹もいるでしょうし・・

今後もよろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2007年06月02日 11:13
龍馬父さん ありがとうございます。

心の奥底のどこかに、「特権」というものが選手・指導者にあるかもしれませんね・・

2年前は今の3年生も同じように動いていた。
ある種の伝統なんですかね。3年生を優先するのは。

練習効率の件は、過去にこのコメント欄で多くの方からアドバイスを頂き、それに沿って当チームも動いています。

『遊んでいる時間を短くする』 これがポイントでして、タマ拾いや雑用も、この「遊んでいつ時間」に含まれます。
語弊がありますが、今はこんな感じで練習は動いています。
ただ始まり前や練習後の準備・片付けは3年生も一緒にしてますよ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年06月02日 11:20
けやきさん コメントありがとうございます^^

ブログ運営の難しさですかねぇ?
私もこれを周囲には伏せています。
そこで書かれた事が「欠席裁判」との事・・
確かにそうですよね。しかしその人に了承を得てから書くわけにもいかず ^_^;

難しいところです。
自分の想った事を発信してきましたが、伝え方・書き方に問題はないのか?

けやきさんのコメントを読み、改めて再考せねば。そう思った次第です。
今後もよろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2007年06月02日 11:24
中学1年父母として、積極的にチームに顔を出し、雑用を引き受けております。

硬式チームですので、このような意見を言う人はさすがにいません。

いたら驚きですね!^^

もっと自分の子供の好きなことを応援して欲しいなと思うばかりです。

Posted by 満木 月風 at 2007年06月06日 17:54
満木先生 ありがとうございます。

硬式でこんな発言は有り得ないでしょう^^
あったら恐いです。。。

こういう所にも、親の温度差が出てしまいます。
子供がやる気があるだけに、余計に残念です。
Posted by ドラ夫 at 2007年06月06日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。