2007年05月06日

カミナリの発端

1点差負けが2試合続いた翌日。
この日は投手陣のやり繰りが悩みどころでした。

集中的に試合を入れたので、登板間隔が空かない状態。
顧問も最初からそれは承知済み。

主戦級の投手が不在の時、どんな戦いをするのか?
それを見る目的もあったとの事。

この日の1試合目、先発ピッチャーはゲンジでした。
前日に投げた投手は他のポジションに入る。
9人のメンバーは同じ。守る場所が違うだけです。

メンバーは現状ではベストの布陣。
複数のポジションをこなせるのは武器の一つ。
それが上手く機能するかどうか? ここが見どころでした。

結果を先に書きます。ゲンジは被安打5 与四球2の内容でした。
こう書くと別段、それほど悪くない感じがします。
実際よく投げたと思う。久しぶりのマウンドにしては上出来。

しかしスコアは・・ 0対9・・

これは一体どういう事か?・・
そう エラーです。その数なんと7個・・
これ以外にも、記録に残らないミスが多発。

チーム全体でゲームをブチ壊した感じですね。
ピッチャーの足を引っ張りまくっていました。

エラー続出で気持ちが萎縮したのは判りますが、
とにかく声が出ない。ピンチになっても誰もマウンドに駆け寄らない。
タイムをとって集まる事をしない。

皆、下を向いてうつむくだけ・・
本来なら主将のゲンジが自ら声を出すべき。
なのに自分の投球にアップアップの状況・・

また捕手は本来外野の子で気配りが回らない。
内野の副主将は、自らのエラーで気落ち。
前日投げたエースも内野にいましたが、何故かこれも気が回らない。

これが公式戦なら、私も大声で指摘したと思います。
しかしこの日は敢えて無視。選手自身でどう収束させるか?
それをずっと見ていました。しかし終了までそのままの状態。

誰一人、事態の収拾をはかる事が出来なかったのが残念。
この時期にこんな事では困るのですが。

確かに慣れないポジションの子もいた。
だがそこは3年生。長く野球をしてきているので、なんとかしてほしい。

続く2試合目、顧問は大鉈をふるいました。
3年生を6人ベンチに下げ、残りは2年生を先発。
そして下げられた3年生には、試合中は絶えず大声を出し続ける事を指示。

キャッチャーで先発のゲンジにも、私は危機感を煽る言葉をかけた。
『この試合、主将としての役割が出来なかったら?・・ どうなるか判るな?』

この試合も大敗でした。しかし1試合目とは違い、活気はありました。
前回チャンス活かせなかった2年生も、この日は目が違っていた。

相手がフルメンバーなので、力の差は歴然でしたが、
少なくとも『気持ち』の入った試合は出来ました。

試合後の反省会。顧問はやんわりと課題を提供。
その後に私は喝を入れるべく、選手にカミナリを落としました。

技術云々ではなく、気持ちの面で覇気が無いのはどうしても我慢出来ない。
本番はドンドン迫ってくる。今の状態で勝ち抜くのは絶対に無理。

ベンチに下げられた3年生は何を想っただろう?
このまま中学野球にピリオドを打つつもりなのか?
そんな事はないと思いたい。復活させる手解きをするのが自分の役目。

6日の大会でどんな戦いぶりを見せるか?
とても楽しみにしていたのですが、雨天中止になってしまった・・

次週もローカル大会が控えてます。
気を引締め、もう一度好調時にチームを戻したい。
それも十分に可能だと思っている。

それにしても・・ 未だに『声出し』の部分が出来ないなんて・・
世話が焼けるというか、なんというか。。。

気分が善い時は、うるさい位に声を出すんですがね^_^;
気落ちした時こそ、奮い立たせる声が大事なのですが。
早くそれに気付いてほしいです。

いや、気付いてはいると思う。
それを言われなくても実践出来るようになってほしい。



posted by ドラ夫 at 23:59| Comment(24) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前回も書きましたが声を出せないと良い試合は出来ないと思います。
子供達は声を出したからって変わらないと思っている節が有りますが、集中しているから声が出る(出せる)指示が出る(出せる)と言ってるんですが・・・
3年生はもう最後が近づいています、なんとしても奮起して欲しいですね。
Posted by 背番27 at 2007年05月07日 08:55
http://kerokero223.seesaa.net/archives/20070505-1.html

わがチームも
このローカル大会2試合目の魔の4回に
エラーや記録に残らないミスを連発 タイムをかけて事態を収集しようとしたが収まらない。
野球の流れの怖さがでました。
しっかり声を掛けあわないといけないですね。
Posted by ケロの父 at 2007年05月07日 09:42
ふむふむ。。。 なるほど。。。そうですか。。。 ^^ 源治クン投げましたか...
天真爛漫は 登板してません!し、無くても? です(内野が崩れちゃいますからね。。。)

最近、ず〜っと(家では)不機嫌続きで。。。 私以外には口が悪く、家族は反抗期と見てます
 四球が多くて 打つ機会も少なく タコ続き ^^
  あいつ也に...訳が判らないままに イライラしてるんでしょうねぇ
   送球について...「思いっきり抛りやがれ!」っと 帰宅後に叱ると…
    「普通に抛ると1Bが落とすんだ」って言い訳言ってました ^^;(それも頷けるんです…)

天真爛漫以外の内野陣は 鋭い打球が来ると 格好良く横で捌こうとして Eをし
 オマケに追ってないから... 外野陣迄が間を転々と抜かれちゃってます(怒)

>技術云々ではなく、気持ちの面で覇気が無いのはどうしても我慢出来ない
 …ですよね、見落とす事無く↑ここが(見て取れたのが)救いです!
  他に、1・2年生の子が一人ずつ 存在かな
   (共通するのが、何故か!? ぎこちない動き...何故?なんでしょうかね)





Posted by ぶっ叩け〜!! at 2007年05月07日 10:27
気落ちした時こそ、大きな声で奮立ちたいですね!!
みんな立ち直っての好ゲームを期待しています!!
Posted by ヨウボン at 2007年05月07日 10:39
自分たちが苦しい時に声がなくなる現象。

うちも公式戦はそれでやられてしまいました。

解決法を選手たち同士で話し合わせる(指導者は入らずに)と
案外いいアイディアが出てくるかもしれません。
キャプテン・副キャプテンを前に、指名制で話し合い
をすると意見がでなくなるので、学校でよくやっている
班のスタイルでやったところ、活発な意見交換がなされて
いました。

うちはその結果、バッターボックスに入る前にチームで
共通のポーズをとることや、アップで鬼ごっこを取り入れること、
エラーした選手のところへ必ず近くのポジションの選手が
行って、体をポンと叩いてくるなど、ユニークなアイディア
が出てきました。 その成果がすぐに出たかどうかは
分かりませんが、0−6からの逆転劇なんていうのも
ありましたので、生徒達が納得して自分たちでやろうと
思うことをやるのがいいかもしれませんね。
Posted by shun at 2007年05月07日 11:09
試合中の声出し、声掛け…とても大切な事だと思います。調子のいい時は言われなくても自然と出るものですが、それじゃダメなんですよね!追い込まれている時ほど声の掛け合いが大切。
長男が中3の時もゲンジ君のチームと同じ様に大切な大会の前なのに全員覇気がなく、主将にお任せ状態。怒った監督が『自分達で考えろ』と話し合いの場を与えた所、内野と外野にそれぞれ責任の有る副キャプテンを置くことにより主将を援護する体制を作りました。それが功を奏したのか、内外野それぞれのキャプテンも責任ある立場となり自ら声を出し仲間を盛り上げました(ちなみに長男は外野キャプテンに自ら手を挙げました)
ゲンジ君のチーム。個人の自覚と闘争心…その点が少し不足してしまってるのかもしれないですね。本人達より見ている親の方がヤキモキするんですよね。ドラ夫さんの気持ち分かりますよ。
Posted by hitomi at 2007年05月07日 14:25
エラーの後の声出しができれば、次々とエラーを誘うことはないような気がします。すぐに切り替えができればいいのですが・・・。
うちも以前は、声が聞こえないお通夜のような試合ばかりでしたが、応援の父母から「サード、声出して引っ張れ〜!」「ピッチャーが一人で頑張ってるぞ〜声出してやれ〜!」などと言われているうちに、それぞれが声を出せるようになったみたいです。

うちの3年生も、息子以外はどこでも守備は無難にこなします。最近は、エラーは少ないですね。1試合にひとつ、あるかないかです。

気持ちを切り替えて、次の大会は勝ってほしいですね。がんばれ!ゲンジ君!!
Posted by てんてん at 2007年05月07日 17:40
学童野球では監督・コーチが一喝すれば、瞬間的に声が出ますが(何の解決にもなりませんが)中学生にもなると、そうはいきませんね。怒鳴るのも何ですし、エラーして凹んでる子に過度な叱咤激励をしても・・・。やはり、元気のない子は代えてしまうことが一番いいような気がしますが。当チームでは全力疾走を怠ると即交代を宣言しています。
Posted by 横浜への道 at 2007年05月07日 18:35
こちらも全く同じ状況で他人事と思えません。

こちらの顧問も4試合目は全員2年生の先発で試合が始まってもレギュラー陣には外野ダッシュ20本、素振り200本を課し、試合途中から全員を入れ替えました。
同じような対処方法をするんですね。

コーチとしての自分の力不足にも落ち込んでしまいましたが、ドラ夫さんに勇気をもらい、逃げずに立ち向かっていきます。
Posted by bombersman at 2007年05月07日 20:34
大将かムードメーカーが欲しいところですね。
誰か適任は居ないのでしょうか?
Posted by Fastballer at 2007年05月07日 21:48
背番27さん こんばんは。

声を出しても出さなくても一緒。
こんな考えが一部の選手にあるのかもしれません。
だとしたら? 私も黙ってはいませんよ^^
出来ている時もあるだけに、余計にもどかしいです。
Posted by ドラ夫 at 2007年05月07日 22:24
ケロの父さん こんばんは。

流れが相手に傾いた時こそ、声を出し合って己を鼓舞させるのが大切だと思ってます。
それを早く判ってほしいです。
Posted by ドラ夫 at 2007年05月07日 22:25
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

そうですか。天真爛漫君が反抗期ですか^^
キャラのイメージからして、ちょっと意外でした。

ゲンジは自宅では、自分からチームの事は滅多に言わないんです。
愚痴も一切言わないのですが、腹に溜まったものは吐き出してほしい気持ちもあります。

ぎこちない子が逆に骨がありそう

判るような気がします^^ 上手く表現出来ませんが、型から外れつつも、キラリと光る何かを持っている子。確かに存在しますよ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月07日 22:31
歯がゆいですね・・。
私も気持ちで負けているのは、我慢なりません。
本番も近いことですし、なんとか気持ちを奮い立たせて欲しいです。

うちの新チームは監督がマジックをかけておりましたよ。
『作戦変更!!』とか言って!^^
Posted by 満木 月風 at 2007年05月07日 22:32
ヨウボンさん こんばんは。

そうです。一人が落ち込んだら、皆で立ち直らないといけませんよね! そのままズルズルといけばロクな事はありませんから。
Posted by ドラ夫 at 2007年05月07日 22:33
shunさん こんばんは。

いいヒントを貰いました。
選手同士での話し合い。いいですね。これ。

今まで、何かと介入し過ぎたのかもしれません。
いつまでも頼られても困ります。
早速実践してみます。 ありがとうございました。

Posted by ドラ夫 at 2007年05月07日 22:37
hitomiさん こんばんは。

長男君のチームも同じような事態があったのですね。
shunさんのコメントにもありましたが、一度選手同士で話し合いの場を作る事にします。
どんな意見が出るのか? まずはそれを見てから方向性を定めたいです。

長男君、自ら副主将に名乗りをあげたのですか。
立派ですね。どん底の状況を打破しようと努力されたのですね。
うちにもそんな気骨のある奴がいてくれるのを期待したいです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月07日 22:41
てんてんさん こんばんは。

うちは『負の連鎖』ばかりなんです・・
そして手をこまねいている選手達を見ると、本当にイライラしてきます。
ゲンジがピッチャーだったのがマズかったかな?
あれでゲンジがキャッチャーだったら、もっとマシだったかもしれません。
久しぶりの登板で余裕が無かったのもあると思います。

親バカですが、エラーが無ければ失点は1ぐらいでしたよ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月07日 22:48
横浜への道さん こんばんは。

そうなんです。我々大人が指摘してから出る「声」と、自分達で意識して出す「声」は違うと思うんです。
私のジレンマはそこに有るんですよ。
過去に同じような事を何度言ってきたことか・・
肝心な時にこれじゃ困るんですがね。
Posted by ドラ夫 at 2007年05月07日 22:51
bombersmanさん こんばんは。

そちらも似た状況でしたか^^
私は選手の顔色を伺うような指導は嫌いなんですよ。昔から^^
言いたい事はドンドン言いますし、厳しい事も言います。
その代わりに褒める時も褒めますし、場合によっては選手と一緒に泣く時もあります。
築きあげた信頼関係は厚い。こうした自負がありますから、本音でぶつかる事が出来ていると思ってます。
Posted by ドラ夫 at 2007年05月07日 22:57
Fastballerさん こんばんは。

副主将が勉強もよく出来て、ムードメーカーのキャラなんですが、この日は連続エラーを犯してしまい、一番落ち込んでいたんです・・
2年生には元気な子が大勢います^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月07日 22:59
満木先生 こんばんは。

見ていてイライラしますし、情けないですよ・・
マジックですか^^ うちの顧問、正攻法派なのでマジックとは無縁かなぁ?^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月07日 23:06
ドラ夫さん、こんばんは!うちのチームは元々覇気を感じないチームなので、試合でも大きな声で応援とかありません。人数が13人しか居ないというのも原因でしょうか。ただ、守備の最中にまったく黙ってしまうというのは無いです。いつも声が出ているわけじゃないですが、いつも声が無いわけでもない・・・という、なんていうか、肩の力の抜けたチームっていうんでしょうか^^淡々としたチームカラーです。そのちょっと不真面目な感じのおかげで、逆にピンチの時にでも、余裕をかますことができるのかもしれないなぁ。。。なんて思います。
Posted by winning shot at 2007年05月07日 23:24
winning shotさん こんばんは。

チームカラーも色々ありますからね^^
うちも無言という訳じゃないのですが、どうもやる気の無い声に聞こえてしまうんです・・
私の要求が高過ぎるのでしょうか??
余裕があるなら、それはそれで構わないのですが、どうもうちの選手は浮き足だつ子が多いです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年05月08日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。