2005年05月31日

キャッチャーフライ

息子ゲンジがキャッチャーの練習を始めて、もう少しで二ヶ月になる。
 
クラブのシートノックではファーストがメインだし、
2年生にも捕手がいるので、今の3年生が抜けての新チームでは
ゲンジも捕手を守る機会はあまり無いだろう。
 
ようするに2年後を見据えた育成計画だ。
打撃練習の時も、自分が打たない時はマスクを被って球を受けている。
そうして少しづつ慣れてきて、形も少しはサマになってきた。
 
自宅の練習でも時折、防具を身に付けてショートバウンドの処理や、
セカンドへの送球練習を繰り返してきた。
 
送球は肩の強さの兼ね合いもあるので、上級生と比較するとまだまだだが、
バウンド処理はかなり上達してきた。
 
後の課題はキャッチャーフライ。
 
これは実際にキャッチャーフライを打ち上げないと練習にならないのだが、
これは相当に技術を必要とする。
 
ドラ夫も何度かチャレンジしたが、満足のゆくフライを上げれるのは、
5回に1回位だろう・・・
必死の形相で試みるが、それを見てゲンジはクスクスと笑っている(^^;
 
これでは時間的に効率が悪いので、仕方なくこの練習の時は
テニスのラケットとテニスボールを使う事にした。
これならまず失敗は無いので、マスクを取ってフライを追う動作の練習にはなる。
 
前後左右と、打ち分けも慣れれば比較的容易だ。
しかし・・・
 
実戦のキャッチャーフライはもっとクセのあるフライだ。
ボールにもスピンがかかっているし、それ故に落下の時も素直には落ちてこない。
ラケットで軽く上げるようなフライは、実戦ではほとんど無いだろう。
 
そうなると、ノッカーが自在にキャッチャーフライを上げれるのが理想だ・・
ドラ夫がその域に達するには、どれ位の時間がかかるのか?
多分、一生無理かも?・・
 
やはり根気よく練習するしか無いのだろうが、
うちのクラブチームでも、キャッチャーフライを自在に上げれる人はいません。

何かコツみたいなものがあるのでしょうか?
ご存知の方、または同じ悩みをお持ちの方、
コメント欄にご意見をお寄せくだされば幸いです。
 
ちなみに私は左手でバットを持ち、右手でボールをあげてノックします。


この記事へのコメント
ノックの中では最難関ですよキャッチャーフライは。

こればっかりは試合と同じような球を打つにはバットで真上にバックスピンをかけてこすり上げるように打たないと無理でしょう。それくらい技術を要するんです。ちなみに私も苦手です。力になれなくてすいません。

私はドラ夫さんとは持ち方は逆ですね。
Posted by 前田を目指す者 at 2005年05月31日 22:41
自分のトスしたボールが 目の高さよりやや上位まで落ちてきた所を右腕一本の意識で打つ!
普段 駄目と指摘してるヘッドアップ(顎を上げた状態)で左脇を意識的に開いて打つ!
・・・?かな
ホント難しいんですよネ・・・
Posted by ぶったたけ! at 2005年05月31日 23:32
5回に1回打てればいいですよ。私は10回やっても多分、
オール空振りでしょうね(;^_^A
Posted by パームボール at 2005年06月01日 01:23
実戦では、打ちたくなくとも打てるのに。
ノックだとホント旨くあがりません。
私も誰の練習か解らなくなります。
Posted by つよし at 2005年06月01日 07:53
おはようございます。Cフライは難しいですよね。小僧のチームのコーチは一人だけ、惚れ惚れする位に上手なコーチがいます。次の練習日にコツを質問してきます。
Posted by ブラックソックス at 2005年06月01日 09:00
ドラ夫さん。はじめまして。
しばらくROMさせていただいていましたが、ドラ夫さんの影響を受けて私もブログなるものを始めてしまいました。
ゲンジ君と私の息子は同い年ですね。
いろいろ悩んだ挙句、中学の部活に入りました。

これからよろしくお願いします。
キャッチャーフライと関係ない話題ですみません。
Posted by 文球両道を目指したい父 at 2005年06月01日 18:14
ドラ夫さん、Cフライをトライしようとする姿勢が素晴らしいですよ。私ならハナから諦めているでしょうね(^^;
やはり練習あるのみじゃないでしょうか? 無責任ですみません・・
Posted by ズンドコ節 at 2005年06月01日 19:16
前田を目指す者さん こんばんは。
 
やはり最難関ですよね・・
改めてそのお言葉を聞き、大それた事にチャレンジしようとする自分が身のほど知らずだと認識しました^^
Posted by ドラ夫 at 2005年06月01日 20:11
ぶったたけ! さん いつもありがとうございます。
 
>自分のトスしたボールが 目の高さよりやや上位まで落ちてきた所を・・
 
↑私は第一にこれが出来ていませんでした(^^;
ボールを高くトスするんですね。
ゴロをノックするような感覚でトスしていましたから、すくいあげれなかったんだと再認識しました。
 
ところで息子さん、硬式も視野に入ったんですか?
フルコーチさんの所のコメントを拝見したんですが・・
なんだか気になります。
やはり今の部活・クラブではダメですか?
Posted by ドラ夫 at 2005年06月01日 20:18
パームボール さん こんばんは。
私も記事ではそのように書きましたが、実際には10回に1回かもしれません^^
 
 
 
 
つよしさん いつもありがとうございます。
 
そうですよね。クラブの子供達も試合では打たなくていいのに、
ポンポンとCフライを上げていますよ・・
しかし、こちらが意図的に打とうとすると難しい。
思うようにはいきませんね^^
 
 
 
 
 
ブラックソックス さん こんばんは。
私も試合前のシートノックで、いとも簡単にCフライを上げる他チームの監督を見ると尊敬してしまいます。
良いお話が聞けましたら、また紹介してください^^
Posted by ドラ夫 at 2005年06月01日 20:27
文球両道を目指したい父  さん 初めまして。
コメント、ありがとうございます。
ブログ拝見しました。部活はうちも参加しております。
クラブのほうがメインとなりますが、これからも情報交換が出来ればいいですね^^
よろしくお願いします。
 
 
 
 

ズンドコ節 さん こんばんは。
私も息子がキャッチャー候補にならなければ、
こんな事を試みようとは思いませんでしたよ^^
でもなんか挫折が濃厚です・・
Posted by ドラ夫 at 2005年06月01日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。