2007年04月27日

特待を断った事があります

高校野球を巡る特待生制度が波紋を広げていますね。
各ブログで大きく取り上げられています。

実は私ですが、中学から高校。高校から大学の2度、
特待生としての招きを受け、2度共お断りした事があります。

某格闘技選手だった私。中学3年の時に県大会で2位になりました。
ある私立高校から特待生として来ないか? 
と学校を通じてお誘いを頂戴しました。

野球とは比較にならないマイナー競技でしたが、
それでも強化推進のため、こうした制度を活用していたようです。

ちなみにこの学校、今年の春のセンバツ高校野球に出場しました。
当然、野球部も力を入れている学校です。
もっとも当時はそれほど強くはありませんでしたが。

ただこのお話、私は自分の意志でお断りしました。
色んな背景があるのですが、まずはその競技一本でやっていく自信が無かった事。
それと勉強面というか、将来的に自分の進みたい方向とズレがあるように感じた事。

特待で招かれるという事は、その競技に結果を求められる。
そうしたプレッシャーを感じたくなかったんですね。

私は公立で志望校があったのですが、学力的にそこはちょっと無理でした。
結局、別の公立に進みまして、その競技を続けました。

高校3年の団体戦、私達は決勝で敗れました。
相手は私が誘いを貰った学校でした。でも悔いはありません。

高校最後の大会は国体でした。そこで私は県の代表になりました。
そして4つの大学から特待の話を頂きました。

でも私の中で、自分はもうこの競技を終りにしたい。
そんな想いが強くなり、私は進学せずに就職の道を選びました。

周囲はとても残念がっていました。4つのうち2つは、
東京六大学の学校です。
正直に言いますと・・ この時の決断には悔いがあります・・

大学に行けばよかったかな? と・・
でも当時の私だったら、多分特待の重圧に潰されていたでしょう。

先輩も何人かそうした待遇で進学していましたが、
かなり大変みたいでしたから・・

その時の私にもっと強い意志があれば、その後の人生も変わっていたかもしれません。
欲が無かったというか、夢を追い求めていなかったんですね。

高校野球の事ですが。。。
選手にはそれぞれ夢があると思います。
また私立の学校は、独自の特色を出さなければならない。

過度の待遇には確かに問題があるかもしれません。
でも全てが悪いとも思えない。
今更何を・・ という感じが強いです。

更に悲しい事に、春の県大会を辞退する有力校が相次いでいる。
3年生の心中を想うと胸が痛みます。

改革も必要なのかもしれませんが、球児の夢を奪うような事にはなってほしくない。

我が家の息子も、そろそろ進路について考える時期。
今回の騒動も、少なからず我が家にも影響しそうです。
大した影響ではありませんが(^^;



posted by ドラ夫 at 08:03| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>今更何を・・・
毎日の報道で増え続ける辞退校。
いつまでこんなことをを続ける気なのか・・・
本当に「今更何を・・・」と思います。
少年野球も含め、野球を取り巻く環境は・・・
Posted by るっち at 2007年04月27日 09:15
ドラ夫さんが特待を受けていたら、ゲンジ君は野球をやっていなかったでしょうかね。

これ以上、罪無き高校球児達が悲しまない事を祈るばかりです。
Posted by ハッシー at 2007年04月27日 09:55
今後どんな風に改革されるのか判らないですが、優秀な選手達が、その制度とかの問題で野球を断念しなくてはいけないような制度にならないでほしいです。
Posted by ヨウボン at 2007年04月27日 10:15
私は特待制度はあってもいいんじゃないかと思っています。学費免除ぐらいはあってもいいんじゃないかと。問題は取り巻く人々が利益供給を受けること。

球児たちには甲子園、プロという夢を持ち続けて欲しいと思います。夢を追うにもいろいろな選択肢があっていいんじゃないかと思います。
Posted by Fastballer at 2007年04月27日 10:23
大学からの特待を断ったんですか ドラ夫さん!
>当時の私だったら、多分特待の重圧に潰されていたでしょう

やはり学生時代は、まだいろいろと未熟であり、心の支えになる様な指導者(父親でもいい)が必要だと思ってます。
人間は弱いもので、楽な方へと行ってしまいがちですから。
Posted by ケロの父 at 2007年04月27日 10:24
特待制度というより今の高校野球事態に問題ありですよね 昨年夏の香川工業はベンチ入り全ての子が県外から来ているし、駒大の田中は関西出身で療暮らし、最近では中学3年の2学期から転向して県出身をうたうようにしているんです。ヤクルトの増渕はその点公立高校の星として地元で頑張った選手なのでましてや母子家庭のヤクルトレディーだから頑張って欲しい(私立で幾らでもお金出してくれる選手だったのにエライです)決勝で増渕負かした浦和学はほとんど横浜・大阪の選手でした。結局、甲子園を商業主義にしている高野連と毎日と朝日とNHKが生んだ弊害ですよね?
Posted by F at 2007年04月27日 10:40
これだけ規約違反の学校が出てきている中、
高野連は「違反は知らなかった」と言っている
そうですが、それではさすがに一般国民は納得
しないですよね。 条文が有名無実化していた
のは、高野連の怠慢が原因だと思うのですが。

かくいう本校の高校野球部もおそらく規約に
ひっかかるのではないかと思います。かわいそう
なのは、学校の宣伝に利用されて結果が出なかった
時、ダメなやつという烙印を押されて卒業していく
生徒達です。

うちの学校はまだもきちんと授業を受けさせている
方だと思いますが、野球中心の生活を送って彼らの
中に何が残っているのか。大学に行って硬式のボールも
見たくない、と語る卒業生がいるのは何か釈然としない
気持ちが残ります。野球だけやっていれば良い、という
体質の是正にどこまで高野連と学校が本気で踏み込める
のか。特に高校野球の場合は商業主義が絡んできますので、
問題が根深いです。
Posted by shun at 2007年04月27日 11:05
ドラ夫さんは、学生の時から自分で進路を考えて決めてきたのは偉いと思いますよ。でも、もったいないなぁ〜。

息子は「特待生」として、高校に入るのが一つの目標のようでしたので、今はがっかりしています。
特待生がどんなものかはわかってなくて、息子なりのプライドだけで言っているようです(全国大会が決まった時にいくつもの新聞に載ったので、勘違いしてるかも・・・)
主人は故障した場合などを考えて、野球と勉強の両立していくようにと日頃から言っていますが、とにかく勉強する時間がない毎日です。昨日は練習から帰って宿題して、素振りを始めたのが深夜12時過ぎ。

特待生制度がなくなっても野球は続けられますが、今後の動きが気になりますね。
硬式チームの今もお金がかかっていますが、来年からはかなりの出費を覚悟しないといけないみたいですね(涙)










Posted by てんてん at 2007年04月27日 14:28
現在の中3の子は、なんらかの影響がありそうですね。
逆に戦力が均等化されるのでしょうか? しかし本当に厄介な問題です。金銭を要求する大人が罰を受けるべきで、純粋に野球に青春を賭けたい子供に罪は無いと思います。
Posted by にゃんこ先生 at 2007年04月27日 15:07
>特待生
中学3年生の時・・・
授業中、私の後ろの席だったシニアエース君(後に、野球特待で高校進学)が黙々とプリントをやっていたので「何してんの?」と聞いて見せてもらうと、、、小学生のプリントかな(?)と思いました。高校側から「受験前にやっておくように。」と渡された物だったようで・・・。
「何やコレ?あほみたいに簡単やなー。」と私が言うと、シニアエース君は「それで、いいねん、いいねん。(笑)」と。
ただの一例と言ってしまえばそれまでですが、私だったら高校側に「バカにすな!!」と言いたいところでした。
Posted by DO親父 at 2007年04月28日 07:11
るっちさん こんばんは。

降って沸いたような今回の騒動。
大人の利権が最大の癌ですよね・・
子供を利用して金銭云々とは、情けない話です。。。
Posted by ドラ夫 at 2007年04月28日 21:00
ハッシーさん こんばんは。

人生はひょんな事からガラリと変わるものですよね。
私が特待を受けていたら? 妻とは出会っていなかったでしょう。当然、ゲンジは存在しません^^
こう考えるとなんだか不思議な感覚ですね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月28日 21:03
ヨウボンさん こんばんは。

辞退校の選手の胸中、さぞや無念の事でしょう・・
本当にやりきれない話です。高野連の対応、疑問だらけですよ・・
Posted by ドラ夫 at 2007年04月28日 21:05
Fastballerさん こんばんは。

野球だけが特待を行っているわけじゃありませんからね。
他のスポーツもそうですし、勉強の特待もありますし。
制度自体が悪いとは思いません。それで利益を求める人が糾弾されるべきですね。
Posted by ドラ夫 at 2007年04月28日 21:07
ケロの父さん こんばんは。

私の種目はマイナーですから、人から注目される事も少なく、また多感な時期で他の楽しみに目が行っていました^^
もし仮に野球だったら? 多分喜んで特待を受けたでしょう。そう思います。
Posted by ドラ夫 at 2007年04月28日 21:10
Fさん こんばんは。

私立高校は学校経営もありますから、ある程度は生徒集めに特色を出さないと、厳しい面もあるのでしょうね。

甲子園もその一環で、知名度アップには十分な媒体でしょう。
甲子園は故郷の代表。というのが昔の考えですが、最近は県外出身者が多い学校もありますね。

私見ながら、これはある程度は容認するしかないのかもしれません。
郷土意識よりも、「甲子園に出るために、自分には何が最善の選択か?」 と生徒本人が想う時、そこに「地元」という項目は後回しになってきているんですね。

今回の騒動で、戦力の均衡化が進めば、地方予選ももっと盛り上がるかも? と期待してますが、おそらく現状とあまり変化は無いような気もします^^

Posted by ドラ夫 at 2007年04月28日 21:18
shunさん こんばんは。

高野連の二枚舌には閉口ですよね・・
よくもまぁ、あんな白々しい事が言えるもんですよ^^
「知らなかった」 はぁ?? 何それ? ですよね。

特待で結果を出せないと、本人も重圧でしょう。
勉強と野球が両輪であるべきですが、学校も選手も野球だけを期待している場合、結果が伴わないと何かがズレますね。

「野球馬鹿」この言葉には色んな意味合いがあると思います。
野球に熱中する良い意味での「馬鹿」と、野球しか知らないという悪い意味での「馬鹿」

社会に出た時に、後者の「馬鹿」じゃ困りますからね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月28日 21:33
てんてんさん こんばんは。

特待枠、色んな抜け道というか、実情は今後もあまり変わらないのでは? と思っています。
あまりここでは詳しく話せませんが^^

息子さんの志は立派ですよ。そうした気持ちは絶えず持ち続けてほしいです。
高校に入ると何かと出費が増えますよね・・・
私も自由に使えるお金は減りそうです(^^;

Posted by ドラ夫 at 2007年04月28日 21:38
にゃんこ先生 こんばんは。

仰る通りだと思います。
あまりにも商業化が進んでしまいましたね。
甲子園大会は国民の注目も高いですから、そこに発生する様々な利権に人が群がるのでしょうか・・ 学校側だけでなく、一部には保護者の問題も指摘されていますよね・・
Posted by ドラ夫 at 2007年04月28日 21:42
DO親父さん こんばんは。

笑うに笑えない話ですね^^
ただ最近の傾向として、一部有力校も学力面(内申)の基準を設けるところが増えはじめ、それに到達しないと幾ら野球が上手くても、受け入れない学校があるようです。

それにしても小学生並のプリントとは・・ ホント、「バカにするな!!」と言いたいところですね^^


Posted by ドラ夫 at 2007年04月28日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。