2007年04月23日

「反抗」の結果は・・

全国大会に繋がる試合は惜しくも敗れました。
この試合、ゲンジは攻守に結果を出し、主将としての責務を十分に発揮しました。

前週の練習試合では、守備面で精彩を欠いたゲンジ。
私との衝突で初めて反抗の意を表した。
その時のエントリー、初めての「反抗」はこちら↓
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/39017692.html

不本意な出来は本人も十分承知のはず。
そして大事な本番を迎え、私も緊張と胸騒ぎに駆られた。

あの時の試合は、投手の力投でゲンジの不調をカバー。
この本番でそんな展開では困り者。守備の要として、
キッチリと結果を残してほしいところ。

セカンドへの送球は、自宅練習でフォームの確認を徹底して行った。
そして試合前、私はゲンジにアドバイス。

『デモンストレーションが肝心。初回の守りの時、何が何でも一発でスパッと決めろ!』

イニング毎に投球練習を行いますが、最後のボールはセカンドへ投げる。
この時に決めるか決まらないかで、相手のイメージもガラリと変わるもの。

そして注目の初回、ゲンジは完璧なスローを見せた。
これで自信を持って試合に入れるだろう。私は少し安堵。

この試合、盗塁は全て刺しました。四球で時折ランナーを出すも、
中盤から相手も盗塁は仕掛けてこない。
これは大きなアドバンテージです。投手の心理面にも大きい。

そしてキャッチングもほぼ完璧。低めのショートバウンドも、
後逸は無く安定していた。

『絶対に止めるから、全力で低めを狙って投げろ!』
ベンチで投手にこう言って檄を飛ばしていました。頼もしいですね。

キャッチャーフライも全てキャッチ。また捕れそうもない飛球にも、
頭から飛び込んでいた。この姿勢にバックも大いに盛り上がる。

私にあれだけ反抗した手前、本人も期するところがあったのでしょう。
気合の入り方がハンパではありませんでした。

打撃も3打数2安打で盗塁も2つ決めた。
前週とは見違えるような出来でした。
試合も勝てていたらもっと良かったのですが。

今回はタマタマ、こういった結果になりましたが、
油断するとまた精度が落ちるかもしれない。

常に向上心を持って日々の練習に励んでほしい。
『反抗』の結果は取り敢えず、善い結果を残す事が出来ました。



この記事へのコメント
試合には負けてしまいましたが,ゲンジ君個人としては良かったですね。

ウチのK太も,日曜日の練習試合ではまずまずの出来でした。こちらも試合には負けちゃいましたけどね。(^^ゞ
もしかしたら,ウチのヤツも向上心というものを少しだけ感じるようになったのかも。

ゲンジ君,ドラ夫さんの頑張りを見習っていきます!
Posted by K太父 at 2007年04月24日 01:10
盗塁阻止しましたね^^

わたしが中学生時代 1番ショートでした。
盗塁失敗なし 100%成功してたのが過去の栄光です。1試合5盗塁なんてこともありました。
ゲンジくん中学生で盗塁を全て刺すとは立派です。
Posted by ケロの父 at 2007年04月24日 02:51
子供の成長を感じられること・・・これ以上の幸せはないですね。いい時も悪い時も伸びる時も伸び悩む時も全てが肥やしになって今があるんですね。それぞれの力量で成長していく子供をこれからも見守りたいと思います。
Posted by 中学野球.com at 2007年04月24日 07:18
ゲンジ君にとって、大きな意味を持つ試合になったのではないでしょうか!!
一皮むけたニューゲンジ君の始まりの予感がします!!
Posted by ヨウボン at 2007年04月24日 08:53
>反抗した手前、本人も期するところがあったのでしょう。
>気合の入り方がハンパではありませんでした。

 反抗しても、ちゃんとその落とし前はつけて、
キッチリ結果を出すところがゲンジ君のすごいところ…
(試合は負けたとしても!)

 ウチの息子は、反抗(というか、反発)しても
ダメダメのどうしょうもない奴です。(-_-;)
Posted by でぃあ at 2007年04月24日 09:01
個人成績を残して満足するよりも、メンバーをまとめ上げて、チームを勝ちに導くのがキャプテンの責務かと・・・
Posted by キャプテンの父 at 2007年04月24日 12:30
ゲンジ君、頼りがいのある捕手じゃないですか^^
 
>『絶対に止めるから、全力で低めを狙って投げろ!』
 
格好いいです♪
反抗してもこうやってプレーで答えてくれて
ひとまわり大きくなったのではないでしょうか?
今後も楽しみです。
Posted by プーミー at 2007年04月24日 13:00
ゲンジ君は、いろんな経験を積んで確実に成長していますね。
本番に強いような気がします。うちの息子とは違って・・・。
盗塁を刺して「アウト」と塁審の手が上がった時は、盛り上がりますよね。
練習試合で何度か刺していると、公式戦では盗塁してこないんで、なかなか見せ場がつくれず盛り上がりに欠けるときもあったりして・・・。

昨日のY新聞に夏の全国大会へ向けての応援記事が載りました。それも2〜3年選手の名前と学校名入りで。これで、予選敗退できないプレッシャーが更にかかりました。
Posted by てんてん at 2007年04月24日 13:41
お久しぶりです ゲンジ君は自分だけが満足するような子ではないと思います。キャプテンの父さん、それはこのブログを古くから読んでいる読者なら分かる事だと思いますよ。受け取りかたは様々かもしれませんが、ちょっと残念なご意見だと思います。ゲンジ君はチームを立派にまとめていると思います。
Posted by たえこ at 2007年04月24日 14:06
学童と違って中学野球は1点を取る事の難しさ…加えてエラーをした方が負ける。3年前長男が中学入学前に先輩ママから言われた言葉でした。
ゲンジ君…お父さんに対する意地…それ以上に練習試合での不本意な自分に対する意地があったのでしょうか。ケンジ君の活躍がチームの勝利に繋がらなかった事は本当に悔しい事ですね。

勝つか負けるか2分の1。厳しいですが、気持ちを上手く切り替えて、次!行きましょう(^o^)丿
Posted by hitomi at 2007年04月24日 14:30
打てない 守れない のキャプテンじゃ困りますよね! ゲンジ君、まずは自分が先頭に立って結果を残し、チームを勝利に導いてください!! 他の選手もそんな姿勢に刺激を受けるはずですよ!
Posted by ハチロー at 2007年04月24日 14:38
ゲンジ様、カッコ良すぎです〜。

>『絶対に止めるから、全力で低めを狙って投げろ!』

こんな言葉私も息子の口から聞いてみたい!
まだまだ自信が、練習が足りません。

この試合、生で見たかった・・・。
Posted by ハッシー at 2007年04月24日 16:05
キャプテンの父様へ

お顔が見えなくて、短い文章でお互いの気持ちが伝わりにくいとは思います。
息子さんが、同じ中学生が6年生かは(もしかすると高校球児・・・?)わかりませんが、お気持ちはわかります。
うちの息子も同じ立場で、3月の春の全国大会に行きました。中学から硬式チームに入り、1年秋から正捕手、2年夏から主将、苦しむ息子を見ながら辛いときもありました。
そんな時、何度も何度もゲンジ君の記事やドラ夫さんのコメントで「みんな同じ気持ちなんだ。頑張ってるんだ」と気分が楽になりました。
ここで息子達のことを自慢しても、心から「よかったね」と誰もが喜ぶと思います。ゲンジ君が不調な時はみんなで応援しています。
キャプテンの父さんも、息子さんのことも書いてください。みんなで共に喜び、応援していきましょう。

Posted by てんてん at 2007年04月24日 17:21
さすが、ゲンジ君!
すぐに修正してきますね。
試合自体は残念だったと思いますが、次に向けて頑張ってください!
Posted by おちあい at 2007年04月24日 18:20
K太父さん こんばんは。

K太君もいい調子だったみたいですね^^
良い時ばかりとは限りませんが、結果が伴うと楽しさも倍増です。そういうのがキッカケで「向上心」も湧いてくるんでしょうね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 21:55
ケロの父さん こんばんは。

ケロの父さんは俊足だったんですね^^
盗塁にかなりの自信があったのですね。
うちにもそんな選手が2〜3人いれば、かなり楽になるんですが、残念ながら一人もいません^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 22:04
中学野球.comさん こんばんは。

全ての選手の色んな可能性があると思います。
それを引き出してやるのが指導者の務めですし、選手本人のやる気も必要ですよね。うまく噛み合うと大化けもありかもしれません^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 22:25
ヨウボンさん こんばんは。

本番で結果を出してくれたのは、私も安心しました。チームが負けたのは無念ですが、次はきっと勝ちます^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 22:29
でぃあさん こんばんは。

でぃあボーイはまだこれからですよ^^
うちも低学年の頃はそんなもんでした^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 22:30
キャプテンの父さん こんばんは。

このエントリーは私の主観で書き上げたものです。
ゲンジ本人は試合後に、ニコニコ笑っていた訳ではありません。当然ですよね。試合に負けたのですから。
チームの勝利を考えず、自分の成績だけを考えていたなら、試合後に悔し涙は流さないと思います。
結果は負けましたが、かといって彼がチームをまとめていないとは思っていません。
日々の練習でも常に先頭に立って取組んでおります。
プレーをする以上、個々が努力をするのは当たり前の事です。エラーをしないよう、ヒットが打てるよう、常に努力をしてきています。

主将として100点とは言いませんが、概ね私は評価しています。 元旦のエントリーにも書きましたが、上部大会進出は本当に悲願なんです。
3つのチャンスがありますが、そのうちの一つが今回終わりました。残り2つに全力で勝ちきりたいです。そこを勝つには、息子自身の打撃と守備の安定は不可欠です。

前週の練習試合では、個人的に調子が悪かったですが、主将の役目を放棄していた訳ではありません。
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 22:54
プーミーさん こんばんは。

身体も大きくなり、特に精神面が格段に伸びたような気がします。
この年代は短期で思いがけない成長を遂げますね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 22:59
てんてんさん こんばんは。

前週の不調が逆にバネになったようです^^
「怒り」がパワーを生んだのですかね?
盗塁は投手のクイックモーションも成功要因の一つです。バッテリーの協力で勝ち獲った結果です。

新聞に紹介されましたか^^ いい意味でプレッシャーとして捉え、選手諸君の意気込みに繋がるといいですね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 23:07
たえこさん こんばんは。

すみません・・ ありがとうございます。
主将就任時は幾つか不安要素もありましたが、本人もどんどん成長していきました。
とても善い経験をしていると思ってます。
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 23:15
hitomiさん こんばんは。

「もし不調だったらどうしよう・・」
親としてこんな想いがあったんです。
要の捕手が不調だと、勝利を挙げるのは困難ですからね。
払拭したのは幸いでしたが、チームの勝利に結びつかなかったのがとても残念です。
試合後、ベンチ前に整列し、「応援 ありがとうございました!」とスタンドに向かって挨拶した息子を見た瞬間、私は涙を止める事が出来ませんでした。
同時に逞しくなった息子に嬉しさも込み上げました。悔しさ半分、嬉しさ半分の不思議な涙でした^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 23:43
ハチローさん こんばんは。

5番打者がゲンジにライバル意識を持っています。
互いに刺激しあってます。打撃成績もこの二人が中心です。どんどん競争してほしいです。
ちなみにプライベートでも仲が良いです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 23:47
ハッシーさん こんばんは。

捕手が後ろへ逸らさず、どんどん前にボールを落とせば、投手も安心して投げられますからね^^
実はこの練習、かなり力を入れて取組んできたんです。その成果が現れてきました。
生で見たかったですか?^^ 案外近くかもしれませんよ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 23:51
おちあいさん こんばんは。

私もホッとしました^^ 直前まで心配で・・・
でも油断は禁物ですよね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月24日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。