2005年05月23日

意識の変化

前回の続きです。
 
2002年6月
 
サッカーW杯の観戦後、電車を待つホームで
「どんな事でも、練習すれば上手になるかな?」とつぶやいた息子ゲンジ。
 
熱戦の余韻が残っているのか、いつもなら決して出てこない言葉だ。
ゲンジからそうした言葉が出て、ドラ夫はとても嬉しかった。

その話題をもう少し突っ込みたかったが、直後に電車が到着。
満員で会話を交わす余裕がない。
 
町田駅を過ぎたら多くの乗客が降り、ようやく座る事が出来るも、
ゲンジは座るなり眠りについた。試合が終わったのが夜の9時過ぎ。
疲れているのも無理はない。

途中の乗り換えを除き、ずっと寝ていたゲンジと、
その日は会話をする事なく自宅へ戻った。
 
翌日、仕事終えて帰宅するとゲンジが庭先でバットを振っていた。
その光景を見た時、なんとも言えない嬉しさと懐かしさが交錯した。
前年の気管支炎発病以来、半年振りに見る「個人練習」だ。
 
更に追い討ちをかけるように、帰宅したドラ夫に対して
「グランドに行って練習しようよ!」 
 
ずっとこの言葉を待っていた。妻との言い争いからここまでの四ヶ月間、
ゲンジ自らの この言葉を待っていた。
 
ドラ夫もヤボな事は聞かず、「よし行くか!」 と応じた。
 
ゲンジの中に、何らかの意識の変化が生まれた。
そのきっかけが何なのか? そんな事はどうでもよかった。
この時は、ただ素直に嬉しかった。
 
これ以降、徐々に快進撃が始まる事になる。
 
続きは後日。


この記事へのコメント
待ってました!といった感じですね。
でもよく4ヶ月もじっと我慢できましたね。凄い精神力だと思います。私は絶対真似できません。

でも4ヶ月熟成させたから、うまいぐあいに発酵して違うステージへ上っていけたのでしょうね。
私だったら、発酵する前に蓋を開けてしまいますから。自分自身で考えて、答えを出す。これは正真正銘の本物ですよね。
我が家にも、そんな日が来て欲しいです。
Posted by 星 十徹 at 2005年05月24日 08:28
野球ではなくサッカーがきっかけになるなんて‥わからないものですね。何か物語を読んでいるようで続きが楽しみです。

先日はたくさんのアドバイスありがとうございました。その後動きがありましたので報告します。

前大会(2回戦敗退)の反省会が22日の夜にありました。その場に「大御所のコーチ」とエースの子の父親がいなかったこともあり、チャンスだと思いました。
話すタイミングだけは慎重にと考えていましたがそんな心配は要りませんでした。どのコーチも一斉にエースの子への不満をぶちまけたのです。
どうやらエースの子のストライクが入らなかったことで格下のチームに敗戦したことよりも、最近の態度が不満の一番の原因でした。
どうやらエースの子はあの試合(5対10で敗戦)は「5点しか取ってくれなかった打線が悪い」と思っているらしいのです。あるコーチが試合のあと、四球死球の連続にさぞ落ち込んでいるだろうエースを慰めようと近づいたところ「なんであんなチームから5点しかとれないんだ!」と怒っていたというのです。しかもエラーした子やチャンスで三振した子への文句をタラタラと‥。
エースの子は5年生ながら6年生を差し置いてピッチャーになったことで「天狗」になっているようなのです。
エースの父親も子供にとても甘く、試合後「オレはケンカで負けなければ野球で負けてもいいと思っている」という冗談なのか本気なのかわからない発言も話題になりました。ワタシもいくななんでもそれはヒドイと思いました。我が子へ慰めの意味で言ったとしてもこれはマズイですよね。野球はチームスポーツ。これでは試合内容同様、エースの一人相撲を親が公認してるようです。

今回の大会はとても恵まれた組み合わせに見え、優勝も狙えると思っていたコーチも多かっただけにこの敗戦にはみな納得がいかないようで、過去一番長い反省会になりました。
そして監督の口から「ウチの息子をピッチャーにコンバートし先発で試す」「打順を組み替えてみる」「補欠選手をレベルアップさせレギュラー組に危機感をあたえる」という言葉がでました。

‥ほっとしました。全身の力が抜けましたよ。とてもうれしい言葉でした。
でもこの反省会のことは息子には何も言いませんでした。今までどおり自宅練習をさせるつもりです。それに次回の練習からマウンドに立ったとしても、油断すればすぐに元のポジションに戻されるんだと言い聞かせます。天狗になったらエースの子と同じですもんね。それにエースの子は同級生で幼稚園からの幼なじみ。一緒に切磋琢磨することが一番だと思いますから。

また練習風景や試合などで何か気づいたことがあったら報告します。ワタシ自身こちらに書き込みしてとても気が楽になりよかったと思っています。ありがとうございました。
長々とすみませんでした。これからもよろしくお願いします。
Posted by 寝てるゾウさん at 2005年05月24日 08:39
意識の変化?
息子の場合何時だったのか?
ずっと考えてましたが、解りません。
2年の途中から入部したので、負けん気だけで此処までやってきたのかもしれません。
体が平均サイズなので、大きい子に負けない事と云う目標が常にあります。
そんな訳で向上心の塊みたくなってしないました。(母親は、勉強もその位やれと怒ります。)

寝てるゾウさん、よい方向に向かったみたいですね。でも投手の親は心中穏やかで入られませんよ(笑) 後は大御所コーチがどう出るかですね!
Posted by つよし at 2005年05月24日 09:50
二人ともに未だですね!?声掛かる瞬間を心待ちです。
Posted by ぶったたけ! at 2005年05月24日 10:59
ここからの快進撃。楽しみにしております。
Posted by 前田を目指す者 at 2005年05月24日 13:35
十徹さん こんばんは。
この時は我慢というより、意地の張り合いでしたよ^^
今から思えば、最初に結果が伴わなくて良かったのかも? と思いますね。
何もしないでそれなりの成績でしたら、現在の息子の実力はもっと下がっていたと思います。
 
 
 
 
寝てるゾウさん  さんこんばんは。
エースの子、そのような傲慢さではいけませんね。
ある程度の「お山の大将」は許容出来るかもしれませんが、
言動を見る限り、少々 度が過ぎていますね。
一度、頭を冷やすにはよい機会でしょう。
 
ポジションや打順の見直しで、その子にも良い方向に進む事を期待したいです。
さて息子さん、チャンスが巡ってきましたね!
これまでの個人練習の成果を試す時です。
初めから大きな期待を抱かず、長い眼で見てあげてください。
投手は経験しながら育つ場所ですからね。
 
 
 
 


つよしさん こんばんは。
息子さんは初めから強い気持ちをお持ちなのでは?
ですから「意識の変化」が無いのですよ^^
ある意味、逞しく感じて羨ましいです。
うちの息子はこの当時、向上心など稀有でしたからね。ホント、苦労しましたよ・・
 
 
 
 



ぶったたけ!さん いつもどうもです。
今までのお話を聞く限り、ぶったたけ!さんの二人の息子さんは、
自意識が確立されておられると思いますよ^^
まぁ更なる「意識の変化」を求めるのは、どこの親も同じかもしれませんが^^
 
 
 

前田を目指す者さん こんばんは。
この後は私も驚く程の活躍でした。しかし投手の挫折等、
新たな課題も出てきます。今後の展開にご期待ください。
Posted by ドラ夫 at 2005年05月24日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。