2007年04月10日

出したくても出せれない子・・

今期初の試合を行った週末は、2試合でほとんどの選手を起用しました。

しかし一人だけ起用するには至らず、2試合共ベンチの子がいました。
その子をA君とします。A君は2年生。ポジションはライト。

小学校の時は野球をしておらず、中学になってから始めました。
体格は平均レベル。だが現状の力量は、試合に出せる技量が備わっていない。

練習態度は真面目。欠席も少ない。
だがなかなか上達しない。。。 なんとかしたいのですが・・

何か一つ売り物があればいいのですが、
ゴロは弾く。フライは追えない捕れない・・
打席に入ればストライクを見逃しばかり・・

ボールを無意識に怖がるのか、ゴロもフライも身体を正面に入れる事が出来ません。
グラブだけボールのほうへ出し、身体はいつもボールの横。

何度か集中的に指導もされましたが、改善されないまま。
言い難い事ですが、監督・コーチは既に見放しているようにも見える。

そうでなくとも有望な1年生も数人入部してきた。
A君の立場は益々厳しい。

チーム練習もこれからは連携を中心としたメニューが増えてくる。
個人の技量を伸ばす練習は限られてくる。

またA君が現状のままでも、取り敢えずチームには影響は無い。
外野手候補は大勢いますので。

だが私はこうした事に目をつぶりたくない性格。
なんとか上達させたいのですが・・

いま頭にあるのが『代走要因』 走塁はそれほど劣っていませんから、
そこに活路を見出してみたい気もする。
勿論守備や打撃も見捨てたくはありませんが。

公式戦はベンチ入りメンバーは限定されるので、
現状ではA君の出番は不可能。問題は練習試合ですね。

先日の練習試合も、出そうと思えば出す事は出来た。
しかし2試合共接戦でしたから、試合状況がそれを許しませんでした。

例え練習試合と言えども、今年最初のゲームですから、
やはり勝ってはずみをつけたい。そんな展開でしたから、
A君が出場する余地はありませんでした。
大差の展開なら出せますが・・

マンツーマンでみっちりと教えてみたいのですが、
週末の練習中ではそれも難しい。
他にやらなければならない事が山積されているので・・

手伝い親父が大勢来た時に監督の了解をとり、A君を見てあげたい。

出したくても出されない子。
他のチームではどのような扱いをされているのでしょうか?

私は最後まで見捨てたくないのですが・・



posted by ドラ夫 at 23:58| Comment(34) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私たちのチームにもいます。
学童野球は得失点差などで、勝敗が決まってるのに攻撃を行う回があります。
そんな時 代打等で出場したりしてます。
Posted by ケロの父 at 2007年04月11日 01:46
難しい問題ですね。
私の息子も全く同じ様な状況でした。一度指導者にダメのレッテルを貼られてしまうと、それを拭い去って信頼を獲得するには茨に道が待っています。
私も極力チームでその様な状況に居る子を何とかしたいと思っていますが、今の様に大事な大会の最中ですと、勝利に直結するための施策に注力するしかないです。
A君には何とか頑張って少しでもチームの戦力になる道を手にしてもらいたいです。
Posted by 星 十徹 at 2007年04月11日 07:14
本人の努力+指導者さんの指導でしか打開策はないように思いますね。。
自分に足りない部分の把握とそれを克服するための練習内容・・・。指導者が少ないと無理があるかもしれませんが、こういう子を指導したがるのは私だけでしょうか・・・。
上手い子って、ほっといても上手くなるからおもしろくないんですよね^^;
Posted by タイムリーパパ at 2007年04月11日 08:30
チームと個人、本当に難しい問題です。学童の最終学年になるまでなら、多少目をつぶっても使うことはできると思いますが、それ以上となると・・・
ましてもう中学ですから練習試合といえども、公式戦につなげることを考えるでしょうから。

中学に入ってから始めた野球です。小学生とは違い友達がいるからではなしに、やりたいから、好きだからやっているのだと思います。だからこの気持ちを切らないようにしてやりたいです。

いまはドラ夫さんの考えているとおり、何か一つ武器を身につけていくしかないと思います。
私も、「バントでも、盗塁でも何でもいい、これだけは人に負けないものを持てば試合に出られる」と言っています。

本当にまじめに一生懸命やっている子は何とかしてやりたいです。
Posted by 背番号70番 at 2007年04月11日 09:11
その選手って福留くんでは?
って思ってしまいました。
ちょっと前の福留くんはまさにそれでした。
一時期、守備をあきらめ、代打要員を狙い打撃練習を集中的に行いました。
パワーだけはあったので、そこにかけてみました。
しかし、そういった選手が出るには個人指導が不可欠ですし、中学になれば変化球もあって話は全然、別になりますね。

その子が試合に出るには走塁を鍛えるしかなさそうですね。
がんばってほしいです。
Posted by おちいあい at 2007年04月11日 09:20
なんとか、試合での緊張感や喜び悔しさを経験させてあげたいですね!!
ただ本人が目覚めて(試合に出たい、上手くなりたい、人一倍練習する等)くれないことには、難しいでしょうねぇ〜。
Posted by ヨウボン at 2007年04月11日 09:37
たぶん、この子はおとなしく素直そうな子なのではないでしょうか?
得てして、そういう子は「貪欲さ」に欠ける場合があり、ことスポーツの「正」「控え」として分けられる場合、「控え」でもあまり悔しさを表に出さないし、「正」の子に比べ悔しさが薄いのではないでしょうか。
要は(表現は悪いですが中学生レベルのことなら)「気持ち」の問題だと思います。
本人に「貪欲さ」が出てこない限り、「正」への道は険しいでしょう。ですが、そういう野球も「彼の野球」なわけで、「本人がそれで(納得せざるをえないが)納得してしまう」のであれば、そこどまりの野球が彼の野球なのでしょう。
Posted by touch at 2007年04月11日 10:31
野球の好きなのと上手いのは、違うような気がします。多分その子は、好きで入ってきた子だと思います。中2になって、「やはり小学生から経験している子は上手いな。」などと、思っていると思います。ドラ夫さんの気持ちはわかりますが、後は本人の努力しだいです。試合に出たいと思えば、必ず努力しますって!反対に、特別練習を組まれると、落ち込む子もいるとおもいますよ!難しい問題だとは思いますが!
Posted by 大魔神 M at 2007年04月11日 12:05
ドラ夫さんの考え方、気持ちとっても嬉しいです。何故なら、我が家の長男君がA君と同じ様な状態に近いから・・・。それでも息子は楽しそうに、練習や自分は出てもいない試合の話をしてくれます。

本人は試合に出たいと口では言ってますが、反面、自信が無いのも確か。かと言って、自主練するわけでもなし・・・。親としてはドラ夫さんみたいに指導者が思ってくれてるとしたら、逆に申し訳ないなぁと・・・。

touchさんのおっしゃりたい事良く分ります。長男もそれに近いのかも知れません。実際次男の同級生にもそう言う子がいましたから。

日曜日、長男の練習試合に足を運ぼうと思っています。
Posted by ハッシー at 2007年04月11日 13:19
みんながみんな夢を持って野球しているわけだし 全員がその夢をかなえられるわけでもないから、希望だけは子供にもたせながらどんな子も野球と正面から向き合える環境は指導者が作ってあげないといえないと思います。最低限、野球をやめたあと大人になってから始める草野球の試合前日の夜、わくわくして寝つかれない位の気持ちにさせて上げられるような野球人にさせてあげるのが努めだと思っています。
Posted by F at 2007年04月11日 14:15
ちょっときつめの意見になりますが・・・
野球ほどメジャーなスポーツになりますと観たり語ったりするのは好きだけど実際にプレーするのはどうも、という人はたくさんいると思います。実際プロ野球ファンなんてほとんどそうですよね。バッセンの80kすら打てない人が打撃論を語ったりします。
小学校低学年ならまだしも、中学でボールを怖がる子が野球部に入る動機というのが私には計りかねるのですが、想像するに野球を取り巻く雰囲気に浸りたいのかなあ・・という気がしなくもありません。もしそうだと勝利を希求する他の部員とはベクトルが違いすぎますので、この子に個人レッスンを施すのはこの子や他の部員のためにも良くない気がいたします。
辞めろ、とは申しませんが試合に出られない事も含めてなるがままの現実をこの子に受け止めてもらうしかないように思いますがいかがでしょう。
Posted by 五十路コーチ at 2007年04月11日 16:34
見捨てるべきではないと思います。
絶対に。
どんなに服装や生活態度は乱れていても、
その種目に対して真面目に取り組めて、
努力もしているならば上手い下手にかかわらず
誰でもスポーツをやる権利はあるはずです。
見捨てられる側は、見捨てる側の想像以上のダメージを受けます。とにかく、
試合に出られないことは納得してもらうほかないかもしれません。
それでやめてしまうようなら、本当の意味で野球が好きではなかったのでしょう。
むやみに人を見捨てることは、トラウマをつくり、長い先の人生から先ほどの権利を奪ってしまうことになるかもしれないと思います。
大袈裟になってしまってすみません。。。

Posted by 仙人掌 at 2007年04月11日 18:55
本人はどう思っているのでしょう?
仲間と一緒に野球をするだけで満足?それとも上手くなって上を目指す?
少年野球でもそうですが、不器用な子は時間が掛かります。でも、やり方によっては短期間でそこそこまで上達するかもしれませんよね。中学生ですからもう自分で考え行動できる年齢ですから本人次第というところもあるでしょう。
ドラ夫さんが宿題を出してあげたらいかがでしょう。メンタルを含めて。
Posted by Fastballer at 2007年04月11日 20:25
難しい問題です。

うちにも個別で時間を取ってあげたい子が二人ほど
いますが、それぞれスコアラーで満足している感が
あり、周りの子がどんどん上手くなっていく中で
危機感もあまりありません。 本人なりに少しずつ
上手くなっていくことに対しては満足感を感じて
いるのかも知れませんが、何せ顧問が1人、副顧問

来たり来なかったりという状態ではなかなか手が回り
ません。でも見捨てることはせずに一日に何回かは
声かけをするようにしています。
Posted by shun at 2007年04月11日 21:01
ケロの父さん こんばんは。

リーグ戦などは勝敗が決まっていても、裏の攻撃を敢えて行う場合もありますよね。中学ではありませんねぇ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 22:03
十徹さん こんばんは。

最初のチャンスをきっちりと決める子。活かせない子。色々ありますよね。
A君も昨年は数回代打で起用しましたが、消極的で見逃しばかりです。これではレッテルを貼られても仕方ありません・・・ 気持ちの問題もあると思います。本人の気持ちを出してほしいです。
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 22:06
高校デビューの私から言わせていただくと、A君は中学からデビュー出来ているだけでも羨ましいところなのですが、球を恐がっているようでは先行きは暗いですね。
レギュラーになるためには、メンバーにも認められなければならず厳しいものです。私の高校野球部では、練習試合さえも出場することなく引退していった先輩が何人もいましたが、最後までやり遂げたことが大きな財産になっていると思います。
野球が好きなら、球なんか恐がらずに必死のパッチで頑張ってもらいたいです。
Posted by DO親父 at 2007年04月11日 22:07
タイムリーパパさん こんばんは。

劣る子を伸ばすのは、言い方は変ですが「やりがい」があります。ただ本人のやる気がまずは大前提ですね。
巧い子はそれなりに高度な部分も指導出来ますから、それはそれで面白いのでは?^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 22:09
背番号70番さん こんばんはお久しぶりです^^

まずは一芸を身に付けさせたいところです。
極端な話、ランナーコーチでもいいです。
本人が嫌なら練習にも出てこないと思います。
参加してくるわけですから、何か一つ自信のつく項目を植えつけたいです。バントですか? それも一考ですね。「バントなら誰にも負けない」 こんな選手、うちにはいませんからチャンスかもしれません^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 22:13
今の自分と似たような方だと思います(苦笑
自分はベンチに入ってスコアを書きながら、最終回2アウトぐらいになると代打で出してくれるという風にして試合に出してもらっています。
自分もボールが怖かったですが、試合のときにファールボールがライナーで自分の頭に当たったときに痛くなかったので怖くなくなりました^^
Posted by スカイ at 2007年04月11日 22:18
おちあいさん こんばんは。

福留君も過去はそうでしたか。今では立派な戦力に成長しましたね^^
思えばうちのゲンジも最初はこんな感じでした。
まぁ彼は外野守備の訓練からスタート。特訓のおかげで守備は認めてもらえました。次は打撃。三振街道驀進・・
次から次へくる目標を、少しづつクリアしていきました。
親子だからこそ出来た部分もあります。
A君のお父さん、私は一度も見た事がないです・・
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 22:19
ヨウボンさん こんばんは。

仰る通りです。もっと強い意欲を出さないと、これからは益々厳しいです。それに本人が気がつけばいいのですが。見ていてまだ無邪気なところがあるんですよねぇ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 22:22
touchさん こんばんは。

>この子はおとなしく素直そうな子なのではないでしょうか?
得てして、そういう子は「貪欲さ」に欠ける場合があり、ことスポーツの「正」「控え」として分けられる場合、「控え」でもあまり悔しさを表に出さないし、「正」の子に比べ悔しさが薄いのではないでしょうか。


ドンピシャです。全くその通りです。
touchさんの推察は凄いですね。ここまで当ててしまうとは・・

正直、A君の姿勢は見ていて歯痒い面も感じます。私が親なら当然黙ってはいません。
悔しさを前面にだしてくれれば、それに応えたいというのが人情です。
『彼の野球』、もう少しキャパが有るように思うのですが・・
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 22:30
大魔神 Mさん こんばんは。

そうなんですよね・・ 逆にそこそこ野球は上手いのに、心底から野球が好きじゃない子もいます。
なんというか、世の中面白いですよね(^^;
何事も簡単に妥協はしてほしくないです。
A君自らの奮起を期待したいです。
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 22:43
ハッシーさん こんばんは。

実は以前から申し上げようかどうか、悩んでいた事がありました。
そう 長男君のことです。
どうしても次男君のお話が多く、また次男君はチームの中心。親としてそちらに期待が強まるのも無理はありません。
しかし長男君の試合にも足を運んでほしい。常々私はそう思っておりました。

確かに出場の機会に恵まれていないかもしれません。片や次男君は絶対に試合に出れる立場。
足がそちらに向くのも判りますが、長男君の心中を想うと、なんとも悩ましいですね。

以前、長男君の新しいグラブを購入された時、『日頃観戦に行けない、せめてもの罪滅ぼしに・・』というコメントを頂いた時、私は心底から嬉しかったんです^^
そして今日のコメントの、『日曜日、長男の練習試合に足を運ぼうと思っています。』
これも嬉しかった。二人いると観戦も大変ですが、今後は是非ソフトのほうにも応援に行ってあげてください。
生意気な物言い、お許しください。
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 22:54
Fさん こんばんは。

私がこれまで一緒に携わってきた監督さんのお考えを書きます。
学童時代の監督は、『子供に野球を好きにさせる。これを第一に考えたい。』

現クラブの監督は、『高校に入って野球をしても、最低限困らない技術を植えつける。これが優先』

どうでしょうか? 私は両方正しいと思います。
でもクラブの監督のお話は、A君には全くあてはまりません。ある意味「切捨て」ですね。

どのレベルに合わせるか? A君のレベルにチームが合わせる訳にはいきません。そこが今回の悩みなんですよね・・
大人になっても野球。これは賛成です^^
生涯スポーツとして取組んでもらえれば嬉しいですね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 23:02
五十路コーチさん こんばんは。

実は・・ 私の心の奥底には、五十路コーチさんのご意見もある程度は存在してました・・
年頭の挨拶にも書きましたが、上部大会進出は私の悲願なんです。怨念に近いかもしれません。
頭の中はその一点に集約されています。
正直そんな状態で、A君の個人特訓は・・ 優先度合いで言えば下のほうになってしまいます。

でも・・ それでもA君をこのままにしておけない。とも感じてしまうんです。贅沢ですよね・・

安易に私は見捨てたくはありませんが、突きつけられた目標には全力で取組みたい。
勝負師として私の考えは甘いかもしれません。
非情になるのも時として必要なのは認識してます。
でもご指摘のように、個人的特訓は少し考えてから決めたいです。弊害もありそうだと思いましたから^^

Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 23:16
仙人掌さん こんばんは。

大袈裟だなんてとんでもないです。
うちの息子と同世代なのに、ご自分の意見をしっかりと伝える。立派ですよ^^
うちの息子なんか口下手で文才も有りませんから、雲泥の差です^^

さて私はA君が今の練習態度を続ける限り、見捨てるような事はしません。
でも挨拶や態度などに変な行動が見られた場合、まずは注意します。それでも姿勢が改まらない場合は、見放す事もあるかもしれません。

でもA君は『いい奴』ですから、絶対に大丈夫です^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 23:26
Fastballerさん こんばんは。

本人からはレギュラー奪取 という強い気持ちは正直見えてきません。
自分の中でも半分は諦めている部分も見受けられます。でも3年生が引退すれば、努力次第でポジションは夢ではありません。
そのためには今から取組まないと遅いですからね。
本人がそれをどう捉えているか? ここが問題です。

宿題。いいアイデアですね^^ ちょっと考えてみます。
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 23:33
shunさん こんばんは。

やはりそちらにも似たような子がいましたか^^
shunさん一人じゃとても無理ですよね。全体練習がメインになるのは必然ですから。
選手層を厚くすればチーム力も上がります。
そういう点で控え組のレベルアップは不可欠ですが、いかんせんA君は基本がまだまだなので(^^;
私も練習日は全員に一言は話をするよう心がけています。基本的に話をするのが好きな性分なんです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 23:41
DO親父さん こんばんは。

昨年の卒業生で、敢えて強豪校の野球部へ入った子がいました。ベンチ入りすら困難でしょう。でも彼は言いました。
『試合に出られなくてもいい。3年間ここの学校の野球部で活動したい』と。
私は感銘を受けました。こうした考えもあるんだな。と。
彼もきっと大きな財産を得て卒業するでしょう。

Posted by ドラ夫 at 2007年04月11日 23:53
スカイさん こんばんは。

頭に当っても痛くなかったのですか?^^
でも当たり所が悪いと大変な目に遭いますから、十分注意してくださいね^^
私も軟球は全然怖くありませんが、さすがに硬球は怖いです・・・ 当るとかなり痛そうですから^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月12日 00:01
ドラ夫さん、暖かいお言葉ありがとうございました。長男は身体だけは現在178センチと恵まれているんです。ただ、外見にそぐわず中身がとっても幼いのですよ。それでも遠くまで1人で通わせているせいか、随分逞しくなったなと思います。
彼の時間はゆっくりと流れているのでしょうね。

その後のA君の様子も時々アップして下さい。

ドラ夫さん、お大事に・・・。
Posted by ハッシー at 2007年04月12日 10:27
ハッシーさん こんばんは。

中3で178。立派な体格ですよ。まだ伸びそうですね^^
時間がゆっくり  長男・長女というのはそんなものじゃないでしょうか?^^
駆け足で過ごす必要はありません。それでいいと思いますよ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月12日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。