2007年03月25日

頼もしいのか辛いのか?・・

金曜の午後は時間に余裕があったので、
春休み中のゲンジを引き連れて、グランドで自主錬を行いました。

幾つかメニューをこなしましたが、今日はその時のフリー打撃について。

バッセンには定期的に通ってますが、所詮はマシン相手。
人間が投げる場合とは色んな面で異なるもの。

チーム練習では人が投げるフリー打撃もありますが、
人数の都合で打てる球数は限られる。

そこでこの日は私がピッチャー役をして、
ゲンジに多くの『活きた球』を打たせる事に。

ただ私も最近は歳のせいか、以前ほどの球威は無い(^^;
そこで通常の18mから少し前に出て、役16mの距離から投げる。

これで多少はハンデも埋まるでしょう。
この距離から私なりに全力で投げました。

そこでちょっと面白い現象が・・

ど真ん中のボールをかなり打ち損じていたんです・・
俗にいう『絶好球』 これをほぼ半分は打ち損ねていた・・

これだけならかなり悲観するんですが、
逆に難しいコースを、上手くヒット性の当たりにしていた。

どうしてなんだろう?。。。。

喜ぶべきか? 憂慮すべきか? ちょっと悩みました。
16mの距離がタイミングを狂わせたのか?
そう思い、老体にムチ打って18mから投げる事に。

だが相変わらずド真ん中が打てない・・
そして私の手元が狂った難しいコースを難なく跳ね返す・・

たまたまこの日の調子が変なのか?
それともこれが現状の力というか、クセなのか?
ちょっと計りかねてます。

打てて当たり前のド真ん中。これが打てないと4番として辛い。
だが難易度の高いコースが打てるのは、4番として頼もしい。

もう一度こうした機会を作り、じっくりと観察してみたい。
経験者の方、こういう経験はございますか?

アドバイスがあれば是非お願いします。



posted by ドラ夫 at 23:19| Comment(21) | TrackBack(1) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
多分フォームのどこかがおかしくなっているのかもですが、私には分らないですぅ。。。。。
すいません。
でも18mからストライクが入るドラ夫さんがうらやましい。。。。。。。
Posted by リナケイパパ at 2007年03月26日 09:48
実際に見ていませんから何とも言えませんが、真ん中絶好球は「いいスイングで打てる」と思い、結果微妙に余計なところに力が入ってしまって、ポイントが少しずれてしまうことはありがちですね。
逆にきわどいタマは、練習の成果なんでしょうけど、とにかくタマに素直に反応できているんだと思います。

参考になるかどうかわかりませんが、TBさせてもらいます。
Posted by 少年野球コーチ at 2007年03月26日 09:56
絶好球の為
目を早目に切っちゃって、迎えに行っちゃってるか???
つい 力みが上体に加わって、素直にヘッドが 出ずにいるか??
P返しの心理依り、打ち分ける気持ちが 強く頭に有るんじゃないでしょうか?

…顧問が、変わりました。。。
 又、正式に(内緒で)学校からのオファーが来ちゃいました ^^;
  只今、力陣の子達と(考え中デス!)駆引き中デス ^^
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2007年03月26日 13:42
一過性のものじゃないですかね? 今までの実績からして、そんなに悩まなくても良いような気がしますが‥
無責任な言い方ですみません。
Posted by ズンドコ節 at 2007年03月26日 15:09
どのような打ち損じなのか?ファールなのか?詰まるのか?引っ掛けるのか?
ゲンジ君でしたら、バッセンの映像、素振りの映像など、自分の映像を見て、自分の動きのちょっとした誤差を、すぐに見つけるのではないでしょうか。
「甘い球が来た!」
きっとどこかに力が入りすぎてしまってるんでしょうね^^
Posted by metoo at 2007年03月26日 15:12
こんばんは。
難しい球はなんとか芯に当てようとボールを見て振るので芯に当たったらいい打球が飛ぶのではないでしょうか。一方、甘い球は目をつぶっても当たるような気がするので、よく見ないで振るため芯に当たらずに打ち損じてしまうのではないでしょうか。甘い球こそしっかり芯で打つようにボールを見る癖をつけることが大事かと思います。なーんちゃって、偉そうに書いてみました。野球経験者でもないのに、すみません。
Posted by 中学野球.com at 2007年03月26日 21:48
ドラ夫さんこんにちは。
いい打者というのはそういうものだと聞いたことがあります。
張本氏が現役時代のインタビューで、「ゾーンを9つに分けたうちの8つまでは打てる自信があるが、ど真ん中だけは自信がない」と答えていたのを雑誌で見ました。落合氏も同様だそうです。
中学野球程のレベルにおいて、ゲンジ君もその領域に達したのではないでしょうか??
Posted by 仙人掌 at 2007年03月26日 21:51
リナケイパパさん こんばんは。

私、ピッチングには少々自信ありますよ^^
ただ近年に右腕を負傷しましたので、それがちょっと足かせになってますが^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月26日 22:38
少年野球コーチさん こんばんは。

TBありがとうございます。
TBのエントリー、よく覚えてました。
息子は選球眼は親の目で見ても良いですね。
ボール球には手を出しません。
今回の問題、父親のヘナチョコ球だと見くびっていたのでしょうか?^^ それならいいのですが、根本的に何かおかしいのか?
後日また確認してみますね。
Posted by ドラ夫 at 2007年03月26日 22:45
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

オファーですか! いいじゃないですか^^
例の校長先生からの打診でしょうか?
顧問の教諭も交代なら、心機一転にもなります。
是非 前向きに^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月26日 22:50
ズンドコ節さん こんばんは。

大した実績でもありませんけど・・^^
楽観じゃないですが、多分大丈夫だとは思っているんです。
難しいコースは打ててますから^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月26日 22:52
metooさん こんばんは。

>ファールなのか?詰まるのか?引っ掛けるのか?

本文にこれを書くのを忘れてました(^^;
ほとんどが内野フライです。下からバットが出ているんですかねぇ?
なにしろオヤジは投げるのに精一杯で、フォームを見る余裕がありません。。。
Posted by ドラ夫 at 2007年03月26日 22:55
中学野球.comさん こんばんは。

案外、ご指摘のような事が正解かもしれません。
真ん中のボールを甘く見ているんでしょう。
まして投げているのが中年のオヤジですから、余計に舐めているんでしょうか?^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月26日 22:59
仙人掌さん こんばんは。

張本氏 落合氏 いずれも大打者ですよね。
『ど真ん中は案外打ちにくい』
この言葉は以前に私も、どこかで聞いた事があります。
でもゲンジの場合は、とても技術を極めた部類には程遠いですよ^^
ですから何か原因があるんでしょうね。
ただ難しいコースの打ち方は、進歩していると思っています。
Posted by ドラ夫 at 2007年03月26日 23:03
昨年までの。。。(学童野球時分から ずぅ〜っと、拘束されっぱなし)
 広岡式管理みたいな体制に ウンザリしてるのが、現在の(中途半端反抗期)主力陣です

上手く言えず...仕舞いですが、(実の親以上に)ボソっと本音を洩らしてくれるのも
 & この子等の性格等を把握してて コントロール出来るのも 私しか居ないと自負し
  真剣さの中にも笑顔ある野球をしたいのは... 私の想う所の野球でも 有ります!

『必要』 最近。。。
 この二文字 で、物事を判断してる!? 傾向で ^^
全て 足並みが揃わないのは承知の上、・・・新顧問教諭とすり合わせをし、近々 決断します。



Posted by ぶっ叩け〜!! at 2007年03月27日 10:00
松中もど真ん中を打ち損じるどころか空振りするんですよね。軟式ってのも影響しているのでは?
私も中学は軟式でしたが、やはり少し厳しいコースのほうが結果的にヒットになることは多々ありました。
Posted by コン at 2007年03月27日 16:36
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

>真剣さの中にも笑顔ある野球をしたいのは... 私の想う所の野球でも 有ります!

いいお言葉ですね。大賛成です。

また子供達に慕われている様子も伝わってきます^^
正に適任ですよ。ぶっ叩け〜!!さんの就任は。
なんだかワクワクしてきました! 実現の暁には、何かお祝いを贈らせてください^^

Posted by ドラ夫 at 2007年03月28日 00:11
コンさん ありがとうございます。

コンさんも同じような経験がお有りなのですね。
まぁ中学3年ともなり、まして息子は一応4番ですから、失投でもない限り、ド真ん中は相手も投げてこないでしょうね^^
そこに期待するしかないですかね(^^;

楽観ですが、そのうちに克服すると思ってます。
Posted by ドラ夫 at 2007年03月28日 00:16
どうやら... 引き受けなきゃイケナイ必需性が有る 状況に成ってまいりました。。。
 昨年、半数以上の部員親子に否定され 解散した筈の倶楽部が…
  ? ナント 再編の奇妙な動きを し始めました… ^^; ?不可解ですねぇ〜

部活だけ/部活+ 強化練習/部活= 倶楽部 (私のは真ん中です)
 最悪... 三分割する結果に成るでしょう

ここで私が引き受けなきゃ、何の足枷も無くなり 再び... 私物化倶楽部が支配しちゃいます
 = に成れば、新入部員(1名のみ!?)不足が生じて... (転部が数名)廃部は 間違い無しです!
  いったい... 誰が主役達”なのか、と。。。 考えた事がないのでしょうね??
   全ては学校側の考え次第... ですが、個人としては ---天真爛漫等...の為に動きます
 



Posted by ぶっ叩け〜!! at 2007年03月30日 09:52
意思を伝えました...
すると、またまた... 新展開の動きが。。。

事を収めさせる為に 校長が顧問を引き受けましょう との意向です ^^;
(へぇっ 校長先生が…!? そんな例を 聞いた事無いんだが…)
                                 ---つづく---
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2007年04月01日 15:28
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

レスが遅くなり申し訳ございません。
クラブ再編? なにやら色んな動きがここにきて出てきましたね。
そして校長先生が御自らご出馬ですか!?
これもまた・・ 「つづき」が気になります^^

>天真爛漫等...の為に動きます

大賛成です! 応援してます^^
Posted by ドラ夫 at 2007年04月02日 01:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

バッティング講座「球の見きわめ」(2)
Excerpt:  この週末も雨のようで、また試合が流れそうです。実はとっくに梅雨に入ってるんじゃ
Weblog: 少年野球コーチの独り言
Tracked: 2007-03-26 09:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。