2005年05月14日

ジレンマ

今日は練習試合が2試合あった。
結果は1勝1敗。
 
負けた試合は凡ミスのオンパレードで、悪い所が全て出た。
エラーと、記録に残らないミスで投手の足を引っ張る。
 
それと打線なのだが・・・
 
下位打線がさっぱりダメで、見ていて打てそうな気がしない。
今日は上位でチャンスを何度も作ったのだが、
下位がことごとく潰してしまう・・
 
ドラ夫はいつも自分でスコアを付けている。
今年になってからのスコアを見ていると、
下位打線の惨憺たる状況が浮かび上がってくる。
 
これは親バカかもしれないが・・
 
息子ゲンジならこうした状況を打破出きると思う。
こうして書く以上、これは自信を持って言える。
贔屓目ではなく、客観的に見てそう思うのだ。
 
今の6番〜9番の実力より、バッティング能力に関しては
ゲンジのほうが上だ。
ただ守備の絡みもあるので、打てるから即レギュラーというものではない。
 
けれど、結果を残せない今の下位打線に、なんらかの刺激を与えたい。
最後のイニングもゲンジの代打を期待したのだが、交代は無し。

まだ1年生なので、ベンチ入り出来ているだけでも上等かもしれないし、
上級生優先の方針にも異議を唱えるつもりはない。

 
ドラ夫はアレコレと口を挟む立場ではないが、ここ最近は
こうしたジレンマとの葛藤が続く。
 



この記事へのコメント
お気持ちは理解出来ます。うちのチームは昨年の話ですが、起用法を巡って酒の席で乱闘騒ぎがあったんですよ。その時の理由が、「上級生優先か、実力のある下級生か?」 での揉め事でした。 実力差があって外されるのは誰でも納得ですが、今回の記事のような状況でしたら、ジレンマも仕方ないですね。
Posted by シャドウP at 2005年05月14日 22:56
はじめまして。実は「我が子レギュラー化計画」など、つぶさに読んで参考にさせていただいております。
我が家も家族で少年野球に携わっており、ワタシはチームコーチ3年目(チームOB 野球経験それのみ)、息子は小学5年生(3年目レギュラーファースト)と2年生(2年目)です。
ジレンマということですが‥ワタシも同様です。
ウチのチームは年々部員が減り人数不足が深刻です。今レギュラーに6年生4人、5年生5人。打撃の方はまあまあで、いいときにはレギュラー全員安打なんてこともありますが、投げる方はエース的存在がおらず、毎回四球の連続。ランナーを貯めては一発浴びて大量失点。失点が得点を上回り、ラグビーのスコアのような負け試合を繰り返しています。
ワタシも含め、コーチの間には「ピッチャーを(ウチの息子に)代えたほうがいい」という声もあるのですが、大御所のコーチと2年目の監督がそんな声を聞き入れる様子がありません‥。
息子も投げたい気持ちが強いようなのですが、そんな息子には「お前は与えられたポジションをしっかりこなせ。そうすればいつか監督も気づいてくれる」って言ってますが‥。ツライですネ。

今日は大会2回戦。また書き込みさせていただきます。
Posted by 寝てるゾウさん at 2005年05月15日 06:20
はじめまして。実は「我が子レギュラー化計画」など、つぶさに読んで参考にさせていただいております。
我が家も家族で少年野球に携わっており、ワタシはチームコーチ3年目(チームOB 野球経験それのみ)、息子は小学5年生(3年目レギュラーファースト)と2年生(2年目)です。
ジレンマということですが‥ワタシも同様です。
ウチのチームは年々部員が減り人数不足が深刻です。今レギュラーに6年生4人、5年生5人。打撃の方はまあまあで、いいときにはレギュラー全員安打なんてこともありますが、投げる方はエース的存在がおらず、毎回四球の連続。ランナーを貯めては一発浴びて大量失点。失点が得点を上回り、ラグビーのスコアのような負け試合を繰り返しています。
ワタシも含め、コーチの間には「ピッチャーを(ウチの息子に)代えたほうがいい」という声もあるのですが、大御所のコーチと2年目の監督がそんな声を聞き入れる様子がありません‥。
息子も投げたい気持ちが強いようなのですが、そんな息子には「お前は与えられたポジションをしっかりこなせ。そうすればいつか監督も気づいてくれる」って言ってますが‥。ツライですネ。

今日は大会2回戦。また書き込みさせていただきます。
Posted by 寝てるゾウさん at 2005年05月15日 06:21
子供同様=保護者会1年生の立場から同じ気持です…もう少し我慢するしかないようですね。
ちなみにチビの試合は表攻め3回コールド負、救いは一人で4つOUT捕った事くらいでした。
Posted by 【ぶったたけ!】 at 2005年05月15日 12:34
シャドウP さん こんばんは。
奇遇ですが、今のクラブチームも昨年、慰労会の酒宴で、
同じような理由から小競り合いがあったそうです。
それがきっかけで、1名がクラブを辞めました・・
こんな悲劇は繰り返したくないものです。
 
 
 
 
寝てるゾウさん さん はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
 
現エースの子が不調続きなら、可能性のある子に
投手のテストをするのは自然な考えですよね。
にも関わらず、そうした意見に耳を傾けない監督は、
正直 理解に苦しみます。
 
寝てるゾウさん さんの知らない所で何か理由があるのでしょうか?
例えば、「投げ方」に投手向けではない致命的な弱点があるとか、
息子さんが現ポジションを離れると、その代わりにになる選手が不在とか。
 
もし、何ら問題が無いのなら、監督の育成能力が問われますね。
 
 
 
 
【ぶったたけ!】さん いつもありがとうございます。
お兄ちゃんも もう少しの辛抱ですね。
3年が引退した後の展望はどうですか?
その前に、新チーム始動の話の続報も気になるんですが・・・
Posted by ドラ夫 at 2005年05月15日 21:45
なぜか書き込みがダブってしまってすみません。

今日大会2回戦が行われましたが、5対10で負けました。しかも相手は誰が見ても我がチームのコールド勝ちもあったのではと思われていたほどの格下のチームにです。
戦犯はやはりピッチャー。初回に四球死球の連発で打者14人で8失点しました。それでもピッチャーを代えることなく最後まで。完全に相手を「勝たせた」試合でした。
息子はワタシの言いつけどおり、自分の役割をこなし、3打数3安打(右前安打、一内安打、中前安打)とがんばりました。

息子に致命的な弱点があるようには思われません。現エースの子と比較すると‥
その子と息子は同じ5年生。2人とも4年生からレギュラーなんですが、息子は4年生のときスランプ状態でまったく打てず、はじめ2番だった打順も8番にまで降格しました(現在6番)。特徴は左投げ左打ち。体の線が細くパワーはありませんが俊足でマラソン大会で優勝するほどのスタミナもあります。
エースの子は超ガッチリタイプ(悪くいうと太っている)で、4年生時打撃好調で長打を連発。7番だった打順も6番になりました(現5番)。そのパワーもあって重たい球を投げられるということでピッチャーに抜擢されたようです。
こう振り返ると監督への印象が悪かったのかもしれません。でもワタシはそれを早くから感じて、息子と一緒に人の倍練習してアピールしてきました。今日のような活躍もしてます。ちなみに遠投でもエースの子に負けません。でも、箸にも棒にもひっかからない感じ‥。

今の監督は今年で引退の予定です。来年まで我慢するしかないでしょうか?来年ならよくなるっていう保障もないんですけどね‥。
Posted by 寝てるゾウさん at 2005年05月15日 23:07
「寝てるゾウさん 」さん こんばんは。
 
状況は大体掴めました。
学童軟式で1番多いパターンが、コントロール不足からくる、
四球での自滅ですね。
 
投手は複数の選手で回さないと、大会によっては
連投禁止の場合もありますし、健康面でも懸念があります。
監督はベテランとの事ですが、そうした配慮に欠けているのは
なんともやりきれませんね。
 
現エースの子の為にも、ここは第2エースの育成が急務だと思われます。
 
練習試合の機会があった場合、強く申し入れされてはいかがでしょう?
 
チームの事を考えた上での意見なのですから、
なにも尻込みする必要は無いと思いますよ。
 
まして左腕なら尚更です。
 
失礼ながら、現監督さんは引退を前に、意識が低下されているのではないでしょうか?

 
Posted by ドラ夫 at 2005年05月15日 23:40
おはようございます。
寝てるゾウさんのお話、ドラ夫さんの考えに1票です。
何故適正を試す事もしないのか、解りません。
投手は、何人いても良いですよね。
チームコーチを為さっているのですから、もっと強く意見してもよいのでは?
Posted by つよし at 2005年05月16日 08:54
ドラ夫さん、そしてつよしさん。アドバイスありがとうございます。今朝も素振りをしてから学校に行った息子の気持ちを思うと、お二人のアドバイス心強く思います。

ただ実はまだ書き込みしていない重要なことがあります。
はじめの書き込みにもある「大御所のコーチ」。この人は「孫」が6年生でレギュラーという年輩のコーチ。ワタシとは倍近い年齢差があります。
去年の納会の席で現監督に、今回とは別の件である申し入れをしたところ、「監督のいうことが絶大なんだ!そんなことは一コーチが口を挟むことじゃない!監督の指示に従っていればいいんだ!!」と一喝されたことがあるんです。
それ以来、ワタシを含め若手のコーチは尻込み気味。何も口出しできません。
しかも今回「現エースに代わる存在」に一番近いのはたぶん我が息子。ワタシの口から言えば「息子にピッチャーやらせたいだけ」のただの親のわがままとも捉えられかねません‥。
ワタシ自身何度「ウチの子ためしに投げさせませんか?」と口から出そうになったことか‥。
ワタシのようなコーチが口さえ出さなければ、よそから見れば我がチームは「監督とコーチがまとまっているいいチーム」のように見えるでしょう。

ワタシがこのチームの現役だったころ‥もう遥か昔のことですが、我がチームは大会に出れば優勝、負けたりするものなら選手全員大泣きするほどの常勝チームでした。今と昔では違うと言ってしまえばそれまでですが‥ワタシはワタシと同じ経験を息子にもさせてあげたかったんです。打って投げて「野球」らしい試合をして、勝って喜んで、負けて泣いて‥。
Posted by 寝てるゾウさん at 2005年05月16日 09:26
ドラ夫さんのブログをお借りします。

寝てるゾウさん、さん初めまして。
息子の所属するチームは、昔から左利きは全員ピッチャー要員という決まりになっています。監督・コーチは左絶対有利と考えていて、球速の無い選手でも試合でよく使っていました。
3年前、絶対的エースが居ましたが、中盤四球で崩れることが多くありました。満塁という緊迫した場面でいつも左の救援投手を使っていました。私が見ていたうち失敗したことは無く、いつも颯爽とマウンドを降りる姿が凛々しく、左投手って
カッコイイ!と思ったものです。
コメント内容からすると、遅かれ早かれ、息子さんは投手に起用されるとこは間違いないので、その時鮮烈なデビューを飾るために、つめを研いでおかれては如何でしょうか?中途半端での登場でなく、デビュー即ノーヒットノーランとか達成したら最高にカッコイイですよね。
大監督は一言も発せられなくなりますよ。
Posted by 星 十徹 at 2005年05月16日 10:03
寝てるゾウさん さん こんにちは。
 
今のお立場、よく理解出来ます。私も似たような立場でした。
私もコーチの中では1番若く、また野球の競技経験が無いものですから、
意見を言うのが躊躇される場面に何度も遭遇しました。
 
古参のコーチが不在の時に、現監督に申し入れするのは無理でしょうか?
息子さんだけではなく、もう1〜2人の投手候補の名を挙げて、

・投手複数制のプラン
・子供の健康管理の必要性
・来年以降のチーム作りの一環
 
等をうまく織り交ぜて、他のコーチにも同伴してもらい、
持論を細かく説明すれば、相手も理解してくれませんかね?
 
つよしさんの所も、息子さんが孤軍奮闘の活躍から故障を経験なされ、回復までに半年を要したそうです。
こうした事を少しでも回避するためにも、
また試合に勝っていくにも、投手育成は不可欠だと思います。

 
それでも理解が得られないなら、星 十徹 さんが書かれているように、
来るべき日に備え、個人練習で投手訓練を十分に行っておくことです。
 
以前にブログの記事にも書きましたが、
うちの息子も5年生の時には投手も兼任でした。
しかし他の選手の台頭でその座を追われました。
 
けれど自宅での投球練習は継続し、その甲斐あって
中学では再び、2年後のエース候補として指導を受けています。
 
意見が受け入れられなくとも、投手訓練は継続をお勧めします。
 
Posted by ドラ夫 at 2005年05月16日 17:33
星十徹さん、ドラ夫さん、たびたびのアドバイスありがとうございます。

みなさんのおっしゃること、まことにもっともだと思います。ピッチャーやれる子が多くて困るって話は聞いたことないですもんね。それにワタシ自身来年以降のチームのことがとても心配です。今後のことを理由に息子プラス数人の名前をあげて、監督に相談してみることにします。

今日夕方、さっそく息子に投球練習をさせました。親というひいき目抜きにしても現エースよりいい球を投げると感じています。
仮に監督に受け入れられなかったとしても来年、またそれ以降と、野球を続けていく限り投球練習等やれることをやっていきたいと思います。

すっかりワタシの相談コーナーのようになってしまい申しわけありませんでした。また何か進展がありましたらご報告します。ありがとうございました。
Posted by 寝てるゾウさん at 2005年05月16日 22:21
寝てるゾウさん、「相談コーナー」大いに結構ですよ^^
こうしたお話が聞けるのも、皆さんの参考になりますし、
ブログを立ち上げた主旨の1つでもあるんです。
 
良い方向に話が進むといいですね。
又、他の記事にもお気づきの点がございましたら、
ご意見をコメント欄にお寄せください。
 
今後とも よろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2005年05月16日 23:24
ドラ夫さん、おはようございます。
孤軍奮闘はちょっと大袈裟でした。
廻りの期待に応えるためと、自分(親の)の向上心が熱くなりすぎた為です。
登板しない時は、遊撃・サード・捕手とフル出場だったので完全な投げすぎですね、
投球練習では投げすぎに注意してくださいね。
地区優勝狙っていた(指導者の話)大会も予想どうりエラーだらけで、1回戦負けし。
息子の朝練も本人やる気満々になってきました。
付き合ってる親父が、かなりボロボロになてきました。(笑)
Posted by つよし at 2005年05月17日 08:12
つよしさん こんばんは。
ちょっと大袈裟でしたか?(^^;
しかしながら、故障の経験・そこから復活。
というプロセスを経て現在の状況にあるのは、
ここをご覧の皆様にも大変参考になると思います。
 
朝練、頑張っておられるようですね^^
私にはとても真似できません(汗)
お身体には十分お気をつけください。
Posted by ドラ夫 at 2005年05月17日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。