2007年03月04日

飛ばす力

この週末は考えられないような暖かさでした。
選手の中にはアンダーシャツ1枚の姿の子も。

季節が一ヶ月ズレているような感覚。
ホームグランドにも雪は完全に消え、
存分に通常メニューをこなす事が出来ました。

メニューを効率よくこなすため、班分けをして臨む。
私の今日の担当はロングティー。
全選手の打撃を間近で見る事が出来ました。

一人5分の時間で打ちました。
気付いた事はその場で指摘。修正しながら打たせてゆく。

およその傾向も把握出来たつもりですが、
ロングティーといえば、やはり飛距離が気になります。

ここで意外と言うのか、驚きの事実を発見した。
現2年生のA君。確実性はまだまだながら、
ツボにはまった時の飛距離は群を抜いています。

ちなみ今日の練習を見る限り、ゲンジの飛距離はチームで3番目。
1位はエースの子で身長・体重が一番大きい。
打順はゲンジの後ろの5番を任せている。

そして2位にはゲンジを差し置いて、このA君が入った。
身長・体重はゲンジとほぼ同じ体格。
ポジションは外野。ライバルと併用の起用なので、完全なレギュラーではない。

空振りが多く、故に三振も多い。打順は主に8番。
ロングティーでも当り損ねや空振りが目立つのですが、
芯に捕えると驚くほど打球が飛ぶ。

ボールを遠くへ飛ばす要素、色々あります。
パワー、スイング、身体の使い方。
この話をしていた時、監督が一言。

『遠くへ飛ばすのは技術・パワーもあるけど、素質も大きいよね。』

なるほど。確かにそれも有るかな? と思いました。

天性のもの。持っている子は確かに存在する。
このA君もその部類でしょうか。

これは一つの武器になるでしょう。
これに本人の努力や周囲の指導が加われば、
更に伸びる可能性を秘めている。

練習の積み重ねである程度のところまでは、
誰でも達する事は可能なのでは? と私は思っている。
またこの気持ちが無いと、とても選手の指導は出来ない。

だがそこから突出した結果を求める場合、
素質の占めるウエイトも大きい。これも感じている。

今回は飛距離をテーマにしていますが、小柄な子でも
色んな素質を持っているもの。
その伸びしろを周囲がどう伸ばすせるか?
本人がどう努力する事が出来るか? ここが大切なように思う。

このA君、まだ荒削りですが、彼が6番に入ってくれたら?
打線の厚みが増すように思える。
打線を組むにもオプションが多ければ幅も広がる。

楽しみな選手が台頭してきました。



posted by ドラ夫 at 23:41| Comment(27) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>『遠くへ飛ばすのは技術・パワーもあるけど、素質も大きいよね。』

私もそう思います。そうでなければ、筋力のあるボディービルダーの様な身体をした選手が有利になってしまいますからね。
ただ、素質という一言で済ませてしまいたくないですね。その子が持っているどんな特徴が作用して飛距離に繋がっているかをつきとめたいですね。出来る限り後天的なものに結び付けたいものです。わたしがおぼろげに思っているのは「身体のキレ」です。キレとは具体的に?と質問されたらわからないのですが・・・。
それにしても、大阪桐蔭の中田選手はどうなっているのでしょう。あのパワーは理解の範囲を超えていますね。選抜が楽しみです。
Posted by 星 十徹 at 2007年03月05日 07:44
おっしゃる通りだと思います!!
打撃はある程度センスってのも必要でしょうね。
こだけは始動では教えようのない部分だと思います。
このA君にはきっとそれがあるのだと思います。
うまく指導すればきっといい打者になりそうですね!!
Posted by リナケイパパ at 2007年03月05日 10:10
すいません、誤字です。
こだけは始動 → これだけは指導
Posted by リナケイパパ at 2007年03月05日 10:56
ここ数年、早朝ソフトボールに参加してませんが ^^ 以前の我チーム、其処で得た点を少々紹介...

●地元少年野球の監督=私)。ボール芯を:押し込んで捉えるタイプ(小中では4番)
打った瞬間の打球音がボムッツ”っと凄く、角度もバッチリEが 伸びがイマイチで下手糞な外野手の頭を越えて行く程度しか飛ばせない...
●元強豪高校・現社会人野球部の監督=中学時代の一つ上の先輩)。硬式が長い人
ポイントも合わず、めちゃ鋭いスイングであるが為にボールが潰れちゃい、スピンがギュルギュル”の高〜い内野フライばっかり...(センター前以外には打球が行かない)
●他所から来た同い年のマスヲさん:現女子高ソフト部顧問)。兎に角上から叩くの一本槍
力まず 右方向へを常に意識してて、ライナーでの打球&守備の空いてる所へ狙っててフルスイングしない
●現役草野球チーム4番の後輩)。G由伸選手見たいに、乗っけて振るタイプ
ポイントがスンゲ〜近く、詰まった所で捉える明らかに小学生並みの緩いスイング。だが、一試合で駐車場の車のガラス2枚をも壊す主催者泣かせの場外HRを打つのだ???

ボールの固さやバットの重さやスイングのスピードや打球の角度やポイントetc
球種へ対するバット軌道&マッチした衝撃度etc パワーだけじゃ飛ばせない!
打つ側の一方だけでは駄目 な〜のだ!!と言う事を得たのでした ^^
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2007年03月05日 12:08
ぶっ叩け〜!! さんがおっしゃっているように
ソフト、軟式、硬式と球の種類が違うので一概に「これだ」という技術が一致しないでしょう。
多分、硬式経験者の者が軟式を打てば、ポップフライの連続でしょうし。逆に軟式では長距離を出すが硬式では出ないということもあるでしょう。
色々と飛距離を出す技術はあると思いますが、共通していることのひとつに背筋力が影響していると思います。そして速筋と遅筋のバランスもあるでしょう。
「天性のもの」は確かにあると思いますが、それは「天性にコツを心得ている」また「天性に必要な部位が発達せいている」だと思います。
(皆が硬式を目指しているのであれば)本塁打は120mも飛ばせば十分でしょう。別に誰かさんと張り合って170m飛ばす必要もないわけです。
120mであれば、誰でも飛ばせます。ですから、要は、そこから「いかにツボとなるゾーンを増やせるか、臨機応変な対応ができるか」だと思いますが。

Posted by touch at 2007年03月05日 13:01
我がチームコーチの名言
「HRとドライバー(ゴルフ)の飛距離ははセンスやで」
はい!私にセンスはありません^^;
Posted by とうさん at 2007年03月05日 14:08
センスのない息子は、今も長〜い冬眠中の見た目だけの4番です。
何を考えているのやら・・・冬眠したまま卒部するかも・・・(涙)
Posted by てんてん at 2007年03月05日 16:18
私も たまに打たせてもらうことがありますが

自分なりに 基本に忠実(あくまでも自分がです)
に打つと スゲェ〜高いフライがよく上がります

外野が捕球する頃は2塁に行ける位
Posted by ケロの父 at 2007年03月05日 17:55
ドラ夫さん、こんばんは。
彼は驚くほど私と似たタイプの打者ですね(笑)
センスはともかく打者としての私をイメージするならぴったり重なると思います。
私もからだは小さいほうですが結構飛ばすほうだと思っています。
彼に負けないようにしなくてはなりませんね。
私もゲンジ君も。。。
Posted by 仙人掌 at 2007年03月05日 20:35
ある程度は訓練で打てるようになりますが、打球の角度とかはやっぱり天性でしょうね。
Posted by Fastballer at 2007年03月05日 21:29
私は『センス』や『素質』といった言葉だけで片付けてしまうのはあまりに安易だと思っています。

『打つ』ではなく、『飛ばす』に必要なのはtouchさんが書かれているように背筋力が一番重要だと思います。もちろん他にも握力だったり、手首の強さだったり、と複数の原因があると思います。

それらの筋肉が先天的に強かったり、バランスが良かったりする子が存在する。それがいわゆる『素質』のあると言われる子なんでしょう。

ただそれをずっと持ち続けられるとは限らない。

それよりも努力でそれを得た方が手放さない可能性が高いんじゃないかと思います。もちろんトータルを考えると難しい事だとわかっていますが。

我が息子は先天的な筋力を持っていませんが、私は『努力は天性を上回る』と信じてます。
Posted by かに at 2007年03月05日 21:38
十徹さん こんばんは。

『身体のキレ』 そうです。私も上手く文字に出来ないのですが、これは同感です。
動作の流れ といった感覚でしょうか?
一瞬の閃き とも言えるような・・
ちょっと難しいですが^^ 中田選手、今秋のドラフトの超目玉ですね。我がドラゴンズは一昨年の平田、昨年の堂上 超高校級を相次いで獲得してます。中田選手も当然欲しいです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月05日 22:35
リナケイパパさん こんばんは。

正直A君はかなり三振が多いです・・
安定感はまるでありません。でも光る物も持ってます。
ここを伸ばしていきたいです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月05日 22:37
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

いやぁ・・ 色んなタイプのお知り合いがいらっしゃいますねぇ^^
とても判り易い表現でした。うーん・・
軟球しか打った事のない私ですから、改めて奥の深さを実感してます・・
乗せて運ぶタイプ 個人的にはこれが一番興味がありますし、叶う事ならゲンジもこんな感じになってほしいです。
大リーグの強打者はこの手のタイプが多いですよね。

ぶっ叩け〜!!さんは「押し込んで捉えるタイプ」ですか^^ 私も右はこれに似てるかな?
左の時は「ひっぱたく」タイプです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月05日 22:45
touchさん こんばんは。

仰るとおりですね。本塁打は120が飛ばせれば間違いありません。後はいかにそのゾーンを広く出来るか? ここにかかっているように思えます。

>120mであれば、誰でも飛ばせます。

なんだか嬉しくなるご意見ですね^^
そうなんでしょうか? まぁ硬球でしょうけど、ちょっと希望の光がさしてきました。
Posted by ドラ夫 at 2007年03月05日 22:50
とうさん こんばんは。

私はゴルフはプレーした事がありません^^
でも学生時代はキャディのバイトをしてましたよ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月05日 22:51
てんてんさん こんばんは。

そんなぁ ご謙遜を^^ 見た目だけの4番じゃチームの好成績は有り得ませんよ^^
そちらのチーム、快進撃のようじゃないですか!
大いに期待してます^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月05日 22:53
ケロの父さん こんばんは。

たかーく 上がった飛球・・
田淵さんがそうでしたよね〜
あの軌道は一種の芸術にも見えました^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月05日 22:56
仙人掌さん こんばんは。

そうですか。では仙人掌さんも、かなりのパンチ力がお有りなんですね^^
ゲンジも少しショックがあった感じです。
負けん気を出してほしいです!
Posted by ドラ夫 at 2007年03月05日 22:58
Fastballerさん こんばんは。

なんと言うのでしょうか・・ 感覚・直感 こんな部分は何もしなくても優れている人っていますよね。上手く言えませんが^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月05日 23:00
かにさん こんばんは。

そうです。なんでも「素質」の一言で片付けていたら、指導者なんて出来ないですよね^^
うちも野球を始めた頃、とても素質やセンスなんて言えるレベルじゃなかったです・・
そこからですよ。うちの二人三脚が始まったのは・・

ゲンジの今があるのは間違いなく努力です。
ただうちの場合、あの驚異的な持久力だけは先天的な要素かも? と思うところです。
まぁこれは武器の一つと思う事にします^^

Posted by ドラ夫 at 2007年03月05日 23:05
飛距離を出すには背筋力だと私も思います。しかし、130kのボールや変化球を打ち返すにはその他の要素も必要ですよね。体を鍛錬し、理に適ったスイングを身につける。バランスですね。
Posted by 横浜への道 at 2007年03月06日 09:04
背筋力ですが…
 確か中3の頃の私が、測定器具ごと引っ繰り返って140`位で…
  ベースボールマガジンで 世界のホームランキング=王 貞治も同じ位と知り、ビックリしました。
   …だから いまだに覚えてるんでしょうね

以上です ^^
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2007年03月06日 09:51
私は”飛ばそう”と言う気持ちが大切かなと思います。
そんなことは当たり前、あえて言うことではないとも思うのですが・・・
自分の息子の中学時代を見ていてこう思ったことがあります。
いくら技術や身体があっても気持ちがないと飛ばせるものも飛ばせないのではないか。
次元の低い話ですみません^^;
Posted by baseball-oyaji at 2007年03月06日 18:47
横浜への道さん ありがとうございます。

一部分だけ突出するのも悪くはないですが、やはりバランスですかね?
色んなメニューに取組んで、全ての項目を高い次元でまとめるのが理想でしょうか。
Posted by ドラ夫 at 2007年03月06日 23:08
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

私も中学の頃は 背筋力と握力は学年で1位でした^^ ただ記録を覚えてないんですよ・・
握力は覚えています。左右共に中学の頃で65k位ありました^^ ゲンジはちなみに35位です。
この部分では私が圧倒してます^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月06日 23:11
baseball-oyajiさん ありがとうございます。

次元が低いなんてとんでもないです。
一番重要なのは『気持ち』ですよ。
飛距離だけじゃありません。全てにおいて気持ちが入っていないと、上達は望めないですよね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年03月06日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。