2007年02月16日

ゲンジコール

我が子レギュラー化計画・5年生、投手挑戦編  最終回



前回の続きです。

2003年10月

5年生最後の公式戦。打線爆発で大量リード。
先発投手も3塁を踏ませない好投を見せ、最後の守り。

ここでマウンドには、我が子ゲンジが上りました・・
思いがけない起用に私も驚きました。

緊迫した場面なら、この登板は無かったと思う。
ずっと投手起用から外されていたゲンジ。
5年生最後の公式戦の最終イニング。

監督の温情采配なのか? 
思えば前年のこの時期に投手候補として構想に上がり、
シーズン当初は2本柱の一角を担っていた。

試行錯誤の末に『すり足投法』にチャレンジ。
その緒戦で2安打完封の結果を出すも、
本人の投手への拘りの姿勢。
加えてフォームに対する監督の育成方針の食い違い。

色んな要素が絡み合い、投手失格の烙印を押されていたゲンジ。
そのゲンジが今 マウンドに立っている。

『自分の好きな投げ方でいってみろ!』 監督が激励の言葉。
『点差はある。伸び伸びといけ!』 Kコーチの檄。

投球練習をするゲンジ。にこやかな表情で感触を確かめている。バックの選手達もしきりに声を掛けてくれた。

『楽に楽に^^』 『打たせようぜ!^^』
『久しぶりだなゲンジ 投げられるか?^^』
『ガッチリ守るぜ! 思い切りいけ!』

余裕の展開とはいえ、この励ましにはゲンジも救われたのでは?
規定の投球数が終わると、主将のE君がマウンドへ。
そして内野陣も全員集まった。

皆が笑顔でゲンジに話し掛けている。
ゲンジも笑って頷いていた。サードの選手が大きな声で言った。
『ゲンジ! お前がここに来るのを待っていたぜ^^』

そして全員が肩を組み、『絶対 勝つぞ〜!!』と雄叫びをあげた

主審がプレイの声を掛ける。
すると自軍の控え選手達が総出でゲンジコール・・

『ゲンジ ゲンジ ゲンジ ♪』

そして応援席の父兄までが、これに倣ってコールを後押し。
『ゲンジ ゲンジ ゲンジ♪』

『さぁこーい!』 『バッチこーい!』
守るナインも全員が大声で叫んでいる。

私は・・ 溢れ出る涙を隠す事はしなかった。
グランドに響き渡る『ゲンジコール』
励まし続けるナイン達。

私はなんて幸せ者なんだろう・・

『ゲンジ君、とうとうあそこに戻ってきたんだね・・』
懇意にしていたお母さんグループが私に声をかけてくれた・・
皆々、目に薄っすらと涙を浮かべてくれていた。

私は押し殺すような声で言った。
『みんな見てくれ。 あそこに立っているのは・・ 紛れもなく俺の息子だ・・』

ここまでの苦労の軌跡がグッと頭を駆け巡った。
『ゲンジ! 思い切っていけ!!!』私は大声で叫んだ。

サインを覗くゲンジ。こっくりと頷いてモーションに入る。
振りかぶり、白鳥が飛び立つような綺麗なフォーム・・

左足がすらりと地面をなぞり、すり足でボールは放たれた・・

ストライク〜!!

主審のコールがグランドに響いた・・




62回に渡ってお送りしてまいりました、
「我が子レギュラー化計画・5年生、投手挑戦編 」
今回で最終回となります。

夏場からずっと投手候補から外れ、結果的に投手挑戦は失敗に終わりました。

指導方法、理論の食い違い。適正、本人の意志。素質。
色んな要素が絡み合っての結果でしょう。

しかし目標に向かって努力を重ねた事は、本人にも貴重な財産になったと思う。

投手といえば野球の花形。そのポジションにチャレンジ出来ただけでも善かったのかもしれない。

そしてこの時の経験は、以降のゲンジのキャリアにおいても、
重要な役割を果たしたと言える。

これ以降も、ゲンジの意志で投球練習は自宅で続けてきました。
登板のチャンスが少なくても、本人は投手復活を目指していたのかもしれません。

その甲斐があったのか、中学では昨秋に先発完投も遂げた。
敗戦投手ではありましたが、内容は及第点。
地道な努力が実った形です。

中学では本職がキャッチャーなので、投手はあまり機会は無いかもしれない。
でも・・ それでも本人は自主錬でシャドーを取り入れています。

投手は簡単に極めるのは難しいポジションです。
だからこそ、狙う価値もある。

投手挑戦を願う皆様に、このカテゴリが少しでも参考になれば幸いです。

さて来週からはいよいよ6年生編がスタートします。
チーム内の打順争い。保護者の疑問からチーム批判・・
そして・・ 『ドラ夫コーチ』誕生もこの時でした。

ゲンジは主砲として最後は打撃部門独占の大活躍を遂げますが、
チームの成績はどん底・・ 
様々な背景を基に、6年生のゲンジを描いてまいります。

「我が子レギュラー化計画・6年生、4番打者への道」
期待してください^^

この記事へのコメント
我が子K太がちょうど,現在進行形中でピッチャーの修行中。
この最終回を読みながら,ゲンジ君のように今年1年,最後までがんばって欲しい,そう思いました。

それにしても,こんな場面を見たら,私も泣いちゃうなぁ。きっと。(/_;)

長期間の連載,お疲れ様でした。6年生編も楽しみにしてます。
Posted by K太父 at 2007年02月16日 01:17
いつも引き込まれるエントリーをありがとうございます。
6年生編、期待しています。
Posted by gittyo-4 at 2007年02月16日 01:40
4番打者への道ですか!

今年 新小3のケロも 4番打者への道を1歩1歩地道に努力してます。
結果はいかに? とても不安です
大丈夫かな?

ゲンジくんの経験を参考に目標を達成させたいです。
Posted by ケロの父 at 2007年02月16日 01:46
長期連載、お疲れ様でした。 いい物語でした。ドラ夫さんはやはり凄いです。
次のカテゴリも楽しみです
Posted by シャドウP at 2007年02月16日 06:42
ゲンジ君への励まし、そして控えの子たちのゲンジコール。良い仲間に恵まれましたね。
私もそこにいたら泣いたでしょう。
5年生編の最高の締めくくりでした。
Posted by Skyboys広報 at 2007年02月16日 07:21
最高のマウンド、そして最高のイニングでしたね。
読んでいて鳥肌が立ちました。^^
フィールドの選手、ベンチの選手、応援団が一体になった
最高の瞬間だった事と思います。
我が家のチビ助2人もピッチャーをやりたいと言っています。
どこまで行けるか解りませんがドラ夫さんとゲンジ君を見習って頑張ります。^^
Posted by とぉたろ〜。 at 2007年02月16日 08:32
5年生編お疲れ様でした!6年生編ゲンジ君の活躍楽しみにしています。
昨日のコメントの続きですが、ミズノプロの液体をさっそく購入してみたいです。ハウマッチ?高くないと良いのだが!とにかく、ご指導のほど有難うございました。
Posted by 大魔神 M at 2007年02月16日 08:49
 朝から感涙だぁ〜…。
いや〜、朝からいいもん読ませてもらいました。

 ちなみに、もし私の息子が登板した場合…
「見てみて〜♪あれ、ワタシの息子〜♪」
って、大声でふれ回る事でしょう…。
Posted by でぃあ at 2007年02月16日 09:06
いやほんと、読み応えありました!!
6年生編楽しみにしていますよ〜。

ゲンジ君がプロ野球選手になった日には、
書籍化するべきですねぇ〜!!
その時には絶対に買いますよぉ〜!!
Posted by リナケイパパ at 2007年02月16日 09:08
たっぷり濃い内容で‥お疲れさまでしたって感じです(笑)

ピッチャーだけがすべてではないですよね。でも大事なポジションですし、誰もが憧れるでしょう。
現在のゲンジくんが主にキャッチャーでもシャドーを自主練に取り入れていること、うなづけます。
ねまあは中学でピッチャーを希望していますが、優秀なライバルが多く正直非常に厳しい状況です。もしダメだったとしてもねまあもシャドーは続けていきたいと思っています。
Posted by ゆうちろ at 2007年02月16日 09:19
こういう場では「ゲンジコール」を一番に発するタイプの私ですので、また文字が見えなくなり(老眼ではありません)慌ててティッシュを探しました。メイクが・・・。
ゲンジ君と息子のことが重なり、いろいろと思い出しながら読ませていただきました。
ドラ夫さん、ひとまずお疲れさまでした。
それでは、6年生編に行ってみよう!


Posted by てんてん at 2007年02月16日 10:48
すみません ゲンジ君とドラ夫さんの想いを察すると、目から熱いものが溢れてきました‥ いよいよ6年生のお話ですね。楽しみにしています。
Posted by たえこ at 2007年02月16日 12:26
感動のラストシーンでしたね。そしてこの年の取り組みが決して無駄にはならなかった事、嬉しく思います。
私も息子がマウンドに立つ姿を見たいものです(^^)
なにはともあれ、連載お疲れさまでした!
Posted by にゃんこ先生 at 2007年02月16日 12:32
はじめまして、いつも楽しみに拝見してました。5年生での活躍が終了してしまいました。いろいろおありでしょうが、素晴らしい1年だったのでしょうね。うちの子も春から6年、ゲンジ4番への道楽しみにしてます。
Posted by DAN at 2007年02月16日 13:14
ここに来られる皆さんがゲンジ君のサポーターなんですね。皆さんのコメントを読ませて頂いて、そう実感しました。
投手編に関しては色んな葛藤・迷い・怒り…ありましたよね。でも、この最後の一球で全てが報われたのではないでしょうか。
『努力は人を裏切らない』ドラ夫さん親子は、身をもってそれを証明してくれました。回りの方の支え…それはドラ夫さんの人柄でしょう。

ドラ夫さん…昨夜はエントリー中は当時を思い出してウルウルされたのでは???
Posted by hitomi at 2007年02月16日 13:36
いいなぁ。チーム、父母ともが一つになった、素晴らしい瞬間を経験されたんですね。
うらやましい限りです。それもゲンジ君の努力、ドラ夫さんのあたたかいサポートの賜物ですね(^^)
うちの息子は、(同学年が少ないので)キャプテン&ピッチャー、主人は野球経験の無いコーチ、でも少しでもいい年になりますよう、今年最終学年、ドラ夫さんの6年生編を参考に応援母もサポート頑張ります!
ゲンジ君も中学最後のシーズンですね。体に気をつけて頑張ってください。
Posted by 応援母 at 2007年02月16日 14:02
ピッチャーとしてはホロ苦い思い出かもしれませんが、それはそれで有意義な時間だった事でしょう。そこまで熱中出来たのは本当に素晴らしいです。今度は打撃編のような感じでしょうか? 期待してます!
Posted by ブラックソックス at 2007年02月16日 15:07
私も目がウルウルしちゃいました。感動のラストシーンでした。
少年時代のピッチャーの経験はこれからも必ず生きてきます。今後、ピッチャーをやることがあっても、なくとも・・・。
次回作も期待しています。
Posted by 横浜への道 at 2007年02月16日 17:33
5年生編は感動で締めくくりましたね。
4番争いの6年生編も期待してます!

ドラ夫さんは、当時のスコアブックを見ながら思い出してるのですか?
それとも記憶?それとも日記をつけていた?

子供の思い出は、何年たってもいい思い出ですね。
Posted by metoo at 2007年02月16日 18:47
おひさしぶりです。私も毎回楽しみにしていたこのシリーズですが、最高の終わり方をしましたね。久々にグッときました。6年生へんも楽しみにしています。がんばってください。
Posted by 仙人掌 at 2007年02月16日 19:47
素晴らしい仲間達なんですね。
少年野球のドラマを観ているようです。
(ドラ夫さんの文章が素晴らしいからですね。)

投手挑戦は終わってしまいましたが、
4番打者での活躍していくゲンジくんを
また読ませていただきます。

続く・・・

Posted by Fastballer at 2007年02月16日 21:03
我がチームの子供たちを見ていて思うのですが、大人たちも子供たちも「納得」できるポジションってのがあるような気がします。
6年生たちも5年生たちも・・・バッテリーが特に・・・
5年生ゲンジくんのピッチャー・・・周りの仲間たちの言葉を聞いても「はまり役」だったように思えます。
Posted by さとる at 2007年02月16日 21:24
そのときの映像が頭に浮かびます。チーム競技の素晴らしさが詰まった場面を思うと、心が熱くなります。
Posted by 館長・P助の父 at 2007年02月17日 08:02
胸が熱くなりました。。。
もし、福留くんがマウンドに上がるようなことがあったら正視できないと思いました。
Posted by おち at 2007年02月17日 11:47
K太父さん ありがとうございます。

これからK太君が丁度ピッチャーに挑戦ですもんね^^
体格も立派ですし、先日の画像も拝見しましたが、なかなか素材も良さそうです^^
頑張ってほしいですね。
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:15
gittyo-4さん ありがとうございます。

次の木曜が第1回の予定です。ご期待ください^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:16
ケロの父さん ありがとうございます。

うちは小3の頃は打撃は全然ダメでした。ですから今から4番を目標に置けるのは立派ですし羨ましいですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:19
シャドウPさん ありがとうございます。

別に私は凄くなんかないですよ(^^;
次回も期待していてくださいね。
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:22
Skyboys広報さん ありがとうございます。

最後に登板の機会がありとは思っていませんでした。
この登板があったからこそ、このカテゴリもスムースに終える事が出来たんです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:27
とぉたろ〜。さん ありがとうございます。

あんなフィナーレとは思いませんで・・^^
感激というか苦労が頭をよぎってしまい、もう私も大変でしたよ^^
チビちゃん達、どんなピッチャーになるか楽しみですね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:31
大魔神 Mさん ありがとうございます。

ミズノプロの液体、確か1500円〜2000円の範囲内だったと思います。結構しっくりとしてます。いい使い心地ですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:33
でぃあさん ありがとうございます。

でぃあボーイがマウンドに上る姿、私も楽しみにしています。
サウスポーですし、きっと実現するでしょう^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:35
リナケイパパさん ありがとうございます。

プロなんて夢のまた夢ですが、まぁボチボチと頑張ってもらいたいですね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:37
ゆうちろさん ありがとうございます。

うちは選手層がそれほど厚くないんです。
どんな緊急事態があるやもしれません。
そんな時、ゲンジがピッチャーとしてある程度計算出来れば、チームの危機を救う事になるでしょう。
ねまあ君も継続して投球練習をお勧めします^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:41
てんてんさん ありがとうございます。

いつも励ましのコメントを頂戴し、ゲンジに代わってお礼申し上げます^^
5年生の悔しさを、6年生で晴らしてくれました。
でもチームの成績がイマイチで・・
今後もよろしくお願いしますね^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:44
たえこさん いつもゲンジを気にかけていただき ありがとうございます。
これからはもっと良い成績の事を書いていけると思います。 楽しみにしていてください^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:46
にゃんこ先生 ありがとうございます。

本編にも書きましたが、この時の取組みは決して無駄にはなっていません。
むしろプラスになる事ばかりでした。
これからも継続して投球練習は続けます^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:48
DANさん はじめまして。コメントありがとうございます。

息子さんが春から6年生との事。最後のシーズンを迎えるにあたり、今の心境はどのようなものですか?^^
素晴らしい結果が出ますよう、私も期待しております。また報告を兼ねてこちらにも顔をだしてくださいませ^^
今後もよろしくお願いします。

Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 17:52
hitomiさん ありがとうございます。

チームの仲間もそうですし、周囲の保護者の方々にも本当に感謝の瞬間でしたね。
まぁ中には少数の『スカタン』もおられますが^^

>昨夜はエントリー中は当時を思い出してウルウルされたのでは???

hitomiさん よくご存知ですね! 実はかなり感傷にふけりながら書いてました。私の想いがお見通しのようですね^^

Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 18:00
応援母さん ありがとうございます。

ご主人もコーチをされているのですか^^
経験の有無は関係ないと思うのです。熱意が一番大事ですよね。子供の野球を指導するには。
息子さんがキャプテンでピッチャー。これはもうチームの大黒柱でしょう。プレッシャーを緩めてあげるのが応援母さんの役割だと思いますよ^^
何かと大変でしょうが、どうか頑張ってください!
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 18:11
ブラックソックスさん ありがとうございます。

6年生編はバッティングに多くスポットをあてたいと思ってます。
どんな展開になるか? 今から構想を練っているところです。まぁ事実は変える事は出来ませんが^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 18:14
横浜への道さん ありがとうございます。

正直に申しまして、中学・高校のレベルで考えますと、うちのゲンジは投手としての資質は若干劣ると思います。
でもそれでもいいのです。本人がやる気にさえなってくれれば^^
化ける可能性もあるかもしれませんし(^^;
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 18:17
metooさん ありがとうございます。

日記というほどじゃありませんが、思った事、感じた事を記したノートはあります。勿論スコアブックも^^
こうしてブログに残す事で、いい思い出も嫌な思い出も、自分の頭から消える事は無いでしょうね。
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 18:21
仙人掌さん ありがとうございます。お久しぶりです^^
近況はどうですか? また遊びにきてください^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 18:23
Fastballerさん ありがとうございます。

読み物として楽しんでもらえるよう、多少の脚色は加えてありますが、事実からは逸脱してませんのでご安心を^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 18:25
さとるさん ありがとうございます。

「ハマリ役」ですか。そうですね・・
フォーム改造をしなかったら? とは今でも思います。
その後の展開は全く変わっていたでしょう。
まぁこればかりは今更仕方ないですが、周囲の皆はゲンジを投手として認めてくれていたようです^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 18:29
館長・P助の父さん ありがとうございます。

この光景は私も忘れる事が出来ません・・
皆のサポートがここまであるとは。
やはりチーム競技は仲間が一番大切ですね。
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 18:32
おちあいさん ありがとうございます。

福留君、きっとマウンドに立つ日が来ますよ。
今から色んな意味で覚悟しておいたほうがいいのでは?^^
Posted by ドラ夫 at 2007年02月18日 18:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。