2005年04月30日

礼儀作法

昨日の試合で感じた事。

3チームによるリーグ戦で上部大会への代表を決める。
どのチームもベンチに入りきらない大勢の部員がスタンドに陣取る。
 
そこで思ったのが「礼儀作法」だ。
 
対戦相手の子供達は大人が前を通ると、それが誰であろうと、
「おはようございます!」「こんにちは!」「失礼します!」
と元気に挨拶をする。
 
簡単そうに思えて、なかなか出来ない事かもしれない。
ドラ夫はいたく感心してしまった。
 
うちのチームはどうか?
 
彼等に比べると70点位かな? 挨拶は出来ている部類に入ると思うが、
まだ恥ずかしさがあるのか、元気の部分では負けている。
 
野球という競技力を高める努力も大切だが、クラブを通じて、
こうした礼儀作法を学ぶのも大事かもしれない。
また、そうした事を徹底させている指導者にも敬意を表したい。
posted by ドラ夫 at 22:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドラ夫さん、おはようございます。
ドラゴンズ調子がいいですね。昨日はお情けで勝たせて貰いましたが。
さて、挨拶のこと全く同感です。これは少々の指導では絶対に徹底できないので、指導者の熱意と根気の賜物であると思います。挨拶ができれば野球が上手くなるとは言いませんが、強いチームで挨拶ができていないチームは見たことがありません。地元のチームでも体格のいいアスリートを集めたチームがありましたが、ジュニアの頃は圧倒的に強かったですが、最近は精彩を欠くようになりました。そのチームは親も子も礼儀がなっていない部類のチームです。我々のチームはグランド内の挨拶や、指導者から指導を受けるときの態度の類はしっかりできる様になりましたが、グランド外までは全くできていません。これから口を酸っぱくして言っていきたいと思っております。それ以前にまずは息子からですね。
Posted by 星 十徹 at 2005年05月01日 06:25
こんにちは。挨拶がしっかりしているチームは見ていて気持ちいいですね。そんなチームは、なんとなく応援したくなります。
Posted by シャドウP at 2005年05月01日 17:10
じはじはと 田舎の私等の地域にも都会的ドライな思想が蔓延してます。

 自分等の時代には練習着は特に必要有りませんでしたが、現代は部活にも当たり前の様に強要されるんですね(2.3年生の子に聞くとやはり面白くないと言ってました)
では 有りますが…
以前から 中体連が終了するまで1年生はジャージの筈なんです!

 先輩に敬意を表し言われるまでは着ていくな!と息子にはわざとジャージで参加させていました。
しかし、他の新入部員は既にほぼ着てるらしく(親が買い与え)今年に限って早目の購入申込書が渡されました。

 例年と違う傾向です。
体育会系(野球)の経験者が 親に少ない為に!?こうなったのと、前もって宜しくお願いしますと挨拶がてらに伺う親が私だけだった様子からです。
息子には最後の一人に成ったら/または、背番号を貰った時点で着用させようと思ってました。
古い考えですかね?

話は変わりますが、どうやら 段々と事情が掴めて来まして、現在小6&中一の子達の倶楽部を1年前倒しで作らなければ成らない?様相で有ります。
Posted by 【ぶったたけ!】 at 2005年05月01日 21:03
十徹さん こんばんは。
マナーがあまりよくないチームにも遭遇する事はありますよね。
チーム以前にまず、自分の子供から。これは私も同意見です。
基本的な躾は家庭で取り組むのが普通ですよね。
それを最近は学校任せにしている父兄が見受けられるのは
嘆かわしいかぎりです。
うちの息子も低学年の頃は恥ずかしがって、挨拶等も
奥手でしたが、周囲の姿勢に本人も自覚が出たのか、
自分から挨拶が出来るようになりました。
まだ声は小さいですけどね^^
 
 
 

シャドウPさん こんばんは。
自チーム以外同士が対戦しているとき、
やはりマナーの良い方を応援したくなりますね。
Posted by ドラ夫 at 2005年05月01日 21:32
【ぶったたけ!】 さん こんばんは。
 
私は恥ずかしながら、練習着とジャージに対する考え方、全く無頓着でした・・
コメントを拝見し、なるほど と思った次第です。
言われてみれば確かに、今日の部活の試合で他校のベンチ外の子は
数人のジャージ姿の子が見受けられました。
それが昔からの慣わしなんですね。
 
そういえば息子も部活で練習着を持っていくようになったのは、
先週からでした。これは顧問よりの指示によるもので、
それまではジャージでした。
クラブチームでは最初か白の練習着でしたが、
部活には部活の伝統があるんですね。
 
新チーム結成の件、起動に乗ったようですね。
前倒しという事は、本年度中にも活動スタートの見通しがついたのですか?
Posted by ドラ夫 at 2005年05月01日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック