2005年04月29日

なかなか打てない中学野球

今日はクラブチームの試合があった。
上部大会へ続く試合だったが、またしても惜敗。
 
昨年まで4年間、息子の学童野球に付き合っていたから、
中学野球に関わるのは今年が最初になる。
 
やはりというか、野球の質が高くなり点がなかなか入らない。
守備も堅いし、基本に忠実なプレーをしないと勝てないのを改めて実感する。
 
内容は良かっただけに、結果が出なかったのは残念だが
明後日には部活の試合も組まれており、気持ちの切り替えも必要だ。
posted by ドラ夫 at 21:48| Comment(3) | TrackBack(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはョーざいま〜す!
成長期の体力差は否めないです(一番大事な集中も…)
特にPのスピードと球威、全体が頭で守備 の差は大きいです
現代は かなり大きい子が居ますが、そこはやはり中身が小学生 中学生とは…心身とも大人に近く成る訳ですし 更にチーム力や戦略も加わるので、別ランクのもんに成ります。
!? 守りの争いが小学生で、攻めの争いの差が中学生ぽい所からも一変でしょうね
ゴング鳴ったばかり、さあ ファイト!っす。
Posted by 【ぶったたけ!】 at 2005年04月30日 09:28
中学軟式は意外にも、球速が遅くて軟投派が打線を手玉に取る事がありますよ。決め球の変化球があれば、球速が無くとも抑えられます。
Posted by Xゲーム at 2005年04月30日 21:35
【ぶったたけ!】さん、こんばんは。
例えば盗塁を例にあげてみても、昨年までの小6の
捕手の送球と、今年の中3の送球とでは雲泥の差がありますよね。
全てにおいてそんな感じですから、今は慣れるのに必死なのかもしれません。
今の所はベンチ入りのメンバー枠には入っていますので、「見るのも勉強」と言い聞かせています。
本人は打撃には自信があるようで、早く試合に出たいみたいですが、
まだ1年生ですから、なかなかチャンスが来ませんよ^^
 
 
 
Xゲームさん こんばんは。
ゲンジがまさしく、その軟投派です。
ノラリクラリと翻弄するのが得意です。
学童時代、その投法で打撃が看板のチームを
2安打完封に仕留めた事がありました^^
Posted by ドラ夫 at 2005年04月30日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

悪夢の逆転負け
Excerpt: 28日の阪神・中日戦は悪夢の逆転負けでしたよねえ。 阪神ファンの私としては辛いところです。 敗因としては井川が7回をしっかり抑えられなかったことですねえ。 このままV戦線に残るには、..
Weblog: 植木屋の恋愛事情・株式上場2005
Tracked: 2005-04-30 13:45

悪夢の逆転負け
Excerpt: 28日の阪神・中日戦は悪夢の逆転負けでしたよねえ。 阪神ファンの私としては辛いところです。 敗因としては井川が7回をしっかり抑えられなかったことですねえ。 このままV戦線に残るには、..
Weblog: 植木屋の恋愛事情・株式上場2005
Tracked: 2005-04-30 13:46