2005年04月17日

サインプレーの徹底

今日はクラブチームの練習日。
 
来週の公式戦に備えて、サインプレーの確認練習に時間を割いた。
当然ながら中学になると、サインプレーも高度になると実感する。
 
学童時代にもサインはあったが、中学では求められるプレーの
難易度が高い。バントにしても状況に応じて転がす方向までが問われる。
 
今日は見落としや凡ミスが多発し、予定時間をオーバーしたが、
最後にはなんとか、形には近づいた。
 
守備の時にもサインを多用するし、とにかく頭を使う。
息子ゲンジも真剣な表情で、身に付けるのに必死だ。
 
1年生はベースコーチの役割も叩き込まれた。

打つ・投げる・走しる。 の技術も大事だが、
サインプレーの「状況判断」の大切さを、改めて実感した1日でした。
この記事へのコメント
…監督の経験〜 
気持やプレーに余裕の無い子にサインプレーはプレッシャーと成り
失敗のリスクが大で 機会が段々減って
特定の子だけって事に…成っちゃいましたネ。

策に溺れずに
ポイントは、それら(人)を見極めて 出すか出さぬかの判断ですね!

練習すべきですが
実際は強攻の方が確率良いです!ョ(昨夏の甲子園優勝高の様に)
Posted by 【ぶったたけ!】 at 2005年04月18日 10:01
ぶったたけ!さん こんにちは。
 
ご指摘の件、確かにそうですよね。
息子は昨年は4番でサインとは無縁でしたから、
今年は「チームバッティング」に徹する事が出来るか? 
が課題になります。
 
あまり器用ではないので心配ですよ。
しかし監督の方針には逆らえませんから^^
Posted by ドラ夫 at 2005年04月18日 12:52
先輩監督に 両手キャッチや高いバウンドへ只突っ込め! と教える事に意見して(友達程度の)喧嘩した事が有ります。

私は、小中学生のうちは 短所を無くす努力より 依り長所を伸ばす方が良いと個人的に思ってますので、こうなるんでしょうね?
短所はゆっくり治していけば良いんじゃないかと…
Posted by at 2005年04月18日 23:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック