2006年09月18日

『強肩強打』とまではいきませんが・・

簡単に「奇跡」という言葉を使ってはいけませんが、
18日も心配された雨は降らず、予定通り試合が行われました。

この3連休は最悪3日とも雨で全滅か? と予想され、
また気象庁もそうした予報を発令しておりましたので、
正にこれは奇跡に近いのでは? と関係者一同 胸を撫で下ろしていました。

この2日で3試合を行いましたが、ゲンジは盗塁を刺しまくっていました。
ここへきてようやくスローイングの精度がアップしてきた感じです。

今年の6月頃までは、2塁への送球は意図的にワンバウンド送球をさせてきました。
ノーバンでも届くとは思うのですが、その頃はまだスローも安定性を欠いていた。
それ故に確実性を重視した上でのワンバウンド送球でした。

しかし新チーム始動後は、ノーバンで投げるよう指示。
肩も強くなってきましたし、実戦でどんどんトライしないと、
いつまでたっても進歩が見えない。

最初の頃は良い時と悪い時の差が激しく、なかなかスローが一定しませんでした。
日々の練習でフォームを繰り返し行い、握り替えや足の踏み出し、
送球の姿勢等をチェックしてきました。

今月に入ってからの試合では、徐々にその効果が表れ始める。
そしてこの週末。面白いようにランナーを刺しまくりました。

ドンピシャの送球が5回6回と続き、相手も半分意地になって走ってきましたが、
ことごとく返り討ちに仕留めました^^

勿論どんな強肩捕手でも、投手のモーションが大きいと盗塁は刺せない。
うちの投手陣もクイック投法に磨きをかけ、盗塁阻止の一端を担っていた。
それとセカンド・ショートの連携もあります。

ですからゲンジ一人だけの力で刺した訳ではありませんが、
しかしスローイングが悪いと全てが台無し。
そういう意味では、この結果は喜ばしい。

キャッチャーが盗塁を阻止すると、ナインの士気も上がるもの。
試合の流れもこちら側に引き戻す事も出来る。
相手も肩を警戒し、作戦も限定されてくるだろう。

ここへきての安定感アップは好材料。
打つほうも12打数5安打と好調をキープ。
安打は全てシングルヒットですが、今はチームバッティングに徹している。

たった2・3試合の結果だけで、『強肩強打』とは恥ずかしくて言えませんが、
こうした結果を継続して出していけたら、胸を張ってそれも言える。
これからが本当の勝負ですね。

ただ細かい部分での判断ミスや連携ミスもありました。
そちらはまた日を改めてエントリーしますが、
キャッチャー全体の力量としては、私はまだまだ力不足だと思っている。

勉強しなければならない事はまだ沢山ある。
試合で経験を積み重ねながら、これらの部分もレベルアップさせていきたいです。



この記事へのコメント
日々の努力の成果が現れていますね。
チームとしてもまとまって来たんじゃないですか?一時のもやもやも晴れて来てるように感じますが如何ですか。
>12打数5安打と好調
中学軟式でこれだけの結果が出せるなんて素晴らしいですよ、兄君中3時、3割ちょっと超えただけでチームで2番でしたから(レベルが低かったのかな)

Posted by 背番27 at 2006年09月19日 08:44
ゲンジ君ナイスですね!!
盗塁の阻止は相手への流れをビシッと止めることが出来ますもんね!!
チームにとって大きな柱ですね!!
こらからもドンドン進化して活躍してほしいです!!
Posted by リナケイパパ at 2006年09月19日 09:11
練習の成果が現れたのですね。盗塁を刺すのは見ている方も気持ちが良いんですよね。やられた方はがっくりですし・・・。ゲンジ君、伸び盛りですね。

息子はまだまだ送球が安定しませんし、相手チームから恐れられるほどの存在にはほど遠いかな(笑)

ただ、「野球は9人でやるもの」とここ最近のチームを見て強く感じています。
Posted by ハッシー at 2006年09月19日 10:01
盗塁を刺せるキャッチャーは羨ましいです^^
中学では走られたら野球になりませんものね。うちは強肩なんですけど、コントロールが悪く、特に大事な場面で走られます。(汗)
Posted by 少年野球コーチ at 2006年09月19日 10:09
ケンジ君、いい感じじゃないですか(^・^)
守備面が調子良いから、その影響でバッティングも好調なのではないですか。
キャッチャーは重労働なポジションですから、バッティングの調子を維持するのは難しいと思いますが頑張ってください。
Posted by baseball-oyaji at 2006年09月19日 10:39
我が子が盗塁刺した時、私は小躍りしたくなっちゃいます^^
2塁盗塁はなかなか刺せませんがね・・・^^;
ゲンジくんのように刺しまくってくれるのはいつの日か・・・
Posted by さとる at 2006年09月19日 11:16
中体連の日程終了後に 3年チームVS下級生のお別れ紅白戦を行った時です…
(2年生バッテリー)Cが盗塁を許さず、Pが其れなりの投球を披露しました。
失敗を恐れないから ガンガン走る下級生、結局は底力の差でサヨナラ負け、7VS8でした...
野球とは?? バッテリーの重要度&守備力が露呈された結果でした
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年09月19日 14:32
素晴らしい!!すごい成績ですねぇ。

ウチのはまず試合に出ることが目標ですから、まだまだです。
でも息子が盗塁を刺した時って言うのは確かに気持ちいいですよね。
私も以前練習試合で2塁塁審をやっていて、まーぼから2塁に矢のような送球が来たときは、嬉しくっていつもより大きい声でアウトをコールしちゃいましたね。

今は投げなかった間に弱った肩を少しずつ戻している最中ですから、盗塁を刺すなんてことは先の先でしょうが、そんな日が来て欲しいですよ。
Posted by かに at 2006年09月19日 15:58
ワンバン送球は卒業ですね。
たま先の楽しみが増えましたね。
もう中2の秋ですからレベルアップレベルアップですよ。
Posted by Fastballer at 2006年09月19日 19:00
僕とほとんど同じですね。初めの新チームのころはちゃんとしたキャッチがいたんですが、肩を壊してしまって、とても投げれる状態じゃなく、そのため変わりのキャッチが僕になってしまった。しかもキャッチなんて初めてだから、バッターが空振りをしたら目をつぶってしまいなかなか取れなかったし、まともに2塁へ送球できなかったから、とても悔しくて、悔しくて。だから必死に練習していたら、あるときの試合でバッターが空振りしても目をつぶらなくなったし、2塁の送球のコントロールも格段によくなった。そして、うちのチームには、県でもトップクラスの投手の球を受けているからごく普通の投手の球なら、とても簡単に打てるし、キャッチャのリードも同じポジションだから、アル程度想像していたら打てるけど、投手のワンバンを止めなだめだから体中がアザだらけになってしまうから、ちょっとキャッチャーのポジションは、いいこともあるし、悪いこともあるから、微妙なポジションだけど、盗塁の刺したときの快感はなんともいえないです。
Posted by ど花弁 at 2006年09月19日 19:04
背番27さん こんばんは。

兄君の成績、立派だと思いますよ。
うちのチームの場合ですと、今年の3年生で3割到達者は一人もいません。
昨年の3年生も同様です。ですから3割という数字を残すのはかなり大変なんですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2006年09月19日 21:50
リナケイパパさん こんばんは。

どんどん進化。 そうですね! 次の目標は捕球から送球までの動作をもっと早く行う事です!
Posted by ドラ夫 at 2006年09月19日 21:51
ハッシーさん こんばんは。

身体の成長と共に肩も強くなっていきますから、息子さんもこれからですよ^^

「野球は9人でやるもの」 その通りですよ。
皆が一致団結して、いかにピンチを切り抜けるか? そうしたチーム作りが大変でもあり、面白くもあるんです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年09月19日 21:55
少年野球コーチさん こんばんは。

今回はうちもタマタマですよ^^
また精度が低下するかもしれません。。。。
初心を忘れないでいてほしいものです。
Posted by ドラ夫 at 2006年09月19日 21:57
baseball-oyajiさん こんばんは。

息子も昨年はファーストでの出場が多く、それと比較すると確かに疲れるそうです・・
でも楽しみが判ってくると、キャッチャーというポジションは面白みも増すでしょうから、どんどん成長してもらいたいです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年09月19日 22:00
さとるさん こんばんは。

学童野球は塁間が短いですから、盗塁を刺すのは難しいですよ。
中学になると今度は肩の問題が出てきますが、ボールさえキチンと届くようになれば、後は動作をしっかりつければ大丈夫です^^
Posted by ドラ夫 at 2006年09月19日 22:03
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

上級生相手の紅白戦、いい試合内容ですね^^
うちじゃそんな接戦は期待出来ません(^^;

うちも来年に向けて、1年生キャッチャーの育成にも力を入れ始めましたよ。
Posted by ドラ夫 at 2006年09月19日 22:08
かにさん こんばんは。

私はここ2年間は塁審はすっかりご無沙汰なんですが、スコアを付けていてもやはり刺した時は思わず声も大きくなりますよ^^

まーぼ君も故障が癒えたらドンドン刺してくれるでしょう^^
Posted by ドラ夫 at 2006年09月19日 22:11
Fastballerさん こんばんは。

この年代は一ヶ月でガラリと変化する時がありますね。
突然変異じゃないですけど、地道な練習の成果が出ると嬉しいものです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年09月19日 22:17
ど花弁さん こんばんは。

キャッチャーは生傷が絶えませんし、リードや送球、それにキャッチャーフライやショートバウンドの対応など、覚えないといけない事が沢山ありすぎますよね?^^

でもそれだけ重要なポジションですし、ある壁を越えると楽しさも生まれてくるかもしれません。

ど花弁さんも最初は結構苦労されたみたいですね^^ それも良い経験になった事でしょう。

Posted by ドラ夫 at 2006年09月19日 22:44
セカンド定着したはずの息子でしたが。
捕手の子が膝の調子が悪く、急遽2試合捕手で出場。
盗塁も2つ阻止したり、無事終了。
試合後、「やっぱり捕手で行こう。」と言われ。
きっぱり「嫌です。」と断ったとか。
あっちだ、こっちだで器用貧乏にならなければ良いんですが。
ちょっぴり心配です。
Posted by つよし at 2006年09月20日 13:18
つよしさん ありがとうございます。

キッパリ断りましたか^^
そうやって自分の意志を告げる事が出来るのは、ある意味立派だと思いますよ。

私的にはピッチャーに戻るのはどうでしょう?
どうですか?^^
Posted by ドラ夫 at 2006年09月20日 23:54
投手復活ですか?
鋭いところ突いてきましたね!
新チームの最大の弱点は投手力です。
親子の練習でもピッチング練習は欠かした事有りません。
投手復活の件についてはこれ以上書いちゃうと地域の人に私の事が特定されそうです。
アドレス入れてるのでメール下さいな。
ドラ夫さん親子とは状況が似ている様なので、情報交換できること一杯有りそうです。
Posted by つよし at 2006年09月21日 08:23
つよしさん ありがとうございます。

今夜は途中で睡魔に見舞われウタタ寝をしてしまいました^^
明日にでも返信させていただきますので、よろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2006年09月22日 02:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。