2005年03月08日

バウンドの違い

硬式と軟式の1番の違いはやはりバウンドですね。
よく弾む軟球の守備に慣れてしまうと、硬球の
鋭い打球に戸惑うのではないでしょうか?
 
軟式の指導をみていると、ノックの時に
「前へ出ろ! 前へ出て取りにいけ!」
と指導する場面があります。しかし軟球は
その材質と構造上からよく弾みます。
 
選手は無意識のうちにバウンドに合わせた守備
になりがちなんですね。素人の頃のドラ夫は
「前へ出れば弾んで球が取れない。ならばバウンドに合わせた
守備のほうがよいのでは?」 と疑問を持っておりました。
 
しかし先の事を考えると、その疑問が間違いだと気付きました。
指導も奥が深いものだと痛感した次第です。
posted by ドラ夫 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 軟式と硬式 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2306994

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。