2006年07月27日

7番降格

前回の続きです。

2003年8月

ピッチャーとして期待されて迎えた5年生の頃のゲンジ。
だが夏の初めにピッチャーとして構想外を告げられた。

フォーム等の問題から本人の気持ちの持ち方など、
あらゆる要素が絡みあっての決定だが、
本人の強い要望で自宅練習でのピッチングメニューは残す事に。

問題点を洗い出し、ピッチャーとしてリベンジを果たすべく、
再スタートとなった2003年8月。

だがこの頃、ゲンジには別の試練が忍び寄っていた。
それは打撃不振です。

前年の夏以降、打撃面では結果を出し続けていたゲンジ。
前年秋のピッチャー候補にリストアップされてからは、
自宅練習は自然にピッチング練習にウエイトが置かれていた。

勿論、素振りは毎日していましたし、バッティングセンターにも通ってはいた。
でも重要課題はピッチング。

ここまでそこそこの打撃成績を残していた事もあり、
私も打撃面ではあまりアドバイスしていなかった。

当時の打順は5番。主将が4番を任されていた。
この2人は打順を動かされる事はなく、また二人共期待には応えていた。

ところが一連のピッチャー問題の心労もあったのか、
この頃のゲンジは少しづつ打撃が下降線をたどる。
チーム練習でも快音が聞こえず、ボテボテの当りばかり。

単なる一過性のもの。そうタカをくくっていた私でしたが、
いつまでたっても復調しないゲンジを見て、事の重大さに慌ててしまう。

まずは投球メニューを中断し、打撃回復に重点を置いた。
しかし結果がなかなか伴わない。9月の公式戦も迫っている。

その公式戦を視野にいれた練習試合が行われたのですが、
その時ついに打順の変更を監督が決めた。

『7番ファースト・ゲンジ』

ピッチャー構想外。打撃スランプ。
2つの試練が押し寄せて、親子で焦りを感じてしまった。
そしてついに打順降格。

ピッチャーとして監督を見返す! 
その実現に向けて動きだす前に、メインの打撃が下降線。

何をどうしたらいいのか??
ゲンジよりも私の迷走が始まりだしました・・・

7番に下がったゲンジは奮起するのか?

続きは後日。


この記事へのコメント
>ゲンジよりも私の迷走が始まりだしました・・・
えっ!ドラ夫さんが迷走しちゃうの? という新鮮な驚きが^^

なかなか苦難の連続の5年生時代だったんですねぇ〜。
Posted by さとる at 2006年07月28日 08:27
打撃が下降線をたどっているようですが、ピッチャーをやっていることによって考えられること。
1.投げる右手が強くなり、左手の力が伴わない。→バットを右手でこねてしまう
2.ピッチングの腰の移動ににてしまい、ボールを迎えに(ピッチャー側に移動してしまう)いってしまう。
思いつきですが、奮起に期待しまつ。
Posted by 今日もいままでの最強スイング at 2006年07月28日 08:51
長く野球をやっていますと、いろんな事があるのですねぇ〜。そう言った試練を乗り越え今のゲンジ君があるのですね!!その辺をどう乗り越えて来たのか!?続きを待ちます!!
Posted by リナケイパパ at 2006年07月28日 09:16
バッティングは一度調子を落とすと元通りになるまでに時間がかかりますね。ちょとフォームを変えただけで、良くなったり悪くなったり・・・。
特に小学生の場合フォームもなかなか安定しないから難しいです。

これでもか、これでもかって次々と試練がやって来ますね。でも、きっとゲンジ君なら乗り越えられると言う試練なのでしょう。まずは、バッティングの調子をどうやって上げて行くのか、続きを楽しみにしています。
Posted by ハッシー at 2006年07月28日 10:06
ずーっと絶好調なんてことはあり得ない訳で、苦しい5年生の時があったから、6年生になってからの爆発があったんでしょうね。

這い上がるためにもがき苦しんでいる姿を見てみたいなぁと思っている私はちょっとサド的?
モチベーションと結果、ドラ夫さんがどうやってゲンジ君を操縦していったのか楽しみです。
Posted by かに at 2006年07月28日 10:25
試練ですね、順調に来ていただけに当時は深刻に悩んだのではないでしょうか。
次週に期待ですかね・・・

足があればボテボテが内野安打になったりして調子が上がったりするんですがね。
Posted by 背番27 at 2006年07月28日 19:10
投手を外された気持ちが影響していたのでしょうね。気持ちの切り替えが出来て回復したのでしょうか?
子どもは繊細ですね。
Posted by Fastballer at 2006年07月28日 22:29
 ゲンジ君でも打撃不振があったんですね。うちの息子も打撃不振中。キャッチャーで怒られてばかりが影響しているのでしょうか。
 >何をどうしたらいいのか??
 私も同じ気持ちです。ヒントを得るには金曜日まで待たなければなりませんね。8月中旬に大きな大会があるのですが、来週、集中的に連載して頂くわけにはいきませんかと言っても無理ですね。
Posted by 四十肩コーチ at 2006年07月29日 02:30
アレ? 打撃不振の理由 は、ただ 単に バッテイングフォーム(タイミングを含む)が悪くなった。・・・・・それだけでしょ ?!
Posted by 今日もいままでの最強スイング at 2006年07月29日 10:05
さとるさん こんばんは。

試行錯誤と言ったほうがいいかもしれません^^
今だから笑えますが、当時はそれなりに苦しかったですよ。
Posted by ドラ夫 at 2006年07月30日 00:15
今日もいままでの最強スイングさん こんばんは。

自主錬メニューのバランスには気をつけていたつもりなんですが、やはり当時はピッチャー関連のほうに私の頭が・・
打順降格はショックでした。
Posted by ドラ夫 at 2006年07月30日 00:18
リナケイパパさん こんばんは。

全てが順調に進むより、何か試練があったほうが良い面もあると思います。
これからも幾多の試練があるでしょうね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年07月30日 00:20
ハッシーさん こんばんは。

この時は親子で精神的に追い込まれていましたね。
ゲンジはそうした素振りは見せないタイプですが、私のほうは結構熱くなって・・
この頃は今と比較すると、ゲンジの野球に対する姿勢もまだまだでした。最近はかなり向上してきています^^
Posted by ドラ夫 at 2006年07月30日 00:24
かにさん こんばんは。

この前年の最終戦、上級生を差し置いて4番に座りましたからね。
それが同級生主体のチームで7番ですから、私も相当に期するものがありました。
Posted by ドラ夫 at 2006年07月30日 00:27
背番27さん こんばんは。

ボテボテの当りが内野安打。痛烈な当りが野手の正面。
これが野球ですもんね^^ 
Posted by ドラ夫 at 2006年07月30日 00:33
Fastballerさん こんばんは。

悪い事は重なる。 こうした感じでしょうか^^
この時が小学校生活で最後のスランプだったかもしれません。
この翌年は大ブレイクしましたから^^
Posted by ドラ夫 at 2006年07月30日 00:35
四十肩コーチさん こんばんは。

スランプ時のアドバイス、これは結構重要でして、的が外れた指摘をすると余計に混乱しますからね。

息子も自分で修正出来るほどのセンスはありませんから、私も慎重に対応したつもりです。

集中連載、検討させていただきます^^
Posted by ドラ夫 at 2006年07月30日 00:40
今日もいままでの最強スイングさん、2度目のコメントありがとうございます。

フォームの異変もありますが、気持ちの部分も多少は原因だったかもしれません。
当時は精神面も今ほどではなかったですし。

何より親の私も未熟でしたから^^
Posted by ドラ夫 at 2006年07月30日 00:43
バッテイングの結果は、フォームべし。と考えなければ。のちの練習で修正する課題がなくなってしまいます。
数秒又は0.数秒のバッテイングの世界の中に、気持ちの部分は考えられないし、考えてはいけないし、・・。
考えて良いのは?、ボールを良く見るとか・フォームを矯正する 部分でしょうか? と。反論ありそうですが、今日は皆さま「お休みなさい」
Posted by 今日もいままでの最強スイング at 2006年07月30日 20:51
今日もいままでの最強スイングさん ありがとうございます。

そうですね。「気持ちの問題」 と言って逃げていてはいけませんよね^^
技術は技術として目を向けないと、ご指摘のように本質を見失う事にもなりかねません。
アドバイス、ありがとうございました。
Posted by ドラ夫 at 2006年07月31日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。