2006年06月24日

監督との会談へ

前回の続きです。

2003年7月

初回から相手の猛攻を受ける投手ゲンジ。
その姿には気迫は感じられず、また悔しさも伝わってこない。

淡々。もしくは黙々といった表情で投げ続けている。
バックの守りからも声が出ず、ベンチの指導陣も無言。
相手チームの歓声だけがグランドに響いていた。

完封勝ちを治めた『すり足投法』ではなく、フォームを以前に戻して挑んだが、
それよりゲンジのモチベーション自体が下がりきってしまっている。

こんな状態で投げ続けるのは意味が感じられないし、
他のピッチャー候補に経験を積ませたほうがいいと思った。

1.前年秋に投手候補として監督より指名。
2.新チーム始動後、最初の勝利投手。
3.数試合パッとせず、伸び悩む。
4.長所と短所の洗い出しから、『すり足投法』にチャレンジ。
5.新フォームで2安打完封勝利。
6.同門対決の試合で、新たな投手候補が2名出現。
7.監督より『すり足』の封印を言い渡されるも、それに反発。
8.ゲンジ本人が『僕、もうピッチャーはいいよ・・』と弱気発言。
9.2週間ピッチング練習から外されて、干されたか? 
  と思いきや、突如この試合で先発指令。


これがここまでのピッチャー関連の流れです。
これ以外にも監督と新加入Kコーチとの起用方対立もあったりした。

節目の部分で私なりに物事を考え、行動に移してきましたが、
前述の箇条書きを見ると、どうして監督が『すり足』を封印させたいのか?
ここがこの問題の最大のポイントでした。

その疑問点を明らかにするための、この日の登板か?
技術面。精神面。今後の育成面。将来性。これらが混ざりあって何らかの方向性を監督なりに導きたいのだろうか?


話をこの試合に戻します。
初回に大量点を献上したゲンジ。以降も投げ続けますが、
2回以降はなんとか立ち直った感じ。

それでも小刻みに安打を許したりしましたが。

試合は敗戦。打線もそこそこ追い上げましたが、
逆転までには結びつかなかった。

試合後、私は意を決して監督と話をする事に決めた。
今後のゲンジ、ピッチャーとしての育成について意見を交わすため。

ピッチャーがダメならその理由を知りたかったし、
何故この試合に先発させたか? その他色々とあるのですが、
これ以上成り行きに任せられるのは、私の精神も限界にきていた。

キチンと話をし、スッキリしたいのがこの時の本音。
これまであまり出すぎた事は控えていたつもりですが、
そうも言ってられない所まで気持ちが追い詰められていた。

どうやって監督へ切り出そうか? 様子を伺っていた時に、
監督のほうからこちらへ歩み寄ってきた。

『ドラ夫さん。ちょっといいですか?』

続きは後日。



この記事へのコメント
ほんと何故先発させんでしょうね。監督、Kコーチの思惑が気になります。
Posted by Fastballer at 2006年06月25日 06:36
いよいよ監督の考えがわかるんですね。
小学生に肘、肩に負担のかかる投げ方をさせて勝つよりも、将来を考えてのことと予想しますがいかがでしょう?
「小学生時代は投手挑戦失敗」とわかっているのにこの先が気になります。
「続きは後日」の魔術師ですね。
Posted by Skyboys広報 at 2006年06月25日 06:49
今週は"お休み"なのかなぁ〜と思ってました^^
どんな内容なのか気になるところですが、我がチームの場合、こういった話を親御さんにすることはないですね。
チーム方針としてはダメなんでしょうが、指導者の打ち合わせの話題として私が聞いた場合は親御さんに横流ししちゃいます・・・
Posted by さとる at 2006年06月25日 07:27
このところ???な感じだった監督の考えが判明するんでしょうか。
先に結論は分かってるものの、それでもどんな話なのか、気になります。
Posted by かに at 2006年06月25日 23:24
次回、ついに真相が分るのですね!!
とても気になりますね。
監督からどのような内容の話しがあるのか。。。。

Posted by リナケイパパ at 2006年06月26日 10:23
次回こそ明らかになるのですね(笑)

ウチのチームもさとるさんの所同様、こういった話を監督が親にすると言うことは無いです。
多分、野球以外の事もあれこれと聞いたりする父兄を防ぐ為に、「監督」と「父兄」にある程度の距離を置きたいのかな?と思います。

ですから、監督と父兄のパイプ役になってくれているコーチにまずは相談すると言うのがなんとなく父兄に浸透していますし、監督の考えみたいなものも、そのコーチを通して父兄に・・・となっています。

Posted by ハッシー at 2006年06月26日 11:08
 【次回こそ、全ての謎が明らかに?】

 …などというナレーションが聞こえてきそうな…。

 でも、結末がどのようなものであれ、
今現在のゲンジ君が立派に成長しているのが
わかっているから、安心して話が読めるなぁ…。
Posted by でぃあ at 2006年06月26日 11:16
うちの息子が3番手ピッチャーとしてフラフラしてるので、我が息子の事のように気になります。
私も息子も、お気楽屋さんなので、あまり追い詰められていませんが、妻は、「もうマウンドに立って欲しくない…。」と、言ってます。(苦笑)

監督さんから歩み寄ってきたと言う事は、やはり理由あっての登板だったんですね。
今回の話が7月ですから、まだまだ真夏・秋へと物語りの結末に近づいてきているのかな?
Posted by 始動者 at 2006年06月26日 12:44
これがきっかけで、
ドラ夫コーチさんの誕生でしょうか?

後から読み返すと、いろんなヒントがところどころに隠されているゲンジ物語。
人気の秘密です^^
Posted by metoo at 2006年06月26日 12:56
通販アドレスありがとうございました。早速今晩息子達に選ばせます。……とは言っても長男は土曜日から中体連が始まります。これが最後!間に合いませんね〜^_^;以前お話して以来今だバッティング不調のまま。この雨で練習試合も全て流れ、神頼みで本番に臨むしか…。根気強く使って頂いている監督の期待に答えたい所です。何よりも悔いの残らない様に
 次男は先日初めての5年生大会(地域の小さな大会です)があり、練習試合の経験もなくいきあたりばったりでしたが、勢いで準優勝でした。
Posted by hitomi at 2006年06月26日 14:56
ようやく監督の真意に辿り行くんですね、今までの状況では私では予想が付きません。
metooさんの読み通りコーチ受諾のきっかけになったような気はしますが・・・
内と外では随分違いますからね。
Posted by 背番27 at 2006年06月26日 18:03
Fastballerさん こんばんは。

監督も色んな視点でこの先発起用を決めたようです。
続きは次回にて^^
Posted by ドラ夫 at 2006年06月27日 00:24
Skyboys広報さん こんばんは。

ご指摘のように、健康面の話もありました。
これ以上は言えません。すみません^^
でも概ね正解ですよ。^^
Posted by ドラ夫 at 2006年06月27日 00:28
さとるさん こんばんは。

木曜はブラジル戦を観戦するために早寝しました。^^ すみません。。。

起用面で親に説明する必要はないと思います。
この時はちょっと特殊な例かもしれません。
Posted by ドラ夫 at 2006年06月27日 00:31
かにさん こんばんは。

真相といってもそんなに大した事じゃないですよ^^
期待倒れになるんじゃないかなぁ・・
Posted by ドラ夫 at 2006年06月27日 00:34
リナケイパパさん こんばんは。

この時はいい機会なので、こちらの言い分もしっかり伝えましたよ^^
Posted by ドラ夫 at 2006年06月27日 00:39
ハッシーさん こんばんは。

コーチに色々と相談できるチームは、風通しのいいチームかもしれませんね。
中には監督と一枚岩になっていて、コーチにすら何も言えない雰囲気の所もあるようですが^^

Posted by ドラ夫 at 2006年06月27日 01:55
でぃあさん こんばんは。

そうですね。今が比較的順調だからこそ、こうして過去を振り返る事が出来てます。
でもあの頃を思い出すと、やはり悔しい気持ちにはなりますねぇ。。。
Posted by ドラ夫 at 2006年06月27日 01:59
始動者さん こんばんは。

はい。この話は晩秋まで続きますよ。
この後はピッチャーから離れた位置で
改めて「ピッチャー」とは何か? というところへ進んでいきます。
Posted by ドラ夫 at 2006年06月27日 02:03
metooさん こんばんは。

直接ではないですが、コーチ就任の遠因にはなったでしょうね。
今はあまり詳しく書けません^^
Posted by ドラ夫 at 2006年06月27日 02:04
hitomiさん こんばんは。

いよいよ中体連ですか。良い結果が残せるといいですね。影ながらお祈りいたします!

次男君も準優勝、立派ですね^^
小さい大会であろうが、この成績はチームにも自信が生まれるのではないでしょうか?
その調子です^^
Posted by ドラ夫 at 2006年06月27日 02:08
背番27さん こんばんは。

コーチにはこの翌年に就任しますが、確かに内と外の違いを実感しましたね。
私自身、大いに勉強になりました^^
Posted by ドラ夫 at 2006年06月27日 02:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。