2006年05月17日

「軟式」高校野球観戦

先日の日曜日はクラブの公式戦でした。
朝早くに試合が始まり、終了したのが午前10時前。

いつもなら後の試合を観戦するか、グランドに戻って練習になるのですが、
その時は簡単な反省会の後に解散となりました。

こんな時は絶好の自主錬の機会なんですが、生憎ゲンジは故障中。
だが本人は動きたくてウズウズしている様子。

何かないか? 帰宅後にあれこれと思案していたのですが、
丁度高校野球の春の大会が行われており、その観戦に出掛ける事にしました。

上のレベルでの野球を見るのも勉強のうち。
試合会場はクルマでちょっと時間がかかる場所。
しかしその途中にある高校の横を通ると・・

そこでは野球の練習試合が行われていました。
『ちょっと見ていこうか?』 そうゲンジと相談。
最初は10分ほど見学するつもりだったのですが。

よく見ると何か違う・・
同じ高校野球でも、こちらは軟式高校野球だったのです。

高校野球といえば甲子園に代表されるような硬式が主流ですが、
このような軟式も少数ですが存在します。

硬式の聖地が甲子園なら、軟式の聖地は同じ兵庫県の明石。
毎年8月下旬に全国大会も行われています。

軟式と硬式、両方の部活がある学校もあり、
栃木の作新学院や岐阜の中京、長野の松商学園、広島の広陵など
硬式・軟式共に名門。という学校も多い。

また大分の四日市高のように、軟式で名声を得ている学校もある。

ゲンジは高校で軟式がある事を知らなかった様子。
さて見学した試合ですが、とても良い試合でした。

投手戦で守備も見応えがあり、軟式特有の叩きつけるような打撃もあった。
なにより現在自分がやっている野球と、同じボールを使っているのだから、
ゲンジにとっては全てが参考になった事でしょう。

軟式高校野球というと、一段下がったような見方をされる人もいるようですが、
そんな事はないと思いました。少なくともこの日観戦した試合、
私の目で見ても とてもレベルが高かった。

さてこの高校軟式、選択する子は何を基準にこの軟式を選ぶのでしょうか?
硬式だと練習が厳しいとか、もっと気楽に「野球」をやりたいとか、
想像するにこうした理由なんでしょうかね?

確かに同じ高校野球でも、硬式の扱いはマスコミでも大きく取り上げる反面、
軟式はテレビ中継も無いですし、出場校も少ない。

まぁこれは競技人口が違いますから仕方がないですが、
あえて高校で軟式を選ぶのは何故か?

私は軟式を見下した気持ちで、このような事を言っているのではありません。
何故なら、あくまでもこれは私自身の考えですが、
ゲンジの高校野球で、この軟式も「有り」かな? と最近思うからです。

軟式で明石を目指す。これも立派な目標になります。
だからこそ、現役の軟式高校生はどうして軟式にしたのか?
そこがちょっと気になります。

軟式の高校野球、私も色々と情報収集してみたいです。
posted by ドラ夫 at 23:06| Comment(24) | TrackBack(0) | 軟式と硬式 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
いつも楽しく読んでます。

僕は今高2で軟式野球部を作ろうとしていますが、厳しいのが現実です。

僕が軟式を選んだ理由は、
硬式は練習がキツイ。(イメージ)
中のよい友達と楽しく気楽にやりたい。
また、自分が下手なので(笑)

別に硬式がダメだとか軟式でもきつい練習をしているところはあるんでしょうけど。

まぁ、参考にして下さい。
乱文失礼いたしました
Posted by 現役高校生 at 2006年05月18日 00:02
高校軟式野球はレベルが高いですよ。
群馬では前橋商業が硬・軟式ともに全国レベルです。
軟式を選ぶ理由ですが、個々それぞれ理由があると思います。
息子の中学の仲間(小・中と一緒)のうち1人は軟式野球部に入りました。(練習はかなりきついそうです)
彼が軟式を選んだ理由の一つは身体的理由、身体が細く(太れない体質)故障の不安から(投手をしています)、それから全国(出場)に近い、もう一つは入学した高校の硬式野球部は部員が100人を超す大所帯、これでは試合に出られるかどうかも分からない、ならば試合に出られる可能性が高い軟式・・・こんな理由です。
硬式でも軟式でも3年間続けるということ(これだけではないですが)が大事なのではないでしょうか。
Posted by baseball-oyaji at 2006年05月18日 00:21
昨年のこの時期、ポンタも私も軟式を考えていて、私はポンタ中学の2年先輩(三塁)のお父さんからいろいろ情報を仕入れていました。
1.軟式なら勉強と両立できる
 塾にいける余裕もある
2.ポンタ中学出身が多い(26人中8人)
 昨春の大会は投手・一塁・三塁・遊撃がポンタ中
3.平成19年に国体がありチャンス☆
 我が県6チームの優勝で国体選手

軟式ならレギュラーにもなれたと思いますが、あえてベンチにも入れない様な硬式をやらせてしまいました。半分後悔してます。
硬式は、肉体的にも精神的にも大変だと思います。
軟式なら楽しんでやれたとも思います。

ただ、やはり「甲子園」という夢は、とても大きいです☆
Posted by 過保護オヤジ at 2006年05月18日 00:35
お久しぶりです。
以前息子がシニアに行くかどうかで迷っていた時期にいろいろお世話になりました。

実は私は、高校で軟式野球をやっておりました。同じ高校には硬式野球部もありましたが、私の学年の入部人数は硬式野球部が5人くらいで、軟式野球部が15人くらいでした。平均身長も体力的な能力も軟式野球部の部員のほうが上回るというなぜか不思議な学年でした。入部後当然「何故軟式野球部に入部したのか?」という話題になり、意見の多くは「硬式野球部は敷居が高そう・・・・」「頭をぼーずにするのが嫌!」(でも夏の暑さで自然とみな坊主頭になってましたけど(笑))という意見でした。なんかみんなあまり考えずに軟式野球部に入ってしまったようでしたね。私も含めて(笑)。

さて、今それを振り返ってみると・・・・・子供にも言われますが、硬式野球部に入っていればよかったなぁ。。。です。もちろん軟式野球部で知り合った友達はかけがえの無い戦友ですが、硬式野球部をやっていれば夢が見れたはずです。甲子園・・・・そしてその後に続く世界(大学野球・社会人・プロ)です。そういった夢が見たいうちは硬式じゃないでしょうか。軟式はいつでも出来るのでは?

隣の芝生は青く見えるのかも知れませんが・・・

息子ですが中学の部活(軟式)に入部して、せっせと走りこまされてます。自分じゃ絶対走らない奴なので、シニアで土日野球するだけより、部活で平日毎日走るほうが良いように今では思えます。
Posted by ガッツ at 2006年05月18日 05:18
高校軟式もありますし、大学には準硬式野球部がありました。プレイしている選手達は高い目標に向けて日々努力しており、通常の硬式野球部となんら変わりは無いことは間違いないです。しかし、周囲の目は、アウトサイダー的に見てしまうのは否めないですね。
マスメディアの扱いがほとんど無いのが原因だとおもいます。(四国アイランドリーグも無いですね)
これからWEBや携帯で映像が当たり前になってきますので、何らかのかたちでその活動に日を当てたいですね。ブログも立派な報道メディアなので、書く人が増えるといいですね。
Posted by 星 十徹 at 2006年05月18日 08:10
高校軟式・・・
私も頭の中にはありますが、こういった事でもない限り、意識する事すらありません。
 そう言えばそうですよね。
 なぜ、高校で軟式を選ぶのか?
  私の今の頭では理解できない部分です。色んな人の考えを聞いてみたいですね。
Posted by Shin at 2006年05月18日 11:41
私は地方大学で軟式をしていました。硬式がかなりハードな練習をしているのに比べ、軟式はフレンドリーな雰囲気というか、楽しく活動してました。
私見ですが高校では硬式をやったほうが良いのでは。と思います。軟式は生涯スポーツというか、大人になってからも気楽にプレー出来ますが、硬式となるとなかなかそうはいきません。
ですから高校で硬式を体験しておくのは後々に貴重な経験になるのではないでしょうか。
Posted by シャドウP at 2006年05月18日 15:14
軟式はレベルが上がれば上がるほど得点を取るのが硬式より難しいと思います。だから新球になったのですが。
日本の場合、なんだかんだ言ったって軟式のほうが野球人口多いんですから、軟式侮るべからずですね。
Posted by Fastballer at 2006年05月18日 17:05
いつも見させて頂いています。
軟式高校野球という文字を見て思わずコメントしました。自分も軟式高校野球をやっていました。
ブログにある松商学園とも対戦しました。

自分が軟式を選んだ理由は、高校から野球を始めたため硬式でやっていく自信がなかったためです。
実際やってみると、練習は硬式と同じ。正月以外は休みなし。
朝練、夜も8時までやっていました。
硬式との違いは部員の数です。硬式60人。軟式15人。そのためこんな自分でも2年生からレギュラーで出場できました。
センターを守っていましたが、跳ねない硬式の方が守りやすいです。

学童野球の指導をしていますが、そのときの経験が生きています。

自分もブログを書いています。見てくださいね。

Posted by bombersha1ban at 2006年05月18日 19:57
現役高校生さん こんばんは。コメントありがとうございます。

新たに軟式の部活を立ち上げようとされているのですか?
練習場や部員の確保等、確かに厳しいでしょう・・

でもそれらがクリア出来たら道も開けますかね^^
軟式には軟式の面白さがあると思います。
また動きがあったら教えてくださいよ。私も動向が気になります^^

今後ともよろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2006年05月18日 22:08
baseball-oyajiさん こんばんは。

なるほど、全てが納得出来る理由ですね。
身体の事、部員数の事・・
部員が100人の野球部へ、息子を入れたいとは思わないですねぇ。私の場合^^

野球をするために高校を選ぶか、選んだ高校の野球部事情がどうなのか? この2つがありますから、あくまでも学校を優先する子なら軟式でも抵抗なく入っていけるんでしょうか?

好みの問題もあるでしょうし。奥が深いです。
Posted by ドラ夫 at 2006年05月18日 22:16
過保護オヤジさん こんばんは。

ポンタ中出身者が軟式で活躍されているのですね。
硬式に入った子が軟式へ転部するようなパターンはあるのでしょうか?

硬式は確かに厳しい練習でしょうから、色んな辛い事もあるでしょうが、でも甲子園という夢を追い求めるのもその時にしか出来ませんし。
何を優先させるかと、本人の気持ち次第ですかね。この問題は。

Posted by ドラ夫 at 2006年05月18日 22:39
ガッツさん こんばんは。お久しぶりです^^
最近どうされたのかな? って思っていたんですよ^^

ガッツさんは軟式球児だったんですね。
でも学年で硬式よりも軟式を選んだ子が多かったのですか。ちょっと意外ですね。

隣の芝生・・ 確かにそうかもしれません。
良い部分ばかり目が行ってしまいます。

息子さん、野球部に入りましたか。毎日練習出来るのが部活の利点だと思います。頑張ってほしいですね。
また書き込みお待ちしてますよ^^

Posted by ドラ夫 at 2006年05月18日 22:45
十徹さん こんばんは。

「ジュンコー」と呼ばれた準硬式、そういえば最近はあまり耳にしませんねぇ。
同じ野球でも花形と陽の目を見ないもの。様々ですよね。
私もアレコレとネットで調べ、軟式高校野球のサイトも幾つか存在するのを知りました。
今は便利な世の中です^^
Posted by ドラ夫 at 2006年05月18日 22:49
Shinさん こんばんは。

それ位 高校野球=硬式 という図式が一般的なんでしょうね。
でも本文にも書きましたが、なかなか良い試合でした。これからもっと自分なりに調べてみたいです。
Posted by ドラ夫 at 2006年05月18日 22:53
シャドウPさん こんばんは。

やはりそうですか。確かに高校では硬球を握らせたほうが経験になりますか。
軟式はいつでも出来る。確かにそうかもしれません。
まぁゲンジは硬式しか頭にないと思いますが^^
Posted by ドラ夫 at 2006年05月18日 22:58
Fastballerさん こんばんは。

高校では圧倒的に硬式が多いですが、アマの場合は軟式が主流。だからこそ高校ではやはり硬式ですかね? 私も勿論硬式を念頭に置いてますが、軟式も侮れませんよ^^
Posted by ドラ夫 at 2006年05月18日 23:01
bombersha1banさん はじめまして。コメントありがとうございます。

軟式野球部でもハードな練習内容だったんですね。正月だけですか。休みは。硬式と変わらないじゃないですか^^

現在は学童野球の指導者との事、何かと大変でしょうがお互い頑張りましょう。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2006年05月18日 23:07
違う見地から。硬式の場合、900gのバットは重いですね。
ドラ夫さんは、背が高いようなのでゲンジも背が高くなるということで、パワーはOK。
バットの先(スイートスポット)の下に当たったゴロでも力で内野を抜くことができるスイングパワーが、硬式では必要だと思います。・・・せっかくなら左打ちの方がと思います。すいませんクドイですか?
Posted by 今日もいままでの最強スイングっと に変えました at 2006年05月19日 16:14
ドラ夫さん、ご無沙汰してました。
私の方が息子の野球に入れ込みすぎていたのを、息子がシニアに行かないということになった途端、ちょっと気が抜けて、読ませては頂いてましたがコメントは差し控えておりました(笑)。

今後もよろしくお願いします。m(__)m

軟式野球部のほうが人数が多かったのは、髪の毛を切りたくないってことと、硬式の監督が厳しそう・・・っていうことでしたが(笑)入ってみたら、暑くて坊主にはするし、練習は同じように厳しいし(笑)。みんな入り口を間違えたって言ってました(笑) 何度も「みんなで硬式行く?」って話してましたが結局みんな軟式続けました。チームのレベルは都大会でベスト16って感じで、守備のチームでしたね・・・・ピッチャーはアンダーハンドでカーブ、シュート、スライダー、シンカーを投げわけ、一年の頃はたいしたことなかったのに、三年生になってフリーバッティングで投げてもらったら、打てなくなってました。継続は力なりだなぁ。。。とつくづく思いました。あのヘナチョコ球が伸びるようになってるんですから(笑)その投手の、2年間走りに走っていた努力が3年生になって開花したのだと思います。

それが思い出されて、今の息子にも毎日走ってもらいたいと思われ、部活で走っているのを聞いて、私も満足している状況です。

あ、そうそううちの軟式野球部では監督・コーチは卒業した大学生の先輩が指導をしていましたが、守備は教えてもらいましたがバッティングは今思うとまったくと言っていいほど教えてもらっていませんでした。今思うとみんな無茶苦茶なダウンスウィングでした(笑)
Posted by ガッツ at 2006年05月20日 05:41
今日もいままでの最強スイングさん ありがとうございます。

ゲンジの発育はおかげさまで順調です。
靴のサイズも大きくなってますから、身長もまだまだ伸びるでしょう。嬉しい事です。

左打ちですか? 本人がどう思っているか? ここがポイントですかねぇ^^
そういえば最近、左の素振りを見てあげていません。今度再チェックしてみます。
Posted by ドラ夫 at 2006年05月20日 22:00
ガッツさん ありがとうございます。

息子さん、シニアではなくても軟式には軟式の面白さがありますので、今後も見守ってあげましょう^^

少し調べたのですが、さすが東京は高校軟式も参加校が多いですね。
うちの県は数校しかありませんよ^^

練習時間や頭髪の事など、野球が好きでもそれ以外のところでは硬式は? と思っている子には、高校軟式も選択肢の一つとなり得るんですね。

このテーマ、これからも研究課題となりそうです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年05月20日 22:08
こんにちは。いつも楽しく拝見しております。遅ればせながら初めてコメントさせていただきます。私は、硬式で野球をしていました。硬式しか無かったというのも理由ですが、自分はあまり上手くないので、硬式で野球が出来るのは高校しかないと思ったのが一番です。

余談ですが、東京には当時、学校群制度(2校枠の中からどちらに振り分けられるか分からない)というのがあり、もう一校は軟式しか無かったのでそちらに振り分けられたら私立に行っていたかもしれません。

引退してから、練習にでたら硬球がとても怖かったのを覚えています(汗)。
Posted by Dino at 2006年07月27日 12:47
Dinoさん はじめまして。コメントありがとうございます。

学校群制度、私の出身県にも当時ありました。
自分の好きな学校に入れるかどうか判らない。これが弊害の一つですよね。
勉強だけならそれでいいですが、勉強以外にも楽しんだりするのが学園生活ですから、あの制度はやはり疑問ですね。

硬球、私も恐怖感が先にきます・・・ もう歳なので諦めてますよ^^

今後もよろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2006年07月27日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17951514

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。