2006年04月23日

すごく落ち込んでいます・・

今週末も練習試合が組まれました。
GW中に行われる公式戦に向けての最終調整。

相手は予選と当らない他地域のチーム。
心おきなくベストメンバーで挑める。

こちらは先週登板を回避したエースが、万を持しての登板。
ゲンジは5番ライトで出場。

この試合、先制点をあげて逃げきりのパターンを掴むも、
最終回に守りのミスから同点に追いつかれて引き分け。
ゲンジもイージーミスが一つ有り、反省が望まれる。

エースの出来は上々で、この調子なら来週も大丈夫だろう。
ゲンジは四球が2個に犠打が一つ。

続く2試合目。2番手ピッチャーとゲンジのバッテリーで挑む。
この2人が計算できれば、トーナメントを抜けるのも見通しが立ちやすい。
だがここで悪夢の光景が・・・

初回の守り、2死2塁の場面でバッターの打球はライト前へ。
ランナーはイチかバチかで本塁へ突入。
『ノーカットー!!』 ゲンジが叫んで送球はライトからダイレクトでホームへ。

だがこの送球が3塁側へ少し逸れた。
身体を伸ばして捕球にいったゲンジとランナーが交錯。
スライディングをしたランナーとゲンジが激突。

ランナーのスパイクがゲンジの左足ふくらはぎに当ってしまう・・

その部分に裂傷を負ってしまった。
自力で立ち上がる事も出来ず、試合続行は無理。
ゲンジはすぐさまスタッフに連れられて病院へ。

私はスコアを付けなければならず、そのままベンチに入っていました。
ゲンジの事は気になるものの、ここは親としての務めより、
チームの仕事を優先しなければならない。

ただ以後の試合経過はよく覚えていません。
記録をつけながらも、頭の中は怪我の事が心配で・・

試合が終わった後、病院から戻ってきましたが、
一目見て来週の公式戦は無理。そう感じました。

裂傷の他に靭帯も少し痛めているとの事。
ゲーム中の事なので不可抗力ですが、ゲンジもすっかり落ち込んでいます。
もちろん私も同じ気持ちです。

残念な事になってしまいました。
目標としていた試合に出場は困難な状況ですが、
チームの一員としての役割は他に有るはず。

この困難を乗り越えてこそ、また一歩大きくなる。そう期待したい。

監督もこれには少なからずショックのようでした。
『得点力が落ちるのは正直痛いが、ここはまず怪我を治すのが最優先』
との言葉を私に頂いた。

これまでの野球生活で最も大きな試練かもしれない。
帰宅時の車中で悔し泣きしているゲンジを見ると、私もどう声をかけたらいいのか?

思いがけないアクシデントに、親子共々落ち込んでいます・・

皆さんの息子さん達も、どうか怪我には十分に気をつけてください。
私も早く立ち直り、息子を励ましていきたいと思っています。



この記事へのコメント
日頃、チームを応援していただいているので、今回は、なんとか励ましてあげたいのですが、何と言ったら良いかわかりません。

>この困難を乗り越えてこそ、また一歩大きくなる。そう期待したい。

きっとそのとおりだと思います。この前向きの姿勢が事態をプラスの方向に向けてくれると信じています。
Posted by Skyboys広報 at 2006年04月23日 23:12
ねまあがいい例でしょう。
ひじを痛めてエース争いから陥落。さらに試合に出られない屈辱を味わいました。
でも試合にでたい気持ちから一生懸命走りこみ、鍛えました。
復帰した今は、すべてにおいて気持ちが吹っ切れたようでノビノビ野球をやっています。ピッチャーへのこだわりもなくなりました。技術面だけじゃなく精神的にも成長しました。
ねまあとゲンジくんをくらべては申し訳ないですが、ゲンジくんもこの怪我をバネにすることができたらよりいっそう成長できるのではないでしょうか。
Posted by ゆうちろ at 2006年04月24日 00:13
スポーツにケガはつきものとはいえ,ショックのほどがうかがえます。

ご自身がおっしゃっているように,まずはドラ夫さんが早く立ち直り,ゲンジくんの支えになってあげる事が一番でしょう。

お大事にして下さい。
Posted by K太父 at 2006年04月24日 02:01
予想だにしない、不運な出来事。心中お察し申し上げます。

全く状況は違うと思うのですが・・・、私はアメフトのプレイヤーとして一番脂が乗っている時期に、試合で複雑骨折をして手術しました。1年後のプレート除去手術後を含め、完治までかなりの時間を要しました。その期間はずっとベンチでチームと接していました。
親を含めて、周囲の人間は私がアメフトをやめると思っていた様ですが、私は距離をおいてアメフトを触れながら、自分が本当にアメフトが好きであるということを認識し、以前よりもっと深くチームに関わる様になりました。私にしか経験できないことも多く経験し、それが後の人生にとって大きなプレスになったと思っています。

ゲンジ君は今までの努力の結果を発表できる場を取り上げられてしまい、言葉に言い表せない程のショックを受けていると思います。出来れば経験したくない不運な事故です。でも、それを不運と考えず、「誰もが経験できなことを、今自分だけが経験しているんだ」という気持ちで、何かを感じ取って欲しいと思っています。
このハードルを乗り越えた後、ゲンジ君に素晴らしい野球人生が待っていると確信しています。頑張ってくださいね。
Posted by 星 十徹 at 2006年04月24日 05:55
お久しぶりです。元祖ヘボ審判です。

ゲンジ君、さぞや無念でしょうがここはまず怪我を治すのが先決です。
ドラ夫さんがしっかりしないとダメですよ!
Posted by ヘボ審判 at 2006年04月24日 07:52
心中お察し致します。

キャッチャーというのは体を張ってホームを守るポジションですから、そういう危険と隣り合わせにあるんですよね。待ちに待った公式戦直前だけにドラ夫さん奥さん、ゲンジ君、チーム関係者の方はさぞやショックな事でしょう。

ドラ夫さんの精神的な支えは我々ゲンジ君ファンのブロガーが引き受けます。ありとあらゆる言葉を尽くしますよ。
ですから、ドラ夫さんはゲンジ君、奥さんの精神的な支えに集中してください。
特にゲンジ君がケガ治療の時期をプラスに転換して、いい形で復帰出来ることを願ってます。
Posted by かに at 2006年04月24日 08:46
お見舞い申し上げます。
怪我をしたケンジ君本人が一番辛く、悔しいでしょうね。
焦らず無理せず、なるべく早く復帰できることを願っています。
ドラ夫様、しっかりサポートしてあげてください。

靭帯は損傷の度合いによって治癒までの期間がかなり違いますので、軽ければ良いのですが?
Posted by baseball-oyaji at 2006年04月24日 09:37
ごめんなさい。私のほうが気が動転してしまい、なんと言葉をかけていいのか…
早く治るよう、またお宮にお祈りにいってきます。
Posted by たえこ at 2006年04月24日 10:07
 ゲンジ君の快癒の早からんことを,お祈り申し上げます。
 わが子もキャッチャー,チビの試合ですが見ていてはらはらすることもあります。むしろちびっ子だから,ろくにスライディングもできずに,体当たり〜なんてことも。

 ケガの治療は医師がやってくれます。言わずもがなですが,ご両親によるメンタルサポートが肝心ですよね。ご健闘を!
Posted by 大智のパパ at 2006年04月24日 11:47
ドラ夫さん、おはようございます。
ゲンジ君、辛いでしょうね!!でもゲンジ君の野球人生はまだまだ長いです!!焦らずにケガを直しましょうね。ゲンジ君なら大丈夫!!復帰したらまた大活躍してくれるでしょう!!
Posted by リナケイパパ at 2006年04月24日 11:49
残念です ね...しかし、治らない怪我や病気でなければ...まだ幸い!
時間は掛かりますが、いずれ復帰出来るんですから プラスに開き直って下さい

天真爛漫は 親友の事も在り...
野球出来る 何気ない事を 日々喜び 噛み締めてる様子です
ホント 健康...何が無くとも一番の願いですね

だから...チビのキャッチャーは… と思う所も有るんです!!
交錯は茶飯事のポジションにて 大小は在れ ずっと付き纏います
中学に成ると スパイクはポイント&スタッドから金具へ
更に ガラッと大人側寄りのルールになりで、体協も?全軟依り!?で ブロックをインターフェア扱いしなくなりますから、大変です。今後も お気を付け下さい…


Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年04月24日 12:12
とんだトラブルでしたね。なかなか文字だけで気持ちを伝える事は難しいですが、どうか元気を出してください。一日も早い復帰を願ってます。
Posted by にゃんこ先生 at 2006年04月24日 12:20
ドラ夫さんまでが凹んでどうする!
一番、悔しい思いをしているゲンジくんではないですか!
と「喝」を入れさせて頂きます!
ドラ夫さんの動揺はゲンジくんに伝わりますよ。
Posted by さとる at 2006年04月24日 12:47
 何と言えばいいのか…。

 でも、「治らないケガ」ではないんですよね?
「しばらく野球が出来ない」のは事実かもしれませんが、
「しばらくすればまた野球が出来るんだ!」
…と、思うようにして、何とか耐えてください…。

 じゃあ、今度はゲンジ君の一日も早い復活を願って!
「親子でお百度素振り」それと、
「私のお百度投げ込み」を決行!!
Posted by でぃあ at 2006年04月24日 12:52
今回の怪我、心よりお見舞い申し上げます。
 ドラ夫さんの相当の落ち込み痛いほど分かります。スポーツをする子供さんをお持ちの方は皆さん同じ気持ちでしょう。また『なんでこの時期に…』ですよね。ゲンジ君の悔し涙も、掛ける言葉が見つからなかったドラ夫さんのもどかしさも……。
 うちも長男が靭帯を痛めドクターストップの時期があり休部を申し出た事がありました。その時「出来ることは必ずあるから部活には出て来なさい」と言って頂いた監督の言葉に行き場を失ってた息子も私も救われました。ゲンジ君も不運でしたが、負傷をした今だから出きる事、見える事があると思います。
 先日の公式戦でチームのエースが走塁中太ももを骨折し、手術入院中です。全治3ヶ月…勿論、中体連には間に合いません。先日の試合が中学生最後の試合になってしまったのです(;O;)
 こんな時だから周囲の励まし支えが一番の薬。そして親が気丈な態度を見せること。ゲンジ君若いから私たちの何倍も治癒力ありますよ。
 少しの辛抱…今が踏ん張り時
Posted by hitomi at 2006年04月24日 13:42
お見舞い申し上げます。
ゲガはつきものとはいえ公式戦に出られないのは悔しいことでしょうね。この期間もいい勉強と思うしかないですね。一日も早く治って復帰されることをお祈りいたします。
Posted by Fastballer at 2006年04月24日 14:07
どれ位の怪我なんでしょうか? 気休めじゃないですが、そんなに長引くような感じではないですよね? すみません、そう思いたい気持ちが強くて‥
続報を待ってます。お大事に!
Posted by シャドウP at 2006年04月24日 15:13
ため息が出ます。鳥肌が立ちます。
以前に同じ経験をして、同じ思いをしました。
うちはゲンジ君よりも軽くてすみましたが、それでも連続して次の試合に監督が出したので、その時は主人は「辞めさせる」覚悟でした。
2年になって、これからだという時期に・・・お気持ちは痛いほどわかります。
それにしても、その場でスコアをつけるのを、交代してくれる人はいなかったのですか(怒)

気持ちを切り替えて、まずは治療に専念してください。あせらずに・・・。
ゲンジ君、ファイトだ! 甲子園で会うんだからね!
ドラ夫さんも、踏ん張れ! しっかりせい!

私は、息子が辛くて落ち込んでいたので、ソフトバンクホークスの元キャッチャーに手紙を書きました。
返事は「栄光に近道なし」です。






Posted by てんてん at 2006年04月24日 16:59
私もケガと聞くと、親として不安で心配せずにいられません。
ただし、どんなスポーツ選手でも一度はケガを経験し、乗り越えてきた選手だとも思います。
治療とリハビリにかかる時間を、どれだけ将来の為に過ごせるか?でしょうか?
治療期間の練習メニュー作成、ドラ夫さん頑張ってください!
Posted by metoo at 2006年04月24日 18:01
>裂傷の他に靭帯も少し痛めているとの事
baseball-oyaji さんも仰るとうり靭帯はしっかり休養しないと時間が掛かってしまいます、お大事に!
でも直るのですからここは完全に直してからもう一度頑張りましょう。

前にも書いたことがありますが弟君生まれつき骨盤に大たい骨がしっかり入っていないらしく医者には運動を控えるように(上手く付き合うように)言われてすごく落ち込みましたが今も頑張っていますから落ち込まずに前向きで行きましょうよ。
Posted by 背番27 at 2006年04月24日 18:08
お久しぶりです。叱咤、ありがたく頂戴いたしました。

早速、ゲンジ君の現状を確かめに来たら、いきなりショッキングなエントリーで、何をコメントしていいか困っちゃいました…。

今後、治りかけ(動けるのに大事を見て動かさない時期)も辛くなると思います。グッと堪えてください。
Posted by 始動者 at 2006年04月24日 19:35
目標の公式戦を間近にしてとても残念なことです。
落ち込む気持ち、こちらも痛感してます。ショックと気持ちの切り替えも難しいことかと思いますが一日も早い回復を願っております。
ドラ夫さん、頑張って下さい。
Posted by わたのり at 2006年04月24日 19:45
心よりお見舞い申しあげます。ドラ夫さんの気持ちを考えると、言葉が見つかりません。
愚息の高校の現在のエースは、1年の秋の練習の時、外野で他の選手と激突して大腿骨を骨折しました。1年の夏の甲子園予選で先発も任される逸材でした。やっと昨秋(2年)に1イニング限定で、投げる様になり、今年は春(3年)から2イニングを投げる様になりました。特に休んでいる冬に体重が重くなり球速も増して、常時135kmは出るようになりました。
本人曰く「怪我の功名です」
私もこの投手は中学3年から知ってますが、一回りも二回りも大きくなりました。(精神的にも)
ゲンジ君の長い野球人生の中では若干遠回りになったかもしれませんが、後で考えると必ずプラスになっているはずです。
生意気言ってすみません。
Posted by 過保護オヤジ at 2006年04月24日 20:53
Skyboys広報さん ありがとうございます。

いつまでも落ち込んではいられませんので、何事も前向きに捉えていこうと思ってます。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:10
ゆうちろさん ありがとうございます。

逆境をバネに。よく聞く言葉ですが、うちにも当てはめないといけませんね。
怪我のほう、それほど長引かずに済みそうです。

ねまあ君、肘もかなり回復したようでなによりでしたね。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:13
K太父さん ありがとうございます。

ゲンジも今は気持ちの部分でも冷静になってます。
こうした切り替えは昔から得意のようです。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:15
十徹さん ありがとうございます。

アメフト時代の怪我の件、存じておりました。
その時はさぞや大変だった事でしょう。
十徹さんの負った怪我を思えば、愚息の怪我は相当程度が軽いものですね。

しばらくは無理ですが、近いうちになんとか復帰出来そうだと思ってます。
この経験をプラスの方向へ持っていきたいです。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:19
ヘボ審判さん ありがとうございます。

私もようやく気持ちにゆとりが出てきた感じです。
いつまでもクヨクヨしている訳にはいきませんよね。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:21
かにさん 心強いお言葉、ありがとうございます。

予想以上に回復は早まる見通しです。
一時はどうなるかと思いましたが。
ただ次の公式戦は間違いなくダメですから、それが不憫です。
でもチームには帯同し、ベースコーチ等で貢献してもらいたいです。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:24
baseball-oyajiさん ありがとうございます。

靭帯のほう、思ったより軽度のようでした。
その点は私も安堵してます。
ただ痛めた靭帯は無理は禁物との事ですので、しばらくは激しい運動は厳禁です。
もう少し様子を見たいです。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:27
たえこさん お久ぶりです。

いつも愚息を気にかけていただき ありがとうございます。愚息は幸せ者です。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:29
大智のパパさん ありがとうございます。

キャッチャーはこうした危険が伴うポジションですから、息子さんもどうかお気をつけて!

愚息は思いのほか元気な様子です。それを見て私も少し安堵しました。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:32
リナケイパパさん ありがとうございます。

そうです、まだ野球人生は長いですから、ここで焦る必要はありませよね。その辺りの事、もう一度愚息に話しておきますね。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:34
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

捕手というポジションの怖さ、思い知った事でしょうね。
でも「嫌だ」とはこれまで一度も言っていません。
今回もそうです。勉強になった事でしょう。

仰るように、健康の有り難味はこうした時につくづく感じますよね。

上のコメントにもかきましたが、予想より軽度な怪我のようでした。お騒がせしました。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:38
にゃんこ先生 ありがとうございます。

皆さんには多大な励ましを頂戴し、本当に救われる想いです。今後もよろしくお願いします。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:40
さとるさん 激励ありがとうございます。

私も頭では理解していたんですが、やはり落ち込んでしまいました。
今ではようやく色んな部分で冷静になれました。
後は気力で治してほしいです!
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:43
でぃあさん ありがとうございます。

でぃあさんのオーラ、きっとゲンジにも伝わる事でしょう。いつもありがとうございます。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:49
hitomiさん ありがとうございます。

息子さんも怪我の経験があったのですね。
顧問のお言葉には救われた事でしょう。
うちもこの状態で何が出来るのか?
あれこれ考えて実行するのみですね。

幸いというか、思いのほか怪我の程度が軽いようでした。ご心配をかけて申し訳ありませんでした。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:54
Fastballerさん ありがとうございます。

今後もこうした場面に立ち向かう必要がありますから、次はこうした事が起こらぬよう対策を練るつもりです。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 22:59
シャドウPさん ありがとうございます。

上のコメントにも書きましたが、当初の予想よりは幾分回復は早まりそうです。
心配された靭帯のほうも、しばらくその部位を動かさないようにすれば、大丈夫との事です。
ご心配をおかけしました。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 23:02
てんてんさん ありがとうございます。

スコアの件、周囲は私に病院へ行くよう進言してくれたんですが、私が固辞したんですよ。
自分の責務を放棄するのはどうかな? とその時は思いまして。
まぁもっと重傷でしたら私も言葉に甘えていたかもしれませんけど^^

私もゲンジの好きな巨人の選手へ手紙を書いたほうがいいですかね?^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 23:12
metooさん こんばんは。

思い起こせば私も学生時代は怪我との闘いでした。
ゲンジも今回の一件で、精神面で一回り大きくなってもらいたいです。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 23:19
背番27さん ありがとうございます。

弟君もそうした状況で頑張っておられるのですから、うちもそれに負けないようにしなくては!
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 23:24
始動者さん ありがとうございます。

そうですね。油断をすると余計に長引く懸念もありますから、治る間際には十分注意して見守りますね。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 23:26
わたのりさん ありがとうございます。

次の公式戦出場は厳しいですが、その次はなんとか代打で出場出来ないか? そう考えています。
若さの回復力に期待してます!
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 23:29
過保護オヤジさん ありがとうございます。

そちらのエース君が負った大怪我、よくそこから復活しましたね。普通ならそのまま野球を諦めてしまっても不思議ではありません。

その精神力、本当に見習わなければいけませんね。うちも頑張ります!
Posted by ドラ夫 at 2006年04月24日 23:36
遅くなりましたが今回の事、本当に災難でしたね。
でもコメントで幾分ケガの程度が軽く済んだと聞き安堵しています。 ゲンジ君ガンバ!!
Posted by ブラックソックス at 2006年04月25日 06:47
怪我の程度が思ったより軽かったとの事ですので少々安心致しました。

スパイクの違いもあるから今の所息子も大きな怪我をしていませんが、3週間で5試合をこなし、疲労気味で、昨日初めて疲れてるから学校を休みたいと言い出しました。母に出来る事はマッサージに連れて行ってあげる事くらい・・・。
2回ほどホームでブロックを見せてくれましたが、やはり一瞬ヒヤっとしました。

ゲンジ君の1日も早い怪我の回復お祈り致します。
Posted by ハッシー at 2006年04月25日 10:36
来るのが遅れました。
つらい・・・・。
焦らず、じっくりと。
1日も早く復帰できる事心よりお祈り申し上げます。
 我が子に置き換えると・・・ほんとに辛い・・・

  親子共々試練かもしれないですね。

 どうか頑張ってください。
Posted by Shin at 2006年04月25日 20:01
ブラックソックスさん ありがとうございます。

今夜は普段と変わらない様子でした。
事実は受け止めるしかありませんから、後は気力ですかね?^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月25日 23:18
ハッシーさん ありがとうございます。

疲労ですか。厳しい練習で疲れが溜まったんでしょうかね。
休みたいと言う程ですから、よほどの事でしょう。
しっかりとケアしてあげてくださいね。
うちは幾分、気持ち的には落ち着いたようです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月26日 00:16
Shinさん ありがとうございます。

今の目標は半月後に復帰。これです。
この頃に大事な公式戦がもう一つありますので、ここを標準においてます。 気力で頑張るしかないです!
Posted by ドラ夫 at 2006年04月26日 00:19
ゲンジ君、その後いかがでしょうか?
ドラ夫様、メールをいただけますか?
よろしくお願いします。
Posted by 満木 月風 at 2006年04月28日 01:45
満木先生ありがとうございます。

おかげさまで回復は順調のようです。
また大きな怪我があった時は、お世話になるかもしれません。その時はよろしくお願いします^^

ご心配、ありがとうございました。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月30日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。