2006年04月20日

無念の降板

前回の続きです。

2003年6月

投球フォームを元に戻したゲンジ。
だがストライクが入らずカウントはノースリー。
結局このバッターは四球で歩かせてしまう。

急遽リリーフの上に突然の脇腹痛。そしてフォームを元に。
色んな事が一度に起こり、観ている私も戸惑いを隠せない。

締まっていた試合展開も、この回から突き放され気味となり、
同門対決が故に観戦の父兄からも様々の声が聞こえてくる。

『ピッチャーがいないのなら、もう終わりにしたら?』
『試合は試合、手抜きや情けは禁物』 などなど・・・

この時の私は、試合の勝ち負けよりゲンジのコンディションが気懸かり。

無死1塁で次のバッター。だが勢いの無いボールは痛打を喰らう。
ヒット2本でまたまた満塁。
そして今度は3球続けてボール・・

そして4球目もボールで押し出し。4対9。尚も満塁。
もうここが限界だろう。前試合の完投で力は使い果たしていたのかもしれない。

この時まだ5年生。体力面もまだ不十分。
なにより精神面でも未発達か。相手が同門のAチームというのも
「負けても仕方がない」 という甘えの気持ちがチームを支配していたか?

監督も続投を断念。結局ゲンジは1死も取れずに降板。
同時にベンチへ退く事となる。

4番手は誰に? Bチームの父兄の関心はこの点に。
だが監督の起用は驚きの用兵でした。

正捕手のE君をマウンドへ上げ、受けるキャッチャーは4年生の控えの子。
このE君、ゲンジが少年野球で最初に意識したライバルだった子。
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/2335683.html

そしてKコーチの息子でもある。
Kコーチもこの試合の幕引きに自分の息子を推したよう。
いわば敗戦処理の登板です。

E君は本来は内野だったのですが、この年のBチームでは主将。
この試合、投手候補が総崩れの非常事態。
まさしく緊急登板の様相でしたが、蓋を開けてみると?

この後のE君のピッチング内容は、この年の秋口までの
チーム方針(起用・ポジション等)を決定するきっかけとなりました。

続きは後日。



この記事へのコメント
この交代は妥当というより、ちょっと引っ張りすぎですね。連投だし。
E君好投しちゃうのかなぁ〜。
Posted by 星 十徹 at 2006年04月21日 06:40
無念。たしかにそうですけど,この状況での交代はやむを得ないですよね。
私はベンチに退いたゲンジくんの様子が気になります。
その辺のことは「次回」になるんでしょうけど。
う〜ん。また1週間先か(>_<)
Posted by K太父 at 2006年04月21日 10:06
この後ドラ夫さんはどんなフォローをされたのでしょうか・・・。気になるところです。
連投でしかもこの場面・・・厳しすぎます。

E君が今後ピッチャーになる!予感は当るかな・・・。
Posted by ハッシー at 2006年04月21日 10:18
うーーーーーーぅ、続きは後日ですかぁ〜。
それにしても、人を引き付けるこの文章!!凄いです。長く野球に携わっていると、いろいろなドラマを体験出来るのですねぇ!!ほんと、羨ましいです。私も早くこう言う記事を書けるようになりたい!!
Posted by リナケイパパ at 2006年04月21日 10:36
E君・・・快投ですか!?
やって見なきゃ分からんってやつなのかなぁ。
ゲンジくんどうなったんだろう?
Posted by Shin at 2006年04月21日 11:49
Eくんが素晴らしい投球をしたんですね。
キャッチャーやらせる子は肩が強い子を選ぶし、テークバックが小さくなるのでコントロールが良かったのでは。
Posted by Fastballer at 2006年04月21日 13:07
この書きっぷりからすると、E君が好投したんですかねぇ。ひょうたんから駒って奴ですかね。
ゲンジ君のすり足も復活して欲しいんですけどねぇ。

それにしても、ドラ夫さんだとこの引っ張りが魅力になるんですよねぇ。うーむ。
ちょっと意識して書いてみたけど、反応が無さすぎて・・・_| ̄|○ 難しいですねぇ文章って。
これからは1話完結を目指します。(^_^;)
Posted by かに at 2006年04月21日 16:42
痛みを顔に出さない我慢強いゲンジくんでしょうから、きっと降板が正解だったのでしょう。

前回のマウンド上でのKコーチアドバイスが気になります。
Posted by metoo at 2006年04月21日 23:49
緊急登板でしかも連投ですから仕方ないですよね。
E君、好投ですかね、うちもここ2年は5年時キャッチャー6年でエースが続いています。

兄君の近況を、4月いっぱいはお客さん扱いだそうですが80分掛かりますので6時起き、帰りは9時です。
予想以上に入部人数(25人)がいましたので弱気な発言が続いていましたが顔は嬉しそうなのでそれなりに付いていっているようです。
Posted by 背番27 at 2006年04月22日 07:47
チーム方針を決定づけるピッチング。
E君、好投したんですね。
なにごともトライしてみるものですね。
続きを楽しみにしています。
Posted by at 2006年04月22日 22:57
十徹さん こんばんは。

不測の事態とはいえ、思いがけない登板でしたから、ちょっとキツイ条件でした・・
Posted by ドラ夫 at 2006年04月23日 19:17
K太父さん こんばんは。

密かにフルイニング出場を目指していたのですが。。。
金本選手の事を思うと、やはり彼は鉄人ですね。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月23日 19:19
ハッシーさん こんばんは。

降板はともかく、ベンチへ退きでしたからね。
脇腹の件もあり仕方ないかもしれませんが、本人は少なからずショックのようでした。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月23日 19:21
リナケイパパさん こんばんは。

息子さん、まだ5歳ですから^^
これから数えきれないほどのエピソードが訪れるでしょう。楽しみですね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月23日 19:23
Shinさん こんばんは。

E君は色んな意味でこのチームに影響を与えた選手でした。
彼は現在、硬式に所属してます^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月23日 19:27
Fastballerさん こんばんは。

この時は6月ですが、9月までは皆さんの予想通りでしょうか。でもそれ以降は・・・
また次回以降で^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月23日 19:29
かにさん こんばんは。

すみません、木曜の深夜からこの時間まで、ちょっと色々とありまして、ブログ巡回が出来ませんでした。
これよりそちらにお邪魔して、コメントさせていただきます^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月23日 19:47
metooさん こんばんは。

>前回のマウンド上でのKコーチアドバイスが気になります。

さすがmetooさん。ここが今後のポイントになっていくんですよ^^
修羅場になるかも?・・・
Posted by ドラ夫 at 2006年04月23日 19:50
背番27さん こんばんは。

5年で捕手、6年でエースのパターンですか。
うちはこのようにはならなかったです(ネタバレか?^^)

兄君、通学時間が長いので大変ですね。新1年生も25人ですか! 競争も激しそう(^^;

うちの娘も部活に入りました。また折りを見てここで紹介しますね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月23日 19:55
お名前がございませんが、Skyboys広報さんこんばんは^^

子供は色んな可能性を持っているという事ですね。
大人の固定観念で物事を決め付けるのはよろしくない。
そう思う次第です。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月23日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。