2006年04月17日

幻の95メートル弾

先日の練習試合の様子は4月16日のエントリーで書いたのですが。
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/16666298.html

この日の第2試合の2打席目、ゲンジは推定飛距離95メートルの当りを放ちました。
でも・・ 惜しくもファールだったんです。

使用球は新規格の軟球。 飛ぶ事が噂のボールとはいえ、
この95メートル弾には色んな意味で驚きと嬉しさがありました。

驚きの一つ目はやはりパワーがついた。という事でしょうか。
冬の間、1日置きに腹筋200回。背筋200回をこなしてきましたが、
その成果が出たような気がします。

これはピッチング練習の時の、ボールの重さにも感じとる事が出来る。
体幹全体が1年前とは大きく進歩したといえる。

2つめは打席での工夫が見てとれる。という事。

この試合のピッチャーはストレートが速い選手でしたが、
この相手に対し、ゲンジは「セミ1本足打法」 で対応。

王貞治さんのような1本足打法ではなく、足の上げ幅は少し低め。
これがドンピシャと決まった感じか?

この打ち方に私は関与しておらず、バッセンでゲンジがテストしていたのは知っていた。
試合で試したのはこの日が初めて。
色々とトライするのは結構な事。

ただ帰宅後に本人に確かめてみると、速球派が相手の時のみ、当面は試すとの事。
通常の投手の場合はこれまでのフォームで行くらしい。

自分なりに思う所があるのだろう。
私には私なりの理論があるが、それを押し付ける事はしない。
本人が壁に当った時、アドバイスが出来れば良いと思ってます。

通常の打撃フォームは俗に言う『シンクロ』
投手に合わせてシンクロと1本足を使い分けるのは、
リスクも多い感じもしますが、敢えて今は何も言わない事にする。

自分なりの答えを見出すのも勉強のうち。
試行錯誤も今後の良い経験になるでしょう。

それにしてもあの大ファール、今もまぶたに焼き付いてます。。。

正真正銘のスタンドイン、今年中に飛び出すのを大いに期待してしまいます。
ただスイング自体が大振りにならぬよう、私も目を光らせていきます^^

長打も確かに魅力ですが、私的には確実性のある打撃を目指してもらいたい。
ヒットの延長が長打。そういう認識でいてほしいですね。


posted by ドラ夫 at 23:50| Comment(34) | TrackBack(1) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですねー!
うちはそんなパワーまったくないですからねー。
外野の選手の後ろにまで運んだことがないので、フェンスオーバーしたらうれし泣きです!
Posted by 満木 月風 at 2006年04月18日 00:54
95mかあ。
1回でいいから経験してみたいです。
どんな感覚なんだろう?
Posted by Skyboys広報 at 2006年04月18日 08:07
ほえぇ〜。(@_@;)
パワーもですが,投手に合わせてバッティングフォームを変えるなんて,器用ですねぇ。確かにリスクもあるような気がするけど。
それにしても95メートル弾ですよ〜。すごいじゃないですか!
ドラ夫さんもゲンジくんにあれこれと注文をつけたいみたいですけど,ホントのところは手放しで喜びたいのでは?
Posted by K太父 at 2006年04月18日 08:08
 95mですか!まだ中学生ですよね?!
しかも、投手のタイプによってフォームを変える…
非凡なものを感じます。
しかもそれは『才能』とかじゃなくて、
不断の努力に裏打ちされた
『確かなもの』であると思われるあたり…すごいです!
Posted by でぃあ at 2006年04月18日 09:51
ゲンジくんだともう何があっても驚きませんなぁ〜^^
裏側での努力の賜物。これをちゃんと分かっているドラ夫・ゲンジ親子に敵はなし!
Posted by さとる at 2006年04月18日 10:09
さすがですね!
硬式で95mは聞きますが、軟式となると話はまったく違いますよね!
先が楽しみです!

着実に何かに近づいていってるような・・・
Posted by Shin at 2006年04月18日 11:15
当地で一番の球場は、両翼95mちょっとあります。ビヨンドの影響か、昨年はじめて(うちのチームじゃありませんでしたけど)軟式中学でフェンスオーバーが出ましたが、今年は新球になって量産の予感です。
Posted by 少年野球コーチ at 2006年04月18日 12:52
軟式で95メ−トル?そいつは凄い!新しいボールのことはよく知らないのですが、私の常識なら硬式だと軽〜く100メートルのフェンスをオーバーするでしょうね。確かに大きいのばかり狙うようになっちゃいけませんが、無理やり小さくする必要もないでしょう。飛距離。これは才能です!
Posted by どかべん at 2006年04月18日 13:08
生で拝見したかったです・・・。

自分で考える・・・これは勉強でも大事な事だし、野球でも大事な事。教え事で身に付く事ではないと思います。ゲンジ君なりの何かを持っている証拠です。楽しみだな〜、もっともっと伸びますね。
Posted by ハッシー at 2006年04月18日 13:25
努力の賜物ですね。ほんと素晴らしい。
ゲンジくんのサクセスストリーはぜひTV&ビデオ化して欲しいです。まず本を。

うちの息子にもシンクロは教えましたが、勝手に一本足で打ち始めています。足の上がり具合が調子のバロメータ、一目で調子と気持ちがわかります。
Posted by Fastballer at 2006年04月18日 13:57
ドラ夫さんのゲンジ君を見守る姿、目に浮かびます(^-^)
ある程度になると、アレコレ言うより本人の自覚に任せたほうが良いのですかね?
うちも早くそうなるとよいのですが。
Posted by ブラックソックス at 2006年04月18日 15:13
95メートル!スバラシイですね〜ファールといえどもそこまで飛ばせるなら飛ばしてみたいです♪
ちなみに、ねまあたちが試合を行った市内の球場は両翼98メートルです。そこでゲンジくんが打ったように‥想像してみました‥う〜ん、やっぱりスゴイ。ねまあと2歳差なんですよね。2年後ねまあにそれほど飛ばせるようになるとは‥ちょっと思えません(汗)
Posted by ゆうちろ at 2006年04月18日 16:10
やっとPC(会社の)が、安心して使えるようになりました。PC壊れて、そのあと災難続きでした。

ゲンジ君も好調ですね。うちも場外に叩き込めるようになりました、練習では。
本番は、へタレ男で〜す。気弱なところは母親譲りなんで、仕方ないです・・・。



Posted by てんてん at 2006年04月18日 16:25
>1日置きに腹筋200回。背筋200回・・・
冬場の成果が現れましたね、今後の展開が楽しみです。
ひょっとして体脂肪率10%前後ですか?似たようなトレーニングしてる弟君12〜15%位ですよ、私の数値見るたびにデブって言われてます。
Posted by 背番27 at 2006年04月18日 19:26
はぁ〜。
同じ年なのに何でこうも違うんでしょうかねぇ。

先輩の快進撃を見て、つくづく打力の重要性を感じてるんですが、本人がちっとも焦ってないのかイライラしちゃうんですよね。もしかしたら自分の力を過信してるかもって思ったりしてます。

なんとか尻に火をつけたいんですが、反抗させずにやるいいアイディアがないんですよ。
素直なゲンジ君がうらやましいです。
Posted by かに at 2006年04月18日 19:45
まだ、中学2年生ですよね〜
今後がますます楽しみです。(羨)

愚息は、外野の定位置より遠くに飛ばした事がありません。(泣)
昨日のバッテング練習の時、せっかく監督さんが後ろで見てたのに空振りしまくったそうな。(号泣)
Posted by 過保護オヤジ at 2006年04月18日 21:41
満木先生 こんばんは。

つい最近まで子供だと思っていたのですが、急に大人に近付いたような感じでしょうかね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:02
Skyboys広報さん こんばんは。

私自身も自分がどこまで飛ばせるのか? という疑問があるんですよ。
ツボにはまったらまだ自信があるのですが^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:04
K太父さん こんばんは。

調子が上向きの時は口を出さない。これが良いかと^^

フォームの件は確かにリスクも伴うと思います。
何かを掴んでくれたら。 そう思っています。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:08
でぃあさん こんばんは。

思いつきでやっているのか、何か根拠があってやっているのか?
その辺りは私もイマイチ分かりませんが、まぁ本人の行動を任せる事にします^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:11
さとるさん こんばんは。

今月に入り部活の時間が長くなったので、家での自主錬は少し短めになってきました。
私も仕事がちょっと忙しくなってきまして、自主錬にあまり携われないのが不満です^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:14
Shinさん こんばんは。

マグレの当りだったかもしれませんが、今度はフェアでその当りを放ってほしいですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:21
少年野球コーチさん こんばんは。

新球とビヨンドの組合わせ、これは守備側には大きな脅威ですよね。
善い悪いは別にして、時代も変わりましたよね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:28
どかべんさん こんばんは。

愚息は学年でもそれほど大きな体格ではないのですが、この時は全ての要素がドンピシャリだったのでしょうか。
あと数センチポイントがずれていたら?
ファールになったのはとても残念です^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:32
ハッシーさん こんばんは。

最近になってからですよ。このように工夫をこらすようになったのは。
自分なりに何かを感じたのでしょう。
心の部分も成長してきたのかもしれません^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:34
Fastballerさん こんばんは。

なるほど、足の上がり具合が調子のバロメーターですか。
何か基準のようなものがあれば、好不調の原因を探る手掛かりになりますよね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:37
ブラックソックスさん こんばんは。

そろそろ本人の自主性を重んじようと思ってます。
全ての面で私がアレコレ口出しするのは、どうかなと。

もうそういう時期は過ぎたのかもしれません^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:40
ゆうちろさん こんばんは。

私も2年前にはこんな事は想像出来ませんでした。
ですから ねまあ君だって分かりませんよ^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:41
てんてんさん こんばんは。

しばらくご無沙汰でしたので、どうなされたのか? ちょっと心配しておりました^^

災難続き? 夫婦喧嘩ですね。十徹さんの所で拝見しました^^
もう仲直りされたのでしょうか?^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:44
背番27さん こんばんは。

体脂肪率は計測した事はないのですが、この1年で身体は結構大きくなりました^^
もっと大きくなってほしい! どんどん食べて身長を伸ばしてもらいたいです。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:47
かにさん こんばんは。

焦らずともよいのでは?
個人のレベルアップも大事ですが、チームの快進撃のほうが羨ましいです。

シニアで大きな舞台での活躍、まーぼ君は貴重な経験を積んでいる最中ですよね^^

田舎の軟式で初戦突破にヒイヒイしている我がチームとはエライ違いですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:51
過保護オヤジさん こんばんは。

ポンタ君の高校生活は始まったばかり。
焦りは禁物ですよ^^
後ろに監督がいたから緊張したんでしょう。きっと^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 00:53
 うちらの中学ではつなぎの野球で、バットを短くもって打っています。だから試合で長打というのはカナリ稀だから、最近の試合で長打なんか見たこともありません。でも逆に言うと、ヒット数はかなり多いです。確か最近の試合で四球をはさんで8連打ぐらい打ったかと・・・1試合のヒット数が最高28本ぐらい。ヒットもいいけどたまには長打を狙いたいなぁ
Posted by ど花弁 at 2006年04月22日 21:28
ど花弁さん こんばんは。

うちの指導者も基本は『バットを短く持て』 というスタンスです。
私はそう決めつけるのはどうかな? と思うんですが・・
体格の大きな子は長めに持っています。

1試合で28安打なんて、うちの貧打戦では考えられないです(^^;

長打の報告、お待ちしてます!
Posted by ドラ夫 at 2006年04月23日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

baseball野球の練習機で知る…人間の持つモノスゴイ能力
Excerpt: 人間のすごいところ、それは1000分の5秒の微調整だって簡単にやってのけてしまうことです。 150キロのときは下から2番目が光ったらスイングを開始します。 最下部が光
Weblog:         打撃連勝、球速タイム
Tracked: 2006-04-18 15:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。