2006年04月16日

理想的な試合展開

今週もクラブの練習試合がありました。
これで4週続けて練習試合となり、精度もそれなりに上がってきました。

1試合目は3年生の第4投手をテスト。
受けるキャッチャーはゲンジでした。

このバッテリーでどう試合を組み立てるか?
期待と不安がありましたが、意外にこのピッチャーが好投を見せた。

ヒットはそれなりに打たれたものの、制球が良く四球はゼロ。
ここは高く評価出来ると思う。
やはり投球数が少ないと守りのリズムもいい。

ただ相手はエースが投げており、打線はこの試合も湿りがち。
ゲンジは2ベースを1本打ちましたが後続が凡退。
結果は0対2で敗戦でした。

しかし控え投手の好投は収穫材料。
投手起用の選択も広がり、監督も手応えを感じていた。

続く2試合目は2年生投手と正捕手の組み合わせ。
相手は地域でもそこそこ有名な速球投手。

この試合、理想的な試合運びを見せました。
出塁したランナーを盗塁や送りバントで進め、
スクイズで得点。ツーランスクイズも一つ決めた。

タイムリーも飛び出し、勢いにのった打線もヒットを連発。
また2年生投手もこれまた快投を見せ、被安打3の完封。
予想外の試合展開でした。

サインミスも無く、バントも全て成功。
出塁のチャンスを全てモノにし、こういう展開は監督も嬉しいだろう。

この試合ゲンジはレフトで先発。四球2の結果でした。
今週中には大会の組み合わせが決まります。

この日の相手と対戦する可能性もありますので、
この結果は喜ばしい反面、相手に対策の余地を与えたかもしれない。

まぁうちもエースは温存したので、人の事は言えませんが。

2試合共に得る部分が多かったと思います。
特にピッチャー陣に目星がついたのは大きい。

この分だとエースの負担も少しは緩和されそうです。

来週は公式戦前の最後の練習試合の予定。
連休中に行われる大会に向けた最終チェックの場。
ここでも今週のような試合展開を望みたいものです。


この記事へのコメント
>どうしても第2エースが欲しい
4番手投手と2年生投手の成長、良かったですね!
大会の組み合わせも気になりますが、ゲンジ君チームの最終調整が大事ですね。
横浜スタジアムに向けて、好発進してください☆
Posted by 過保護オヤジ at 2006年04月17日 01:01
先日『どうしても欲しい第2エース』とエントリーがありましたが、早くも良い結果。
課題を具体的に意識していたからでしょうね。
大事なことですね。
参考になりました。
Posted by Skyboys広報 at 2006年04月17日 07:48
勝手な思い込みかもしれませんが、投手も同学年で四番手となると、チャンスが少ないためのプレッシャーや挫折感との戦いを人知れず自分の中で乗り越えているものです。したがってある意味エ−スより大人の子が多い。ゲ−ムに臨むにしても`俺が抑える!´という気持ちよりも自分はどうしないとマウンドにいることができないかということを理解している子が多いように見えます。そういう先輩とバッテリ−を組みゲ−ムを作っていくこと、また、それが成功したことはゲンジ君にとって大きな収穫だったと思います。先輩に教わり、それを同級生や後輩に伝えて行く。大変に幸せなことですね。ゲンジ君頑張れ!
Posted by どかべん at 2006年04月17日 10:18
ドラ夫さん、こんにちは!!
やはり投手がいいと試合が引き締まりますね。
2番手3番手の投手の好投は大きいですねぇ。
是非、大会もがんばってほしいですね!!
Posted by リナケイパパ at 2006年04月17日 10:47
野球に対する情熱がすごいですね。僕も見習わなきゃいけないです。1度見てみたいですねぇ〜ゲンジ君・・・頑張ってください。
Posted by 後藤孝志 at 2006年04月17日 11:39
いい流れになってきましたね。
ピッチャーに白星がついたのは大きな収穫ですよ。
試合に臨む気持ちが違いますから。
大会も頑張ってください。
Posted by Fastballer at 2006年04月17日 12:27
投手に恵まれているチームですね。エースに次ぐピッチャーもすぐに確定できるのではないでしょうか。
しかし中学生にもなると締まった試合ができるようになるのですね。スコアが「野球らしい」です(笑)
小学生だと「コレ野球のスコア?」って試合もありますもんね♪
Posted by ゆうちろ at 2006年04月17日 12:51
一足先に昨日よりこちらも横スタ目指しての大会が始まりました。
投手の出来上がりがどれだけ試合に影響するか痛感させられた前回の大会。エース不調のまま迎えた今大会3年2番手→2年3番手と繋ぎ悲願の勝利(*^_^*)新チームになって初めての公式戦一回戦突破なんです!
遅いサクラが咲きました。横スタに1p近づいた…かな(^^♪ゲンジ君も頑張れ!
Posted by hitomi at 2006年04月17日 15:19
ピッチャー陣の充実しそうな気配、良かったですね。開幕はゴールデンウイーク中でしょうか?
公式戦はやはり楽しいですね。勿論、ハラハラでもありますけど・・・。

昨日リーグ戦の2日目2試合が行なわれ、結果は1勝1敗。息子は2試合でHR1、3塁打1を含む6打数4安打とこの週末も打撃は絶好調でした。昨日はいつもより更に良く声が出ていて指示も沢山出していましたし、今までとは気合が明らかに違いました。

でも、悲しいけれどチームが全くかみあって居ない・・・。敗因はチームワークの悪さ。息子もチームに一体感が無いと感じていたのでしょう。先の決勝トーナメントを楽にする為にも、2戦目の相手をどうしてもここで一度叩いておきたいと思っていたはずです。

皆の気持ちを一つに出来なかったのはキャプテンとしての自分の責任を感じている様です。もともと泣き虫なので尚更ですが、悔しかったのでしょう、試合終了後目は真っ赤でした。

ドラ夫さん、親同士に温度差があるのは分かっています。でも、子供同士にもこれ程温度差があったのかと思うと愕然とします。試合後、落ち込んでいる息子の側で敗因の原因を作った同級生が笑ってふざけています。それを見ている親も笑っています。

息子にとっても私にとっても試練なのでしょうね。
この日、また一つ息子は階段を上がってくれたと信じています。
Posted by ハッシー at 2006年04月17日 16:56
>手の内を見せるか?隠すか?
この練習試合だったようですね。
う〜ん相手も同じ事を考えていたようですね。
大会が始れば偵察もできますので、1回戦で当たらない事を祈ります^^
Posted by metoo at 2006年04月17日 17:18
投手陣の充実はほんとに羨ましい。
チーム全体としてもいい感じに仕上がってきてるのでは^^
ゲンジくんの調子も良さそうですし、連休中の大会、楽しみですね。
Posted by Shin at 2006年04月17日 17:18
過保護オヤジさん こんばんは。

意外な選手の活躍は、チームにも活気を与えます。
本当に収穫のある試合でした^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月17日 21:40
Skyboys広報さん こんばんは。

バックアップ選手の育成は不可欠ですよね。
チームによっては、バカの一つ覚えのようにエースばかりを投げさせる所もあるのが現実です。

選手の意識を向上させるためにも、控えの選手を試していきたいものですね。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月17日 21:43
どかべんさん こんばんは。

この第4投手の子も自信になったでしょうが、ゲンジも手応えを感じた事でしょう。
リード・スローイン、どれをとってもまだ先輩には適わないですが、こうした経験で少しづつ差を詰めてほしいです。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月17日 21:47
リナケイパパさん こんばんは。

この日の二人の好投で、エースはもとより第二・第三投手も刺激を受けた事でしょう。
全体がレベルアップしてくれれば 言う事なしです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月17日 21:52
あのぉ・・ 後藤孝志さんって・・
ひょっとして元巨人の、あの後藤孝志さんでしょうか???

リナケイパパさんのブログにリンクがございますので、もしかして本物の後藤さん?!

コメントありがとうございます!

私、名古屋生まれなので残念ながら中日ファンなのですが、後藤さんは個人的には応援させていただいていました。その理由は後藤さんが中京高の出身だからです^^

確か近藤真市さんと子供の頃にバッテリーを組んでおられましたよね?^^

息子は熱烈な巨人ファンです! 
コメントを頂戴し、大変光栄です。
今後ともよろしくお願いします^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月17日 22:01
Fastballerさん こんばんは。

なんとか当日まで、この雰囲気を持続させたいのですが、次の練習試合がどうなるか? 
ここがちょっと気懸かりなんです・・
Posted by ドラ夫 at 2006年04月17日 22:07
ゆうちろさん こんばんは。

中学の野球、大人の野球への入り口といった感じですので、大味な展開は少ないですよ。
もう「子供の野球」ではありませんね。全てにおいて^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月17日 22:16
hitomiさん こんばんは。

そうでしたか。初戦突破、おめでとうございます!
エース君の不調を皆でカバーした。そんな感じでしょうか?^^

うちは横浜なんて、そんな大それた事を言えるチームじゃありませんが、なんとか上部大会には進出しておきたいんですよ。

少しでも近づけるよう頑張ります^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月17日 22:21
ハッシーさん こんばんは。

まずは息子さんの2週続けての大活躍、おめでとうございます^^
個人的な打撃は絶好調を維持していますね!
ゲンジもあやかりたいですよ^^

さてチームワークの事ですが・・

勝ちに拘る姿勢に温度差があるのはちょっと問題ですね。
まして選手間にそれがあるのは・・
内心はどう思っているのかは別にして、表面にそれを出すのは困り者ですよ。
いい加減な気持ちの子がいると、真剣に打ち込んでいる選手にしてみれば迷惑です。

うちのチームでミスをした選手が、試合後にふざけている光景は考えられない事です。
それ位、全選手が集中してます。

意識改革が必要でしょうが、どう皆をまとめるか? 監督は何も言わないのですか?
その辺りがちょっと疑問です。

息子さんが全てを背負うのは酷です。指導者のフォローが欲しいところだと思うのですが。
どうでしょうか?
Posted by ドラ夫 at 2006年04月17日 22:32
metooさん こんばんは。

駆け引き、色々とあるようです。
権謀術数の世界です(^^;

クジ運、良い山を引き当ててもらいたいです!
Posted by ドラ夫 at 2006年04月17日 22:35
Shinさん こんばんは。

欲を言えばもう少し打線に厚みがあるといいのですが。
ちょっと下位が弱いのがウイークポイントでしょうか?

守りぬく野球に活路を見出します^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月17日 22:38
ドラ夫さんありがとうございます。
事態はこのまま行ったら監督のフォロー云々よりも問題かも・・・。新チームに対しての方針などを親にも子にも伝えたその日に2週連続スキーで練習を休みました。そして辞める騒ぎ・・・。今にして思えば、その時去ってくれていれば良かったのです。誰も止める人は居なかったのですから・・・。

監督も「奴は本当は使いたくない」と話しているのも立場上知っています。でも、6年だからどこかの場面で使わない訳にはいかない。最近は監督に注意されても返事をしない事もあるそうです。主人も注意しても無視のその子に先日キレタばかり・・。これじゃいくら息子が注意したって聞くはずありません。その子の親は、道具を揃えたから辞めて欲しくないと言う感じだそうです。

親子どちらか一方でもまともなら、なんとかしてあげたいと皆も思えると思うのですが・・・。
ごめんなさい、長々と愚痴ってしまいました。
Posted by ハッシー at 2006年04月18日 14:30
順調に調整が進んでいるようですね。

こういう試合をしていくとモチベーションも上がっていきますからね。
公式戦が楽しみになってきましたね。

私はと言えば関東大会に勝ち続けてるおかげて息子の試合が見られないからちょっと淋しい今日この頃です。ぜいたくな悩みですよね。
Posted by かに at 2006年04月18日 21:47
ハッシーさん ありがとうございます。

情けは無用というか、私なら指導者の言葉に対して返事もしないような選手は起用しません。
最高学年だから。というのは私的には関係の無い事ですがねぇ・・

言っても理解してくれない子は、一度突き放さないと判ってくれないのかもしれません。
そこで何かを感じとってくれれば良いと思うのですが。

愚痴は大いに結構です^^ 読んでいる皆さんも参考になりますしね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 01:07
かにさん ありがとうございます。

ベンチ入りのメンバーに入っているだけでも凄いですよ。まだ2年生ですし。
うちの愚息にもそうした舞台を経験させたいなぁ。
今のチームじゃちょっと厳しいか (^^;
Posted by ドラ夫 at 2006年04月19日 01:09
そうですよねぇ、誰もが経験できるわけではないことを先輩のお陰で経験させてもらってるわけですから贅沢言っちゃいけませんね。

なんだか皆さんのブログをはしごしてると、○打数○安打なんて記述が多くて、いいなぁって思っちゃったんですよね。
すいません、私まで釣られて愚痴っちゃいました。
PS、ハッシーさんのチームが心配です。良い方向に向いて欲しいのですが。
Posted by かに at 2006年04月19日 02:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。