2006年04月13日

損な役回りの子

ようやく寒さも収束し、本格的なシーズンにはいりました。

ですがここへきて何人かの選手が故障気味。
その中にはレギュラークラスの選手もいます。

ポジションの穴を埋めるバックアップの選手もいますが、
その時点でどの組み合わせがベストの布陣か?
それを決める監督も、それなりの苦悩があるようです。

選手の中には色んなタイプがあります。

複数のポジションをソツなくこなす子。
一つのポジションのスペシャリストの子。

ゲンジの現在のメインはファーストですが、
前述の故障者の穴埋めとして、緊急的に外野へのコンバートも検討されています。

キャッチャーは新チームの時に備えての起用ですので、
それは育成という観点から必要でしょう。

目前に控えた公式戦は、ベストなメンバーで挑みたいもの。
ファーストにももう一人の選手がおり、その兼ね合いもあるのですが、
力量的にはゲンジのほうが上だと思う。

では何故外野にゲンジが?

やはりこれは損な役回りなんでしょうか?
なまじどこでもこなすのが、逆に仇となったのか?

部活で時々ライトに入っているので、その点も決め手になったのかもしれない。

試合に出られればどこのポジションでもいいですが、
選手には選手の拘りがあると思う。

悪く言えば 「使い回し」の感もあります。
ゲンジ本人は何も言いませんが、心中はどうなのか?・・

チームの勝利が一番重要ですから、それに必要な決定なら、
私も異存はありません。確かにもう一人のファーストの子だと、
外野を守るのは厳しい感じもする。

だが正ファーストのプライドを持っていたゲンジが、
どう気持ちを切り替えるか? 割り切れるのか?
親の私もフォローが必要だと思っています。

良い方向だと解釈させたいのですが。



posted by ドラ夫 at 08:06| Comment(36) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゲンジくんがファーストにプライドを持っている。ならばポジションをアチコチ動かされるのはちょっと考えちゃいますよね。
でも試合に出られる出られないぎりぎりのラインにいると思えばたくさんのポジションをこなせる子は有利です。
ねまあは今だからこそレギュラーですが、中学になり選手のレベルが上がり、部員数も増えるとどうなるか‥と思うときがあります。なぜなら左利きだから。必然的に守れるポジションが少なくなるんですよね。激しいポジション争いになったら‥。
最近はセンター中心のねまあ。他に経験あるのはピッチャーとファーストですが、特にファーストはしばらくしてないので、自主練で最近は内野のノックを練習したりしています。
Posted by ゆうちろ at 2006年04月13日 08:40
ざいまぁ〜っす
先頃に(チビ助の事で)この類のコメントしましたよね ^^ 同じ様な悩みですね…
少人数でチーム構成する為には仕方ないんでしょうが、第一に 時間が勿体無く感じちゃうんですよね〜...片手間なら受け入れるんですが 専属はチョット…。 実は、他の子はボールに向かう気力が無く 逃げちゃう子達ばかりで...チビ&痩せなのにキャッチャーを…と、成るんですョ!

小2で(学年を偽り大会出場)セカンド 翌年からショートを教え込んで来まして(現在、ゴロに対する守備範囲は他の子の1.5〜2倍は往ってます)今は(投球フォームをガッツリ教えたいし)まだ、このままショート&ピッチャーで通したいんですがね... ですから ^^ …気持ち 察します 
また、昨年から3番バッター修行計画なんですが、チームでは1番にされちゃいますしネ...
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年04月13日 09:57
我が長男も器用貧乏。
1コ上の学年チームのヘルプの時はいろんなポジションを。
ピッチャーとセカンド以外は対外試合で経験しました。
できている・できていないは別ですが・・・

ゲンジくんと我が長男を一緒にしてスイマセン・・・(^_^;;
Posted by さとる at 2006年04月13日 10:12
そつなくこなせると、故障者が出た場合どうしてもその様なパターンになりますね。小学生と中学生だから比べても仕方の無い事かも知れませんが、そんな時私はプラスに考えてます。

そつなくこなせて野球を知っている子が故障者の出た場合、一番最初にポジションチェンジさせられると思います。

先日コーチが言ってました。小学生の場合は、ライトは外野のポジションでは一番重要視されないイメージがあるけれど、塁間の長くなる中学高校は、ライトは強肩・俊足で何より野球を知っている子に守らせる事が多い、外野では一番重要なポジションなんだよと。

ファーストも同じ様に野球を知っている子を置くとも言ってました。だから、ゲンジ君を今回はライトへと考えたのかも知れませんよ。
結局ゲンジ君は今のチームで柱になる選手って事だと思います。

でも、「正ファーストとしてのプライド」を考えるとそう簡単に割り切れないものもありますよね。だから、ドラ夫さんがいるんじゃありませんか・・・。
Posted by ハッシー at 2006年04月13日 10:21
若輩者がしゃしゃり出る場ではないのですが、新球対策と思えばどうでしょうか?必ずしも内野が華ではありませんし、試合に出たくとも出られない子もいるのに、たかが「正」位置に拘ってどうなのか、そもそも「正」位置ってあるんでしょうか。確かにうちの高学年チームもライトあたりは軽視していますが、新球になって相手も飛ばしてくるし、強い打球は後逸しますので、外野はどうしても器用な子が欲しいところなのです。でも故障者が出てしまうのと新人育成が重なってしまうとポジショニングも頭が痛いですね。
Posted by たんぽぽパパ at 2006年04月13日 10:39
いつもお世話になってます。先ほどメール送りました。
ライトって近代野球では、一番大切なポジションですよね。強肩・俊足。レフトでは抜けれても二塁打になるボールもライトが抜かれると即三塁打。イチローはライトですよね。器用なオールラウンドプレーヤーの宿命ですね。それだけ、信頼されてるって事ですね。
羨ましいです。
Posted by 中学野球に期待する父 at 2006年04月13日 11:23
 私も現役時代は投手用、ファーストミット、外野用の3つのグローブをもってよく試合に行ったものです。そして、3つとも使うことなくずっとベンチにいたこともよくありました・・。私とはまったく違うケースですが、現時点では多くのポジションをやれる方が選手としてはプラスです。別のポジションからみる視点は全く異なっているでしょうし、新たな適正もみつかるかもしれません。中3、高校にあがっても複数のポジションを守った経験はきっと役にたちますよ。自分の守るポジションに拘りや、誇りをもっている選手も好きですが、まだスペシャリストになるには時期尚早だと思います。
Posted by 新人 at 2006年04月13日 11:40
当面はプラスに考えましょうよ^^
それだけ運動能力・・・優れてるんですから!
色んなポジション守りたくても守れない子もいますし・・・
 しかし、どこでも出来るゲンジくん・・・
  凄いです^^
Posted by Shin at 2006年04月13日 12:04
こんにちは。
複数のポジションが出来るということは私はいいことだと思います。
ただ中途半端で複数やらせるのには反対です。
ケンジ君の場合はどうですか?
中途半端ではなく、出きるからやらせるのではないでしょうか。
そうならば前向きに考えるべきだと思います。
違ったポジションをやると普段やっているポジションの気がつかないところが見えてくるそうです・・・うちの息子が言ってました。
息子も本職はセカンドですが、サード、ショートもやりました。
親が一番ヒヤヒヤしたのは"レフト"をやったときです。
他に外野の控がいるのになぜ息子?と思いましたが監督はきちんとした裏づけのもと起用したと言ってました。
ケンジ君本人がどう思っているかわかりませんが、「使いまわし」ではないと思いますよ。

Posted by baseball-oyaji at 2006年04月13日 13:24
得なんじゃないですかね、もしかしたら。
それだけ必要とされているってことじゃないですか。
「どこも使えない」と思われるより
「どこでも使える」と思われているほうがいいですよ、絶対。
また、これからもっと自分に合ったポジションの発見にもなるじゃないですかね。
Posted by Fastballer at 2006年04月13日 14:28
私は…新人さん…の意見に賛成です。
長男は元々はレフトですが最近は誰が投げるか…でライト・レフト・センター日替わり状態。
ゲンジ君の様に内野から外野へ…とは違いますが、同じ外野でも、やはり勝手が違う様で時折愚痴ってす。私も最初は『いい様に利用されて…』とコーチに不満を持っていましたが、去年までは完全ベンチ組だった事を考えると、どのポジションであれスタメンで試合に出れるだけでも本当にありがたいと思えます。
高校でも野球をするのなら尚更色んな可能性を試すいい時期ではないでしょうか。

追伸:以前ドラ夫さんが書いてらした「うちの子はショートしかさせません!」の方はご健在でしょうか^_^;^_^;^_^;
Posted by hitomi at 2006年04月13日 15:16
高校1年になった時、まずは外野で使われる覚悟をしておくようにkohに話しました。
チームの主力がケガをした時には、あまり動かなくて済むファーストを守らせる事もあるでしょう。そんな時にゲンジ君を先発メンバーから外さない為のライトかもしれませんよ。
ライトも出来るんだレイザービーム!を見せ付けましょう^^
Posted by metoo at 2006年04月13日 15:17
使い回しというと,ちょっと問題があるかも知れませんが,ゲンジくんは「試してみたくなる」選手なんでしょう。それは,指導者からのプラス評価でしょうから,良しとしましょう。

ただ,変に「器用貧乏」になってしまうのも困り者ですね。最終的に俺の居場所はココだ!という場所が見つかればいいのでしょうけど。
Posted by K太父 at 2006年04月13日 15:28
ドラ夫さん、こんにちは。
外野を任されるのは、それだけ信頼されているからではないでしょうか??私達の子供のころは、ヘタな奴が外野を守らされていましたが、今は違うような気がします!!いろんなポジションを守れた方が絶対にいいと思いますよ!!ごめんなさい、素人の私が偉そうなこと言って。。。。
Posted by リナケイパパ at 2006年04月13日 15:31
中学の時、ポンタは、バッテリーとファースト以外全て守りました。(ベンチも多かったけど)
もう1人L君、キャッチャーとレフト・センター以外全て守りました。(常時出場)
ポンタは、器用貧乏だったと思いますが、L君とゲンジ君は、バッテングを買われてのコンバートだと思います!
Posted by 過保護オヤジ at 2006年04月13日 22:45
ゆうちろさん こんばんは。

サウスポーですとポジションは限定されてしまいますからね。
ねまあ君は器用みたいですから、投手・センター・ファースト。3つのポジションでフル回転でしょうか^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 01:22
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

チビちゃん、順調そうですね^^
うちの第2投手が実は名ショートなんですよ。
センス抜群といったところでしょうか。

こちらが思うような育成(ポジション)と、首脳陣の考えに相違があるのは仕方がないですから、私もある程度は割り切ってます。
どこでも勉強になりますし、本人のタメにもなるでしょう^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 01:26
さとるさん こんばんは。

いえいえ、うちも同じようなもんですよ。
出来ているか? と言われると、?の部分もまだ多いです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 01:29
ハッシーさん こんばんは。

ゲンジの野球選手としてのスタートはセンターでした。
三振街道驀進中の小学3年の頃も、外野守備は及第点でした。
ですから古巣に戻るようなものでしょうか?^^

ライトは確かに肩の強さが求められますね。
もう一人のファーストの子より、肩と足はゲンジのほうが上なんです。ですから白羽の矢が来たんでしょうね。

本当なら、他の控え選手もチャンスのはずなんですがね(^^;
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 01:35
たんぽぽパパさん こんばんは。

すみません。「正」の位置に拘っていたのはゲンジではなく、どうやら私自身のようです・・

ゲンジ本人は素直に受け入れる姿勢のようでして、このエントリーの半分は私の愚痴だったかもしれません。お恥ずかしい限りです。

今後もご指導・ご鞭撻をお願いします^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 01:38
中学野球に期待する父さん こんばんは。

ライトは「ライトゴロ」もありますよね。
ライトゴロは内野手的要素もありますので、この点も内野経験のある愚息は多少有利ですかね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 01:40
新人さん こんばんは。

>まだスペシャリストになるには時期尚早だと思います。


目からウロコです。
そうですよね。これから色んな事を学んでいく立場ですから、一つのポジションに固執する必要は無いですよね。
私も目が覚めました^^ 前向きに考えるようにします!
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 01:43
Shinさん こんばんは。

これと同じような事、これからノブ君も経験する事でしょう^^
ノブ君ならどこでも出来そうですね!
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 01:45
baseball-oyajiさん こんばんは。

そうですね。違った視点。これはありますよね。
キャッチャーの時と外野の時。ここから何を自分で学んでいくか?
色んな事を吸収してほしいですね。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 01:48
Fastballerさん こんばんは。

はい。上級生主体のチームに、2年生の愚息が試合に出られるだけでもヨシとします^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 01:52
hitomiさん こんばんは。

息子さんもアチコチと大変ですが、ベンチよりはスタメンのほうが当然いいですよね。

「ショートしかやらせません」の親、学童チームの話ですので、中学部の私は顔を合わせる事は無いのですが、今の所はまだ健在のようです^^
何かあったらまた報告しますが、トラブルが出ない事を願ってます。でも無理かな?(^^;
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 01:57
metooさん こんばんは。

定位置からのバックセカンならビームも可能ですが、バックサードはまだビームにはなりません^^
来年にはなんとか!!
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 02:00
K太父さん こんばんは。

本編には書きませんでしたが、上級生と下級生の扱いの部分。ここの背景も少しはあったみたいです。
ファーストのもう一人の子は3年生です。
これ以上は言いません^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 02:02
リナケイパパさん こんばんは。

学童チームですと、確かに内野から優先してポジションが埋まりますが、中学では「大人の野球の入り口」ですから、どこも重要なんですよね。
オプションが多いのは、チームにとっては有利な要素だと思います。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 02:05
過保護オヤジさん こんばんは。

>バッテングを買われてのコンバートだと思います!


私が書きたかった事を代弁していただき ありがとうございます^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月14日 02:07
うちの息子もげんじ君と同じ中2です。シニアの強豪チ−ムでただ一人の2年生レギュラ−で3番を打っています。9月の新チ−ム発足の時にいったんは正捕手の座につきましたが一塁にコンバ−トされた先輩が試合でエラ−を重ね、結局息子が内野(一塁と三塁)にコンバ−トされました。この事実を私たち親子がどう捉えているかというと、ただただ嬉しい!ファ−ルフライ以外はノックを受けることがなかった息子は嬉々として打球に向かっていっています。たかだか中学野球。この先の野球人生を思えばスタートしたばかりじゃないですか。色々な経験が出来ることの喜びの方が大きいと思います。指導者も出来る子には出来る限り広い視野を持った野球人になってほしいと思っているのではないですか?苦言を言わせていただきます。中学生がポジションへの拘りなんて10年早いよ!

Posted by どかべん at 2006年04月14日 09:46
うちのチームの外野レギュラー陣はみな、内野守らせても上手い子ばかりですよ。実際にレフトもセンターの子も試合によっては内野守ります。
特に新球になってからは、やはり外野の守備範囲がキモですし、外野は今はとんでもなく深く守りますから、簡単に1ヒットで2塁から生還ができるようになっています。競った時こそ外野の優劣で試合が決まります。それくらい、新球はインパクトあります。
Posted by 少年野球コーチ at 2006年04月14日 13:02
こだわりを持つからこそ、頑張れるのかなと思います。ですが、そのこだわりを押し通すにはすごいパワーを必要とします。
今の私がそうですから・・。
Posted by 満木 月風 at 2006年04月14日 15:16
どかべんさん コメントありがとうございます。

2年生で硬式チームの主力との事、それは素晴らしい^^

捕手からファーストへのコンバートですか。
確かにシートノックの時は、捕手はあまりボールには絡みませんよね。

愚息は外野も十分に受け入れています。
しばらくは捕手と外野がメインでしょうか。
どこで起用されても力を発揮してほしいです。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月16日 22:52
少年野球コーチさん こんばんは。

外野のバックアップ選手、どれも一長一短でして・・
弱肩の子や、強肩でも判断が悪い子とか・・

その辺りで愚息に白羽の矢が来たみたいです。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月16日 22:56
満木先生 こんばんは。

拘りが強かったのは私のほうです。
愚息はあまり抵抗は無かったみたいです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年04月16日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。