2010年08月02日

古巣巡り

先日はゲンジを連れて、久々に中学軟式の練習に顔を出してきました。

当時の監督が今はコーチとして指導しており、挨拶を兼ねて出掛けた。

無事に高校野球を終える事が出来た。という報告をして、しばし雑談。

自分が今日あるのは、学童野球や中学時代の恩師のおかげ。

そういう意味合いにおいても、こうした挨拶巡りは必要だと思う。

中学チームも3年生が引退しており、1・2年生の新チーム。

ただ人数的には少なく、来年4月まではギリギリの状態。

現6年生が多く入部するのを願うばかり。

実力的にも厳しいですねぇ (^_^;) まだまだ基本が出来ていない子が多い。

鍛え甲斐があるといえばそうですが、あまり厳しくすると耐えられない子も・・

その辺りのサジ加減が難しいですが、地道に指導してほしい。

現2年生はゲンジが6年生の時の小学2年生。

私も直接指導に関わった事が無い選手ばかり。

名前も判りませんが、何人かは兄が同じチームで野球をしていた。

ゲンジもキャッチボールやトス打撃で手本を示し、

一緒に動いて汗を流していました。

今月中にはもう一つ、中3の7月から11月までお世話になった、

硬式スクールにも挨拶に伺いたい。

なかなか上手くスケジュールが合わないのですが、

調整していかないと (^_^;)

この記事へのコメント
選手達は喜んだでしょうね^^
帰るところがあるって幸せですよね。
息子は当然行けませんが、私も先週の土曜日は古巣に顔を出してました。
Posted by ハッシー at 2010年08月02日 11:38
OBの方々が訪ねてこられることは、選手達はもちろん、保護者達にとってもうれしいこと。きっとその時代をいい思い出にしているからこそ、訪ねてこられるんだろと思えます。そんな先輩達の姿をみては、子供達は自分の将来の夢を改めて確認することでしょう。愚息のチームも今週末最高学年が卒団を迎えます。きっと高3のOB達も恒例で駆け付けてくるはず。そんな先輩の届かなかった甲子園という夢に触れ、卒団してゆく選手達や、在団選手達の、これからの野球人生の大きな刺激になってくれるでしょう。ところで愚息、新チームの副将に選ばれた由。主将は、チーム幹部の大人達が選出し、副将は子供達の互選だったそう。愚息は、誰かの後を気楽に付いていくタイプ(実際主将も副将もやりたくなかったらしい)と思ってましたが、子供目線ではそうでもなかったみたいです。親としては、ちょっと以外でした。とは言え、愚息には折角の大役ですので、主将を助け、共にチームを牽引していってくれたらと。本人は、怒られ役に気が引けているみたいですが。
Posted by キン太 at 2010年08月02日 12:33
単独チームだった頃は、
そう言った挨拶に来る子もいましたが、
合同チームになると、
練習場所も変わったりで、
行きたい気持ちがあっても、
何か敷居が高いみたいです。

ウチの息子もそんな事言ってましたから(^^ゞ

1期生が中二ですから、
あと5年もすれば、挨拶に来るんでしょうか?
アイツ等が来るとは思えませんが(~_~;)
Posted by 穴金空歩人 at 2010年08月02日 13:25
日曜は新チームの初戦の練習試合でしたが、監督からいてもしょうがないから治療してこいといことで退散、治療始まるまでの時間シニアの練習試合見学に出かけました。監督、コーチに挨拶もかねてですが、監督から練習時間が少ない高校なのに疲労骨折なんてありえねぇっていじられてました。次男坊は何でいるのって驚いてましたが。高校の練習休みを利用して結構近況報告に来ているみたいでした。
Posted by RK at 2010年08月02日 18:14
やっぱりこうやって古巣巡りするんですね。
うちのクラブにはこないなぁ。。。(-"-)

後輩たちの人数がギリギリの状態というのは淋しいですね。
でも、その分、一人一人の練習量は増えるわけですから、ミッチリ練習して強くなって、現6年生達が『入部しよう!』って思うような成績を残してほしいですね。
Posted by PAT at 2010年08月02日 21:58
出来れば小学校もぉ。。。。。
小学生にとって高校球児は憧れですから!!
Posted by ヨウボン at 2010年08月03日 19:33
中3のシーズンオフ(冬期)に時間があると同級生と学童の古巣巡りしていました。
今はなかなか時間が作れないので無理かな〜。

中学は指導者が変わりましたが、学童は指導者が同じなので行きやすいんでしょう。

子供たちの年代は変わっても、弟などの入部で保護者は同じ人がいるのでいろいろ話が出来たようです。
Posted by ひろ親 at 2010年08月04日 07:09
ハッシーさん ありがとうございます。

>選手達は喜んだでしょうね^^


それが・・ 学年が離れているせいか、
「この人は誰?」 って感じでして^^
コーチも皆に紹介すればいいのに、それもせず (^_^;)
なんかギクシャクしてました。。。。


Posted by ドラ夫 at 2010年08月04日 21:57
キン太さん ありがとうございます。

古巣とはいえ、代替わりも進んでいくと、
次第に顔を出す頻度も減っていくのが現実ですよね。
今回はたまたま、息子の恩師がいましたので^^
チームの実力も学童の延長のような状態で、
息子が主将の時も成績は芳しくありませんでしたが、
その時のチームが相当強く思えるほど、今のチームとは実力の開きがあります^^

息子さん、副将ですが。栄誉な事ですし、こうした役職は自分自身を成長させる要素にも繋がります。
今はイマイチ乗り気でなくても、自然に責任感が出てきますよ。
頑張ってほしいですね^^


Posted by ドラ夫 at 2010年08月04日 22:03
穴金空歩人さん ありがとうございます。

統合や再編があると、OB達も意識の差があるかもしれませんね。
今の教え子達が訪ねてくるまで、穴金さんも監督をずっと続けてください^^


Posted by ドラ夫 at 2010年08月04日 22:06
RKさん ありがとうございます。

現役中はなかなか上手く都合がつかず、
古巣訪問は難しいものですが、今回は怪我の功名でしょうか (^_^;)
弟君もさぞ驚いたでしょうね^^

お兄ちゃん、若いのですぐに完治すると思います。頑張って!


Posted by ドラ夫 at 2010年08月04日 22:08
ヨウボンさん ありがとうございます。

学童のほうはそれこそ、ホントに知らない人ばかりなので、
偉そうに訪問するような雰囲気ではありません ^^;

Posted by ドラ夫 at 2010年08月04日 22:10
PATさん ありがとうございます。

なにしろ基本の反復に時間を割いているのが現状で、
応用部分まで上達していないのが実際のところなんです・・
なんとか来春には、形だけでも整えたいものです (~_~;)


Posted by ドラ夫 at 2010年08月04日 22:13
ひろ親さん ありがとうございます。

今の時期に現役生が訪問出来るのは、色々と難しいですよ^^

うちは田舎なので、兄に倣って弟も野球。
こんなパターンがとても多いです。
こんな事なら、うちももう一人男の子が欲しかったです^^


Posted by ドラ夫 at 2010年08月04日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。