2006年03月28日

手の内を見せるか? 隠すか?

クラブチームも来月から幾つか公式戦が始まります。

公式戦にも2種類ありまして、上部大会へ繋がるものと、
地域のローカル大会の2つになります。

上部大会は最終的に全国へ繋がるものと、
全国ではないものの、複数の県の代表が集まる大会の2つ。
(東北なら東北大会。九州なら九州大会みたいなもの)

エントリーする大会は一つでも多く勝ちたいのが本音ですが、
おのずと優先順位も決まってきます。

また調整の意味合いを含め、合間には幾つか練習試合の予定も入っています。

先日の遠征後、指導者達で会合を開いたのですが、
その時に出た話題の一つが、エースの起用方法について。

ようするに 手の内を見せるか? 隠すか? という問題です。

我がチームのエースは有望な選手です。地域内でも3本の指に入るでしょう。
上部大会への切符を掴むには、ライバルチームを倒す必要があります。

まだ対戦相手は決まっていませんが、当る可能性のあるチームは限られている。
その本番を前に、エースを登板させるか? どうするか?
指導者の中でも意見が分かれました。

遠征を増やしたいという考えは、実はここに起因しているのです。

予選相手と別の地域のチームなら、存分にエースを試せます。
しかし同じ地域のチーム同士の練習試合や、ローカルの公式戦の場合、
隠すなら登板を避けるしか方法はありません。

隠す隠さないと言うと大袈裟かもしれませんが、
中学野球ともなりますと、情報戦の様相も呈してきます。

うちのエースは決め球の変化球も多くあり、
それらを事前に見せて、相手に対策の猶予を与えるのも勿体ない。

うちがこうした事を考えている以上、相手も同じ事を考えているかもしれない。
相手がエースを立てない試合に、こちらがエースを見せる必要もない。

過激な意見として「近隣との練習試合は全て断れ」なんていう意見も出てきています。
でもこれまでの付き合いや、今後の関係維持の為にも、
あまり強気に出られない部分の話もある。

『ウイニングショットだけ封印すれば?』
『オーダー表の交換後、相手の出方次第で対策を変えたら?』
など色んな意見が飛び交った。

こんな策を弄するより、実力をつければ問題ないかもしれませんが、
とにかく各チームの実力が拮抗しているので、綺麗事では済まない所も出てくる。

この話の続報は、またその都度こちらで取り上げていきます。


posted by ドラ夫 at 23:36| Comment(22) | TrackBack(1) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

「うちのエースは決め球の変化球も多くあり」
と書いてありますが
決め球が多くあるのなら別に気にせづ使うべきでは?
大会前だからこそエースに自信と調整の場を与えてあげては如何でしょうか?
手の内を隠しながらでないと勝てない様では上部大会は、そんなに甘いところでは無いと思いますよ
^^
有望な投手であるなら近郊チームを大会前に倒して自信も付くと思いますし、相手チームにとっては次回の対戦はプレッシャーかもしれませんよ
(^^)v
戦術も大切ですがね!
Posted by フルスイング at 2006年03月28日 23:59
必要以上に隠したりするより、どんなものでも公式戦で投げさせた方がいいと思いますよ。
相手どうこうより、まずこっちがどんなピッチングをするか。練習試合でいくら良いピッチングをしても、やはり公式戦の緊張感は違いますから。

先日のウチのチームの決勝戦。あれだけ打たれてしまったのは、相手の打力がすごかった事もありますが、ウチのエースの変化球がことごとくボールになってしまったのが原因のひとつにあります。やはり決勝という事で力が入っちゃったみたいです。変化球でストライクが取れないから直球で勝負して、それを狙い打たれる、という状況だったんです。

ピッチャーの指先の感覚は繊細ですから、隠すよりここぞの試合に万全のメンタルで臨めるようにした方がいいと思いますよ。
Posted by かに at 2006年03月29日 00:45
エースを温存出来る位のチーム力が無いと...全国レベルとは言えませんね
ですが、2番手&3番手で勝ち進めないのであれば… 
仕方なく、相手次第でしょう。

本番に備えて 全てをさらけ出さない策は必要でしょうが…

   >「近隣との練習試合は全て断れ」

は、相手をも分らなくなりますから!? ×です
サイン盗みや、戦略を企てる為にも 必要不可欠でしょうね ^^
程度の問題だと思いますョ。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年03月29日 11:50
この間のWBC、韓国に3度目の正直と似た問題ですね。
2回負けても肝心の3回目を勝てばいい訳ですから、ここは監督を中心に話し合って、最終判断を任せるしかないですね。
私達は人数が少ないのでいつでも全力でしたが、投手数があるのでしたら・・・
ある程度戦略というか相性を調べて、最重要大会に備えると思います。
Posted by metoo at 2006年03月29日 12:17
お互いにデーター入る訳で、後はどう生かすかの問題ですよね。
決め球が多彩にあるのなら、それを実戦で試したいが、私の思いです。
我が顧問も地元とあまり練習試合しません、が本戦で相手の事知らず1回戦負け。
いつもこんな筈では、と選手に吠えてます。

練習の付く試合ですから、いろんな事対戦相手によって試したいところです。
相手も混乱するのでは?(姑息かな)。
Posted by つよし at 2006年03月29日 12:56
難しい選択肢ですね。
対戦してコテンパンにしておけばいいんですが、実力が拮抗していると投手だけでなく、守備や打撃でも対策を打たれてしまう恐れもあるでしょうし。
作戦通りの試合展開になるとは限らないでしょうし、大会前ですから相手のことより自軍のコンデション、モチベーションのアップが最優先かなとも思いますが。視野には入れておきながらで、対戦が決まってからでもいいのでは。いかがでしょうか。
Posted by Fastballer at 2006年03月29日 14:08
お久しぶりです。
もうお気づきかと思いますが、プライベートで大変なこととなっています(いい意味で)ので冷静にコメントを書けない状態にいます(苦笑)。
また、落ち着きを取り戻しましたらコメントさせてくださいね。
Posted by touch at 2006年03月29日 18:26
ドラ夫さん、おはようございます!!
中学ともなると、このような情報戦もあるのですね!!いやいや凄い!!いろいろと人によって意見も違うようですねぇ〜。やっぱり、一回負ければ、次がないと言った大会ならではの事なんですね。いやーーーぁ、ほんと難しいですね。
Posted by リナケイパパ at 2006年03月30日 09:48
私は隠さない方がいいと思いました。
やはり少しでも実戦の経験を積むべきと考えます。で実力がつけば、決め球を見せかけにして、直球でバシバシ三振取れるんじゃないでしょうか?炭谷銀次朗君のようなことが実際起こりえるんですから!
Posted by 満木 月風 at 2006年03月30日 17:03
皆さんがおっしゃるとおり,難しい問題ですね。
素人考えですが,まずはエース君の心構えというか,意気込みにもよるのではないでしょうか。

手の内をさらして,
1)コテンパンにやっつけた場合
まず,エース君の自信につながりますよね。あとは,エース君が天狗にならずに,相手が研究してくる以上に向上心をもてるかどうか。
2)コテンパンにやられた場合
本番前の「練習」と割り切って気持ちの切替が出来るかどうか

手の内を隠しておいた場合は,ここぞという本番勝負で,実力が出せるかどうか。

う〜む,どうなんでしょうね。
Posted by K太父 at 2006年03月30日 22:30
フルスイングさん こんばんは。

フルスイングさんと全く同じ意見が、会合の中でも出ていました。
これは正解とか間違いとかの問題では無さそうですね。
野球の采配にも幾つか選択肢があるように、これも監督の好みというか、作戦の一つなんですよね。
Posted by ドラ夫 at 2006年03月31日 00:15
かにさん こんばんは。

悩ましい問題です。確かに練習試合は緊張感が違います。
当面の相手との練習試合に出すか出さないか?

監督が一番ナーバスになっているのは、「相手の出方」です。
相手がエースを出さないなら、こちらも出したくない。 これが本音のようです。
手の内の見せ方・出し方。表裏があって考えどころですね。
Posted by ドラ夫 at 2006年03月31日 00:25
ぶっ叩け〜!!さん こんばんは。

新3年生で計算出来る投手は3名です。
でも実力はエースが抜き出ています。
ここ一番では2試合続けての連投もありそうです。
それ位、監督の意気込みも凄いです。
実際、エースが普段の力を発揮すれば、上の大会も十分に望めます。

近隣チームとの練習試合、必要な部分も確かにありますね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月31日 00:29
つよしさん こんばんは。

練習試合は「試す」意味合いがあるんですが、
当面のライバルには「騙す」側面も有りそうですね。
油断させて本番ではギャフンと言わせる。
そんなパターンが理想ですが、まぁそんなに上手くはいかないでしょうね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月31日 00:33
metooさん こんばんは。

仰るように今回の話の伏線は、WBCの日韓戦にあります。
「ここ一番でどうしても勝つ」 ここが監督の拘りでしょうか。
公式戦に「負けてもいい試合」はありませんが、そこへ行くまでの過程の中で、色々と悩みがあるようです。
Posted by ドラ夫 at 2006年03月31日 00:36
Fastballerさん こんばんは。

そうです。とかく相手の事ばかり考えがちですが、肝心の足元にも注意を配ってほしいですね。
自軍の戦力アップ。ここが一番の優先項目でしょう。
策を弄しても、そこが抜けていたら何もなりませんもんね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月31日 00:39
touchさん こんばんは。

失礼ながら、まさか2勝するとは思いませんでした^^
勢いがありますから、次の神港学園戦にも良い試合を期待してます!
Posted by ドラ夫 at 2006年03月31日 00:42
リナケイパパさん こんばんは。

中学野球は「大人の野球の入り口」ですから、何かと色々ありますよ^^
のびのびとプレーしていた、学童野球時代が懐かしいです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月31日 00:44
満木先生 こんばんは。

なるほど! 決め球を「見せ球」にして、直球で勝負ですか。
ようするに裏の裏をかく。ですね。
こうしたパターンがある事、バッテリーに必ず伝えます^^
配球のパターンの参考になりかもしれませんね。
Posted by ドラ夫 at 2006年03月31日 00:47
K太父さん こんばんは。

そうなんです。今回の一件、指導者同士の意見の出し合いなんですが、
当事者であるエースの考え方が不在なんです・・

本人の意気込みや意見が一番優先してやりたいんですが。
本人はどう思っているのかなぁ??
Posted by ドラ夫 at 2006年03月31日 00:52
逆の立場で言うと、私なんか練習試合の主審を率先してやりますが(公式戦でもそうですが)、その時にはゆっくりと観察できますから、そりゃ効果絶大です。
先日の初戦なんか、その効果が出て早々に相手エースが降板、コールド勝ちでした。
Posted by 少年野球コーチ at 2006年04月01日 22:30
少年野球コーチさん こんばんは。

球審は正に偵察にはうってつけですね^^
実はこの話、うちのチームでも出たんですよ。
一番近くで球筋を見れる。だから近隣との試合も断れないんですよね。得る部分も有りますから。
Posted by ドラ夫 at 2006年04月02日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

がんばれ!touch長男君!
Excerpt: touchさんの長男君高校が あの甲子園で大暴れしています! ベスト8進出です! 皆さんで、応援メッセージを送りましょう! がんばれ! touch長男君!
Weblog: 少年野球BLOG
Tracked: 2006-03-29 15:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。