2006年03月23日

思わぬ展開

前回の続きです。

2003年6月

2回戦の相手は同じクラブの6年生チーム。同門対決となった。
ここで監督は選手起用で大幅な変更を決める。

ピッチャーには大柄のY君。初登板となる。
ショートの予定だったゲンジが代わりにファーストへ。
これも初の守り。外野も初戦とは一部変更。

勝負を度外視したテスト目的の意味合いが多い。
だがこれは公式戦。幾ら同門対決でも、ある程度は勝負に拘ってほしい。
そう思っていたのだが、序盤は思わぬ展開となる。

先攻は5年以下のBチーム。
初回、なんと3者連続四球で無死満塁のチャンス。
ここで4番の主将がタイムリーでまず1点。

尚も満塁でバッターは5番のゲンジ。
初球をレフトオーバーの2ベース。1塁ランナーもホームに帰り、
あっと言う間に4点を先制!

その裏、今度は初陣のY君が魅せた。
そこそこ速いボールが適度に散らばり、初回はなんと3者連続三振!

知らない人が見れば、どちらが高学年チームか判らない内容。

それにしてもこのY君、ピッチャーとしての練習は全くしていないのにこの内容。
これが「素質」というものなのか? 別の意味でショックを受けた。
だがまだ初回、この先どうなるか?

Aの監督は苦笑いを浮かべている。内心はまだ余裕だろう。
ちなみにこの監督、ゲンジが入団した時の低学年チームの監督だった人。

『ゲンジ! 三振してこい!』 と言って代打で出た初打席が懐かしい。
http://syounenyakyu20.seesaa.net/article/2385633.html
あの時と比べると、あらゆる面で進歩している。

その監督がこの試合では敵将。なんだか変な気分だ。

2回の守り、今度はゲンジが好プレーを出す。
ファーストの捕球が初めてにしては上出来なのだ。

これまでのファーストは、この試合ピッチャーのY君。
ところがY君がファーストだと。腰から下の送球はほとんど捕れなかった・・

だがゲンジは違う。足を限界まで伸ばし、低い送球もすくいあげて捕球していた。

『ゲンジのファースト、なかなかいいじゃん!』 とKコーチもご満悦。
テスト目的のポジション交代。こまでは出来過ぎの内容。

2回を終わって4対0。リードはBチーム。
思わぬ展開となっている。

続きは後日。


この記事へのコメント
お久しぶりです! 色々と忙しかったです(汗) 昔の監督がこの時の相手の監督なんて、幾ら同じクラブとはいえ、少年野球じゃあまり無いパターンですよね。 でもここまでの展開は上々じゃないですか! この後はどうなるか? また来週のお楽しみですね。
Posted by ハチロー at 2006年03月24日 08:10
思わぬ展開が思わぬ展開へとなるのでしょうか・
・・(笑)

そこのポジション経験が無くても、無難にこなせちゃう子っていますよね。もちろん、素質?センス?みたいなのはあると思いますが、やっぱり人のプレーを普段からしっかり見ていると云う事じゃないでしょうか。

ベンチ時代からキチンと上級生やレギュラーの動きを観察できる子は絶対違うと思いますよ。

Posted by ハッシー at 2006年03月24日 09:38
我がチームも以前、6年生チーム対5年生以下チームで紅白戦をやり、5年生以下チームが勝ってしまったことがあります。
ゲンジくんの場合、公式戦ですし、まだ結果はわかりませんが‥もしも勝ってしまったなら気まずいですよね?
結果が楽しみです♪
Posted by ゆうちろ at 2006年03月24日 10:57
我がチームも以前、6年生チーム対5年生以下チームで紅白戦をやり、5年生以下チームが勝ってしまったことがあります。
ゲンジくんの場合、公式戦ですし、まだ結果はわかりませんが‥もしも勝ってしまったなら気まずいですよね?
結果が楽しみです♪
Posted by ゆうちろ at 2006年03月24日 11:00
ドラ夫さん、こんにちは!!
いやはや続きが早く聞きたい展開ですね!!
私としては、このままBチームが勝ってほしい!!ところで少年野球の仕組みをあまりよく知らないのですが、Bチーム以下の選手でも実力のある子は今後Aチームに入れたりする物なんですか??それとも、学年できっちり分けられてるのですか??私としては、実力のある子はどんどん上でやるべきだし、ない子はたとえ6年生でもBチームでやるべきだと思うのですが。。。。
Posted by リナケイパパ at 2006年03月24日 12:05
小学3年生の頃のゲンジ君、懐かしいですね。あの頃の監督さんが育ての親みたいな感じでしょうか?
その監督の前でどんな試合になるのか? 楽しみです。
Posted by ズンドコ節 at 2006年03月24日 12:23
もしかしてこの後、Y君がピッチャーへ昇格?
よくあるパターンですね。
秘密兵器?Y君のピッチャーを密かに考えていたのでしょうか?
球が速い、足が速い、球を遠くへ飛ばせる・・・野球をするうえで、大きなアドバンテージになりますからね。

後日を楽しみにしています。
Posted by Fastballer at 2006年03月24日 13:15
これでBが勝ったらサッカーで言う ジャイアントキリングですね!
でも前回のコメント欄でドラ夫さんはAが勝つと言ってましたが(^^)
どのような展開になるか? 木曜まで待つのは辛いです。
Posted by シャドウP at 2006年03月24日 15:11
このままBチームが勝ってしまうと、6年生の面目が丸つぶれですね。
今のうちのチームがこのパターンで、気まずい状態が多々あります。
スタメン落ちの先輩が影で後輩をいじめるし、だんだん後輩も先輩を舐めてかかるし、勝負の世界は厳しいですね。
Posted by てんてん at 2006年03月24日 15:22
2打席目にセンター前ヒット、3打席目に左中間3ベース、
そして4打席目にサヨナラホームランで6年生に勝利!
思いも寄らぬ展開、サイクルヒットなんてどうでしょう^^
Posted by metoo at 2006年03月24日 16:17
いきなり4点ですか。
四球がどんな内容なのかにもよりますが、Aチームの選手はプレッシャーが掛かったんですかね。

勝って当たり前ってのは、かなりのプレッシャーですからね。まーぼも10回やって9回勝てるってチームに負けたことあります。しかもトーナメントの1回戦で。

思いもよらない展開・・・このままY君が5回くらいまでノーヒットピッチング。ゲンジ君が一塁でナイスプレー連発ってとこでどうでしょう。
Posted by かに at 2006年03月25日 10:28
ハチローさん こんばんは。

クジ運の都合というか、2エントリーなので違う山になればよかったのですがね・・
でも滅多に出来ない経験だったかもしれません^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月25日 21:38
ハッシーさん こんばんは。

ハッシーさん、良い事を仰ってくださいました。
そうなんです。観察力の有る子は違うんですよ。

他人事のように何気なく見ている子と、何かを盗みだそうとする子では、イザとなった時に違いますよ。
この頃のゲンジは前者だったと思いますが、タマタマ ファーストだけはうまくマッチしたようです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月25日 21:42
ゆうちろさん こんばんは。

実は紅白戦、中学でも昨年同じような事があり、下の学年が勝ってしまいました。。。
これは確かに気まずいですね^^
監督も呆れていましたよ^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月25日 21:44
リナケイパパさん こんばんは。

チーム割り、色んな事情があるのですが、この年の6年生は17人もいたんですよ。
ですから単純にここが1チーム編成になり、5年以下は翌年を見越していたので、敢えて上へ引き上げるのはしませんでした。

どれが正解かは、考え方の違いでしょうかね?
ゲンジはこの前年の最終戦、上の学年の子を差し置いて、初の4番に抜擢されました^^

詳しくは3・4年生編のカテゴリーをご覧ください。
Posted by ドラ夫 at 2006年03月25日 21:54
ズンドコ節さん こんばんは。

当時の監督にはお世話になりましたね。
とても面倒見が良い人で、いつも個別ノックをしてもらいました^^
その人が敵のベンチに居るのは違和感がありました。
Posted by ドラ夫 at 2006年03月25日 21:57
Fastballerさん こんばんは。

子供は色んな可能性を秘めているという事ですかね。
固定観念で物事を捉えてはいけない。そう感じる事も多々あります。
Posted by ドラ夫 at 2006年03月25日 22:01
シャドウPさん こんばんは。

昔サッカーの天皇杯で、グランパスがアマのチームに負けた事がありました。
もの凄いヤジが飛んでいました^^

この試合、まだまだ動きがあります。お楽しみに^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月25日 22:04
てんてんさん こんばんは。

そちらも同じような状況ですか?
これはこれで困るんですよね・・
上級生の威厳は保ってほしい。でも勝負は実力の世界。

しかしイジメ等の問題はまた別物です。
下級生が上をなめているのはいけませんね。
ここは指導者がきっちりと注意しないと。
Posted by ドラ夫 at 2006年03月25日 22:09
metooさん こんばんは。

そんな! そこまで打ったら出来すぎですよ^^
この後は笑えない展開になります。
色々ありました・・・
Posted by ドラ夫 at 2006年03月25日 22:12
かにさん こんばんは。

この時のAチーム、逆にプレッシャーだったでしょうね。
勝つのが当たり前という状況は辛いものも有るでしょう。
かにさんの今回の予想、残念ながらハズレです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月25日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。