2006年03月17日

祖母の思い出


母方の祖母が本日の未明に逝去しました。

明治生まれで、後少しで100歳だったのですが・・

子供8人。孫が15人。曾孫は多数。そして昨年は玄孫(やしゃご)の顔を見る事も出来ました。

大往生だったと思います。

私事をここで書くのはどうか? と思いましたが、
祖母には「勝負」の面で励まされた事があり、
これは野球にも通じるものがあると思いますので、敢えてエントリーしました。


私は一人っ子のため、母の在所(名古屋)へ行くのがとても楽しみでした。
祖父母はそんな私をとても可愛がってくれ、外孫では一番のお気に入り。

前述のように祖母は明治生まれ。
11歳で奉公に出され、16歳で結婚。17歳で第1子を出産。
それ故に学校で学ぶ事はなく、祖母は文盲で漢字の読み書きが出来ません。

厳しい時代を生き抜いた人らしく、幼少の頃の私は
祖母の話す「格言と諺(ことわざ)」 が子守唄代わりでした。


私が学生時代、格闘技の選手だった事は以前書きました。
両親は仕事の都合により、私の試合には一度も応援に来た事はありません。
そんな私を不憫に思ったのか、祖母が一度だけ応援に駆けつけてくれました。

大事な大会だったのですが、伯父に連れられて来てくれたのです。
その大会は順調に勝ち進み、団体戦の決勝に進出。
私は相当なプレッシャーの見舞われていました。

その時に祖母がわざわざ近くまで来てくれて、人目をはばからずこう言いました。

「ええか、身体の余計な力は抜いてもええが、
金玉の力だけは抜いたらアカンよ!」


ちょっと下品な言い回しで恐縮ですが、祖母のこの言葉に
私は重圧から解放されたのと同時に、猛烈な戦闘意欲が湧き上がりました。

選手を励ます言葉は沢山あるでしょうが、こうした言葉もあるんですね。
また祖母が言った事だからこそ、私も素直に受け入れられたのだと思います。

結果は優勝。祖母の言葉が無かったらどうだったか?
違った結果になっていたかもしれませんね。

今は私が遠方に在住の為、頻繁に行き来する事は減りました。

近年の祖母は歳のせいか、曾孫の名前と顔が一致しません。
ですからゲンジの事も「その他大勢」 でした。

なんとかゲンジが大きな舞台に立ち、
「あれがドラ夫の長男」 と覚えてもらえるのを望んでいたのですが、
それももう叶わない事になりました。

私達親子の行く末、天国から見守ってほしいものです。



posted by ドラ夫 at 23:16| Comment(35) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大往生ですね。きっとこれからもドラ夫さん親子を見守ってくれるはずです。

実は私は「おばあちゃん子」です。
両親が共働きだったので、幼少の頃は祖父母に育てられたようなものでした。両親に叱られたときも祖母だけはいつも私の味方でした。
祖父は2000年に他界しましたが、祖母は今も健在。ただ末期がんに侵され、入院中です。年が年なので、がんの進行は遅いのですが、もうそんなに長くはないでしょう。
まだ元気なときは「浅草に連れてって」と言われれば浅草寺にお参りに。「那須に」と言えば那須の温泉にと連れて行きました。それが祖母にもいい思い出になっているようで、お見舞いに行くたびに主治医の先生や看護士さんたちに「自慢の孫だ」と私を紹介するのです。
今は寝たきり状態。「両国で相撲がみたい」という夢は叶えてあげられそうにないのが残念です。
Posted by ゆうちろ at 2006年03月18日 00:06
明治生まれの女性の強さを感じます。
素敵な思い出ですね。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by kei at 2006年03月18日 01:59
おばあちゃんは、天国でドラ夫さん一家を見守ってくださいますよ。
こらからも、ここぞという時に「余計な力は抜いて・・・」と天国から言葉をかけてくださると思いますよ。
こんな別れの時「また一つの世代が終わった」と、寂しい思いと同時にしっかりしなくては、といつも思います。

子どもの頃の夏休みは、母の在所の名古屋で過ごしてましたよ。大きくなって「名古屋」と言っていたのは、豊川市(豊川稲荷の近く)だとわかりました。



Posted by てんてん at 2006年03月18日 10:05
ドラ夫さんにご報告。
息子にホークスの田口コーチ(昨年、捕手引退し育成コーチに就任)からハガキが届きました。
12月のホークスの野球教室の時に、田口コーチに手紙(私が書いたもの)を渡してほしいとスタッフにお願い。
3ヶ月経った昨日、届きました。
「栄光に近道なし」と書いてありました。息子はご機嫌です。
2月の初めに球団のスカウトが来ていたのは、もしかして私の手紙のせいかな・・・。田口コーチは新人育成担当だから、奇跡が起こって数年後息子を指導してもらえる・・・なんてことはないですね。
Posted by てんてん at 2006年03月18日 10:29
おばあちゃん、大往生ですね。
そんなおばあちゃんとの思い出があることを羨ましく感じますよ。
といいますの、私の場合、おばあちゃん2名とも同居ではなかったですし、小学時代に亡くしてますので、「お年玉をもらった」「飴をもらった」なんて思い出くらいしかありませんから。

てんてんさん、息子さん凄いですね。
うちの息子たちは高木(守)さん、木俣さん、与田さん、堀内さん、高田さんらに見てもらったことがありますが、それだけで終わっています。
ですので、これも羨ましいですね。
Posted by touch at 2006年03月18日 11:09
touchさんへ

いえいえ息子が凄いんじゃなくて、私が凄いんです(笑)
同じ22番の背番号、キャッチャー防具をつけての試合前の握手している息子の後姿の写真を同封し、膝の成長痛が続き弱気になってる息子を励ましてくださいという内容を書きました。誕生日が同じだったり、他にも運命的なことがあるものですから・・・。
息子の実力うんぬん以前なんですよ。私がステージママなんです。笑ってください。
それにしても、touchさんちの息子さん達は凄いですね。いつもレベルが高いなと思っているんですよ。


Posted by てんてん at 2006年03月18日 12:03
立派な大往生ですね。

ゲンジ君の土壇場での強さはひいお婆ちゃんゆずりなのかもしれませんね。

御冥福をお祈りいたします。
Posted by かに at 2006年03月18日 13:43
私もおばあちゃん子でしたので、泣けてきます。
私は勝負事を逃げてきましたから、私にそっくりな長男がいつも戦っている姿を一緒に応援できたらよかったなと思います。
おばあちゃんのセリフ元気が出ますね!
私にはなんて、声をかけてくれるんだろう・・。
Posted by 満木 月風 at 2006年03月18日 13:43
私は早くに両親を亡くしているので祖母が「育ての親」でした。やはり気骨のある「明治女」でした。
中学で私が問題を起こして校長から祖母が呼び出しをうけたことがあったのですが、(私が100%悪いのですが)逆に校長を叱り飛ばして帰っていくような逞しい祖母でした。

小学校から野球をやらせてもらい、高校のときに(私には内緒で)初めて試合を見に来たことがありました。ルールなんか分からなかったのですが、私が打ったことを本当に喜んでくれたことを今でも思い出されます。随分昔に亡くなってしまったのですが、曾孫の顔だけは見せてあげられたのが唯一の孝行です。

・・・ご冥福をお祈りします。
Posted by 少年野球コーチ at 2006年03月18日 14:22
>それにしても、touchさんちの息子さん達は凄いですね。いつもレベルが高いなと思っているんですよ。

全然レベルは高くないですよ、ホント。むしろ低いくらいです。
なんせ、体力テストなんかの数値を見る限りでは、私の頃の方が上をいってますから(笑)。
さらに私の中学時代(シニア)の成績と比較しても、彼らの方が劣っています。
(ちなみに私はシニア時代の通算打率は5割台でした エヘン!笑)
ただ、私と比べても意味が無いことなので、「レベルの低いやつは低い奴なりに人より多く、ない頭とない体力を使ってセンスを磨け」ってことを言ってやるだけです。元々センスのいい奴だったら言うことないんだけど(笑)。
ちなみに私の言っているセンスとは運動能力というよりも「上手い奴の違いのわかるセンス」なので難しいかもしれませんが、それを磨かなければ上手くなりようがありませんからね。

Posted by at 2006年03月18日 14:59
「強い女」という感じが伝わってきます。
その意志は、血を通じてドラ夫さんとゲンジ君に受け継がれているのですね。
Posted by たえこ at 2006年03月18日 17:11
 さすが…激動の明治、大正、昭和を生き抜いてきた女性だ…。

 きっと、これからは天国からドラ夫さんたちを見守り続けてくれることと思います。
そして、ゲンジ君のここ一番の打席!には、
「余計な身体の力を…」のセリフを言ってくれる事でしょう。

 ご冥福をお祈りいたします。
Posted by でぃあ at 2006年03月18日 17:29
時代を生き抜いてきた女性の強さを感じます。
強いおばあちゃんがドラ夫さん親子を見守ってくれるんですね。
ご冥福をお祈りします。
Posted by Skyboys広報 at 2006年03月18日 22:40
昨日、チームの子供たちと歴史に関するクイズをやったのですが、日露戦争を誰も知らなかったのには驚きました。"明治は遠くなりにけり"ですね。

 金玉の力だけは抜いたらアカンよ!」

とのお言葉に、「坂の上の雲」に描かれた明治の日本人の気概のようなものを感じます。
Posted by ヒロシ at 2006年03月19日 08:57
バットの柾目を教えてくれた父方の爺さんは、私が高1の時 72歳で亡くなりました。
死因に成ったのは胆嚢でしたが、患わせた原因は...当時(競歩)珍しい国体出場選手としての痛みをこらえた無理なトレーニングの積み過ぎで…まさに頑固ジジイらしい死に様でした。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2006年03月19日 16:10
私は両親が働いていたので、隣に住んでいたおばあちゃんに育てられたばあちゃん子です。
隔世でばあちゃんの喘息を受け継いでいたので、責任を感じたのか、孫の中では一番可愛がってもらいました。

今を生きる私達は、日本に生きた大先輩達の考えや伝統、儀式、風習等を後世に伝えていく義務があつと思っています。

おはあちゃんは、きっとドラ夫さん、ゲンジ君のことをずっと見守ってくれていることと思います。

お疲れ様でした。ゆっくりとお休み下さい。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by 星 十徹 at 2006年03月20日 11:18
>「ええか、身体の余計な力は抜いてもええが、
>金玉の力だけは抜いたらアカンよ!」
素晴らしい教えです。素晴らしいおばあさんですね。
こういう教育が近年抜けているんですね。
子ども達にもこういう気持ちを伝えていきたいと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。
Posted by Fastballer at 2006年03月20日 12:47
悲しい別れでしょうが、祖母の気持ちをしっかり引き継いでご家族で頑張ってください。
ご冥福をお祈りします。
Posted by metoo at 2006年03月20日 14:48
こんな話しを聞くと・・・
学校の勉強じゃないんだなぁ・・・
とつくづく感じます。
 心よりご冥福をお祈り申し上げます。
  
Posted by Shin at 2006年03月20日 20:09
ゆうちろさん ありがとうございます。

色んな場所へ連れていってあげる事が出来、なによりでしたね。
私などは遠く離れているせいか、頻繁に顔を見る事も叶わず、後悔の念にかられています。

おばあさま、現在入院中との事、早く快気になるようお祈りいたします。

Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 21:15
keiさん ありがとうございます。

物が何も無い時代に生まれ育った祖母ですので、
あらゆる面で「強い」女性だったと思います^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 21:18
てんてんさん ありがとうございます。

一つの時代、確かにそうですね。
なにしろ激動の100年を生きてきたわけですから。
豊川稲荷、私も参拝したことがありますよ^^

田口さんから手紙の返礼ですか。良かったじゃないですか^^
息子さんも喜んでいるでしょう。羨ましいな^^

色んな共通項があるのも運命かも? 
ステージママ、大いに結構だと思います^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 21:25
touchさん ありがとうございます。

私もある意味、この歳まで祖母が健在だったのは幸せだと思っています。
妻の祖母も90歳ですが、まだまだ元気です^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 21:31
かにさん ありがとうございます。

名古屋弁丸出しで、本当に憎めない祖母でした^^
突然の訃報だったので、私もショックでしたが、ようやく落ち着きました。
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 21:35
満木先生 ありがとうございます。

祖母はもっと過激な事を言いました(^^;
でもここでは割愛させていただきました。
放送禁止用語全快ですよ^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 21:37
少年野球コーチさん ありがとうございます。

先生を逆に叱り倒すなんて、本当に逞しいですね^^
昔の女性ならではのエピソード、言い出したらキリが無いかもしれません^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 21:41
たえこさん ありがとうございます。

良い部分も受け継いでいるでしょうが、同じように悪い部分も結構受け継いでいると思います^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 21:43
でぃあさん ありがとうございます。

戦時中は空襲の度に、子供達を連れて防空壕へ避難した話をしてくれました。
戦後のヤミ市の話とか。

祖母の話がそのまま歴史の勉強でした^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 21:47
Skyboys広報さん ありがとうございます。

週末、葬儀の為に名古屋へ行ってきました。
八事はもの凄い人手でした。
よく考えたらお彼岸ですもんね。
火葬が終わるまでの間、近くの休憩場所で韓国との試合を観ていました^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 21:51
ヒロシさん ありがとうございます。

最近の子の歴史感覚、ちょっと変かもしれません。
とくに近世の部分があやふやの子が多いでしょうか?
歴史教育、重要ですよね。

Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 21:54
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

競歩ですか。あれも結構辛いスポーツですよね。
「自分との戦い」 というのが頭に浮かぶ競技です。
頑固、昔のお方はそうした気質を持った方が多かったですね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 21:58
十徹さん ありがとうございます。

>今を生きる私達は、日本に生きた大先輩達の考えや伝統、儀式、風習等を後世に伝えていく義務があると思っています。

さすが十徹さん、良い事を仰ります。その通りだと思います。

先人達のご苦労を基に、今の世の中があるのだと思います。

Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 22:03
Fastballerさん ありがとうございます。

今の子供達には、なかなか理解出来ない言葉かもしれませんが、自分でも気骨のあった言葉だったと思います。
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 22:19
metooさん ありがとうございます。

私はそれなりにショックだったのですが、うちの子供達はピンとこないようでした。
まぁほとんど顔を合わせていないので、仕方ないのかもしれませんね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 22:23
Shinさん ありがとうございます。

学校で教わる以外にも、勉強になる事は日常でも沢山あると思いますね^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月20日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。