2006年03月09日

一瞬の夢

前回の続きです。

2003年6月

1対0でリードした最終回の守り。

リズムに乗ったピッチングでここまでは上々。
しかもここまでノーヒットの快投を演じている。

こんな状況の時、周囲はどういった感じなのだろう?

イケイケで盛り上がるのか?
それとも緊張感で静まりかえるのか?

この試合は後者でした。

保護者同士、一緒の場所で観戦していましたが、
誰一人、ノーヒットを煽るような声は出なかった。

皆々が心配そうな顔つき。軽口を叩く人もいない。
どちらがリードしているのか分からないほど。

相手の監督は大声で檄を飛ばしている。
それを尻目に、淡々と練習球を投じるゲンジ。

自軍のベンチも動きがあった。
守備に不安のある選手を2人交代。 守備固めの作戦。

私はゲンジの心中を考えた。ゲンジの性格からして、
この場面は欲を出さないだろう。いつもと同じような感覚のはず。
だから無安打を意識させるのは、ゲンジの場合は逆効果。

周囲もそれを察しているのか、監督や選手の口からは、
敢えてその言葉は出ていない様子。

この試合、Aチームの父兄と指導者も観戦していました。
そのAの監督が押し殺すような口調で一言。
『ここまできたら、なんとか達成させたいな・・』

私の本音もそこにあった。でもまだ勝利が決まった訳ではない。
プロの試合でも、偉業達成寸前での逆転負けの例もある。

不安一杯で迎えた試合が、まさかこんな展開になるとは。



だが抱いた期待は儚くも消えた・・

先頭バッターの初球、見事センター前に運ばれた・・・

ノーヒットノーランならず。しかも同点のランナーが出る。
一気にピンチに追い込まれた。しかしこの後の光景が・・・



監督とKコーチがニコニコ顔でナインに叫んだ。
『ドンマイ ドンマイ!』 『みんな! 楽に行こう!』

つられて選手達も笑顔。そしてそれまで黙っていたのが嘘のように、
皆が大声をあげはじめた。

更には応援席の保護者達も、緊張から解放されたのか、
大きな声援を送るようになる。
ヒットを打たれた事が、逆に皆の心を一つにした感じか?

次打者は凡退だが、その後にまたヒットを打たれる。
1死1・2塁。長打が出れば逆転の場面。
だが不思議な事に、周囲はそんな緊張が見えない。

選手と保護者が一体となり、野球を楽しんでいた。

その後は後続を断ち切り試合終了。 1対0で初戦突破。
被安打2 与四球1の完封勝利でした。

フォーム改造という賭けは一応成功。
試合の勝利を喜ぶ以前に、私はまずこの「すり足投法」が成功したのが嬉しかった。

ノーヒットノーランは一瞬の夢に終わりましたが、
そんな悔しさは微塵にも感じませんでした。

しかしゲンジのこの後の野球生活で、この快投そのものが「一瞬の夢」になろうとは・・
その時は予想すら出来ませんでした。

続きは後日。


この記事へのコメント
ドラ夫さん,名調子です。巧いです。読ませます。

>選手と保護者が一体となり、野球を楽しんでいた。
この時の様子が目に浮かぶようです。
一度でもこんな場面に出会ってしまうと少年野球から離れることが出来なくなってしまいますね。

でも「一瞬の夢」がまた気になる〜(>_<)
Posted by K太父 at 2006年03月10日 02:07
選手、指導者、保護者が1つになる。
いいチームですね。
なかなか難しいですよ。
『もう少しでノーヒットノーラン』がもたらした団結かもしれません。
いずれにしても神様は真剣に取り組んでいる人の味方ですね。
Posted by Skyboys広報 at 2006年03月10日 07:42
ゲンジくんはすごい選手ですよね!きちんと努力ししっかり結果を残す。ドラ夫さんとの二人三脚がバッチリ功を奏してます♪
昨晩はねまあの投球フォームにアドバイスありがとうございました!ねまあは完封どころか完投すらありません(汗)同時のゲンジくんの投球、この目で見てみたかったです。
Posted by ゆうちろ at 2006年03月10日 09:48
『ここまできたら、なんとか達成させたいな・・』
『ドンマイ ドンマイ!』 『みんな! 楽に行こう!』

いいチームですね〜。
メンバー、ベンチ、応援団がひとつの"塊"になれるチームは素晴らしいです。

次週になにが起きるのか・・・
「レギュラー化計画」、完結したら「文庫化」しましょう!
Posted by さとる at 2006年03月10日 09:51
事実だからこその迫力がありますね。堪能しました。
でも、ドラマだったら「そんなうまくいく訳ないいよなぁ〜」なんてTV画面に向かって突っ込みを入れていることでしょう。

やはり可能性を信じて努力すれば、とんでもないドラマが起こるのですね。
我が家もあやかりたいです。
Posted by 星 十徹 at 2006年03月10日 10:29
ノーヒッターは逃しても、立派な完封じゃないですか! 成果が出てなによりでしたね!
でも今後の展開が気掛かり…
Posted by ズンドコ節 at 2006年03月10日 12:46
良い時は動かないほうが良かったのでは。自軍の選手交代が自分では気が付かない無言のプレッシャーになることも。
しかし、見事な完封劇ですね。初登板初完封、素晴らしい。

快投が一瞬の夢???

また来週ですか。読者の心を引っ張りますなぁ。
Posted by Fastballer at 2006年03月10日 12:55
初登板初完封、素晴らしいなあ。
きっとこれは本人の心に深く残っているはず。
そして、深く野球が面白く、好きになったものと思います。
うちの次男にも同じようなことがありましたので、良く分かります。ドラ夫さんのブログで長文は申し訳ないのですが、書かせていただきます。
手前味噌ですが、次男のエピソードをひとつ。
この地域では毎年夏に小学校野球部の県大会があります。
県内を各地域ブロックに分け、ブロック優勝チームで県大会優勝を決めるものです。
小学校野球部のメンバーの大方はクラブチーム所属者で、このときだけは所属クラブを離れ各小学校野球部員として大会に臨みます。
クラブチームではドンくさい次男も学校野球部ではなんとか居場所がありました(笑)。
最終学年である6年の時は4番センターで主将という立場でした。
そして順調よくブロックを勝ち抜き、ブロック準決勝・決勝がある日。
私が新聞で対戦相手のメンバーをチェック(新聞にメンバー一覧が掲載されるのです)すると・・・準決勝は、自チームの子達の力量からまあ大丈夫だろう。問題は決勝。。。予想ではライバルクラブチームのエース(ローカルでは有名な投手)でもある子が主将の小学校です。この子は2年生のころから練習試合を通じてよく知っている子でした。たぶん決勝で投げてくるでしょう。それに対してうちの小学校は準決勝だけでアップアップの投手陣です(笑)。
さて、本番。私の予想通り準決勝を無難に勝ち抜け、決勝でその小学校と対戦。そして、相手投手はやはり・・・そのエース君でした。
試合前から次男にいたっては、「あいつに勝つのは無理だ」と弱気(苦笑)。
大方の予想通り、投手陣が序盤から打ち込まれ5-0です。うちのチームのエースは準決勝で投げてるので起用できませんから、誰が投げても打ち込まれたでしょう。
うちの監督(先生)も試合を諦めたのか、投手を替えます。
「誰がやるんだろう???うちに投手はもういないが??」と思っていると
・・・・次男がマウンドへ。
「!!!うちの子は投手経験ないのに!?」
たぶん、監督(先生)が主将である次男への「最後の思いで作り」を思っての恩情登板だと思います。
負けて元々ですから次男は楽しそうに投げます(ニコニコしながら)。もう試合を捨てている?のか緊張は全くありません。
とりあえず無難に3者凡退で押さえてくれます。
そして、最終回の表、こちらの攻撃。誰もがこの回0点で試合終了だと思っていました。ブロック準優勝、昨年までの万年1回戦敗退を思えばよくやったもんだと思っていました。
ところが、ここで相手エース君が疲れたようです。四球にヒットが重なり点を入れ、2死でランナーを置き、次男が打席に。。。
意外にも次男はしぶとい(クリーンではない 苦笑)ヒットで同点に!!
試合は土壇場で振り出しにもどります。
この回、5-5の同点どまりで最終回裏の相手チームの攻撃となりました。
しかし、マウンドには経験薄の次男が・・・点を入れられたらサヨナラです。
ここで次男に異変が・・・・・・次男の表情がすぐれません。さきほどまでの笑顔がありません。
と、ベンチに呼ばれ、何か監督から言われています。怒られているようです。
後で聞いた話ですが、「ここで自分が点を入れられたら負けると思うと、緊張で涙が出てきた」と。
怒られながら顔をタオルでぬぐって再びマウンドへ。
第一球、ストライク。。なんとか投げれるようです。
この段階でネット裏の父兄の応援は最高潮です。
Posted by touch at 2006年03月10日 13:06
この回、バックのファインプレーにも助けられ、なんとか3者凡退。決勝戦がまさかまさかの延長サドンデスへ突入。
大会ルールでノーアウト満塁からの再スタートです。
ここでも2投手の投げあいとなり、3イニングお互いに0点が続きます。満塁なのに点が入りません。
延長4回目になる表のこちらの攻撃。
相手エース君も1回から投げているため疲れてきたのでしょう、球に棒球が多くなりました。そこで、こちらの攻撃がたたみかけます。
次男もヒットを打ち、待望の5点の追加。とうとう10-5で勝ち越しです。
あとは次男が裏を押さえてくれればブロック優勝です。今度は5点の差があるのだから大丈夫だろう、と誰もが思っていました。
ところが・・・次男はいざ最後の(?)マウンドへ立つも、なれないピッチングと疲れ、そして「勝ち」を意識した緊張感からか球に伸びがありません。
この回先頭打者はあのエース君。
初球、あまく入った球を見逃してくれず、打ち返されます・・・打球が高く伸びる・・伸びる・・・まだ伸びる?・・・フェンスオーバー・・・満塁ホームラン!
一気に10-9の一点差に詰め寄られました・・・・・
「まだ一点あるぞ!落ち着けー!」との応援も次男の耳には入らないようです。
合わせて自チームの守備陣も緊張しています。エラーもでましたが、それでも何とか同点ランナーを3塁に置きながら2死を取りました。
「あとひとり!」のコールが響きます。
お母さん達は皆、手を合わせ祈っています。学校帰りに立ち寄ってくれた中学生の野球部OBも声をからして応援してくれています。
次男は緊張感から落ち着きを取り戻そうと、ゆっくり後ろを振り返り深呼吸、両手で万歳をして皆に大きな声で「ツーアウト!」と叫びました。
と、その次男が後ろをむいた瞬間です。その隙を突いて3塁ランナーが本塁めがけて走りだしていたのです!!!
「ホーム、ホーム!!」と内野から、ベンチからあわてて声が響きます。
次男は隙をつかれましたが、あわててホームを向き直し送球します。キャッチャーが捕球、タッチへ。本塁でのクロスプレー、どっちが早い???
誰もが審判のコールを見守ります。
・・・・・・「アウトー!!!」
・・・劇的な幕切れでした。10-9の延長勝利。そしてブロックながら初優勝です。県大会へ!
ホントに?まさか?あの野球部が?応援していた誰もが信じられない思いでした。
その後表彰式を終え、金メダルをぶら下げてベンチに引き上げてきた子供達にむかい、いつも通り反省会をしようとしますが、監督(先生)は「・・・・感動した・・・・・」と涙で次の言葉が出てきません。今は次男に代わって先生が泣いています(笑)。
優勝記念写真は子供達の笑顔と監督先生の泣き顔です。
もし、監督(先生)の次男への恩情登板がなかったら・・・・今考えると次男は野球を本当の意味でここまで好きになれたどうかかわらない気がします。
その試合のボールは捕手の子が審判に隠れて持ち帰り、次男にプレゼントしてくれました。中学生となった今でも次男の机の上にはその軟式C球と優勝記念写真が飾ってあります、金メダルではなく。
ゲンジ君とは比べようも無いほど低レベルの話ですが、本人にとってはキッカケになっていると思っています。ですから、ゲンジ君の場合はもっと大きなキッカケであったはず。
長文すみません。

Posted by touch at 2006年03月10日 13:07
ノーヒットノーランは残念ですが、それにしてもいきなりのこの結果・・・本当に素晴らしい。

>この快投そのものが「一瞬の夢」・・・
 何故なんだろう???
 何か原因があったんだろうか?

  気になります。
Posted by Shin at 2006年03月10日 13:51
惜しかったですねぇ。でも結構こんなもんなんですよね。意識したとたんにヒット打たれてしまう。でもそのあと、チーム全体が落胆することなく、ムードが盛り上がったのは良かったですね。

まーぼが1安打ピッチングをしたときは、3回までに1本打たれてその後はノーヒットってのは複数回ありましたが、5回以降までノーヒットってのは1度しか出来ませんでしたからね。その時は6回にレフト前ヒットをきれいに打たれました。
ですから、こんなプレッシャーな場面は体験したことはありませんでした。

それにしても
>この快投そのものが「一瞬の夢」になろうとは・・
気になります。すごく気になってしまってます。
メールアドレス書き込みましたからこっそり先を教えて下さい(^_^;)なんつって。
Posted by かに at 2006年03月10日 14:49
私の予想はいつもハズレます(笑) てっきり達成したと思っていたんですけどね。
このカテゴリ、予測不可能です! そこがまた面白いのですが(笑)
Posted by パームボール at 2006年03月10日 15:05
なぜ「一瞬の夢」なのか…?

【勝手に予想!】
「今回は上手くいったが、すり足投法は長期的に見て妥当ではない。」みたいなことをコーチか監督に言われた。かな?
キーワードは、力強い投球が出来るか。かな?
 以上、勝手に予想!のコーナーでした。(笑)
Posted by 始動者 at 2006年03月10日 17:02
せっかくの快投を、心地よく思わなかった方がいたのでしょうか?
1月20日のKコーチの言葉
『ゲンジはピッチャー向きじゃないよね。あれは考え直したほうがいい。』
この一言が気になりますね。
Posted by metoo at 2006年03月10日 23:25
ドラ夫さん、こんばんは!!
読んでいて私までがハラハラドキドキしました!!
ゲンジくん凄いですね!!きっとノーヒットノーランをやるより、今回の結果の方がゲンジくんの将来にはきっといい結果を生むと思いますよ!!
しかし意味深な記事の終わり方。。。。後が気になります。
Posted by リナケイパパ at 2006年03月11日 22:33
K太父さん こんばんは。

名調子ですか。照れます^^

子供の野球は、何か引き込まれる物がありますよね。
それがこの世界にハマる原因の一つだと思います^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月11日 23:10
Skyboys広報さん こんばんは。

記録を意識したのは、本人より周囲でした。
こうした場面は滅多に体験出来ないので、あの緊張感をもう一度味わいたいです^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月11日 23:13
ゆうちろさん こんばんは。

ねまあ君の完投は、今シーズン必ず達成出来るのでは?
ライバルが多くて大変でしょうが、逆にそういう環境のほうが選手は伸びると思います^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月11日 23:16
さとるさん こんばんは。

文庫ですか? 
ここでタダで閲覧出来ますから、出版しても誰も買わないと思います(^^;
というか、出版出来るようなレベルでもないですが・・
Posted by ドラ夫 at 2006年03月11日 23:18
十徹さん こんばんは。

野球に限らず、スポーツは正に「筋書きの無いドラマ」ですね。
知らず知らずのうちに引き込まれてしまいます^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月11日 23:20
ズンドコ節さん こんばんは。

そうです、ノーヒットノーランの影に隠れがちですが、完封は立派だと思うんです。
まぁ敢えて言えば、相手は地域では弱小の部類に入るチームでしたが^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月11日 23:23
Fastballerさん こんばんは。

選手交代のタイミング、なかなか難しいですよね。
この時の監督、記録を意識しての交代采配だったのか? ちょっと聞きそびれてしまいました^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月11日 23:26
touchさん こんばんは。

いやぁ劇的な勝利でしたね。
手に汗握る展開とは、この事を言うんですね!

しかしいきなりピッチャー起用された息子さん、肝が据わっていますね^^

幾ら気楽な場面とはいえ、なかなか気持ちを整えるのは難しいのでは?
そして一転、今度は緊張する場面に追い込まれる・・

その時の息子さんの心境、よく判りますよ。誰でも勝ち負けを左右する場面になれば、そう思うのは当然です。

でもそこからの投球がまた見事でしたね!
しかも延長特別ルールでの3イニング無得点は見事!

そして最後は劇的な幕切れ。
こうした試合を経験したのは、選手達には大きな財産ですね。

こんな経験、滅多に出来ませんよ。実際の所^^

貴重な体験話、どうもありがとうございました。
Posted by ドラ夫 at 2006年03月11日 23:35
Shinさん こんばんは。

今後の展開、色々ありました。
それこそ嫌になるような事まで・・

でもそれを糧にして頑張りました^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月11日 23:38
かにさん こんばんは。

同じ1安打完封でも、最後までノーヒットに抑えているほうが緊張しますよね。当然ながら。

早いイニングで打たれたほうが、逆に神経を遣わないかもしれません。
まぁ記録を意識するなら、最初からそのつもりでいないとダメですが。

今後の展開、このブログの「メシの種」みたいなものですから、どうかご理解を^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月11日 23:42
パームボールさん こんばんは。

予測不可能、そう言っていただけると私も書き甲斐があります。
まぁ事実に基づいて書いていますから、それ以上はどうにもなりませんが^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月11日 23:46
始動者さん こんばんは。

一つや二つの理由じゃなかったのですが、間接的には予測が当っているかもしれませんよ^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月11日 23:55
metooさん こんばんは。

>せっかくの快投を、心地よく思わなかった方がいたのでしょうか?

それは無かったと思います。ゲンジ本人の部分もありますが、チーム全体の部分の問題もありましたかねぇ。
あまり誘導尋問しないでください^^
Posted by ドラ夫 at 2006年03月12日 00:07
リナケイパパさん こんばんは。

ノーヒットを逃したのは残念ですが、考えようによってはこの結果も良かったかもしれません。
調子に乗らず、謙虚な姿勢でいるためにも、この結果は良い意味で受け入れています。
Posted by ドラ夫 at 2006年03月12日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。