2010年01月31日

サッカーをさせていたかもしれない (^_^;)

今から9年前の2001年2月。
小学校2年生の冬にゲンジは地元の学童野球に入団しました。

当時の経緯や取組みは、【我が子レギュラー化計画・3年〜4年の頃】のカテゴリに綴ってあります。
http://syounenyakyu20.seesaa.net/category/235595-1.html

当時のゲンジは引っ込み思案で臆病な性格でした。
自分の意志を示す事もなく、いつも母親に甘えてばかり・・

ただ持久力は人並み以上にあり、学校でのマラソン大会では、
1年生と2年生の時に連覇。
今は鈍足の部類ですが、当時は短距離も速くてリレーの選手にも選ばれていた。

男の子として、もっと逞しく育てたい。
そう思っていた私は、ゲンジに何かスポーツをさせたいと考えていました。

この事に奥さんも異論はなく、本人の希望とも相談し、
どんなスポーツをさせようか? あれこれ考えていたんです。

私自身が格闘技をしていた事もあり、最初は剣道や柔道を
と思ったのですが、これには奥さんが反対 (^_^;)

そこでサッカーをさせてみたい。そう思ったんです。
1993年生まれのゲンジ。ちょうどこの年にサッカーのJリーグが始まった。

94年のワールドカップ予選も盛り上がっており、
日本中がサッカーブームに湧いていた頃です。

私も名古屋グランパスのサポーターでして、
関東圏で行われる試合には、頻繁に足を運んでいました。

勿論、プロ野球や高校野球にも関心はありましたが、
それよりもサッカーのほうに熱が高まっていました。

私は背が高いのもあって、高校の授業ではゴールキーパーを多く務めてました。
お世辞もあったのかもしれませんが、なかなか評判が良かったんです (^_^;)
反応もまずまずでして、その影響か一番注目して見ていたポジションはキーパー。

いつしかそれが我が子にも向けられて、ゲンジにキーパーをさせてみたい。
そう思うようになってしまいました。

ゲンジ本人も感触が良く、サッカーチームに入団する障害はありません。
ただ通っていた学校にサッカーチームがなく、
入るとしたら隣の小学校のチーム。

この点だけが不安要素でしたが、あれこれ聞き込みを行い
受け入れには問題ないとの事でした。

父子揃ってサッカーで盛り上がっていたのですが・・

それとは知らずにうちの奥さん、野球道具を一式譲り受けてきた (~_~;)

親しい友人のお子さんがその時に6年生。
中学入学を目前に控えていた頃です。
その子は野球をしていたので、不要になった用品が沢山あった。

『全部渡すから、野球をさせない?』 こう言われて奥さんは即決。
なんと入団の申込書まで貰ってきた^^

グローブにバット、練習用のユニフォーム、アンダーシャツ。
全て中古とはいえ、一式揃えるとそれなりの金額になりますよね。

またズラリと並べられた用品を見て、当のゲンジも大喜び^^
サッカーの話はどこへやら・・ 

こうしてゲンジの野球人生がスタートしたわけです。
動機は単純ですが、この時の経緯があって今がある。
そう思うと、なんとも不思議な成り行きですね。

その後は紆余曲折があり、初安打が出るまで1年半もかかりました。
なんとか上達させたい想いで必死でしたね。
今でこそ笑って振り返ってますが、当時はもう胃が痛くなるほどで (~_~;)

そんな子も今は元気に成長し、それなりに周囲から期待される立場になった。
人生のアヤは、どこに転がっているのか分からないものです^^

私は今、フットサルのチームからキーパーとして勧誘されているんです^^
ゲンジの夏の大会が終わるまでは保留ですが、
それが終わったらじっくり考えてみたい。
新しい楽しみも見つけないといけませんからねぇ ^^;

ただ身体が思うように動くのか? そこだけが心配ですね^^



この記事へのコメント
ゲンジ君の野球をするにあたり紆余曲折あったですね〜

きっと野球の神様のお導きがあったのかも?
これも運命ですね。
Posted by ケロの父 at 2010年01月31日 20:44
ホント、どこにきっかけがあるかわからないものですね^^

そのときにサッカーを始めていたら、今頃、どんなサッカー選手になっていたんでしょうか。

・・・想像中・・・

うーーーん、思い浮かばない。。。やっぱりゲンジ君は野球選手です!^^
Posted by PAT at 2010年01月31日 23:00
こんばんは。初めて書き込みします。
ドラ夫さん、私も2児の父です。私もどちらかは聞かない主義でした。嫁さんは聞いていましたが。
でも、やはり、男女バランスよく、と勝手な思いはありましたが。運よく長男6歳、長女1歳で生活しています。
これから、ドラ夫さんのような生活が出来ればいいのですが・・・私自身高校まで野球やってまして。いまでも草野球細々と続けています。
嫁さんはあまり賛成しませんが、できれば息子にも野球やってもらいたい気持ちはあります。
しかし、今日スポーツ店にいって、ためしにグラブはめさせましたが「うーん、別に・・」といって嫁さんのところにさっさといってしまい。
どうなることやら、です。
でも、ゲンジさんは最終学年ですよね、悔いのないように親子で頑張ってくださいね。
あと、当時私はG党でしたが、郭源治はやっぱりすごかったですよね。(沖水の上原とのダブルストッパーは印象あります)
また、ブログ読ませていただきます。失礼します。
Posted by 青森 at 2010年01月31日 23:00
うちの1号もサッカーボールが「球」に出会った最初でした。しかし、ドーハの悲劇で幕を閉じました・・・(笑)
奥さんの知り合い、ナイスアシスト。モトイ、ファインプレイでしたね!^^
Posted by 肉団子3兄弟 at 2010年02月01日 08:02
我が家も最初、スポーツはサッカーでしたから、野球をしていなければ、こうしてドラ夫さんのブログと出会うことも無かったです。

野球を始めてパッとしない息子をどうしよう・・と思い、何かないか・・と探して見つけたのがこちらでした。

親の目線で書いてある日記に共感を覚え、気がついてみれば、長〜いお付き合いになりました。
最初に出会ったのがドラ夫さんのブログでなかったら、様々な方との出会いももしかしたら無かったかな・・と。

ドラ夫さんのブログって、暖かさを感じるブログなんです。人柄が表れているのでしょうね。

ゲンジ君も息子も野球をやっててくれて良かった〜。
Posted by ハッシー at 2010年02月01日 11:08
ウチの息子の場合も、近所の上級生に誘われたのがきっかけでした。
練習を見学に行って、その場の成り行きで
親子共々入部。
2年後、娘は女子サッカー。って言ってましたが、
「サッカーに行っても、誰も応援に行けないよ。」と
軽く、脅して野球部へ。
娘がどうしてもサッカー。って言っていたら、
今頃、監督は、やってないかなぁ。
そうしたら、このブログに来る事もなかった。
縁って、不思議ですね(^^)
Posted by 穴金空歩人 at 2010年02月01日 13:34
そんななりゆきだったのですかぁ〜!!
もしそれがなかったら、今頃どんなふうになっていたのでしょうね!!
でも、その道具をくれた人には感謝ですね!?
Posted by ヨウボン at 2010年02月01日 15:40
これも何かの巡り合わせなんでしょうね(^^)
ドラ夫さん、キーパーならあまり走らないので、体力的には大丈夫でしょう!
Posted by ズンドコ節 at 2010年02月01日 18:51
サッカー人気の高い時期でしたからね、うちの弟君もサッカーがやりたかったのですが兄君につられ野球へ^^
走りに目覚め陸上へ変わっちゃいましたけどね。
>新しい楽しみも見つけないといけませんからねぇ ^^;
ですよね(謎)
私はずっと少年野球にかかわりそうです、今年も監督代行ですから・・・

Posted by アトム at 2010年02月01日 20:25
我が家は小学校3年生まではキャッチボールも親子でやったことはなかったです。それが単純に友達がやっているというだけで少年野球に入りました。私としては野球大好きなので内心大喜びでした。でも見に行ってわが子の下手さ加減に何とかしなければと思い親子の練習が始まりました。中学でもまだまだチームの足を引っ張る存在ですが、私も週末、中学の子供達と今一種に野球にかかわらせてもらっているのも何かの縁だと感謝しています。
>ドラ夫さんなら何をやっても大丈夫だと思います。ただしオーバーワークにならないように。
Posted by 野球少年の父 at 2010年02月01日 23:41
ですねぇ、ポイントはいっぱい存在し、良い方向へのばかりだと 歓迎ですけどね

   ---暫くぶりでの、チビの野球部情報です---
 只今、昨年の外部コーチが 未だに居座ってます...
  天真爛漫の二つ下 後輩の親なんですが(困ったモンです)
   現在 小6の弟が居て 来年の為のチーム作りになってしまってます
    …多分、気が付いてるのは私だけです。
Posted by ぶっ叩け〜!! at 2010年02月02日 00:28
中1娘、小3息子の父です。第一子が女の子で、可愛がっていたことと、俗にいう育てやすさで、第二子も実は女の子を希望していました。それがために、下の子が生まれたとき、一瞬残念に思ってしまいました。しかし、いま下の子は、私が学生時代に諦めてしまった野球をリトルリーグでやり、練習・試合の度に感動を届けてくれています。それだけに余計、出生直後に感じた思いが申し訳なく、ついつい下の子の野球べったりになってしまい、今度は上の子がかわいそうな。バランスが難しいですね。いつもブログ楽しく拝読し、参考にさせていただいたり、共感したり。今後ともよろしくお願いします。
Posted by キン太 at 2010年02月02日 19:29
当時はまさにサッカーブームでしたよね。現在は日本代表の試合のチケットも、売れ残る事もあるとか‥ ゲンジ君がサッカー 以前授業でハットトリックを決めたお話がありましたが、サッカーを選んでいても活躍してましたよ きっと(^^)
Posted by ブラックソックス at 2010年02月02日 20:48
ケロの父さん ありがとうございます。

そうですね。お導きだと思うようにします^^
おかげでこの9年、私も楽しませてもらってます^^


Posted by ドラ夫 at 2010年02月02日 23:40
PATさん ありがとうございます。

キーパー希望なのは私の考えで、息子は持久力があるのでMFが適任かな?
などと関係のないことまで空想している私です (~_~;)


Posted by ドラ夫 at 2010年02月02日 23:43
青森さん はじめまして。コメントありがとうございます^^

6歳の息子さん、出来れば野球に関心を向けさせたいところですよね (^_^;)
近所の友達など、周囲の影響で子供も考えがコロリと変わります。
諦めないでください^^
娘さんがまだ小さいので、チームに入れるとなると何かと大変かもしれませんが、
青森さんも野球経験がお有りですので、自主トレはもうバッチリではないでしょうか?
私は競技経験がなく、本当に手探りでした。苦労の連続でしたね・・
まぁそれも良い思い出の一つですが^^

郭投手、今でも大ファンなんです。上原投手、懐かしいなぁ。
今後もよろしくお願いします^^


Posted by ドラ夫 at 2010年02月02日 23:50
肉団子3兄弟さん ありがとうございます。

ドーハの悲劇、私は2〜3日は立ち直れませんでしたよ (~_~;)
譲り受けた品々、今も残っているのはバットとグローブだけです。
大切な思い出の品です^^


Posted by ドラ夫 at 2010年02月02日 23:52
ハッシーさん ありがとうございます。

ブログ開設当初からの長いお付き合いですよね^^
野球ゲームのお話が最初だったでしょうか (^_^;)
長男君がゲンジと同い年でもあり、また次男君はポジションが同じキャッチャー。
なにかと共通項目がありますよね〜
今回はサッカーの事を書きましたが、もし野球でなければ・・
多分陸上の世界に入っていた。そんな思いがします。
うちの母は、今でもゲンジに箱根駅伝を走ってほしいみたいです^^

いつもコメントをいただき、改めてお礼を申し上げます。
今後も変わらぬご愛顧を^^


Posted by ドラ夫 at 2010年02月02日 23:58
穴金空歩人さん ありがとうございます。

娘さん、当初の希望はサッカーでしたか。
それは意外でした。剣道の先入観もあったかもしれないけど (^_^;)

縁 これはもうどこに転がっているのやら、本当に見当もつきませんよね^^


Posted by ドラ夫 at 2010年02月03日 00:01
ヨウボンさん ありがとうございます。

当時、私はグラブが無かったんです。
なので安物の合成皮のグラブを買い、息子と庭でキャッチボールしてました^^


Posted by ドラ夫 at 2010年02月03日 00:04
ズンドコ節さん ありがとうございます。

はい ご指摘のように、私は走り回る競技は無理なんです。。。。
なのでキーパーならなんとかなりそうです^^


Posted by ドラ夫 at 2010年02月03日 00:07
アトムさん ありがとうございます。

弟君の場合、陸上転向は大正解でしたね^^
いまやスーパースターですし^^ 勿論、野球を続けていてもきっと成功していたでしょう!

少年野球、羨ましいですよ。私も依頼があれば引き受けたいほどです (^_^;)


Posted by ドラ夫 at 2010年02月03日 00:09
野球少年の父さん ありがとうございます。

我が家と似たようなキッカケですね^^
人間には欲があります。『下手のままでいい』
こう思う人は少ないですよ。なので上達を願って練習を重ねる。
私も息子のおかげで多くの方々と知り合いになり、
それもまた一つの財産だと思ってます^^

フットサル、どうなるのかまだ分かりませんが、
多分身体が動かないでしょう ^^;



Posted by ドラ夫 at 2010年02月03日 00:15
ぶっ叩け〜!!さん ありがとうございます。

息子の野球に絡む話や人脈、私にとって全てプラスに作用しています^^ 有り難い事ですよ、

居座っているコーチ、純粋なお気持ちで継続されているなら助かりますが、
現・主力学年を放り出し、ご自身の息子の学年が念頭にあるなら、これはちょっと困りますよ・・・
チームを私物化するのは止めてほしいですねぇ・・


Posted by ドラ夫 at 2010年02月03日 00:21
キン太さん はじめまして。コメントありがとうございます^^

うちの娘も手がかからない子で、親離れは早かったですね。
その分息子がいつまでたっても母親にべったりで (~_~;)

息子さん、リトルリーグですか。 まだ小学3年生。
楽しみは長く続きそうですね!

それにしても、2人目が男の子で一瞬残念に思われたこと、私とは逆でしたか^^
罪滅ぼしではありませんが、今後も息子さんに密着しましょう^^

今後もよろしくお願いします。


Posted by ドラ夫 at 2010年02月03日 00:27
ブラックソックスさん ありがとうございます。

今夜もベネズエラ相手に0対0の引き分け。
本番までになんとか決定力を上げてほしいものですよねぇ・・・

ハットトリック、まぐれでしょうが、結構綺麗なゴールを決めたようです^^



Posted by ドラ夫 at 2010年02月03日 00:31
自分もドラ夫さんと同じような感じですね。
高校のときにサッカーをやっていたので
出来ればサッカーを!!と思っていたので
何でか知らぬが突如少年野球の入部を決めてきて
当初は放置状態でした。

しかしコーチを始めてからはズルズルと・・・
この年になっていろいろな出会いが増えた事は
子供に感謝でしょうか?^^;
Posted by 父だぬき at 2010年02月03日 22:01
父だぬきさん ありがとうございます。

なるほど。ご自身がサッカー選手でしたか^^
私なら強引にサッカーをさせていたかも ^^;

私も当初は熱心には関わっていませんでした。
月に一度の当番の時だけですね。グランドに立ったのは。
それが少しづつのめり込んでいった・・ (^_^;)
おかげで新たな楽しみ・生き甲斐を得た気分でした^^


Posted by ドラ夫 at 2010年02月05日 00:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。