2009年12月21日

新たな変化球を取得



henka.jpg

【ダルビッシュ有の変化球バイブル】



投手としても期待されているゲンジ。
ストレートを速くするのも目標ですが、もう一つの目標は・・
新たな変化球を取得する事。

現在、試合で投げているのはカーブ、縦と横の2種類のスライダー、
そしてツーシームにシュート。
ゲンジのシュートは少し沈むのが特徴で、シンカーとも言える。

これらの精度を上げるのも課題ですが、絶対的な決め球がもう一つ欲しい。

何か参考になるものを・・ そう考えて与えたのがこの本です。
変化球を解説した技術書は、書店に行けば必ず有るのですが、
この「ダルビッシュ有の変化球バイブル」 はカラー写真が大きくて見やすい。

また解説がとても理解しやすく、握り方からリリースまで、
それこそ詳細に語られている。

10種類の変化球が扱われていますが、この中から一つでも多く会得したい。

持ち球が多くなれば投球の幅も広がる。
このオフに繰り返し試し、自分に合ったものを見つけてもらいたい。




posted by ドラ夫 at 02:12| Comment(25) | TrackBack(0) | 技術指導の方針とは? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
九州の高校一年野球小僧の父です。


我が家の野球小僧 高熱でダウンした後の療養中の枕元に【野球ボール】と、【ダルビッシュ有投手の変化球バイブル】の本がありました。

野球ボールは、家で、おそらくエンビツより長く握っています。

そして、野球の本読む時は、マンガより集中しています。

さて、我が家の秘密兵器は、何のボールにビヒッときたのでしょうか、岸投手なみといわれた有投手のカーブなのでしようか、


そのまえに目標は、ストレートの速さを増す事だそうですが。
Posted by 野球小僧の父 at 2009年12月21日 06:44
ダルビッシュは、左手でも変化球投げられるんですよね。軽いキャッチボール風景がTVで流れていましたが、遊んでいるように見えるかもしれないけれど、違うと・・。物凄く研修熱心な青年なんですね。伸びがある球と無い球と投げ分けるとも話してました。もう、驚くことばかりです。

Posted by ハッシー at 2009年12月21日 10:13
九州の高校一年野球小僧の父です。


我が家の野球小僧、朝早くから、ダルビッシュ有投手、TVビデオで食い入るように見つめていました。
左腕投げ。

見ながら、野球小僧、逆打席トスバッテングは、福岡ドームのプロ野球の練習で、見たね、見たね。
覚えているよと、いいながら、眼は、画面向いたまま。(トスバッテングで私達親子もやります。)

回転のスピンの多いカーブ、僕、歩幅を広くしてから、カーブが投げれなくなり、スライダーになつてしまった。下半身の安定がなくなり、引くが無くなったためかもしれない。

私、西鉄ライオンズ豊田さんが、稲尾投手には、和田捕手が稲尾投手の使えないカーブは投げさせず、 スライダーとシュート、ストレートしか投げさせなかった話を思い出していました。

ダルビッシュ有投手対小笠原選手との、
「3球目の勝負球で…」
には、

ダルビッシュ有投手は、
プロ野球は、すごい。
です。
Posted by 野球小僧の父、 at 2009年12月21日 11:28
先日、TVのインタビューで
同じ球種を投げ方等を変えることで2種類にしている。
って言ってました。
ヒントとして、ゴルフクラブです。って言ってましたよ。
3番アイアンと5番アイアンの違いだそうです。
Posted by 穴金空歩人 at 2009年12月21日 11:31
まだまだうちのKeiには必要なのですがぁ。。。
実はKeiは指が短くてぇ。。。。
将来投手で行った場合、苦労しそうです。
Posted by ヨウボン at 2009年12月21日 16:59
ゲンジ君すごいですね!5種類(ストレートを加えれば6種類)の持ち球があるとは!
あとどうしてもと言うならチェンジアップでしょうか?
球速差が大きいほどタイミングが取り辛いですからね。

3番アイアンと5番アイアンの違いってナンでしょう?
リリースポイントの角度の違いということでしょうか?
誰か教えてください!
考えると夜も眠れない(古い漫才?)
Posted by よっぴーの父さん at 2009年12月21日 19:57
D君、今や たいした者ですね。。。
 高校時代のコーチも、今や畑違いの起業でプロデューサー
  儲かってるそうですよ ^^

ストレートには キレと魂が不可欠
 変化球には 器用と踏ん切りが不可欠ですかね
全球に、かわす気持ちが一片でもあっては成りません

体育の延長(学校側)&内申(保護者側)
 もう、すっかり萎えちゃってます ^^;
Posted by おいとま at 2009年12月21日 21:03
140km/h超の直球と、数々の変化球。。。春が楽しみです^^
Posted by PAT at 2009年12月21日 23:37
春まで時間はあります。みっちり練習して、一つでも多く新球を会得したいですね!
Posted by にゃんこ先生 at 2009年12月22日 09:41
5種類も投げれるって羨ましいですね。これからキレを研いていけばピッチャーで必ず行けますね。

長男坊主先週久しぶりの練習試合(4ヶ月ぶり)で先発しましたが、カーブが上手く決まらずストライク取りにいったストレート滅多打ちのバッティングピッチャーとなりました。
ここでと言うとき変化球でストライクが取れないと厳しいですね。
バッティングは調子がよく神奈川の強豪高校進学予定のピッチャーから二塁打、三塁打とまずまず。
三年生のこの時期練習試合探してくれるチームスタッフに感謝でした。
Posted by RK at 2009年12月22日 10:14
野球小僧の父さん ありがとうございます。

この本の事、以前にもコメントで触れられていましたね。
野球本を熱心に読んでいるとの事。
うちの息子は果たしてどうなのか? (~_~;)
流し読みでなければいいのですが。。。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月22日 11:10
ハッシーさん ありがとうございます。

左手でキャッチボール? それは存じませんでした・・ 凄いですねぇ。
天才肌というか、若くして日本のエースですし、
本当にスーパースターですね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年12月22日 11:12
野球小僧の父さん 2回目のコメント ありがとうございます。

どうやら皆さんのコメントを拝見すると、テレビで放映されていたみたいですね。
私はここ最近、テレビはほとんど見てないので (^_^;)

時間が出来たら動画サイトで探してみます。
稲尾投手の逸話、知らなかったです。
若くして故人になられ、とても残念です。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月22日 11:16
穴金空歩人さん ありがとうございます。

同じ握りで2種類・・
リリースや肘の振りかたで変わるのでしょうか。
興味深いですねぇ。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月22日 11:18
ヨウボンさん ありがとうございます。

学童軟式は変化球は関係ありませんし、
中学になれば身体も大きくなり、それに伴って指も大きくなりますよ^^
心配無用だと思います^^


Posted by ドラ夫 at 2009年12月22日 11:19
よっぴーの父さん ありがとうございます。

チェンジアップ 簡単そうに見えて奥が深い球種でしょう。
真っ直ぐと見分けのつかない振りかたで投げないと意味がない・・

アイアンの違い、私もよく判りません (^_^;)
パッと思いつくのは何かの角度でしょうかね?


Posted by ドラ夫 at 2009年12月22日 11:22
おいとまさん ありがとうございます。 というか、ぶっ叩け〜!!さんですよね? (^_^;)

随分とお久しぶりですが、忙しかったのですか?
変化球というと【逃げ】 というイメージが有りがちですが、それじゃダメなんですね。
そこをよく息子にも言いきかせておきます^^


Posted by ドラ夫 at 2009年12月22日 11:25
PATさん ありがとうございます。

そんなに上手くいかないとは思いますが、
何とかモノにしてほしいところです^^


Posted by ドラ夫 at 2009年12月22日 11:26
にゃんこ先生 ありがとうございます。

早いもので、今月でオフも2ヶ月が過ぎました。
ダラダラと過ごしていると、残りもすぐに終わりそうです。
そこを本人が自覚しているといいのですが・・


Posted by ドラ夫 at 2009年12月22日 11:28
RKさん ありがとうございます。

4ヶ月ぶりでしたか。それじゃ多少は仕方がないかもしれません・・
今回の反省ももとにして、課題を洗い出していきたいですね。
打撃は好調なようでなによりです^^
相手は好投手との事。自信になりますね^^


Posted by ドラ夫 at 2009年12月22日 11:30
140q近いストレート、多彩な変化球。
本来ならエースなのでは?(笑)


一捕手として興味あります。
是非受けてみたいですね。
Posted by marbo at 2009年12月22日 20:02
九州の高校一年野球小僧の父です。

カーブといえば、
西武の岸投手の昨年の日本シリーズの活躍の球、
攻めの投球でした。

D有投手は、奪三振にする前に勝負球を投げていたのが驚きでした。
変化球は、全神経を使い全力で、速球は八分の力でと(稲尾さん談)聞いた事あります。

昔の投手てすみません。私にとっては、長島さん、王さん以上の背番号24でしたからね。
Posted by 野球小僧の父 at 2009年12月23日 06:14
marboさん ありがとうございます。

いえいえ、どれも中途半端なんです (^_^;)
真っ直ぐも今は打ち頃のスピードなのか、コースが甘いと痛打を喰らいます。。。
成長が待たれているところです^^


Posted by ドラ夫 at 2009年12月23日 10:10
野球小僧の父さん ありがとうございます。

カーブといいますと、私の子供の頃の印象では・・
巨人の堀内さん 中日から阪急にいかれた稲葉さん。
このお二方のカーブは独特でした。
当時は【ドロップ】 という言い方もありましたね^^

金田さんの現役の頃はさすがに記憶にありませんが、往年の名選手の事は調べるのも好きなんです^^
稲尾さん、後にオリオンズの監督もされましたね。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月23日 10:14
ストレート 140km/h近いそうですってね。

それってすごいことです。やはり、菊池投手や今宮選手みたいに、あそこまでいかなくても、十分、
試合で、140Km/h出せば注目されますよ。




我が家の野球小僧は、
足元にも及びません。


我が家の高校一年野球小僧は、秋の予選でやっと 130キロ を越えたところですからね。
とはいえ、とのボールだったのかさえ、見ていた私にはわかりませんでした。、
息子の速さでは、いいバッターには打ち易い球になりますもんね。

やはり。ビッチングの組み立てが大切です。

耳と耳の間を上手く働かせないといけませんね。

カーブの話ですが、私、工藤投手と杉内投手のカーブがいいと思います。
三浦投手もいいですね。

昔なら、
杉浦投手、二人の巨人の堀内投手、外木場投手かな、
Posted by 野球小僧の父 at 2009年12月23日 11:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136156580
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。