2009年12月02日

チーム存続の危機・・

ゲンジの古巣である中学軟式のクラブチームですが、
チーム存続の危機に直面しています・・

10月下旬の準公式戦では、中学時代に一緒だった父兄と久しぶりに再会。
近況報告等で話が盛り上がっていたのですが・・

そこで中学チームの現状を知らされた。
昨年は近年では稀にみるほど多くの選手が集まった。

ところが今年は極端に少ない。
そしてこの秋には、なんと全員の1年生が退団したとのこと。

何が原因なのか? そこまでは聞かされませんでしたが、
もともと少ない学年。面白くなかったのでしょうか・・

私もここ最近はすっかりご無沙汰しており、
今年はゲンジがオフの日に一度だけ顔を出したのみ。

その時の様子は別段変化があるようには見えなかったのですが。
この学年が空白になると、なにかと不都合が多くなる。

現2年生は人数が多いので問題ありませんが、
来春に9人以上の入団がないと、秋以降の試合が成り立たなくなる。

だが学童野球に目を向けると、今年の6年生もさほど多くはないらしい。
いよいよ困った事になりましたねぇ。

選手不足ではチーム運営も成り立ちません。
活動休止、もしくは解散という事にもなりかねない。
それだけは阻止したいのですが・・

少子化の影響もありますが、子供にスポーツをさせない家庭も増えているそう。
サッカーなどは安定した人数を常に確保のようですが。

今春のWBCの優勝で、野球人気復活にも期待したのですが、
当地ではその恩恵も無かった形か。

息子がお世話になり、私もスタッフとして3年間関わってきた。
卒団したからとはいえ、無関心でいられるわけもない。

ただどのようにして選手を勧誘するのか?・・
なんとかして手を打たないといけません。

困った事になりました。もともと田舎なので子供の数も少ない。
近隣チームとの合併も視野に入れなければならないかも。

いいアイデアはないですかねぇ?。。。



この記事へのコメント
困りましたね。
野球は道具が沢山必要になるからサッカー行っちゃうのかな。

こちらも・・・。

来年はどのくらいの選手が入団するのか・・。
新チームも結局は動いている様ですしね。
Posted by ハッシー at 2009年12月03日 09:43
なぜ、一年生全員退団してしまったのか?
これが、悪い噂として広まらなければ良いのですが、
息子の中三の時、顧問が変わり、
これがあまり評判の宜しくない教師だったので、
噂が広まり、新入生の入部が二人だけになってしまった事がありました。

ウチのチームでもお母さん方が、
老人の病気自慢では無いですが、
朝が大変とか、お当番が大変とか、
それが広まり、入部減少の要因の
一つになりましたし。

一番の勧誘は友人関係ですから、
一年生が居なくなってしまったのは、
痛いですね。
Posted by 穴金空歩人 at 2009年12月03日 09:55
いったい何が起こったのでしょうねぇ。。。
なんだか古巣がなくなるって寂しいでしょうね。
なんとか存続してくれるといいですね。
Posted by ヨウボン at 2009年12月03日 11:11
1年生全員が退団とは、異常事態ですね。
最も即効性のあるは、退団した1年生を(全員とは行かずとも)呼び戻すことなのかな、って思いますが。。。
そのためには、やはり退団原因の究明とその対策が必要なのでしょうね。

全員退団って、ホント、何が原因だったのでしょうね・・・
Posted by PAT at 2009年12月03日 23:00
穴金空歩人さんの噂話の件、少年野球時代を思い出しました。
よっぴがいたチームでも、母親の負担が大変との噂で入部希望者が少なくなっていました。

それでも学年全員が辞めると言う話の裏には、
何か訳がありそうですね。

ところでゲンジ君達はオフのトレーニングで故障する人はいませんか?
よっぴー達もテスト明け初日から、お城のある山の頂上に駆け足で登る(下りも)
毎年恒例のオフトレが始まりました。(学校のヒント?)
このオフトレで必ず腰や膝を故障する人が出ると聞いていますが、
すでに腰痛を訴える1年生も出てきたようで、
よっぴーもふくらはぎがかなり痛い様子です。
毎年故障者が出るのが分かっているなら、
テスト明けくらい徐々に慣れさせていけば良いのにと思うのは、
私だけでしょうか?
Posted by よっぴーの父さん at 2009年12月04日 14:06
九州の高校一年野球小僧の父です。


一年生退団による危機は、現二年生にまかせましょう寂しいけれど。OBは、所詮OBです。後ろ振りかえるより、前に進みましょう。


アエテ言えば、現二年生が、
各自五人以上の生徒入部候補を出して、勧誘することかな。

でも、そう簡単に入部する人なんて皆無でしょう。
それからは、自分達のチーム、自分達で答をださないとなりませんね。

つらいけれど。
前へ進みましょうょ。
可愛い我が子と、その戦友達の為、甲子園は、待ってはくれませんよ。
Posted by 野球小僧の父 at 2009年12月04日 21:19
1年生が全員退団とはよほどのことがないとありえないとは思うのですが、原因を追及しておかないと来年もありえるかも知れませんね。チームの存続のためにも何とかなるといいですが。
Posted by 野球少年の父 at 2009年12月05日 00:05
部員数の問題は良く聞きます。

そう言いながらも、我が学童野球チームも大変です。
現在も部員13名で大変な事態・・・
今の4名の5年生が抜けたら9名です。

頭が痛いですね。
Posted by ケロの父 at 2009年12月05日 20:35
野球大好きでいて。


一年生の野球大好きな子供達よ。

何処であれ、野球をつづけてくれたらなー。

そう、九州の高校一年野球小僧の父は、願っています。
できれば、中学三年生まで野球を続けてくれたら。嬉しいのですがね。
Posted by 高校一年生野球小僧の父 at 2009年12月05日 20:46
ハッシーさん ありがとうございます。

確かに野球は道具にお金はかかりますね (^_^;)
WBCの影響を期待したのですが・・
来年はサッカーのW杯もありますね。。。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月06日 20:44
穴金空歩人さん ありがとうございます。

今年は極端に入部が少なかったんです。
なので一人が辞めたら俺も・・
みたいな流れなんでしょうか・・

噂、こちらにもありますよ。当番が大変だとか、色々と (^_^;)
でも子供の意志は尊重してあげたいものですね。親として。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月06日 20:47
ヨウボンさん ありがとうございます。

一度休止すると、復活は厳しくなりますからねぇ・・
なんとか継続させたいのですが。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月06日 20:49
PATさん ありがとうございます。

最初から熱意がなかった・・ そう思われるフシもあるようです。
呼び戻しが可能ならそれが一番ですが、どうも無理かな・・
谷間の学年とはいえ、ゼロは厳しい・・


Posted by ドラ夫 at 2009年12月06日 20:51
よっぴーの父さん ありがとうございます。

よからぬ噂話、大概は大きく広がるので難儀です (^_^;)

オフの故障者、それほど多くは出ないですね。
練習がぬるいのかもしれませんが。。。。

そちらのメニュー、ちょっと疑問に感じます。
そもそも何のためのトレーニングなのか?・・
故障者を出すのが目的ではありませんから、
お話のような一件は、いじめに近いものを感じますが・・
私なら何らかのアクションを起こすと思います。
詳しい前後の状況にもよりますが。。。。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月06日 20:58
高校一年生野球小僧の父さん ありがとうございます。

少なからず2年生にも動揺が広がっているでしょうね。
ただ自分達は取り敢えず安泰ですが、秋の新人戦は9人が必要。
最悪、他の部活から選手を借りるような事も・・

田舎で人数が少ないのもあるんですが、OBとして出来る事は限られてしまいます。
何人か歴代のコーチも週末に顔を出して指導に当たっているみたいです。
勧誘面も何か手を打ちたいところです・・


Posted by ドラ夫 at 2009年12月06日 21:02
野球少年の父さん ありがとうございます。

それがあまり大した理由じゃないみたいです (^_^;)
一人が抜けたら俺も・・ みたいな流れですかね。
いじめとか、そういう話ではなくて、やる気の面が原因みたいです。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月06日 21:06
ケロの父さん ありがとうございます。

多いところは50人以上のところもありますしねぇ・・
多いか少ないかの二極状態・・
合併の話も避けて通れないかもしれません。


Posted by ドラ夫 at 2009年12月06日 21:08
3年の夏を終えて、ホッとした時に出身チームが無くなってしまっていたら、それはきっとものすごい淋しいことだと思います。
0Bとして何かしたいという何かしたいという気持ち、当然だと思います。
出身チームがあったからこそ、今のゲンジ君があるんですから、無関心でいられる訳がないですよ。
卒団して5年10年経っているのならいざ知らず、たった2年で「当事者がなんとかすれば」では悲しすぎます。

ちょっと違う話ですが、私はこの春、母校の高校が合併、かつての校名が無くなってしまう事態になってしまいました。
卒業以来まったく関わりのない母校でも名前が無くなってしまうのは淋しい限り。ましてや無くなってしまったら・・・。

先輩のいじめとか、そういう事ではないようなので一安心ですが、困ったことですね。
きっと辞めたくはなかったけど、流れで辞めてしまった意志の弱い子かもいたでしょうね。周囲に流されず好きなことを貫いて欲しいところですが、子供の世界ですから色々あるんでしょう。
状況からすれば、顧問や当事者の親など現関係者以外が手を出せる状況じゃなさそうですね。

それでもOBとして何か出来ることがあるのではないか。妙案は浮かびませんが、かつてのチームメイト父兄と出来ることをさがしてみてはどうでしょう?

例えば環境面の改善?
指導者を充実させるって事で、来夏以降、ドラ夫さんがコーチとして入るってのではダメ?魅力的だと思うんだけどなぁ。
Posted by かに at 2009年12月07日 00:13
かにさん ありがとうございます。

卒団した選手からすれば、故郷が無くなるような感覚と同じですよねぇ。
当然ながら なんとかしたい こう思うのは当然でして、
この夏も新コーチを招いたり、いろいろと動いてきたんです。

今年の1年生は最初から少なかったのですが、
本当の意味での野球小僧がいなかった のかもしれません。
3学年続けて人数が多かったので、その反動も少しはあったのかもしれません。

あまり言いたくないのですが、私が抜けた後の保護者・・
熱い人が少ないです。ごく一部の父兄は熱心ですが、
大半が無関心派 といった感じのようです。

私が現場に戻るのは・・ 依頼があれば考えますが、
こちらから言う話じゃありませんからね。
まして親が無関心なら、指導する側も違和感があるでしょう。
難しい問題です。しばらくは成り行きを見るだけですね。

Posted by ドラ夫 at 2009年12月09日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134548678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。